iシェアーズ 米国不動産 ETF【IYR】の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ 米国不動産 ETF(IYR)は、米国の不動産投資信託(リート)に分散投資ができる海外ETFです。ダウ・ジョーンズ米国不動産指数の価格と利回りに経費控除前で連動する投資成果を上げることを目標とするETFですが、どんな内容のETFなのか、利回りはどのくらいなのか確認してみました。

ヒロセ通商のキャンペーンを攻略するには?無駄なく利用するにはどうすればいい?

ヒロセ通商(LION FX)では、毎月様々なキャンペーンを実施していて、キャッシュバックだけでなく食品が貰えたり、ゾロ目キャンペーンといったちょっと変わったキャンペーンもあります。ただ、キャンペーンは取引する通貨ペアや取引数量などいろいろな条件があり、効率的にキャンペーンを攻略するにはどうすればいいか確認してみました。

iFreeレバレッジ S&P500の評価ってどう?利回りはどのくらい?

iFreeレバレッジ S&P500は、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで、米国を代表する株価指数の一つであるS&P500指数を対象したレバレッジ型ファンドです。日々の基準価額の値動きがS&P500の値動きの2倍程度となることを目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

コインチェックの評価・評判ってどう?手数料などメリット・デメリットって?

仮想通貨(暗号資産)XEM(ネム)の流出事件で広く名前が知れ渡ったコインチェック(Coincheck)は、大手ネット証券であるマネックス証券を傘下に持つマネックスグループの完全子会社として再出発し、金融庁の認可を得た仮想通貨交換業者となりました。そんなコインチェック(Coincheck)のサービス内容について確認してみました。

SPDR ポートフォリオ米国総合債券 ETF(SPAB)の評価って?利回りや配当ってどのくらい?

SPDR ポートフォリオ米国総合債券 ETF(SPAB)は、米ドル建て投資適格債券市場に幅広く分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズUSアグリゲート指数への連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

Smart-i 国内債券インデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i 国内債券インデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、日本の国債を中心に地方債や事業債などに分散投資ができるインデックスファンドです。NOMURA-BPI総合の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

FXデイトレードとは?利益を上げるためのやり方やコツってなに?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でもスキャルピングの次に短期間で取引を行う手法がデイトレードです。デイトレードは、その日の内に注文から決済までを行うので、チャートに張り付いてる必要もないので、忙しい日々を送る方でも行えるトレードスタイルです。そんなデイトレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。

iFree年金バランスの評価って?GPIFとの連動性は高いのか?

iFree年金バランスは、国内株式・先進国株式・国内債券・先進国債券に分散投資ができるバランス型ファンドです。資産クラスおよび配分比率はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の基本ポートフォリオに近づけることを目標とするとのことですがどのようなファンドなのか内容について確認してみました。

LINEスマート投資の「ワンコイン投資」の評価・評判ってどう?デメリットは?

LINE上から投資ができるLINEスマート投資では、身近なテーマに投資ができるテーマ投資を行うことができますが、500円から手軽に積立投資ができるワンコイン投資サービスが登場しました。ワンコイン投資サービスとはどのような内容のサービスなのか確認してみました。

Smart-i TOPIXインデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i TOPIXインデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、国内の東証1部上場のすべての銘柄に分散投資ができるインデックスファンドです。TOPIX(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

FOLIO(フォリオ)のセミナー参加レポート!なぜFOLIOなのか?

FOLIO(フォリオ)は、好きなテーマを選んで、簡単に分散投資ができる「テーマ投資」と、ロボアドバイザーが資産運用を自動で行ってくれる「おまかせ投資」という2つの投資サービスを行っています。そんなFOLIO(フォリオ)のセミナーに参加してきたので、内容をまとめてみました。

野村Jリートファンドの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

野村Jリートファンドは、国内の金融商品取引所に上場しているリート(不動産投資信託)であるJ-REITに分散投資ができるアクティブファンドです。多くのアクティブファンドがインデックスファンドに勝てないといわれてますが、野村Jリートファンドはどのような成績だったのか確認してみました。

Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF【SPXS】の評価って?米国株式市場を空売りしたいときに!

Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF(SPXS)は、米国の代表的な株価指数であるS&P500の3倍の値動きの反対となる投資成果を目指した海外ETFです。S&P500は長期的には右肩上がりに成長している株価指数のため、長期投資には向きませんが一時的に米国株式市場が下落に向かいそうだと思ったときに、利益を上げられるETFですが、どのような内容のETFなのか確認してみました。

GMOあおぞらネット銀行の評価・評判ってどう?メリット・デメリットは?

GMOあおぞらネット銀行は、GMOインターネットグループとあおぞら銀行が共同出資するネット銀行です。あおぞら銀行の銀行経営ノウハウとGMOインターネットグループのIT技術を融合することで、あらなた銀行の形態として「次世代型インターネット銀行事業」を目指すとのことですが、どのようなサービス内容なのか確認してみました。

インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式の評価ってどう?利回りや実質コストは?

日興アセットマネジメントが運用するインデックスファンド海外新興国(エマージング)株式は、新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円ベース)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、低コストなインデックスファンドが登場している中、これから投資するのに適しているのか内容を確認してみました。

FXスキャルピングとは?利益を上げるためのコツってなに?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも最も短期間で取引を行う手法がスキャルピングです。スキャルピングは資金効率がよく、数秒から数分で小さな利益をコツコツ積み重ねていきます。そんなスキャルピングのメリットやデメリットは何か、利益を上げるコツなどを紹介します。

eMAXIS Neo ドローンの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

eMAXIS Neo ドローンは、AIが銘柄を選ぶeMAXIS neoシリーズの主に米国の金融商品取引所に上場している日本を含む世界各国のドローン関連企業に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P Kensho Drones Index(配当込み)というあまり聞きなれないインデックスの動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

バンガード・超長期米国債ETF【EDV】の評価って?利回りや配当金はどのくらい?

バンガード・超長期米国債ETF(EDV)は、残存期間が20~30年の米国債(ストリップス債)に分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国債STRIPS(20-30年)均等額面インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。