バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)は、新興国市場の大型株・中型株・小型株に幅広く分散投資ができる海外ETFです。FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

THEO+(テオプラス) docomoの評価・評判って?dポイントと現金を二重取り?

THEO+docomoは、ロボアドバイザーのTHEOを運営する株式会社お金のデザインとNTTドコモとの協業サービスです。THEO+docomoでは、THEOで資産運用することによってdポイントが貯められ、ドコモユーザにはメリットが大きいサービスとなっていますが、どんなサービス内容なのか確認してみました。

iFree新興国株式インデックスの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

iFree 新興国株式インデックスは、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。FTSE RAFI エマージングインデックス(円換算)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

アイネット証券とひまわり証券を比較!ループイフダンやるならおすすめはどっち?

ループイフダンはリピート系発注機能に分類されるFXのシステムトレード(自動売買)で、あらかじめ用意されている売買のルールを選ぶだけと簡単に始められます。1,000通貨から取引に対応し低額から始められ、取引コストも低コストなループイフダンですが、アイネット証券とひまわり証券で利用することができますが、どちらがループイフダンをお得に取引できるのか確認してみました。

厳選ジャパンの評価ってどう?国内最強の投資信託となりうるか?

厳選ジャパンは、国内の上場株式のうち高い利益成長が期待できる20銘柄程度に厳選して投資を行うアクティブファンドです。分配金込みの基準価額が10倍を超え、投資信託全ファンドで過去10年間の成績が最も良かった「DIAM新興市場日本株ファンド」を運用する岩谷氏ファンドマネージャーが新たに運用する厳選ジャパンはどんなファンドなのか内容を確認してみました。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を除む先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)です。各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する投資成果を目指した運用を行うファンドですが、どんな内容なのか確認してみました。

ループイフダンの評価・評判とは?手数料や必要な資金、実績はどう?

ループイフダンはアイネット証券やひまわり証券で提供されているFXのシステムトレード(自動売買)で、リピート系発注機能に分類されます。ループイフダンでは約8割が利益を上げているといった調査もあるようですが、実際どのような特徴があり、手数料や必要な資金はいくら必要なのか、実績など確認してみました。

楽天ふるさと納税の評価・評判!ポイント還元が秀逸だけどメリット・デメリットは?

ふるさと納税は主にふるさと納税サイトを利用することが多いと思いますが、その中でもポイント還元が秀逸なのが楽天ふるさと納税です。楽天ふるさと納税ではどの程度のポイント還元が得られ、実際利用してみて感じたメリット・デメリットについてまとめてみました。

フィデリティ・日本成長株・ファンドの評価ってどう?利回りはどのくらい?

フィデリティ・日本成長株・ファンドは、高い成長が期待できる日本企業に分散投資を行うアクティブファンドです。設定されてから20年を超える運用実績があり、純資産残高も国内では大型の3,500億円を超える規模となっていますが、どんな内容のファンドで過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

iFree 外国株式インデックスの評価って?為替ヘッジなし・ありはどっちを選ぶ?

iFree 外国株式インデックスは、先進国株式に分散投資ができるインデックスファンドで、為替ヘッジなしと為替ヘッジありのファンドがあります。MSCIコクサイ指数に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、為替ヘッジなしと為替ヘッジありの両ファンドの内容について確認してみました。

MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)の評価って?TOPIXと比較すると?

MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)は、国内の中小型株200銘柄に分散投資を行うJPX日経中小型株指数をベンチマークとする国内ETFです。JPX日経中小型株指数はJPX日経インデックス400と同じコンセプトを中小型株に適用した新しい株価指数で、それに連動するMAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)はどのような内容のファンドなのか確認してみました。

LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いって?スプレッドやスワップポイントってどう?

LIGHT FX(ライトFX)は、JASDAQ上場のトレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社であるトレイダーズ証券が運営するFXサービスです。トレイダーズ証券といえば高金利通貨ペアであるトルコリラ円や南アフリカランド円、メキシコペソ円のスワップポイントが高いみんなのFXを運営していますが、LIGHT FX(ライトFX)との違いはどのような点があるのか確認してみました。

たわらノーロード TOPIXの評価ってどう?過去の利回りはどのくらいだった?

たわらノーロード TOPIXは、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内株式に分散投資ができるインデックスファンドです。TOPIX(配当込み)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

さとふるの評価・評判ってどう?実際に利用して感じたメリット・デメリットとは?

さとふるは、認知度、利用意向No1のふるさと納税サイトに2年連続で選ばれている人気の高いふるさと納税サイトです。ふるさと納税はお礼の品数が圧倒的に多いふるさとチョイスをメインに使ってたのですが、以前から気になっていたさとふるを利用してみて感じたメリット・デメリットについてまとめてみました。

netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドの評価って?利回りは?

netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドは、米国を中心としたインターネット関連企業に分散投資ができるアクティブファンドで、為替ヘッジありのAコースと為替ヘッジなしのBコースがあります。設定日が1999年と長い間運用されてきているファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

米国株の信用取引(空売り)ができる証券会社ってある?CFDはどう?

空売りは、下落傾向にある銘柄を空売りして利益を上げるだけでなく、保有銘柄が長期的には上昇トレンドでも短期的に下落しているときに空売りしてリスクをヘッジすることにも利用することができます。一般的に株価は上昇よりも下落するスピードが速いため、空売りを利用すれば短期の取引でも利益を上げやすいですが、日本国内から米国株の信用取引(空売り)ができるのか確認してみました。

大和証券のiDeCoでおすすめの商品ってある?手数料はかかる?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自分で決めた金額を積み立てて、あらかじめ用意されている定期預金や投資信託など自分で決めた金融商品で運用し、60歳以降に公的年金にプラスして給付を受けられる制度で、大きな節税メリットがあります。国内大手証券会社の大和証券ではiDeCoに力を入れていますが、どのようなサービス内容なのか確認してみました。

たわらノーロード 国内債券の評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

たわらノーロード 国内債券は、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内の公社債に分散投資ができるインデックスファンドです。NOMURA-BPI総合の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。