グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(未来の世界)の評価って?利回りは?

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(未来の世界)は、日本を含む世界の上場株式のうち競争優位性があり、高成長が期待される質の高いハイクオリティ成長企業の中から割安と判断される銘柄を厳選して投資を行うアクティブファンドです。限定為替ヘッジと為替ヘッジなしのファンドがありますが、それぞれの比較など含めてファンドの内容について確認してみました。

カナダドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

優等生通貨と言われるカナダドルは、政治的にも経済的にも安定した国と言われていて、G7(主要先進7ヵ国)の一員でありながら、世界第二位の広大な国土を有し、世界有数の資源国としても知られています。カナダでは政策金利が上昇し、それに伴いFXのスワップポイントも上昇しきていますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか気になるところなので、スプレッドも含めて比較してみました。

たわらノーロード新興国株式の評価ってどう?利回りはどのくらい?

たわらノーロード新興国株式は、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、新興国株式へ分散投資ができるインデックスファンドです。MSCIエマージング・マーケット・インデックスの動きを概ね捉える投資成果を目指した運用を行うとのことですが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

カナダドルの金利が上昇局面に突入し今後注目?スワップポイント狙いがいい?

カナダは、米国の隣国の国でG7(主要先進7ヵ国)の一員として世界でも政治的にも経済的にも安定した国と言われています。世界第二位の広大な国土を有し、世界有数の資源国としての魅力も持ち合わせているカナダは、利上げサイクルに突入し投資対象としての魅力が出てきました。そんなカナダの通貨であるカナダドルへの投資について確認してみました。

ニッセイ新興国株式インデックスファンドの評価ってどう?

ニッセイ新興国株式インデックスファンドは、ニッセイアセットマネジメントの低コストインデックスファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>で新興国株式に分散投資ができます。MSCIエマージング・マーケット・インデックスの動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドの評価ってどう?

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンドは、大型株だけでなく中小型株を含む全世界の株式市場に幅広く分散投資ができるインデックスファンドです。楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)と同じベンチマークとなっていますが、厳密にはインデックスファンドには分類されない当ファンドはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

iTrust新興国株式の評価ってどう?今後の成長に期待できる?

iTrust新興国株式は、主に新興国の株式に分散投資をするアクティブファンドですが、愛称が「働きざかり~労働人口増加国限定~」とあるように労働人口増加国に限定した国に分散投資するファンドです。新興国は今後の成長余地が大きいと期待されていますが、その中でも特に労働人口に増加国に限定したiTrust新興国株式の内容について確認してみました。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)の評価って?利回りは?

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)は、米ドル建てハイイールド社債へ分散投資ができる海外ETFです。高い利回りが期待できる米国のハイイールド社債に幅広く投資ができますが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

FXのロスカットとは、ある一定の基準に達した時に、FX会社がすべての取引を自動で決済させる仕組みです。ロスカットされてしまうと損失が確定してしまう反面、損失の拡大を防いでくれるといった仕組みでもあります。ロスカットとはどういう仕組みで、計算方法や証拠金維持率やレバレッジとの関係などについてまとめてみました。

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(1496)の評価って?利回りは?

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)(1496)は、米ドル建て投資適格社債へ分散投資ができる国内ETFです。投資適格債券は、ハイイールド債券と比べるとリスクが低く、先進国国債を上回る利回りが期待できますがiシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETFはどのような内容なのか確認してみました。

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)の評価ってどう?過去の成績は?

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)は、各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで、国内の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。日経平均株価(日経225)の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、利回りはどのくらいだったのか確認してみました。

iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(1497)の評価って?利回りは?

iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(為替ヘッジあり)(1497)は、米ドル建てハイイールド社債へ分散投資ができる国内ETFです。ハイイールド債券は、投資適格債券と比べると信用力が低いものの利回りが高いといった特徴がありますが、iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETFはどのような内容なのか確認してみました。

GMOクリック証券(FXネオ)の評価・評判って?手数料やスワップポイントってどう?

GMOクリック証券はFXだけでなく様々な金融商品を取り扱うネット証券で、東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社ということで安心感もあり、テレビCMなどで知名度もあるネット証券です。特にFXは取引高や預かり資産など国内トップクラスのFX会社ですが、人気の理由はどこにあるのかGMOクリック証券のFXネオの内容について確認してみました。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を除く先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の評価って?利回りってどう?

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)は、日本や新興国も含む全世界の株式を投資対象とし、配当利回りの高い銘柄を中心に投資をするアクティブファンドです。分配金利回りが高く、オプション取引を活用し安定した収益の確保を目指す戦略とのことですが、高い分配金を出せるほどのファンドなのか内容を確認してみました。

iシェアーズ米国リートETF(1659)の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ米国リートETF(1659)は、米国のリート(不動産投資信託)に分散投資ができる国内ETFです。今後も経済成長が期待できる米国で、定期的な不動産の賃料収入が期待できる不動産投資信託市場に投資ができる国内ETFですが、どのような配当・分配金となっているかなど内容を確認してみました。

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族の評価って?利回りはどのくらい?

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族(Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族)は、米国の株価指数であるS&P500の構成銘柄のうち25年以上連続で増配している銘柄に分散投資ができるインデックスファンドです。為替ヘッジなし以外にも為替ヘッジ型のファンドも設定されていますが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)の評価ってどう?利回りや配当はどのくらい?

米国の代表的な指標で、ニュースでもよく耳にするダウ平均株価に連動する海外ETFが、SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)です。ダウ平均株価は米国を代表する30銘柄で構成され、米国だけというより世界をまたにかける企業がほとんどなので、米国経済だけを反映したというより世界経済を反映させた指標と言えます。そんなダウ平均株価と連動するSPDRダウ工業株平均ETF(DIA)はどんな内容のETFなのか確認してみました。

岡三オンライン証券のIPOが当たらない?当選確率を上げるこんな方法が!

岡三オンライン証券は、国内株式の特に取引ツールや投資情報に定評があるネット証券で、特にIPOの取り扱い銘柄が急増していてIPOを狙った投資をするなら押さえておきたいネット証券です。ただ、IPOはなかなか当選しづらいですが、岡三オンライン証券に訪問して伺ったIPOの当選確率を上げる方法を紹介します。

eMAXIS Slim 国内債券インデックスの評価ってどう?リスク低減に!

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで国内の公社債に分散投資ができるのがeMAXIS Slim 国内債券インデックスです。NOMURA-BPI総合をベンチマークとするファンドで、国内債券型のインデックスファンドはリターンは期待できませんが、ポートフォリオの一部として組み込むことによってリスク低減が期待できます。国内債券型のインデックスファンドで業界最低水準の信託報酬を目指す、eMAXIS Slim国内債券インデックスはどんな内容なのか確認してみました。