米国株式・ETF定期買付サービスとは?NISAを有効に活用するには?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

SBI証券が米国株式・ETF定期買付サービスを開始しました。

通常の投資信託ではインデックスファンドの信託報酬の引き下げにより低コストで投資ができるようになりましたが、さらに低コストな米国ETFで自動で積立できるようになると利便性が上がりますが、どんな内容のサービスなのか確認してみました。

米国株式・ETF定期買付サービスとは?

米国株式・ETF定期買付サービスはSBI証券で取扱いがある米国株式(ADR含む)約1400銘柄、米国ETF約250銘柄の全銘柄を対象に自動で積立することができるサービスで下記のような特徴があります。

  • 定期的に買付したい銘柄に対して買付日を指定できる
  • 「株数指定/金額指定」「円貨決済/外貨決済」の組み合わせが可能
  • NISA枠ぎりぎり注文、課税枠シフト注文も選択できる

定期的に買付したい銘柄に対して買付日を指定できる

買付日は下記のような指定をすることができます。

  • 「日付指定コース」「曜日指定コース」(いずれも複数指定可)
  • 年2回のボーナス月設定(株数or口数指定のみ)

「株数指定/金額指定」「円貨決済/外貨決済」の組み合わせが可能

設定コースとして通常の取引の様に「株数指定」として1株以上、1株単位での指定もできますが、「金額指定」として下記のような指定もすることができます。

  • 外貨決済:1セント以上、1セント単位
  • 円貨決済:1円以上、1円単位

※「金額指定」で買付設定を行った場合、設定金額以内で購入可能な単元株数(口数)を自動で計算して当該株数(口数)分の注文が発注されます

米国株式、米国ETFは1株(1口)単位での取引となるため、設定した銘柄の最低発注金額に満たない場合は取引が行われません

「株数指定」の場合は「円貨決済/外貨決済」を選択することもできます。

円貨決済の場合は日本円で積立金額を指定できるので管理し易いのですが、結局米ドルでの買付となるので為替手数料(スプレッド)として25銭が必要となります。

例えば、1ドル100円として1,000通貨購入すると10万円となりますが、それに対してスプレッドが25銭だと250円の手数料が必要となります。

NISA枠ぎりぎり注文、課税枠シフト注文も選択できる

SBI証券の投資信託の積立サービスで提供されている「NISA枠ぎりぎり注文」「課税枠シフト注文」が米国株式・ETF定期買付サービスでも利用することができます。

参考 おすすめネット証券会社比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

NISA枠ぎりぎり注文

残りのNISA投資可能枠よりも積立金額が多い場合、NISA投資可能枠の範囲内で買付できる株数(口数)を自動計算して自動発注してくれるので、NISA枠をぎりぎりまで使い切ることができます。

課税枠シフト注文

NISA預りの注文を発注する時に、概算約定金額(購入可能な単元株数(口数)分)が、NISA投資可能枠より大きくなる場合に、「NISA枠ぎりぎり注文」でNISA枠を使い切った残りの積立金額を通常の特定または一般預かり注文として積立発注してくれます。(NISA枠ぎりぎり注文か課税枠シフト注文のどちらか、または両方を選択することが可能です)

【例】NISA投資可能枠:4万円、積立設定金額:5万円の場合
①NISA枠ぎりぎり注文と課税枠シフト注文の両方を設定
⇒NISA預りで4万円、課税預り(一般預り/特定預り)で1万円の買付

②NISA枠ぎりぎり注文のみ設定
⇒NISA預りで4万円の買付
※課税預り(一般預り/特定預り)で買付はしない

③課税枠シフト注文のみ設定
⇒課税預り(一般預り/特定預り)で5万円の買付
※NISA預りで買付はしない

④NISA枠ぎりぎり注文と課税枠シフト注文の両方とも設定しない
⇒NISA預りでも課税預り(一般預り/特定預り)でも買付はしない

デメリットはないの?

