iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(1497)の評価って?利回りは?

iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(為替ヘッジあり)(1497)は、米ドル建てハイイールド社債へ分散投資ができる国内ETFです。ハイイールド債券は、投資適格債券と比べると信用力が低いものの利回りが高いといった特徴がありますが、iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETFはどのような内容なのか確認してみました。

GMOクリック証券(FXネオ)の評価・評判って?手数料やスワップポイントってどう?

GMOクリック証券はFXだけでなく様々な金融商品を取り扱うネット証券で、東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社ということで安心感もあり、テレビCMなどで知名度もあるネット証券です。特にFXは取引高や預かり資産など国内トップクラスのFX会社ですが、人気の理由はどこにあるのかGMOクリック証券のFXネオの内容について確認してみました。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を除く先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)の評価って?利回りってどう?

ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)は、日本や新興国も含む全世界の株式を投資対象とし、配当利回りの高い銘柄を中心に投資をするアクティブファンドです。分配金利回りが高く、オプション取引を活用し安定した収益の確保を目指す戦略とのことですが、高い分配金を出せるほどのファンドなのか内容を確認してみました。

iシェアーズ米国リートETF(1659)の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ米国リートETF(1659)は、米国のリート(不動産投資信託)に分散投資ができる国内ETFです。今後も経済成長が期待できる米国で、定期的な不動産の賃料収入が期待できる不動産投資信託市場に投資ができる国内ETFですが、どのような配当・分配金となっているかなど内容を確認してみました。

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族の評価って?利回りはどのくらい?

野村インデックスファンド・米国株式配当貴族(Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族)は、米国の株価指数であるS&P500の構成銘柄のうち25年以上連続で増配している銘柄に分散投資ができるインデックスファンドです。為替ヘッジなし以外にも為替ヘッジ型のファンドも設定されていますが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)の評価ってどう?利回りや配当はどのくらい?

米国の代表的な指標で、ニュースでもよく耳にするダウ平均株価に連動する海外ETFが、SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)です。ダウ平均株価は米国を代表する30銘柄で構成され、米国だけというより世界をまたにかける企業がほとんどなので、米国経済だけを反映したというより世界経済を反映させた指標と言えます。そんなダウ平均株価と連動するSPDRダウ工業株平均ETF(DIA)はどんな内容のETFなのか確認してみました。

岡三オンライン証券のIPOが当たらない?当選確率を上げるこんな方法が!

岡三オンライン証券は、国内株式の特に取引ツールや投資情報に定評があるネット証券で、特にIPOの取り扱い銘柄が急増していてIPOを狙った投資をするなら押さえておきたいネット証券です。ただ、IPOはなかなか当選しづらいですが、岡三オンライン証券に訪問して伺ったIPOの当選確率を上げる方法を紹介します。

eMAXIS Slim 国内債券インデックスの評価ってどう?リスク低減に!

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで国内の公社債に分散投資ができるのがeMAXIS Slim 国内債券インデックスです。NOMURA-BPI総合をベンチマークとするファンドで、国内債券型のインデックスファンドはリターンは期待できませんが、ポートフォリオの一部として組み込むことによってリスク低減が期待できます。国内債券型のインデックスファンドで業界最低水準の信託報酬を目指す、eMAXIS Slim国内債券インデックスはどんな内容なのか確認してみました。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の評価ってどう?過去の成績は?

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで国内株式のTOPIXに連動する動きとなるのがeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)です。TOPIXをベンチマークとするファンドで、ベンチマークを上回る成績となっていますが、果たして良いインデックスファンドといえるのか内容を確認してみました。

みんなのFXのスプレッドやスワップポイントってどう?評価・評判は?

みんなのFXは、JASDAQ上場のトレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社であるトレイダーズ証券が運営するFXサービスです。高金利通貨ペアであるトルコリラ円やメキシコペソ円のスワップポイントが高く、スワップポイントを狙った取引をするのに注目されてますが、スプレッドやスワップポイントなどサービス内容について確認してみました。

MHAM新興成長株オープン(J-フロンティア)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

MHAM新興成長株オープン(J-フロンティア)は、主に国内の新興企業の株式を中心に投資を行うアクティブファンドです。設定日が2000年と長期にわたって運用されている実績を持つファンドですが、どのような内容のファンドなのか、主に国内株式に投資するアクティブファンドであるひふみ投信やジェイリバイブと過去の成績も比較してみました。

三井住友アセットの投信直販「SMAM投信直販ネット」の評判って?メリットある?

大手運用会社である三井住友アセットマネジメントが投資信託を直接販売している「SMAM投信直販ネット」。投資信託の直販といえばひふみ投信やセゾン投信が有名ですが、SMAM投信直販ネットは投資家にとってどのようなメリットがあるのかサービス内容について確認してみました。

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型(1459)(楽天225ダブルベア)の評価ってどう?

楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型(楽天225ダブルベア)は、日経平均の騰落率のー2(マイナス2)倍の値動きをする国内ETFです。日経平均が下がりそうなときに手軽に投資ができ、利益を2倍出せるETFですが、どんな特徴があるのか内容を確認してみました。

FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!

FXでは、二国間の金利差の差額であるスワップポイントを受け取ることができるので、低金利の日本円を売って外貨を買うことによって利益を上げる運用方法がありますが、どの通貨ペアがおすすめでしょうか?過去からの為替レートの変動率や実際のスワップ金利がどのくらいになるのかなどからおすすめの通貨ペアを考察してみます。

eMAXIS Slim 先進国債券インデックスの評価ってどう?過去の成績は?

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで先進国債券に分散投資ができるのがeMAXIS Slim 先進国債券インデックスです。eMAXIS Slimシリーズは、機動的に信託報酬を引き下げることによって、業界最低水準の信託報酬を目指すファンドですが、eMAXIS Slim 先進国債券インデックスはどんな内容なのか確認してみました。

メキシコペソ円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

FXでスワップポイントの高い通貨ペアとしてトルコリラ円や南アフリカランド円が人気が高いですが、そんな中メキシコペソ円の注目度が高くなっています。取り扱うFX会社も増えてきているので、どのFX会社がスワップポイントが高いのか気になるところなので、スプレッドも含めて比較してみました。

TATERU Funding(タテルファンディング)の評価・評判は?1万円からの不動産投資!

TATERU Funding(タテルファンディング)は、株式会社インベスターズクラウドから社名変更した東証一部上場の株式会社TATERUが運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスです。他のソーシャルレンディングとは異なる不動産特定共同事業を活用したサービスとなっていますが、どんな内容のサービスなのか確認してみました。

ベトナム成長株インカムファンドの評価ってどう?利回りってどのくらい?

ベトナム成長株インカムファンドはその名の通りベトナムの株式に投資ができるアクティブファンドです。運用を行うキャピタルアセットマネジメントは、ベトナムやフィリピンなどのアセアン市場や南アフリカ、中近東といった新興国市場、シェールガス関連株式に投資するファンドを運用するといった特徴がありますが、ベトナム成長株インカムファンドはどんな内容のファンドなのか内容を確認してみました。

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。