ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。

米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。

ナスダック(NASDAQ)とは?

ナスダックとは、1971年に全米証券業協会(NASD)が開設し、運営する株式市場で、ハイテク産業を中心に約3,000社以上が上場している新興企業(ベンチャー)向け株式市場です。

当初はベンチャーだったIT企業がそのままナスダックに残っていることも多く、時価総額トップ10も大手IT企業が上位を占めています。

企業名 ティッカー 時価総額(10億)
アップル AAPL $892.11
アルファベット GOOGL $727.35
マイクロソフト MSFT $725.09
アルファベット GOOG $721.7
アマゾン AMZN $697.84
フェイスブック FB $478.83
インテル INTC $245.14
シスコ CSCO $208.6
ペプシコ PEP $156.03
コムキャスト CMCSA $155.73

※2018年4月時点

ペプシコーラで有名なペプシコなどIT企業以外もランクインしていますが、その他にも日本でもサービスを展開しているスターバックスやコストコ、米国以外の企業である中国のBaiduやイギリスのVodafoneなどもナスダック上場企業です。

そんなナスダックの動向を表すインデックス(株価指数)としては主に「ナスダック総合指数」「ナスダック100指数」というのがあります。

ナスダック総合指数とナスダック100指数の違いは?

ナスダック総合指数は、ナスダックに上場する約3,000以上の銘柄すべてを対象に時価総額加重平均で算出した株価指数で、NYダウやS&P500などと並び米国の3大指数として注目度の高い株価指数です。

参考 NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!CFDはどう?

参考 S&P500に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック100指数は、ナスダック総合指数とは異なりナスダックに上場する金融セクターを除外した時価総額上位100銘柄で構成され、時価総額を加重平均して算出されています。

ナスダック総合指数の方が3,000以上の銘柄で構成されているので分散性は高いですが、ナスダック100指数は時価総額上位100銘柄と時価総額が小さいベンチャー企業などは対象外となっているので、より大手ハイテク、IT企業などの株価を反映したインデックスであると言えます。

また、ナスダック100指数の銘柄の入れ替えは年1度(12月)に定期的に銘柄の入れ替えが行われるため、株価が好調なベンチャー企業が採用されるなど常に最新の状況が反映されています。

ナスダック総合指数とナスダック100指数の過去の成績比較

ナスダック総合指数と、ナスダック100指数に連動する「パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)」を比較したのが下記となります。

(引用元:モーニングスター)

青がQQQオレンジがナスダック総合指数のQQQの設定日(1999年3月10日)からのチャートです。

2001年のITバブル崩壊前は「ナスダック100指数」、その後2008年のリーマンショックまでは「ナスダック総合指数」、その後は「ナスダック100指数」の方がパフォーマンスは良かったようです。

特にナスダック総合指数100(QQQ)の2008年以降の過去10年間では年率平均で約15%と大きな成長をしています。

ちなみにNYダウやS&P500と比較すると下記のようなチャートとなります。

(引用元:モーニングスター)

青がQQQオレンジがナスダック総合指数緑がNYダウ黄がS&P500のQQQの設定日(1999年3月10日)からのチャートです。

2008年のリーマンショック以降、NYダウやS&P500よりナスダック総合指数100(QQQ)が大きく伸びていて米国市場の成長はIT企業がけん引してきたと言えます。

非常に高い上昇をしてきたナスダック市場ですが、NYダウやS&P500と比較すると株価が下落傾向の時には下落率も大きくなる傾向もありそうです。

ナスダック(NASDAQ)に連動する商品とは?