米国株式・ETF定期買付サービスによって自動積立ができるようになり利便性が上がりますが、下記のようなデメリットもあります。

1回の発注額が少ないと手数料が割高

SBI証券での米国株式・ETFの手数料は最安値水準ではありますが、下記の様になっています。

売買手数料 約定代金の0.45%
最低:5米ドル
最高:20米ドル
為替手数料 25銭
※住信SBIネット銀行を利用すると4銭
※SBI FX αを利用すると0.5銭(1万通貨以上)

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?

例えば1ドル100円とした時に、毎月5万円(500ドル)の海外ETFを定期買付しようとすると、下記の手数料が必要となります。

  • 売買手数料:500ドル×0.45%=2.25ドル(最低5ドルなので5ドル)
  • 為替手数料:500ドル×0.25円=125円

合計すると625円の手数料がかかるので、投資金額5万円に対して1.25%の手数料を支払うことになってしまいます。

ただ、後述しますが米国ETFはNISA口座を利用すれば買付手数料が無料となるので、投資金額5万円に対して0.25%の手数料まで抑えることができます。

SBI証券のNISA口座で買付手数料が無料になるのは米国ETFのみ

ネット証券ではNISA口座を利用すると国内株式の手数料が無料などのメリットがありますが、SBI証券では、米国個別株でのメリットはありませんが、米国ETFの買付手数料は無料となります。

米国株式も自動積立ができるようにはなりましたが、1回の発注額が少ないと手数料は割高となるので、毎月5万円投資するとして毎月の設定は行わず「年2回のボーナス月設定」で30万円分の投資を行うようにすれば投資金額に対するコストを抑えることはできます

配当や分配金の再投資は自動では行われない

米国株式・米国ETFの定期買付サービスにより自動で積立購入してくれますが、配当や分配金の再投資は自動で行ってくれないので、再投資したい場合は手動で行う必要があります。

配当や分配金を手動で再投資したくても再投資の金額に足りていない場合は、日本円には換えずに外貨MMFで運用すれば為替手数料は取られなくて済み、米ドルであれば約1%程度の利回りが期待できるのでうまく利用したいところです。

また、再投資はせずに株価上昇に期待しながら積立ていき、配当や分配金はそのままお小遣いとして生活費にあてるような場合には便利なサービスとなってくれそうです。

まとめ

SBI証券で米国株式・ETF定期買付サービスが開始され、米国株式・ETFを自動で積立購入できるようになり、下記のような特徴があるサービスとなっています。

  • 定期的に買付したい銘柄に対して買付日を指定できる
  • 「株数指定/金額指定」「円貨決済/外貨決済」の組み合わせが可能
  • NISA枠ぎりぎり注文、課税枠シフト注文も選択できる

ただし、利用するにあたって下記の点には注意が必要です。

  • 1回の発注額が少ないと手数料が割高
  • SBI証券のNISA口座で買付手数料が無料になるのは米国ETFのみ
  • 配当や分配金の再投資は自動では行われない

米国ETFをNISA口座を利用して米国株式・ETF定期買付サービスを利用すれば、買付手数料は無料となり「NISA枠ぎりぎり注文」「課税枠シフト注文」でNISAを効率よく利用することができます

参考 米国ETFで個人投資家の方に人気の高い下記のETFなどを積立することができます。

⇒ バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)ってどう?過去の成績は?

⇒ バンガード米国高配当株式ETF(VYM)ってどう?過去の成績は?

⇒ バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)ってどう?過去の成績は?

また、SBI証券では米国株式・ETFの貸株サービスも行っているので、株価上昇や配当・分配金以外の収入を得ることも可能です。

参考 SBI証券が米国株の手数料を値下げ!しかも米国株で貸株サービスも!

SBI証券なら米国株式・ETFを自動積立が可能!

米国株式・ETF定期買付サービスの利用は無料ですし、もちろん口座開設・維持費用も掛かりません。

>>  SBI証券 (公式サイト)

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?