ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。

eMAXIS JPX日経中小型インデックスの評価ってどう?今後のリターンに期待!

eMAXIS JPX日経中小型インデックスは、国内の中小型株200銘柄に分散投資を行うJPX日経中小型株指数をベンチマークとするインデックスファンドです。JPX日経中小型株指数はJPX日経インデックス400と同じコンセプトを中小型株に適用した新しい株価指数で、それに連動するeMAXIS JPX日経中小型インデックスはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

FXでは、トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどの高金利通貨と日本円のような低金利通貨を組み合わせた通貨ペアを買いで保有していれば、日々スワップポイントをもらうことができますが、FX会社によってはポジションが未決済のまま(例えばトルコリラ円を買ったままの状態)スワップポイントを引き出し(出金)することも可能です。スワップポイントを引き出したい場合どのFX会社を利用すればいいのか、その場合の税金がどうなるのか確認してみました。

結い2101の評価ってどう?個人投資家に人気があるけど過去の成績は?

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」で2010年から6年連続でトップ10入りし、2016、2017年ではトップ10入りとはなりませんでしたが、それでもトップ20に入る個人投資家に人気が高いファンドが結い2101です。日本株式を投資対象としたアクティブファンドで鎌倉投信の直販のみですが、つみたてNISAに対応した数少ないアクティブファンドですが、ファンドの内容や過去の成績などはどうなのか確認してみました。

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)の評価って?利回りや配当はどのくらい?

パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1(QQQ)は、ナスダック100指数に連動する投資成果を目指す海外ETFです。ナスダック市場に投資ができる数少ないETFの1つであるパワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1はどんな内容のETFで、過去の利回りや配当はどうだったのか確認してみました。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

各資産クラスで信託報酬最安値となっているeMAXIS Slimシリーズで8資産に均等に分散投資ができるのがeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)です。eMAXIS Slimシリーズは、機動的に信託報酬を引き下げることによって、業界最低水準の信託報酬を目指すファンドですが、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)はどんな内容なのか確認してみました。

GMOクリック証券のFXネオとくりっく365の違いって?おすすめはどっち?

FX取引高6年連続世界一など国内トップクラスのFX会社であるGMOクリック証券では、FXネオとくりっく365という2つのFXのサービスを行っています。FXネオは店頭FX、くりっく365は取引所FXという違いがありますが、スプレッドやスワップポイントなどはどのような違いがあり、FXを行うならどちらが有利でおすすめなのか確認してみました。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)の評価ってどう?

ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)は、ニッセイアセットマネジメントの低コストインデックスファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>のバランス型ファンドで、これ一本で国内外の株式・債券・リートに分散投資ができます。8資産均等型のバランス型ファンドは各社から出ていますが、ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)はどんな内容のファンドなのか確認してみました。

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(1458)(楽天225ダブルブル)の評価ってどう?手数料無料?

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(楽天225ダブルブル)は日経平均の騰落率の2倍の値動きをする国内ETFです。レバレッジ型ETFは証券会社の売買代金ランキングの上位に入るなど頻繁に取引されていますが、楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型はどのような内容のETFなのか内容を確認してみました。

NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoを比較!結局どれがおすすめでお得?

2018年からつみたてNISA(積立NISA)が始まり資産運用や投資をする際に節税効果を得られる制度が、現行NISA、iDeCoに次いで選択肢が増えることになります。つみたてNISA、現行NISA、iDeCo(イデコ)はどのような違いがあり、どれを利用するのがおすすめでお得なのか比較してみました。

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)ってどう?つみたてNISAやiDeCoの対象?

楽天・全米株式インデックス・ファンドは楽天投信投資顧問とバンガード社が立ち上げた楽天・バンガード・ファンドシリーズの全米の株式に分散投資できるインデックスファンドです。米国株式市場をほぼ100%カバーするバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)に当ファンドを通じて投資するファンドですがどんな内容か確認してみました。

くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

くりっく365は、東京金融取引所が運営する公的な国内唯一の取引所FXで、高金利通貨であるトルコリラ円や南アフリカランド円、取引量No1の米ドル円のスワップポイントも高いといった特徴があります。そんなくりっく365の取扱業者は複数ありますが、取引コストはどこが安く、おすすめの取扱業者はどこなのか確認してみました。

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドの評価って?一部ヘッジあり!

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドは、株式(国内・先進国・新興国)、債券(国内・先進国)、リート(国内・外国)の各資産に分散投資ができるバランス型ファンドです。リートも含む資産に分散投資ができるバランス型ファンドも増えてきましたが、三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

米国株式・ETF定期買付サービスとは?NISAを有効に活用するには?

SBI証券が米国株式・ETF定期買付サービスを開始しました。通常の投資信託ではインデックスファンドの信託報酬の引き下げにより低コストで投資ができるようになりましたが、さらに低コストな米国ETFで自動で積立できるようになると利便性が上がりますが、どんな内容のサービスなのか確認してみました。

SBI小型成長株ファンド ジェイクールの評価ってどう?利回りは?

SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)は、国内の上場銘柄のうち中小型株に投資するアクティブファンドです。資産残高の拡大により一時期買付停止となっていましたが、再度買付が再開されたジェイクールですが、どのような特徴があるファンドなのか内容を確認してみました。

iFree S&P500インデックスの評価ってどう?つみたてNISA対象!

iFree S&P500インデックスは、米国株式市場の動向を示す代表的な株価指数であるS&P500をベンチマークとするインデックスファンドです。S&P500をベンチマークとするインデックスファンドは数は少なく、その中でも低コストなiFree S&P500インデックスはどんな内容なのか確認してみました。

ロボット・テクノロジー関連株ファンドってどう?過去の成績は?

ロボット・テクノロジー関連株ファンド ーロボテックーは、日本を含む世界のロボット関連企業の株式に投資をするアクティブファンドです。ロボット関連株に投資する投資信託は人気があり既に4,000億円近い純資産残高となっていますが、実際どのような内容のファンドで過去の成績はどうだったのか確認してみました。

メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?

メキシコペソ円はFXでのスワップポイントが高く高金利通貨として注目が集まっていて、くりっく365に上場されたりFX会社でも取り扱いが増えている通貨ペアです。メキシコとはどんな国で、FXで投資する場合メキシコペソ円でどのくらいの利回りが期待できそうなのか確認してみました。

EXE-iつみたて先進国株式ファンドってどう?インデックスファンドなのか?

EXE-iつみたて先進国株式ファンドは日本を含む先進国の株式市場に幅広く分散投資ができるインデックスファンドです。厳密にはインデックスファンドとは若干異なる動きとなる当ファンドですが実際どのような内容のファンドなのか確認してみました。