CFD

CFDの自動売買ができる証券会社を徹底比較!おすすめはどれ?

世界の株価指数(日経平均やNYダウなど)や商品(金や銀など)、米国株などへ日本円のまま投資が行えるのが魅力のCFD。CFDは24時間自動で取引を行ってくれるCFDの自動売買が出来るので、チャート分析などに時間を費やすことなく取引できます。そんなCFDの自動売買ができる証券会社のサービス内容を比較してみました。
インデックスファンド

ニッセイ国内債券インデックスファンドの評価・評判ってどう?利回りや実質コストは?

ニッセイ国内債券インデックスファンドは、ニッセイの<購入・換金手数料なし>シリーズで日本国内の公社債に分散投資ができるファンドです。NOMURA-BPI総合の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、過去の成績はどのくらいだったのか確認してみました。
資産別一覧

国内債券インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内債券インデックスファンドは主に国内の公社債に分散投資ができる投資信託です。国内債券型はリターンはあまり期待できませんが、株式と逆の値動きとなりやすいため分散投資先の一部として利用されています。そんな国内債券インデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめ、実質コストなどを比較してみました。
資産別一覧

国内株式インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内株式インデックスファンドは日経平均やTOPIXなどのインデックスをベンチマークとした国内株式に分散投資ができる投資信託です。国内株式への投資は日本にいれば情報も入手しやすく為替リスクがないのが特徴で、身近な投資対象として人気があります。そんな国内株式インデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめ、実質コストなど比較してみました。
FX

FX会社のスプレッドを比較!狭いだけでは低コストと言えない理由とは?

FXの取引コストは、多くの会社で取引手数料が無料となっているので実質的な取引コストはスプレッドとなり、FX会社によってスプレッドが異なるので低コストで取引するならスプレッドが狭い方がより低コストでトレードができます。ただ、スプレッドだけでなく他にも気をつけたいポイントもあるので、スプレッドを比較しつつどのFX会社がより低コストでトレードができるのか確認してみました。
スワップ運用

南アフリカランド円のスワップポイント比較一覧!おすすめのFX会社は?

FXでスワップポイントの高い高金利通貨ペアとしてトルコリラ円やメキシコペソ円と並んで人気が高いのが南アフリカランド円です。スワップポイントはFX会社によって異なるので、どのFX会社で南アフリカランド円の取引をするのがお得なのかスプレッドも含めて比較してみました。
GMO外貨(外貨ex)

【FX】GMOクリック証券とGMO外貨の違いを比較!おすすめはどっち?

GMOクリック証券とGMO外貨はともに東証プライム市場に上場しているGMOインターネットグループのグループ会社です。同じグループ会社であるGMOクリック証券(FXネオ)とGMO外貨のFXサービスにはどのような違いがあるのか、スプレッドやスワップポイントなど違いを確認してみました。
GMO外貨(外貨ex)

GMO外貨(外貨ex)の評価・評判ってどう?スワップポイントやスプレッドは?

GMO外貨(外貨ex)は、東証プライム上場のGMOインターネットグループのグループ会社で大手FX会社の1つです。国内大手FX会社であるGMOクリック証券と同じGMOインターネットグループの会社であるGMO外貨(外貨ex)はどのようなサービスとなっているのか、FXのサービス内容について確認してみました。
投資信託

米国ETFをNISAで購入するメリットやデメリットとは?

世界一の経済大国の米国へ投資する方法として米国ETFという選択肢があります。米国ETFは、投資信託よりも保有時のコストが低コストなものが多いので、購入を検討している方も多いと思います。そんな米国ETFは税制優遇制度であるNISAを活用することができますが、メリットやデメリットはどのような点があるのか2024年からの新NISAでの変更点含めて確認してみました。
ネット証券

投資信託でポイントが貯まるネット証券を比較!おすすめはどこ?

投資信託は証券会社だけでなく、銀行やゆうちょなど様々な金融機関で取り扱いがありますが、特にネット証券では投資信託を保有しているだけでポイントが自動で付与されたり、クレジットカードを利用した積立でもポイント還元が受けられたりします。ポイントの付与率やポイント付与対象となる投資信託が各ネット証券で異なっているので、各社のサービス内容を比較してみました。
松井証券

投資信託におすすめのネット証券比較ランキング!

