FX

FXのポジションとは?ポジションを持ち続けることは可能?

FXではポジションという言葉がよく使われ、「ポジションを持つ」とか「ポジションを建てる」といった表現がされますが、ポジションやポジションを持つとはどういう意味でしょうか?また、ポジションを持ち続けることは可能なのか、決済との違いなどについてまとめてみました。
みんなのFX

みんなのFXの評価・評判は?スプレッドやスワップポイントってどう?

みんなのFXは、東京証券取引所スタンダード市場上場のトレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社であるトレイダーズ証券が運営するFXサービスです。高金利通貨ペアのスワップポイントが高く、実質の取引コストとなるスプレッドも狭く好条件で取引ができることで注目されてますが、スプレッドやスワップポイントなどサービス内容について確認してみました。
みんなのFX

みんなのFXとLIGHT FX(ライトFX)の違いを比較!スプレッドやスワップポイントは異なる?

みんなのFXとLIGHT FX(ライトFX)は、東証スタンダード市場上場のトレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社であるトレイダーズ証券が運営するFXサービスです。運営元が同じFXサービスであるみんなのFXとLIGHT FXにはどのような違いがあるのかスプレッドやスワップポイントなどの違いを確認してみました。
ヒロセ通商

ヒロセ通商(LION FX)の評価・評判は?スワップポイントやスプレッドはどう?

東証のスタンダード市場に上場しているヒロセ通商は、LION FXというFXのサービスを運営しています。オセアニア通貨や高金利通貨のスワップポイントが高く、スワップポイントを狙った投資をするのに注目のFX会社ですが、スプレッドやスワップポイントなどサービス内容について確認してみました。
ヒロセ通商

ヒロセ通商とJFXの違いを比較!おすすめはどっち?

東証のスタンダード市場に上場していてオリコン顧客満足度調査のFX取引 FX専門業者で9年連続で第1位のヒロセ通商とJFXは親会社と子会社の関係です。そんな2つのFXのサービスにはどのような違いがあるのか内容について確認してみました。
インデックスファンド

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)の評判や評価って?利回りや実質コストは?

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)は全世界の株式に分散投資できるインデックスファンドです。日本を含む先進国と新興国49ヵ国の大型株・中型・小型株に幅広く分散投資ができる米国ETFのバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に当ファンドを通じて投資するファンドですがどんな内容か確認してみました。
投資信託

米国ETFをNISAで購入するメリットやデメリットとは?

世界一の経済大国の米国へ投資する方法として米国ETFという選択肢があります。米国ETFは、投資信託よりも保有時のコストが低コストなものが多いので、購入を検討している方も多いと思います。そんな米国ETFは税制優遇制度であるNISAを活用することができますが、メリットやデメリットはどのような点があるのか2024年からの新NISAでの変更点含めて確認してみました。
国内ETF

【1540】純金上場信託(金の果実)の評判や評価って?現物の金(gold)と交換可能だけど・・

純金上場信託(金の果実)(1540)は、金地金1gの現在価値(理論価格)と連動し、現物の金(gold)と交換が可能という特徴を持つ国内ETFです。現物の金(gold)は全世界どこでも貨幣と交換が可能で、有事の際には値上がりしやすいといった特徴を持つ守りの資産として人気があります。そんな金へETFで手軽に投資できながら、現物の金への交換が可能な純金上場信託「金の果実」(1540)の内容を確認してみました。
CFD

CFDの自動売買ができる証券会社を徹底比較!おすすめはどれ?

世界の株価指数(日経平均やNYダウなど)や商品(金や銀など)、米国株などへ日本円のまま投資が行えるのが魅力のCFD。CFDは24時間自動で取引を行ってくれるCFDの自動売買が出来るので、チャート分析などに時間を費やすことなく取引できます。そんなCFDの自動売買ができる証券会社のサービス内容を比較してみました。
インデックスファンド

ニッセイSOX指数インデックスファンドの評判や評価ってどう?利回りや実質コストは?

ニッセイSOX指数インデックスファンドは、米国の半導体関連銘柄に分散投資ができるインデックスファンドです。米国の半導体関連市場の動向を反映するSOX指数(配当込、円換算ベース)の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。
ETF

ETFとETNの違いとは?ETNはどんなメリット・デメリットがある?

ETFと似た金融商品にETNというものがあり、ETF・ETNともに特定の指標に連動し、証券取引所に上場しているので、株式同様に売買が可能です。 証券会社でETFとETNは同列に扱われているので同じような金融商品のように思われますが、仕組みやリスクが異なるので違いを認識しておく必要があります。ETFとETNの違いやETNのメリットやデメリットについて解説したい思います。
投資信託

【最新】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年優れていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2023」の結果発表が行われました。どのようなファンドが選ばれたのか確認してみました。
資産運用

アセットアロケーションとは?ポートフォリオとの違いや決め方とは?

資産運用を始めるにあたって投資する商品というのは様々ありますが、どの金融商品どのくらいの比率で投資すればいいのでしょうか?資産運用の指針となるのがアセットアロケーションで、資産運用の成績の成果のほとんどがこのアセットアロケーションで決まると言われてます。アセットアロケーションとは何なのか、ポートフォリオとの違いやどう決めるかについて紹介します。
資産運用

資産運用とは?本当に必要なのか初心者にもわかりやすく解説!

人の生涯には様々なお金が必要となり、特に「住宅資金」「教育資金」「老後資金」は人生の三大資金と呼ばれています。それ以外にも旅行に行きたい、車を買いたいといった希望や予期せぬ出費などまとまったお金が必要になる場合も想定されます。そんな中、日本は低金利のため銀行の預金では資金を殖やすことはできません。少しでも効率よく資金を殖やすために資産運用の重要性が高まってきていますが、資産運用とは何か紹介します。
資産別一覧

国内株式インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内株式インデックスファンドは日経平均やTOPIXなどのインデックスをベンチマークとした国内株式に分散投資ができる投資信託です。国内株式への投資は日本にいれば情報も入手しやすく為替リスクがないのが特徴で、身近な投資対象として人気があります。そんな国内株式インデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめ、実質コストなど比較してみました。
インデックスファンド

SBI・全世界株式インデックス・ファンドの評判や評価は?利回りや実質コストは?

SBI・全世界株式インデックス・ファンド「愛称:雪だるま(全世界株式)」(旧名:EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド)は、大型株、中小型株を含む全世界の株式市場に幅広く分散投資ができるインデックスファンドです。FTSE グローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。
インデックスファンド

ニッセイ日経平均インデックスファンドの評価・評判は?利回りや実質コストは?

ニッセイ日経平均インデックスファンドは、ニッセイの<購入・換金手数料なし>シリーズで、国内の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。日経平均(配当込み)の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、利回りはどのくらいだったのか確認してみました。
ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは?高利回りだけどどんなリスクがある?

ソーシャルレンディングは貸付型(融資型)クラウドファンディングと呼ばれ新しい投資手法として注目されています。高利回りということもあって気になっている方も多いと思いますが、まだ歴史の浅い投資手法ということで、どのようなリスクがあるのか把握してないと投資するのはちょっと怖いですよね。そんなソーシャルレンディングのリスクについて解説します。
バランス型ファンド

たわらノーロード全世界株式の評判や評価って?利回りや実質コストは?

低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズの中で日本を含む先進国及び新興国の株式市場に広く分散投資ができるのがたわらノーロード全世界株式です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。
インデックスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の評価・評判って?利回りや実質コストは?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を除く先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。