ナスダック(NASDAQ)市場の株価動向を表すインデックスとして「ナスダック総合指数」「ナスダック100指数」をベンチマークとする商品を比較してみました。

投資信託

投資信託では「ナスダック総合指数」「ナスダック100指数」に連動するインデックスファンドはありませんでした。(2018年4月調査時点)

一応「ナスダック総合指数」をベンチマークとすると目論見書に記載がある「米国NASDAQオープン」というのがありますが、実際の組入銘柄数は42銘柄とナスダック総合指数のような分散性はないアクティブファンドとなっています。

しかも購入時手数料が必要で信託報酬も高い高コストのファンドにもかかわらず、ベンチマークの「ナスダック総合指数」より大きく下方乖離しているようなファンドなのでおすすめできません。

(引用元:米国NASDAQオープンBコース「月次レポート(2018年3月)」)

また、「ナスダック総合指数」「ナスダック100指数」に連動しているわけではないですが、近しいファンドとしてIT企業に特化した「iFreeNEXT FANG+インデックス」と「iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス」というファンドがあります。

「iFreeNEXT FANG+インデックス」は、NYSE FANG+指数に連動し、FANGと呼ばれる「フェイスブック」「アマゾン・ドット・コム」「ネットフリックス」「グーグル」と「アップル」「アリババ」「バイドゥ」「エヌビディア」「テスラ」「ツイッター」の10銘柄に均等な配分で投資するファンドとなっています。

「iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス」はNASDAQバイオテクノロジー指数に連動したファンドで、ナスダック市場のバイオテクノロジーまたは医薬品に分類される企業約200社へ分散投資ができるファンドとなっています。

「ナスダック総合指数」「ナスダック100指数」と比較すると特定のテーマへの投資となりますが、興味があれば下記証券会社で取り扱っています。

>>  SBI証券
>>  楽天証券
>>  岡三オンライン証券

ETF

名称ティッカー信託報酬
(税抜)
純資産残高
(百万円)
最低
購入金額
出来高配当金
利回り
種類
NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信15450.45%10,88874,600円10,670株
(売買単位10株)
0.44%国内ETF
パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1QQQ0.20%6,388,00017,000円3,620万株0.82%海外ETF

ETFでは「ナスダック総合指数」に連動するものはなく、上記2つとも「ナスダック100指数」に連動するETFとなります。

「パワーシェアーズ QQQ」の方が低コストで、純資産残高・出来高ともに圧倒的に大きく「パワーシェアーズ QQQ」の方が投資するのに適していますが、海外ETFなので売買手数料や為替手数料が必要となります。

参考 パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)の評価って?利回りや配当はどのくらい?

国内ETFと海外ETFのコストの詳細

実際、国内ETFと海外ETFを保有した時のコストを下記の条件で算出してみました。(計算を簡単にするため1ドルを100円と仮定しています)

国内ETFは、「NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信」をSBI証券のアクティブプランで購入することを想定してみます。

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

海外ETFは、「パワーシェアーズ QQQ」をトータルコストが最安値となるSBI証券で購入することを想定し、為替手数料は住信SBIネット銀行の利用を想定し4銭として算出してみます。

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?

【約定代金が10万円の時】

国内ETFは、約定代金が10万円でSBI証券なら手数料は無料ですが、信託報酬の差が大きく、売買手数料や為替手数料を支払っても3年目以降には海外ETFの方がトータルコストは安くなります

約定代金が大きくなれば、国内ETFは売買手数料も必要となってくるし、信託報酬の差も大きくなるので、より海外ETFに投資をした方がトータルコストは安く済みます。

CFD

CFDは「差金決済取引」のことで、FXもCFDの一つなのですが、株式などの取引の場合は、株券という現物のもの保有し、売却すると株券を手放すことになりますが、差金決済では現物がない取引のことを言います。

CFDもFXと同様にレバレッジをかけた取引を行うことができるので、レバレッジを2倍にすれば利益も2倍になるといった特徴があります。

参考 CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

CFDではナスダック100指数(正確にはナスダック100先物)への投資もすることができ、ETFで必要となる信託報酬といった保有時にかかるコストがなく、売買手数料や為替手数料も基本的には必要ないというメリットがあります。

CFDは買いと売りの価格差であるスプレッドがコストとなりますが、CFD大手のGMOクリック証券なら0.5~0.8pipsくらいなので大体100円弱くらいのコストとなります。

信託報酬といった保有時のコストがかからないのが大きなメリットで、レバレッジ1倍ならETFとほぼ同程度のリスクで保有でき、より利益を狙うならレバレッジをかけて取引することもできます。(GMOクリック証券の場合レバレッジは10倍まで)

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)