投資信託は銀行や郵便局でも購入することができますが、ネット証券なら購入時手数料などは無料になるなどお得で取り扱い本数も多いです。また、ネット証券であれば投資信託を保有しているだけでポイントが貯まったり、積立時にクレジットカードを利用することでポイントが貰えたり、お得に取引ができます。各ネット証券で投資信託のサービス内容の違いについて比較してみました。
FX

FXの強制ロスカットとは?計算方法や証拠金維持率・レバレッジとの関係は?

FXの強制ロスカットとは、ある一定の基準に達した時に、FX会社がすべての取引を自動で決済させる仕組みです。強制ロスカットされてしまうと損失が確定してしまう反面、損失の拡大を防いでくれるといった仕組みでもあります。強制ロスカットとはどういう仕組みで、計算方法や証拠金維持率やレバレッジとの関係などについてまとめてみました。
海外ETF

【VDC】バンガード・米国生活必需品セクターETFの評価・評判って?利回りは?

バンガード・米国生活必需品セクターETF(VDC)は、米国の生活必需品セクターの大型株・中型株・小型株に分散投資ができる海外ETFです。MSCI USインベスタブル・マーケット・生活必需品25/50インデックスへの連動を目指すETFですが、どのような内容のETFなのか確認してみました。
海外ETF

【XLP】生活必需品セレクト セクター SPDR ファンドの評価・評判は?利回りはどのくらい?

生活必需品セレクト セクター SPDR ファンド(XLP)は、米国の代表的な株価指数であるS&P500を構成する銘柄から生活必需品に分類される銘柄に分散投資ができる海外ETFです。生活必需品セレクト・セクター指数への連動を目指すETFですが、どのような内容のETFなのか確認してみました。
DMMFX

DMM FXの評判ってどう?スプレッドやスワップポイントはどのくらい?

DMM FXは動画配信やゲームなど様々なインターネット上でのサービスを運営するDMM.comグループのDMM.com証券が運営するFXサービスです。 国内2大FX会社の一角のFXサービスすが、どのようなメリットやデメリットがあり、スワップポイントやスプレッドなどのサービス内容を確認してみました。
GMOクリック証券

GMOクリック証券(FXネオ)の評価・評判って?手数料やスワップポイントってどう?

GMOクリック証券はFXだけでなく様々な金融商品を取り扱うネット証券で、東証プライム上場のGMOインターネットのグループ会社ということで安心感もあり、テレビCMなどで知名度もあるネット証券です。特にFXは取引高や預かり資産など国内トップクラスのFX会社ですが、人気の理由はどこにあるのかGMOクリック証券のFXネオの内容について確認してみました。
マネックス証券

マネックス証券のメリット・デメリットとは?米国株やIPOの強みを解説!

大手ネット証券の1つマネックス証券は、ネット証券の中では老舗の部類に入る証券会社です。米国株・ETFの取引に便利な機能や、IPOが完全公平抽選と資産が少なくてもIPO当選チャンスがあるといったメリットがあります。そんなマネックス証券にはどのようなメリット、デメリットがあるのか確認してみました。
auカブコム証券

auカブコム証券の評価・評判ってどう?メリット・デメリットのまとめ

大手ネット証券の一つであるauカブコム証券は、三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券会社です。三菱UFJフィナンシャル・グループという安心感がある一方、株式や投資信託などのサービス内容はどのような特徴があるのか、メリット、デメリットについて確認してみました。
FX

FXスイングトレードとは?利益を上げるコツって何?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも比較的ゆったりとした取引を行うのがスイングトレードです。スイングトレードは、1日から数週間、長ければ数ヶ月とポジションを保有し決済する中長期的なトレードスタイルなので、チャートに張り付いてる必要もなく、忙しい日々を送る方でも行えるトレードスタイルです。そんなスイングトレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。
スワップ運用

FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアは?高金利通貨も比較!

FXでは、二国間の金利差の差額であるスワップポイントを受け取ることができるので、低金利の日本円を売って外貨を買うことによって利益を上げる運用方法がありますが、どの通貨ペアがおすすめでしょうか?過去からの為替レートの変動率や実際のスワップポイントがどのくらいもらえるのかなどからおすすめの通貨ペアを考察してみます。