iTrustインド株式の評価ってどう?今後の成長に期待できる?

iTrustインド株式は、中長期的に成長が期待できるインド企業の株式に分散投資ができるアクティブファンドです。2022年には中国を抜き、世界最大の人口を有すると予測されているインドに投資ができるiTrustインド株式ですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

たわらノーロード 日経225の評価ってどう?つみたてNISAやiDeCoの対象?

たわらノーロード 日経225は、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内株式に分散投資ができるインデックスファンドです。日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

FXでスワップポイントサヤ取り(アービトラージ)の方法って?低リスクだけどデメリットは?

FXでは必勝法とも言われるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)という手法があり、為替相場が上昇しようが下降しようがスワップポイントで利益を得られることができます。そんなスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)はどんな方法で行い、どのくらいの利益が期待でき、どのようなデメリットがあるのか紹介します。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)の評価って?利回りは?

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)は、ニッセイアセットマネジメントの低コストインデックスファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>のバランス型ファンドで、国内外の株式・債券に分散投資ができます。分散投資の基本ともいえる伝統的4資産にこれ一本で投資ができるファンドですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

米国NASDAQオープンの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

米国NASDAQオープンは、米国のNASDAQ上場株式に分散投資ができるアクティブファンドで、為替ヘッジありのAコースと為替ヘッジなしのBコースがあります。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへ投資ができる米国NASDAQオープンはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

たわらノーロード 先進国債券の評価ってどう?為替ヘッジあり・なしはどっちを選ぶ?

たわらノーロード 先進国債券は、先進国債券に分散投資ができるインデックスファンドで、為替ヘッジなしと為替ヘッジありのファンドがあります。FTSE世界国債インデックスに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、為替ヘッジなしとありの両ファンドの内容について確認してみました。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)は、米国の投資適格債券市場に幅広く分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

ファンディーノ(FUNDINNO)の評価・評判ってどう?メリット・デメリットは?

ファンディーノ(FUNDINNO)は、株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスで、IPOする前のベンチャー企業(非上場企業)への投資が行えるサービスです。投資した企業がIPOや事業売却されれば大きな利益が期待できますが、どのようなメリット・デメリットがあるのか確認してみました。

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)の評価って?投資して大丈夫?

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)は、日本を含む世界各国の次世代通信関連企業に分散投資ができるアクティブファンドです。AIやIoTなどの実現に必須となる第5世代通信システムである5Gに関連する企業に投資を行うファンドですが、どのような内容なのか確認してみました。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで、米国の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。米国の代表的な株価指数であるS&P500の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

サクソバンク証券のオートチャーティストの使い方を解説!勝率を上げるには?

サクソバンク証券では、テクニカル分析に基づいたトレードチャンスを自動的に検出し、リアルタイムに通知してくれるオートチャーティストというツールを無料で提供しています。オートチャーティストはどのように使え、勝率を上げるにはどうすればいいのか紹介します。

iFreeNEXT FANG+インデックスの評価ってどう?過去の成績はどう?

iFreeNEXT FANG+インデックスは、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルといった日本でも利用者の多いIT企業を中心に分散投資を行うインデックスファンドです。NYSE FANG+指数(円ベース)の動きに連動した投資成果を目指すファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

たわらノーロード 先進国リートの評価ってどう?為替ヘッジありとどっちを選ぶ?

たわらノーロード 先進国リートは、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、先進国リートへ分散投資ができるインデックスファンドで、為替ヘッジなしと為替ヘッジありのファンドがあります。S&P先進国REITインデックスに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、為替ヘッジなしとありの両ファンドの内容について確認してみました。

FXのチャート分析でおすすめツールって?初心者でも簡単にテクニカル分析!?

FXでトレードするなら過去の価格の値動きを分析して、将来の値動きを予測テクニカル分析は覚えておきたい手法の1つです。チャートの値動きにはいろいろなパターンがあるのが知られていて、トレンドがこの先も継続するのか反転しそうなのかを判断するのに役立つのがチャートパターンです。そんなチャートパターンや重要な支持・抵抗線などのテクニカル指標を自動的に分析して、取引シグナルを知らせてくれるオートチャーティストについて紹介します。

三井住友・げんきシニアライフ・オープンの評価ってどう?過去の利回りは?

三井住友・げんきシニアライフ・オープンは、日本国内の「元気で健康な高齢者関連ビジネス」と、「介護関連ビジネス」に関連する企業に分散投資を行うアクティブファンドです。第三者機関による評価が高く受賞歴も多いファンドですが、実際どのようなファンドなのか内容を確認してみました。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)の評価ってどう?

ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)は、ニッセイアセットマネジメントの低コストインデックスファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>のバランス型ファンドで、これ一本で国内外の株式・債券・リートに分散投資ができます。8資産均等型のバランス型ファンドはニッセイ含め各社から出ていますが、ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)はどんな内容のファンドなのか確認してみました。

トライオートETFの自動売買セレクトでFXも自動売買?過去の成績を検証すると?

CFDの仕組みを利用してETFの自動売買が可能なトライオートETFの自動売買セレクトにFXの自動売買ができるトライオートFXが追加され、ETFとFXを組み合わせたポートフォリオを作成することができるようになりました。ETFの自動売買やFXの自動売買を組み合わせるとリターンやリスクはどうなるのか過去の成績を検証してみました。

FX初心者向けのおすすめ通貨ペアって?トレードスタイル別の選び方とは?

FXは株式と比較すると、投資対象が少ないので選びやすいという特徴がありますが、それでもFX初心者の頃はどの通貨ペアを取引すればいいか悩んでしまいます。通貨ペアの動きには特徴もあり、トレードスタイルによっては向き、不向きな通貨ペアもあるので、トレードスタイル別にどのような通貨ペアを選べばいいか確認してみました。