まとめ

ナスダック(NASDAQ)とは、1971年に全米証券業協会(NASD)が開設し、運営する株式市場で、ハイテク産業を中心に約3,000社以上が上場している新興企業(ベンチャー)向け株式市場です。

FANGと呼ばれる「フェイスブック」「アマゾン・ドット・コム」「ネットフリックス」「グーグル」と「アップル」や「マイクロソフト」などの大手IT企業や、「スターバックス」「コストコ」といったIT企業以外もナスダック上場企業です。

ナスダック(NASDAQ)市場の株価動向を表すインデックスとして「ナスダック総合指数」「ナスダック100指数」というのがあり、「ナスダック総合指数」はナスダックに上場する約3,000以上の銘柄すべてを対象にしているのに対し、「ナスダック100指数」は金融セクターを除外した時価総額上位100銘柄で構成されているといった違いがあります。

ナスダック総合指数に連動する投資信託やETFはないですが、ナスダック100指数に連動するETFは国内、海外ETFそれぞれ1つずつあり、信託報酬の差が大きいです。

そのため、海外ETFに投資する際にネックとなる売買手数料や為替手数料を考慮しても約定代金が10万円程度でも3年以上保有するなら海外ETFの方がトータルコストは安く済みます

参考 パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)の評価って?利回りや配当はどのくらい?

また、「ナスダック100指数」はCFDを通しても投資することができ、ETFで必要となる信託報酬などの保有時コストが必要なく、取引コストもスプレッドの100円弱と低コストで投資することができます。

レバレッジをかけることができるので、レバレッジ2倍にすれば利益も2倍となり資金効率を上げることともできますし、GMOクリック証券なら最大10倍までレバレッジをかけることもできるので短期取引で大きく利益を狙うことも可能です。

FANGなどの個別株への投資も魅力的で、株価指数に投資するより利益を上げることも可能ですが、銘柄の選定に迷ったり1社へ投資するリスクを軽減させるなら、過去10年間では年率平均で約15%で成長してきたスダック100指数のような株価指数へ投資すればリスク分散しながら高い成長性を享受できます。

国内ETFを購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料のSBI証券か楽天証券、20万円以下が手数料無料の岡三オンライン証券がおすすめ!

>> SBI証券 (公式サイト)
>>  楽天証券 (公式サイト)
>> 岡三オンライン証券 (公式サイト)


国内株式・ETFで失敗しない証券会社選び!

これから国内株式・ETFで資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

海外株式、ETFを購入するのにお得な証券会社は?

売買手数料、為替手数料のトータルコスト最安値のSBI証券!

米国株式、ETFでは業界唯一の貸株サービスや自動積立も行うことができます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> SBI証券  (公式サイト)

参考 SBI証券の米国ETFでの貸株サービスや自動積立については下記も参考にしてみてください。
⇒ SBI証券の米国貸株サービスの金利ってどのくらい?海外ETFも対象!
⇒ 米国株式・ETF定期買付サービスとは?NISAを有効に活用するには?


売買手数料はSBI証券と並んで最安値のマネックス証券!

特に米国株、中国株の取り扱い銘柄は業界No1!もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> マネックス証券 (公式サイト)


海外ETF、海外株式で失敗しない証券会社選び!

海外ETFや海外株式を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?


米国株・ETFへの投資で円高が気になるなら!

米国株・ETFでは円高になると株価に関係なくリターンが減ってしまいますが、FXをうまく使えば為替リスクを軽減させることができますので下記を参考にしてみてください。

参考 米国株への投資は円高が気になる?為替リスクを回避する方法って?

CFDを購入するのにお得な証券会社は?

手数料無料でナスダック以外の取り扱い商品も多く、NYダウやS&P500へも投資可能です

株価指数以外にもFANGのような個別株へもレバレッジをかけて取引することも可能です。口座開設・維持費は無料です。

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)

CFDで商品は少なくシンプルなのがいいならDMM.com証券

取扱銘柄は7つと少ないので、商品選びに迷わなくて済みます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> DMM CFD(公式サイト)

NYダウやS&P500への投資をするなら?

参考 NYダウやS&P500に連動する投資信託やETFについては下記を参考にしてみてください。

⇒ NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!CFDはどう?

⇒ S&P500に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?