ループイフダンの評価・評判とは?手数料や必要な資金、実績はどう?

ループイフダンはアイネット証券やひまわり証券で提供されているFXのシステムトレード(自動売買)で、リピート系発注機能に分類されます。ループイフダンでは約8割が利益を上げているといった調査もあるようですが、実際どのような特徴があり、手数料や必要な資金はいくら必要なのか、実績など確認してみました。

アイネット証券とひまわり証券を比較!ループイフダンやるならおすすめはどっち?

ループイフダンはリピート系発注機能に分類されるFXのシステムトレード(自動売買)で、あらかじめ用意されている売買のルールを選ぶだけで簡単に始められます。1,000通貨からと少額から取引を始められ、取引コストも低コストなループイフダンは、アイネット証券とひまわり証券で利用することができますが、どちらがループイフダンをお得に取引できるのか確認してみました。

SBI・先進国株式インデックス・ファンドの評価って?利回りや実質コストは?

SBI・先進国株式インデックス・ファンド「愛称:雪だるま(先進国株式)」(旧名:EXE-iつみたて先進国株式ファンド)は、日本を含む先進国の株式市場に幅広く分散投資ができるインデックスファンドです。厳密にはインデックスファンドとは若干異なる動きとなる当ファンドですが実際どのような内容のファンドなのか確認してみました。

スマート・ファイブ(毎月決算型)ってどう?投資して大丈夫?

スマート・ファイブは中長期的に収益が期待できる5つの資産(日本国債、海外債券、グローバル株式、グローバルREIT、金)を主要投資対象とするバランス型ファンドです。ゆうちょ銀行のみの販売にも関わらず純資産残高は約3,400億円、4年連続でモーニングスターの「ファンド オブ ザ イヤー」を受賞するなど評判もいいですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

純金上場信託「金の果実」(1540)の評価って?現物の金(gold)と交換可能だけど・・

純金上場信託「金の果実」(1540)は、金地金1gの現在価値(理論価格)と連動し、現物の金(gold)と交換が可能という特徴を持つ国内ETFです。現物の金(gold)は全世界どこでも貨幣と交換が可能で、有事の際には値上がりしやすいといった特徴を持つ守りの資産とし人気があります。そんな金へETFで手軽に投資できながら、現物の金への交換が可能な純金上場信託「金の果実」(1540)の内容を確認してみました。

NYダウに連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

NYダウ平均は米国の株式市場の動向を示す株価指数で、ダウ工業株30種平均は最も有名な株価指数です。NYダウ平均は30銘柄のみで構成されていますが、その30銘柄の時価総額(558兆円)は、東証1部の全構成銘柄(約2,000社)の時価総額(497兆円)を上回る規模となっています。そんなNYダウ平均へ投資するなら投資信託・ETF・CFDといった選択肢がありますが、どれに投資するのがいいのか確認してみました。

NZAM・ベータ NYダウ30の評価ってどう?つみたてNISAやiDeCoの対象?

NZAM・ベータ NYダウ30は、ダウ・ジョーンズ工業株価平均(配当込み、円換算ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。投資信託でダウ・ジョーンズ工業株価平均をベンチマークとする数少ないインデックスファンドの一つですが、どんな内容なのか確認してみました。

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。

FXプライムbyGMOとGMOクリック証券の違いって?スプレッドやスワップポイントは?

GMOクリック証券はCMなども流れているので知名度も高いと思いますが、FXプライムbyGMOは露出が少ないので知名度という点では劣りますが、ともにGMOグループでFX取引ができる会社です。それぞれのサービスの違いやスプレッドやスワップポイントなどについて確認し、FXをするならどちらがお得なのか確認してみました。

FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

FXといえば短期取引などの取引が注目されてますが、FX最大の特徴であるレバレッジを自分でコントロールすれば外貨預金のように利用することもできます。レバレッジを抑えて取引し外貨の高い金利を受け取るという投資手法をスワップ投資といいます。ここではFXを用いたスワップ投資手法を紹介し、抑えておきたい3つのポイントを解説します。

FXでスキャルピングOKのおすすめ口座ってどこ?スプレッドが狭いだけでいい?

