【最新】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年すぐれていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の結果発表が行われました。どのようなファンドが選ばれたのか確認してみました。

アイネット証券の評価・評判ってどう?スワップポイントやスプレッドは?

アイネット証券は、FXの自動売買で人気の高いループイフダンが利用できるFX会社です。投資信託で人気のひふみ投信を運営するレオス・キャピタルワークス株式会社などと同じISグループの一員で、FX会社では外為オンラインやひまわり証券も同じISグループの一員です。そんなアイネット証券のサービスはどのような内容なのか確認してみました。

NEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)の評価って?利回りはどのくらい?

NEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)は、インドルピーベースのNifty50指数を対象株価指数とし、日本円換算した対象株価指数に連動する投資成果を目指す国内ETFです。インドは高い経済成長率を維持し、数年後には中国を抜いて世界一の人口になると予想されていて、豊富な労働力がある国です。そんなインドに投資ができるNEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)はどんな内容なのか確認してみました。

FANTAS funding(ファンタス)の評価・評判って?どんな特徴がある不動産クラウドファンディング?

FANTAS funding(ファンタス)は、最近増えてきている不動産特化型のクラウドファンディングで、不動産特定共同事業法に基づく認可を受けているサービスです。1万円からの低額から不動産投資ができることから人気の高いサービスですが、FANTAS fundingはどのような特徴があるのかサービス内容を確認してみました。

楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)「楽天・バンガード・ファンド(バランス均等型)」は、日本を含む全世界の株式および投資適格債券に分散投資ができるバランス型ファンドです。これ一本で全世界の株式と債券に分散投資ができるコアな一本として利用できそうなファンドですが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

スパークス・新・国際優良日本株ファンド(厳選投資)は、国内株式の中から厳選した銘柄に投資を行うアクティブファンドです。モーニングスターのファンド オブ ザ イヤーや、R&Iファンド大賞で最優秀ファンド賞を受賞するなど第三者機関からの評価も高いファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

FXのpips(ピップス)とは?1pipsがいくらか簡単に計算するには?

FXのpips(ピップス・ピプス)とは、FXの取引において使用される単位のことで、よく「何pipsの利益が出た」とか「何pipsで損切りしてる」などとと使われています。スプレッドの表記などにも「pips」が使われていたり日本円が絡む通貨ペアだと「銭」が使われいていたりしますが、そもそもpips(ピップス)と言う単位はどういうもので、1pipsはいくらとなるのか簡単に計算するにはどうするのか確認してみました。

上場インデックスファンド新興国債券(1566)の評価って?分配金利回りが高い!

上場インデックスファンド新興国債券(1566)は、新興国債券市場に分散投資ができる円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの変動率に一致させることをめざす国内ETFです。国内ETFでは、分配金利回りが最も高いETFですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を含む先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。

FOLIO(フォリオ)の評価・評判ってどう?テーマ投資が簡単にできるけど実績は?

FOLIO(フォリオ)は、株式会社FOLIOが提供するテーマを選ぶだけで投資が簡単にできるネット証券です。AI(人工知能)やVR(仮想現実)などの話題のテーマだけでなく、ちょっと他とは異なる切り口のテーマなどから気になるテーマを選ぶだけで関連する複数の企業に分散投資ができます。そんなFOLIO(フォリオ)とはどんなサービスの内容なのか、特徴などを確認してみました。

DIAM国内株オープン(愛称:自由演技)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

DIAM国内株オープン(愛称:自由演技)は、マクロの投資環境の変化に応じて、その時々で最適と判断される投資スタイルで運用する国内株式を投資対象としたアクティブファンドです。10年以上の運用実績がありTOPIXをベンチマークとするファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。

CREAL(クリアル)の評価・評判ってどう?不動産特化のクラウドファンディングサービス!

CREAL(クリアル)は、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営する不動産クラウドファンディングサービスで、1万円から不動産投資が行えるサービスです。ソーシャルレンディングと同じようで異なるサービスとなっている不動産クラウドファンディングサービスであるCREAL(クリアル)とはどのようなサービスなのか、セミナーで話を聞いてきたのでその内容も踏まえ紹介します。

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)は、新興国市場の大型株・中型株・小型株に幅広く分散投資ができる海外ETFです。FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

THEO+(テオプラス) docomoの評価・評判って?dポイントと現金を二重取り?

THEO+docomoは、ロボアドバイザーのTHEOを運営する株式会社お金のデザインとNTTドコモとの協業サービスです。THEO+docomoでは、THEOで資産運用することによってdポイントが貯められ、ドコモユーザにはメリットが大きいサービスとなっていますが、どんなサービス内容なのか確認してみました。

iFree新興国株式インデックスの評価ってどう?利回りや実質コストはどのくらい?

iFree 新興国株式インデックスは、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。FTSE RAFI エマージングインデックス(円換算)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

アイネット証券とひまわり証券を比較!ループイフダンやるならおすすめはどっち?

ループイフダンはリピート系発注機能に分類されるFXのシステムトレード(自動売買)で、あらかじめ用意されている売買のルールを選ぶだけと簡単に始められます。1,000通貨から取引に対応し低額から始められ、取引コストも低コストなループイフダンですが、アイネット証券とひまわり証券で利用することができますが、どちらがループイフダンをお得に取引できるのか確認してみました。

厳選ジャパンの評価ってどう?国内最強の投資信託となりうるか?

厳選ジャパンは、国内の上場株式のうち高い利益成長が期待できる20銘柄程度に厳選して投資を行うアクティブファンドです。分配金込みの基準価額が10倍を超え、投資信託全ファンドで過去10年間の成績が最も良かった「DIAM新興市場日本株ファンド」を運用する岩谷氏ファンドマネージャーが新たに運用する厳選ジャパンはどんなファンドなのか内容を確認してみました。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を除む先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)です。各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する投資成果を目指した運用を行うファンドですが、どんな内容なのか確認してみました。

ループイフダンの評価・評判とは?手数料や必要な資金、実績はどう?

ループイフダンはアイネット証券やひまわり証券で提供されているFXのシステムトレード(自動売買)で、リピート系発注機能に分類されます。ループイフダンでは約8割が利益を上げているといった調査もあるようですが、実際どのような特徴があり、手数料や必要な資金はいくら必要なのか、実績など確認してみました。