三井住友・DC外国リートインデックスファンドの評価って?利回りや実質コストは?

三井住友・DC外国リートインデックスファンドは、日本を除く先進国に上場している不動産投資信託(リート)に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、利回りや実質コストなど、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF【SPXL】の評価って?利回りや配当金は?

Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF(SPXL)は、米国の代表的な株価指数であるS&P500の3倍の値動きとなる投資成果を目指した海外ETFです。レバレッジ型ETFは、一般的に長期投資には向かないと言われてますが、Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF(SPXL)は過去どのような値動きをしていたいのか確認してみました。

FXの約定力が高くスリッページが発生しにくいFX会社はどこ?

FXでの約定(やくじょう)とは、注文が成立することを言いますが、約定力(約定率)が高ければ意図した為替レートで注文が成立し易いことを意味します。約定力が低いFX会社だと、スリッページや約定拒否などにより想定した為替レートで約定しなかったり、そもそも約定しないといったことが起こる可能性があります。特に短期売買を行うときに重要となる約定力が高いFX会社について確認してみました。

SBIネオモバイル証券【ネオモバ】の評価・評判って?Tポイントで株取引!

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、ネット証券No1のSBI証券と、「Tポイント」のデータをもとにしたマーケティング事業を展開するCCCマーケティングによる共同出資で誕生した会社です。Tポイントを使って株が買える、いわゆるポイント投資ができるサービスを展開していますが、サービス内容について確認してみました。

iFree JPX日経400インデックスの評価ってどう?実質コストや利回りは?

iFree JPX日経400インデックスは、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで国内の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。JPX日経400インデックスに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

全世界株式インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

全世界株式インデックスファンドは、先進国や新興国を含む全世界株式に分散投資ができる投資信託で、特定の地域や国に依存せずに、世界経済全体の発展に伴うリターンが期待できます。 全世界株式に分散投資ができる低コストなインデックスファンドが増えてきたので、一覧としてまとめ、実質コストなど比較してみました。

J-Stock アクティブ・オープンの評価って?利回りはどのくらい?

J-Stock アクティブ・オープンは、国内の新興企業の株式へ分散投資ができるアクティブファンドです。一時期純資産残高が増えたことによって販売停止となってましたが、2019年1月末より受付を再開したファンドですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

三井住友・DC日本リートインデックスファンドの評価って?利回りや実質コストは?

三井住友・DC日本リートインデックスファンドは、国内の不動産投資信託証券(Jリート)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、利回りや実質コストなど、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

南アフリカランド円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

FXでスワップポイントの高い高金利通貨ペアとしてトルコリラ円やメキシコペソ円と並んで人気が高いのが南アフリカランド円です。FX会社によってスワップポイントは異なりますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか気になるところなので、スプレッドも含めて比較してみました。

FX会社のスプレッドを比較!狭いだけで低コストとは言えない理由とは?

FXの取引コストは、多くの会社で取引手数料が無料となっているので実質的な取引コストはスプレッドとなり、FX会社によってスプレッドが異なるので低コストで取引するならスプレッドが狭い方がより低コストでトレードができます。ただ、スプレッドだけでなく他にも気をつけたいポイントもあるので、スプレッドを比較しつつどのFX会社がより低コストでトレードができるのか確認してみました。

iシェアーズ MSCI インドネシア ETF【EIDO】の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ MSCI インドネシア ETF(EIDO)は、世界第4位の人口を有し平均年齢が29歳と若い世代の比率が高いインドネシアの株式に幅広く分散投資ができる海外ETFです。MSCI インドネシア・インベスタブル・マーケット・インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

新生・UTIインドファンドの評価ってどう?利回りはどのくらい?

新生・UTIインドファンドは、主にインドの証券取引所に上場している株式に分散投資ができるアクティブファンドです。今後も7~8%と高い成長率が予想され、2022年には中国を抜き世界最大の人口になると予測され、しかも平均年齢も若いインドインドに投資ができる新生・UTIインドファンドの内容について確認してみました。

Smart-i Jリートインデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i Jリートインデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、国内の不動産投資信託証券(Jリート)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

FXでポジションを持つってどういう意味?ポジションを持ち続けることは可能?

FXではポジションという言葉がよく使われ、「ポジションを持つ」とか「ポジションを建てる」といった表現がされますが、ポジションやポジションを持つとはどういう意味でしょうか?また、ポジションを持ち続けることは可能なのか、決済との違いなどについてまとめてみました。

明治安田J-REIT戦略ファンド(リート王)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)【愛称:リート王】は、主に日本の金融証券取引所に上場されているリート(不動産投資信託)と日本国債に投資をするアクティブファンドです。市場動向によってリートの投資配分の変更を行い、日本国債との配分比率を変更するファンドですが、どのような内容のファンドなのか過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

バンガード・米国長期債券ETF【BLV】の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・米国長期債券ETF(BLV)は、米国の長期投資適格債券市場に分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国政府/クレジット浮動調整(10年超)インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

iFree 日経225インデックスの評価ってどう?実質コストや利回りは?

iFree 日経225インデックスは、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで国内の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。日経平均に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。