楽天ふるさと納税の評価・評判!ポイント還元が秀逸だけどメリット・デメリットは?

ふるさと納税は主にふるさと納税サイトを利用することが多いと思いますが、その中でもポイント還元が秀逸なのが楽天ふるさと納税です。楽天ふるさと納税ではどの程度のポイント還元が得られ、実際利用してみて感じたメリット・デメリットについてまとめてみました。

フィデリティ・日本成長株・ファンドの評価ってどう?利回りはどのくらい?

フィデリティ・日本成長株・ファンドは、高い成長が期待できる日本企業に分散投資を行うアクティブファンドです。設定されてから20年を超える運用実績があり、純資産残高も国内では大型の3,500億円を超える規模となっていますが、どんな内容のファンドで過去の利回りはどの位だったのか確認してみました。

iFree 外国株式インデックスの評価って?為替ヘッジなし・ありはどっちを選ぶ?

iFree 外国株式インデックスは、先進国株式に分散投資ができるインデックスファンドで、為替ヘッジなしと為替ヘッジありのファンドがあります。MSCIコクサイ指数に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、為替ヘッジなしと為替ヘッジありの両ファンドの内容について確認してみました。

MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)の評価って?TOPIXと比較すると?

MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)は、国内の中小型株200銘柄に分散投資を行うJPX日経中小型株指数をベンチマークとする国内ETFです。JPX日経中小型株指数はJPX日経インデックス400と同じコンセプトを中小型株に適用した新しい株価指数で、それに連動するMAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)はどのような内容のファンドなのか確認してみました。

LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いって?スプレッドやスワップポイントってどう?

LIGHT FX(ライトFX)は、JASDAQ上場のトレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社であるトレイダーズ証券が運営するFXサービスです。トレイダーズ証券といえば高金利通貨ペアであるトルコリラ円や南アフリカランド円、メキシコペソ円のスワップポイントが高いみんなのFXを運営していますが、LIGHT FX(ライトFX)との違いはどのような点があるのか確認してみました。

たわらノーロード TOPIXの評価ってどう?過去の利回りはどのくらいだった?

たわらノーロード TOPIXは、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内株式に分散投資ができるインデックスファンドです。TOPIX(配当込み)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

さとふるの評価・評判ってどう?実際に利用して感じたメリット・デメリットとは?

さとふるは、認知度、利用意向No1のふるさと納税サイトに2年連続で選ばれている人気の高いふるさと納税サイトです。ふるさと納税はお礼の品数が圧倒的に多いふるさとチョイスをメインに使ってたのですが、以前から気になっていたさとふるを利用してみて感じたメリット・デメリットについてまとめてみました。

netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドの評価って?利回りは?

netWINゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドは、米国を中心としたインターネット関連企業に分散投資ができるアクティブファンドで、為替ヘッジありのAコースと為替ヘッジなしのBコースがあります。設定日が1999年と長い間運用されてきているファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

米国株の信用取引(空売り)ができる証券会社ってある?CFDはどう?

空売りは、下落傾向にある銘柄を空売りして利益を上げるだけでなく、保有銘柄が長期的には上昇トレンドでも短期的に下落しているときに空売りしてリスクをヘッジすることにも利用することができます。一般的に株価は上昇よりも下落するスピードが速いため、空売りを利用すれば短期の取引でも利益を上げやすいですが、日本国内から米国株の信用取引(空売り)ができるのか確認してみました。

大和証券のiDeCoでおすすめの商品ってある?手数料はかかる?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自分で決めた金額を積み立てて、あらかじめ用意されている定期預金や投資信託など自分で決めた金融商品で運用し、60歳以降に公的年金にプラスして給付を受けられる制度で、大きな節税メリットがあります。国内大手証券会社の大和証券ではiDeCoに力を入れていますが、どのようなサービス内容なのか確認してみました。

たわらノーロード 国内債券の評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

たわらノーロード 国内債券は、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内の公社債に分散投資ができるインデックスファンドです。NOMURA-BPI総合の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)は、米国の投資適格債券市場に幅広く分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国総合インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

SBI資産設計オープン(資産成長型)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

SBI資産設計オープン(資産成長型)<愛称:スゴ6>は、国内外の株式、公社債、不動産投資信託証券の6資産に分散投資ができるバランス型ファンドです。SBI証券のバランス型ファンドでの投資信託ランキングで上位にランキングされている当ファンドはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの評価ってどう?利回りは?

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンは、主に国内の小型株を中心に投資を行うアクティブファンドです。国内の上場企業のうち経営者が実質的に主要な株主である企業を主要投資対象とするとのことですが、どのようなファンドなのか内容について確認してみました。

楽天証券のマーケットスピード2の評価ってどう?メリット・デメリットは?

楽天証券では、株式のトレードツールの草分け的存在で人気の高いマーケットスピードを提供していますが、さらに進化させたマーケットスピード2がリリースされます。プロの投資家も使う取引手法を誰でも使えるようにするなど、ネット証券でも一歩先行く機能を搭載したマーケットスピード2の説明会に参加してきたのでメリットやデメリットについてまとめてみました。

ナスダック総合指数に連動するONEQの評価って?過去の利回りはどのくらい?

ONEQ(Fidelity NASDAQ Composite Index Tracking Stock ETF)は、ナスダック総合指数の価格および利回りに連動する投資成果を目指す海外ETFです。ナスダックに連動する投資信託やETFのほとんどがナスダック100指数に連動するものが多い中、構成銘柄の多いナスダック総合指数に連動するONEQはどのようなETFなのか内容を確認してみました。

Smart-i 先進国リートインデックスの評価ってどう?過去の利回りは?

Smart-i 先進国リートインデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、日本を除く先進国の不動産投資信託証券に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

投資信託の積立は楽天証券と楽天カードの組み合わせが最強?デメリットはない?

楽天証券はSBI証券と並んで投資信託の取り扱い数が多く、買付手数料無料のノーロードのインデックスファンドなども数多くあり、投資信託を購入するなら検討したいネット証券会社です。楽天証券の投資信託の積立は100円からと低額から行えるので、初心者の方でも始めやすく、楽天証券では楽天カードとの連携が強化されお得に投資信託の積立ができるようになるので内容について確認してみました。

たわらノーロード 国内リートの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

たわらノーロード 国内リートは、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内に上場している不動産投資信託証券(J-REIT)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。