FXの取引スタイルで人気があるスキャルピングは、1日に何度もトレードを行うことによって利益を積み上げていく取引スタイルです。スキャルピングは、すきま時間を利用してさっと取引をすることができ、少額でもレバレッジを大きく掛ければ十分な利益を狙うこともできますが、FX会社によってはスキャルピングをしていたら口座凍結したといった話もあるので、安心してスキャルピングができるFX会社を確認してみました。

FX会社のスプレッドを比較!狭いだけで低コストとは言えない理由とは?

FXの取引コストは、多くの会社で取引手数料が無料となっているので実質的な取引コストはスプレッドとなり、FX会社によってスプレッドが異なるので低コストで取引するならスプレッドが狭い方がより低コストでトレードができます。ただ、スプレッドだけでなく他にも気をつけたいポイントもあるので、スプレッドを比較しつつどのFX会社がより低コストでトレードができるのか確認してみました。

FXでスワップポイントサヤ取り(アービトラージ)の方法って?低リスクだけどデメリットは?

FXでは必勝法とも言われるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)という手法があり、為替相場が上昇しようが下降しようがスワップポイントで利益を得られることができます。そんなスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)はどんな方法で行い、どのくらいの利益が期待でき、どのようなデメリットがあるのか紹介します。

GMOクリック証券(FXネオ)の評価・評判って?手数料やスワップポイントってどう?

GMOクリック証券はFXだけでなく様々な金融商品を取り扱うネット証券で、東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社ということで安心感もあり、テレビCMなどで知名度もあるネット証券です。特にFXは取引高や預かり資産など国内トップクラスのFX会社ですが、人気の理由はどこにあるのかGMOクリック証券のFXネオの内容について確認してみました。

トルコリラ円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

FXでスワップポイントが高い高金利通貨ペアである南アフリカランド円やメキシコペソ円より高いスワップポイントなのがトルコリラ円で注目度の高い通貨ペアです。トルコリラ円のスワップポイントはFX会社によって異なりますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか、スプレッドも含めて比較してみました。

トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

トルコリラは高い政策金利を背景に高金利通貨として注目されてますが、為替レートの変動も大きく投資するには躊躇してしまいますよね。そんな中でもトルコリラに多くの方が投資をしているのはリスクよりもリターンが大きいと考えられるからですが、本当に投資しても大丈夫でしょうか?ここではトルコの基本情報を確認し、投資すべきか確認してみましょう。

豪ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

外貨投資方法として人気のスワップ投資で、長年金利が高く人気があった豪ドル円ですが、最近は金利が下降し利回り下がってきています。それでも国の信用格付けはAAAの最高位と国としての安全度、信用度は抜群に高いので長期投資となるスワップ投資ではこのような通貨に投資するのが安心です。豪ドル円でスワップ投資した場合どの程度の利回りが期待できるかなどを紹介します。

NZドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

FXでスワップポイントを狙ったトレードスタイルで過去は豪ドル円が人気があり、最近では非常に高い金利で注目されている南アフリカランド円やトルコリラ円、メキシコペソ円などがある中では、若干マイナー感があるNZ(ニュージーランド)ドル円。注目度は低いですが先進国の中では政策金利は高い通貨で、中長期で投資するなら検討したい通貨ですが、どのくらいの利回りが期待できるか確認してみました。

米ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

外貨を利用したスワップ金利の積立投資では、高金利通貨などが人気ですが世界最大の経済大国の米ドルはどうなのでしょうか?他の通貨と比べると比較的波も穏やかな初心者向けの通貨で、先進国の中では政策金利が高い状態にあります。そんな米ドル円でスワップ金利狙いの積立投資をするとどのくらいの利回りが期待できるのか確認してみました。