NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)の評価って?利回りはどのくらい?

NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)は、日本の株式銘柄で予想配当利回りの高い50銘柄で構成される「日経平均高配当株50指数」への連動を目指す国内ETFです。予想配当利回りおよび流動性を加味していますが、どのような内容のETFなのか確認してみました。

FXポジショントレードとは?利益を上げるためのやり方やコツってあるの?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも最も長期に取引を行うのがポジショントレードです。ポジショントレードは、数週間から数ヶ月、長ければ年単位でポジションを保有し決済するトレードスタイルなので、ゆったりとトレードしたい方に向いています。そんなポジショントレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。

ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)の評価ってどう?利回りってどのくらい?

ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)は、国内に上場している不動産投資信託(J-REIT)に分散投資ができる毎月分配型のインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF(1478)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF(1478)は、日本の株式銘柄で配当利回りの高さに着目した「MSCIジャパン高配当利回りインデックス」への連動を目指す国内ETFです。配当利回りの高さだけでなく、配当の継続性や企業の財務体質など所定の水準を満たした日本株が投資対象となっていますが、どのような内容のETFなのか確認してみました。

iFree 外国REITインデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

iFree 外国REITインデックスは、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで日本を除く海外のリート(不動産投資信託)に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P先進国REIT指数(除く日本、円ベース)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

FXスイングトレードとは?利益を上げるためのやり方やコツってあるの?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも比較的ゆったりとした取引を行うのがスイングトレードです。スイングトレードは、1日から数週間、長ければ数ヶ月とポジションを保有し決済する中長期的なトレードスタイルなので、チャートに張り付いてる必要もなく、忙しい日々を送る方でも行えるトレードスタイルです。そんなスイングトレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。

iシェアーズ・コア S&P BSE SENSEX インディア・インデックス ETFの評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ・コア S&P BSE SENSEX インディア・インデックス ETF(2836)は、インド最大のボンベイ証券取引所に上場するインドを代表する銘柄に分散投資ができる海外ETFです。S&P BSE SENSEXへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

高成長インド・中型株式ファンドの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

高成長インド・中型株式ファンドは、インドの中型株式に分散投資を行うアクティブファンドです。ファンド・オブ・ファンズ方式により運用を行うファンドですが、ファンド・オブ・ファンズ方式の場合、コストが割高となる傾向がありますが、高成長インド・中型株式ファンドはどんな内容のファンドで実質コストや過去の成績はどうだったのか確認してみました。

SPDR S&P 米国高配当株式 ETF【SDY】の評価って?利回りや配当金はどのくらい?

SPDR S&P 米国高配当株式 ETF(SDY)は、20年以上連続して増配している米国株に幅広く分散投資ができる海外ETFです。S&P ハイ・イールド・ディビデンド・アリストクラッツ 指数への連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(楽天VYM)の評価って?利回りや実質コストは?

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(楽天VYM)は、米国株式市場における高配当銘柄に分散投資ができるインデックスファンドです。FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目指すファンドですが、実際の内容や利回り、実質コストについて確認してみました。

コモンズ30ファンドの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

コモンズ30ファンドは、30年の長い目線を持って世界で成長し続けられる国内株式30銘柄に厳選して投資を行うアクティブファンドです。「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」でも20位に入るなど、個人投資家の方にも人気があるコモンズ30ファンドとはどんなファンドなのか内容を確認してみました。

トライオートFX/ETFでFXとETFの自動売買が思い通りに?ビルダー機能でバックテストも可能!

インヴァスト証券が提供するFX、ETFの自動売買サービスであるトライオートFX、トライオートETFに自分だけのオリジナルの自動売買ロジックを作成できるビルダー機能が追加されています。もともとトライオートFX、トライオートETFでは誰でも簡単に自動売買が行える自動売買セレクトというのがありますが、新たに自動売買セレクトに追加されたビルダー機能とはどのような機能なのか確認してみました。

iシェアーズ・コア TOPIX ETF(1475)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

iシェアーズ・コア TOPIX ETF(1475)は、日本の株式市場全体の動向を示す「東証株価指数(TOPIX)」への連動を目指す国内ETFです。東証一部上場の全銘柄(約2,100銘柄)に分散投資を行うのと同等のパフォーマンスが期待できますが、どのような内容のETFなのか確認してみました。

Smart-i 先進国株式インデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i 先進国株式インデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、先進国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。MSCI-KOKUSAI指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF【VEA】の評価って?利回りや配当金はどのくらい?

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)は、米国を除く先進国株式に分散投資ができる海外ETFです。FTSE先進国オールキャップ(除く米国)インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信の評価って?過去の利回りは?

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信は、成長の可能性が高いと判断される米国株式に分散投資を行うアクティブファンドです。為替ヘッジありや毎月分配型などAコースからDコースの4つのコースが設定されているファンドですが、どんな内容のファンドで過去の成績はどうだったのか確認してみました。

日経225ノーロードオープンの評価ってどう?利回りや実質コストは?

日経225ノーロードオープンは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデクスファンドです。純資産残高が約2,000億円とインデックスファンドでは多くの資金を集めているファンドですが、どんな内容のファンドで、過去の利回りはどのくらいだったのか確認してみました。

iシェアーズ 米国不動産 ETF【IYR】の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ 米国不動産 ETF(IYR)は、米国の不動産投資信託(リート)に分散投資ができる海外ETFです。ダウ・ジョーンズ米国不動産指数の価格と利回りに経費控除前で連動する投資成果を上げることを目標とするETFですが、どんな内容のETFなのか、利回りはどのくらいなのか確認してみました。