FX

FXのpips(ピップス)とは?1pipsがいくらか簡単に計算するには?

FXのpips(ピップス・ピプス)とは、FXの取引において使用される単位のことで、よく「何pipsの利益が出た」とか「何pipsで損切りしてる」などとと使われています。スプレッドの表記などにも「pips」が使われていたり日本円が絡む通貨ペアだと「銭」が使われいていたりしますが、そもそもpips(ピップス)と言う単位はどういうもので、1pipsはいくらとなるのか簡単に計算するにはどうするのか確認してみました。
インデックスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の評価・評判は?実質コストや利回りは?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を含む先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)です。各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する投資成果を目指した運用を行うファンドですが、どんな内容なのか確認してみました。
投資信託

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。
FX

FX初心者向けのおすすめ通貨ペアって?トレードスタイル別の選び方とは?

FXは株式と比較すると、投資対象が少ないので選びやすいという特徴がありますが、それでもFX初心者の頃はどの通貨ペアを取引すればいいか悩んでしまいます。通貨ペアの動きには特徴もあり、トレードスタイルによっては向き、不向きな通貨ペアもあるので、トレードスタイル別にどのような通貨ペアを選べばいいか確認してみました。
インデックスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の評価・評判って?利回りや実質コストは?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を除く先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。
インデックスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の評価・評判は?利回りや実質コストは?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を含む先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)「通称:オルカン」です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。
くりっく365

くりっく365のメリットやデメリットは?店頭FXとの違いは?

くりっく365は、東京金融取引所が運営する取引所による外国為替証拠金取引(FX)の愛称で、店頭FX同様に外国為替証拠金取引(FX)を行うことができます。くりっく365にはどんなメリットやデメリットがあり、店頭FXとはどのような違いがあるのか確認してみました。
GMO外貨(外貨ex)

【FX】GMOクリック証券とGMO外貨の違いを比較!おすすめはどっち?

GMOクリック証券とGMO外貨はともに東証プライム市場に上場しているGMOインターネットグループのグループ会社です。同じグループ会社であるGMOクリック証券(FXネオ)とGMO外貨のFXサービスにはどのような違いがあるのか、スプレッドやスワップポイントなど違いを確認してみました。
くりっく365

くりっく365を比較(手数料・ロスカットなど)!おすすめの取扱業者は?

くりっく365は、東京金融取引所が運営する公的な国内唯一の取引所FXで、先進国通過である米ドル円や豪ドル円だけでなく高金利通貨であるトルコリラ円や南アフリカランド円、メキシコペソ円など全体的にスワップポイントも高いといった特徴があります。そんなくりっく365の取扱業者は複数ありますが、取引コストはどこが安く、おすすめの取扱業者はどこなのか確認してみました。
FX

FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

FXで利益を上げる方法として、為替差益で利益を上げる以外に2国間の金利差である差額であるスワップポイントを受け取ることができます。受け取ったスワップポイントの活用方法の一つしてスワップポイントを複利運用するといった運用方法がありますが、スワップポイントを複利運用するのに適したFX会社はどういう条件が必要で、どこがおすすめのFX会社なのか紹介します。
FX

FX会社のスプレッドを比較!狭いだけでは低コストと言えない理由とは?

FXの取引コストは、多くの会社で取引手数料が無料となっているので実質的な取引コストはスプレッドとなり、FX会社によってスプレッドが異なるので低コストで取引するならスプレッドが狭い方がより低コストでトレードができます。ただ、スプレッドだけでなく他にも気をつけたいポイントもあるので、スプレッドを比較しつつどのFX会社がより低コストでトレードができるのか確認してみました。
インデックスファンド

たわらノーロード S&P500の評価・評判ってどう?実質コストや利回りは?

たわらノーロード S&P500は米国を代表する株価指数の一つであるS&P500(配当込み、円換算ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。S&P500に連動する投資信託としては比較的後発となりますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。
DMMFX

GMOクリック証券とDMM FXの違いを比較!FXやるならおすすめはどっち?

国内のFX会社で口座開設数や月間取引高、預かり残高などで常にトップ争いをしているGMOクリック証券とDMM FX。それだけ多くの方がFXトレードをするのにこの2社を選びトレードをしているということですが、2社にはどのような違いがあるのか比較して確認してみました。
インデックスファンド

iFreeNEXT FANG+インデックスの評価・評判ってどう?利回りや実質コストは?

iFreeNEXT FANG+インデックスは、Facebook、Amazon、Netflix、Googleの4社を含む厳選された米国IT企業に分散投資を行うインデックスファンドです。NYSE FANG+指数(円ベース)の動きに連動した投資成果を目指すファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。
GMOクリック証券

GMOクリック証券のFXネオとくりっく365の違いを比較!おすすめはどっち?

国内2大FX会社であるGMOクリック証券では、FXネオとくりっく365という2つのFXのサービスを行っています。FXネオは店頭FX、くりっく365は取引所FXという違いがありますが、スプレッドやスワップポイントなどはどのような違いがあり、FXを行うならどちらが有利でおすすめなのか確認してみました。
FX

FXのスプレッドとは?手数料との違いって何?

FX会社のページに「米ドル円が0.2銭」などと表記がされている0.2銭のことをスプレッドと言います。スプレッドはFXを行う際の実質的な取引コストとなり、「狭い」「広い」といった言い方をしますが、スプレッドは狭ければ低コストといえるのでしょうか?取引コストが低コストであればリターンも向上するので、FXの基本知識であるスプレッドについて押さえておきましょう。
スワップ運用

メキシコペソ円のスワップポイント比較一覧!スプレッドも比較!

FXでスワップポイントの高い通貨ペアとしてトルコリラ円や南アフリカランド円と並んで人気が高いのがメキシコペソ円です。取り扱うFX会社も増え、どのFX会社がスワップポイントが高いのか、スプレッドも含めて比較してみました。
スワップ運用

メキシコペソの特徴とは?今後の見通しはどう?

メキシコペソ円はFXでのスワップポイントが高く高金利通貨として人気があり、FX会社でも取り扱いが増えている通貨ペアです。メキシコとはどんな国で、メキシコペソはどんな特徴がある通貨なのか確認してみました。
みんなのFX

LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いを比較!スプレッドやスワップポイントは異なる?

みんなのFXとLIGHT FX(ライトFX)は、東証スタンダード市場上場のトレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社であるトレイダーズ証券が運営するFXサービスです。運営元が同じFXサービスであるみんなのFXとLIGHT FXにはどのような違いがあるのかスプレッドやスワップポイントなどの違いを確認してみました。
スワップ運用

トルコリラはどんな特徴がある?今後の見通しは?

トルコリラは南アフリカランドやメキシコペソなどと同様に高金利通貨と言われ、その中でも特に金利が高いのがトルコリラです。トルコとはどんな国で、トルコの通貨であるトルコリラにはどんな特徴がある通貨なのか確認してみました。