LINEスマート投資の「ワンコイン投資」の評価・評判ってどう?デメリットは?

LINE上から投資ができるLINEスマート投資では、身近なテーマに投資ができるテーマ投資を行うことができますが、500円から手軽に積立投資ができるワンコイン投資サービスが登場しました。ワンコイン投資サービスとはどのような内容のサービスなのか確認してみました。

Smart-i TOPIXインデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i TOPIXインデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、国内の東証1部上場のすべての銘柄に分散投資ができるインデックスファンドです。TOPIX(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

FOLIO(フォリオ)のセミナー参加レポート!なぜFOLIOなのか?

FOLIO(フォリオ)は、好きなテーマを選んで、簡単に分散投資ができる「テーマ投資」と、ロボアドバイザーが資産運用を自動で行ってくれる「おまかせ投資」という2つの投資サービスを行っています。そんなFOLIO(フォリオ)のセミナーに参加してきたので、内容をまとめてみました。

野村Jリートファンドの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

野村Jリートファンドは、国内の金融商品取引所に上場しているリート(不動産投資信託)であるJ-REITに分散投資ができるアクティブファンドです。多くのアクティブファンドがインデックスファンドに勝てないといわれてますが、野村Jリートファンドはどのような成績だったのか確認してみました。

Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF【SPXS】の評価って?米国株式市場を空売りしたいときに!

Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF(SPXS)は、米国の代表的な株価指数であるS&P500の3倍の値動きの反対となる投資成果を目指した海外ETFです。S&P500は長期的には右肩上がりに成長している株価指数のため、長期投資には向きませんが一時的に米国株式市場が下落に向かいそうだと思ったときに、利益を上げられるETFですが、どのような内容のETFなのか確認してみました。

GMOあおぞらネット銀行の評価・評判ってどう?メリット・デメリットは?

GMOあおぞらネット銀行は、GMOインターネットグループとあおぞら銀行が共同出資するネット銀行です。あおぞら銀行の銀行経営ノウハウとGMOインターネットグループのIT技術を融合することで、あらなた銀行の形態として「次世代型インターネット銀行事業」を目指すとのことですが、どのようなサービス内容なのか確認してみました。

インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式の評価ってどう?利回りや実質コストは?

日興アセットマネジメントが運用するインデックスファンド海外新興国(エマージング)株式は、新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円ベース)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、低コストなインデックスファンドが登場している中、これから投資するのに適しているのか内容を確認してみました。

FXスキャルピングとは?利益を上げるためのコツってなに?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも最も短期間で取引を行う手法がスキャルピングです。スキャルピングは資金効率がよく、数秒から数分で小さな利益をコツコツ積み重ねていきます。そんなスキャルピングのメリットやデメリットは何か、利益を上げるコツなどを紹介します。

eMAXIS Neo ドローンの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

eMAXIS Neo ドローンは、AIが銘柄を選ぶeMAXIS neoシリーズの主に米国の金融商品取引所に上場している日本を含む世界各国のドローン関連企業に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P Kensho Drones Index(配当込み)というあまり聞きなれないインデックスの動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

バンガード・超長期米国債ETF【EDV】の評価って?利回りや配当金はどのくらい?

バンガード・超長期米国債ETF(EDV)は、残存期間が20~30年の米国債(ストリップス債)に分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国債STRIPS(20-30年)均等額面インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

楽天・新興国株式インデックス・ファンド(楽天VWO)の評価って?利回りや実質コストは?

楽天・新興国株式インデックス・ファンドは、新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。新興国24ヵ国の大型・中型・小型株式に幅広く分散投資ができるバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)に当ファンドを通じて投資するファンドですがどんな内容か確認してみました。

GMOクリック証券とDMM FXを比較!FXやるならおすすめはどっち?

国内のFX会社で口座開設数や月間取引高、預かり残高などで常にトップ争いをしているGMOクリック証券とDMM FX。それだけ多くの方がFXトレードをするのにこの2社を選びトレードをしているということですが、2社にはどのような違いがあるのか比較して確認してみました。

SPDRダウ・ジョーンズREIT ETF【RWR】の評価って?S&P500の2倍の利益?

SPDRダウ・ジョーンズREIT ETF(RWR)は、米国の不動産投資信託(リート)に分散投資ができる海外ETFです。ダウ・ジョーンズU.S.セレクトREIT指数の価格と利回りに経費控除前で連動する投資成果を上げることを目標とするETFですが、どんな内容のETFなのか、利回りはどのくらいなのか確認してみました。

SMT グローバル株式インデックス・オープンの評価って?利回りや実質コストは?

SMT グローバル株式インデックス・オープンは、先進国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。MSCI KOKUSAIインデックスに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、低コストなインデックスファンドが登場している中、これから投資するのに適しているのか内容を確認してみました。

FX会社のロスカットルール、追証(マージンコール)あり・なしを比較

FXのロスカット(強制決済)とは、ある一定の基準に達した時に、FX会社が自動的にすべての取引を決済させる仕組みで、この仕組みがあるおかげで投資家の損失の拡大を防いでくれます。ロスカットルールはすべてのFX業者が整備し、順守することが義務付けられていますが、FX会社によって基準が異なっていたり、追証あり・なしもFX会社によって異なっていたりするので、各FX会社のロスカットルールや追証のあり・なしについて比較してみました。

サイバーセキュリティ株式オープンの評価って?利回りや実質コストはどのくらい?

サイバーセキュリティ株式オープンは、日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業に投資を行うアクティブファンドです。インターネット上のサービスは日々進歩していき、IoT(Internet of Things)によりあらゆるものがインターネットにつながっていく中で、個人や企業のみならず国家規模にいたるまでセキュリティ対策が必須となっています。そんな時代の中で、インターネット上のセキュリティ関連企業に投資する当ファンドの内容について確認してみました。

FXでスキャルピングOKのおすすめ口座ってどこ?スプレッドが狭いだけでいい?

FXの取引スタイルで人気があるスキャルピングは、1日に何度もトレードを行うことによって利益を積み上げていく取引スタイルです。スキャルピングは、すきま時間を利用してさっと取引をすることができ、少額でもレバレッジを大きく掛ければ十分な利益を狙うこともできますが、FX会社によってはスキャルピングをしていたら口座凍結したといった話もあるので、安心してスキャルピングができるFX会社を確認してみました。

SBI・新興国株式インデックス・ファンドの評価って?利回りや実質コストは?

SBI・新興国株式インデックス・ファンド「愛称:雪だるま(新興国株式)」(旧名:EXE-i つみたて新興国株式ファンド)は、新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。新興国株式の低コストなインデックスファンドで多く採用されている「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」とは異なり「FTSEエマージング・インデックス」をベンチマークとしてますが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

三井住友・DC外国リートインデックスファンドの評価って?利回りや実質コストは?

三井住友・DC外国リートインデックスファンドは、日本を除く先進国に上場している不動産投資信託(リート)に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、利回りや実質コストなど、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF【SPXL】の評価って?利回りや配当金は?

Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF(SPXL)は、米国の代表的な株価指数であるS&P500の3倍の値動きとなる投資成果を目指した海外ETFです。レバレッジ型ETFは、一般的に長期投資には向かないと言われてますが、Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF(SPXL)は過去どのような値動きをしていたいのか確認してみました。