CFD

CFD

CFDの自動売買ができる証券会社を徹底比較!おすすめはどれ?

世界の株価指数(日経平均やNYダウなど)や商品(金や銀など)、米国株などへ日本円のまま投資が行えるのが魅力のCFD。CFDは24時間自動で取引を行ってくれるCFDの自動売買が出来るので、チャート分析などに時間を費やすことなく取引できます。そんなCFDの自動売買ができる証券会社のサービス内容を比較してみました。
投資信託

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。
くりっく株365

ひまわり証券のループ株365の評価・評判ってどう?メリット・デメリットは?

ひまわり証券では、FXの自動売買で人気の高いループイフダンを利用できますが、日経225やNYダウ、NASDAQ100などの株価指数やETF(金・原油)などが取引ができるくりっく株365でもループイフダンが利用でき、くりっく株365を利用した自動売買システムがループ株365です。ループ株365とはどのような特徴があるサービスで、メリットやデメリットはどのような点が挙げられるのか確認してみました。
CFD

日経平均CFDと先物の違いを比較!おすすめはどっち?

日本の代表的な株価指数である日経平均株価(日経225)に連動した値動きをし、資金効率よく運用できるのが日経平均CFDです。日経平均株価(日経225)を対象に資金効率よく運用できる金融商品として日経225先物もありますが、どのような違いがあるのか比較してみました。
CFD

くりっく株365の手数料を比較!おすすめの証券会社はどこ?

くりっく株365は東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引に愛称で、日経平均やNYダウ、独DAX、英FTSE100などの株価指数や金、銀、原油なども取引することができます。そんなくりっく株365を取り扱っている証券会社は複数ありますが、取引コストはどこが安く、どんなポイントで証券会社を選べばいいかまとめてみました。
CFD

CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

日経平均やNYダウ、金や原油など幅広く投資ができるのが魅力のCFDですが、実際どのような仕組みなのでしょうか?金や原油と聞くと商品先物のように、ハイリスクと思いがちですが実際にはFXと同じようなもので、リスクは自分でコントロールできます。そんなCFDの取引の特徴や具体的なメリット・デメリットについて紹介したいと思います。
CFD

GMOクリック証券のCFDの評価・評判ってどう?メリットやデメリットは?

GMOクリック証券のCFD取引では、日経平均やNYダウ、S&P500といった株価指数や、金・銀・原油からAmazonやApple、Facebook、Googleといった米国株式や中国株式にも投資ができます。そんなGMOクリック証券のCFD取引にはどのような特徴があるのか確認してみました。
CFD

くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDを比較!おすすめはどっち?

日経平均やNYダウ平均などの株価指数(インデックス)に投資ができるCFDは、くりっく株365という取引所CFDと店頭CFDの2つがあります。実際この2つにはどのような違いがあり、どのようなメリット・デメリットがあるのか調べてみました。
投資信託

FTSE100に投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?

FTSE100は、イギリスのロンドン証券取引所に上場されている株式のうち、時価総額の大きい100社を対象に構成された株価指数(インデックス)で、ロンドン証券取引所上場企業の時価総額の約80%を占めています。そんなFTSE100へ投資するなら投資信託・ETF・CFDではどれがいいのか比較してみました。
投資信託

NYダウに連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

NYダウとはダウ工業株30種平均のことで、米国の株式市場の動向を表す代表的な株価指数です。ダウ平均やニューヨーク平均株価とも呼ばれます。NYダウはニューヨーク証券取引所やナスダックに上場する銘柄から優良な30銘柄で構成されています。そんなNYダウと連動する投資信託やETF比較し、どれに投資するのがいいのか確認してみました。
投資信託

インド株への投資方法とは?おすすめのETFや証券会社は?

近い将来に中国を抜いて世界一の人口となるインドは、投資対象として注目されています。そんなインド株へ投資するにはどうすればいいのか、個別銘柄(ADR含む)やETF、CFDなどのおすすめや投資できる証券会社などを紹介します。
CFD

米国株の信用取引(空売り)ができる証券会社ってある?CFDはどう?

空売りは、現物を所有せずに証券会社から株を借りて売却し、株価が下落したら買い戻すことによって利益を上げることができる取引です。今後下落が想定される銘柄を空売りして利益を上げるだけでなく、保有銘柄が長期的には上昇トレンドでも短期的に下落と想定されるときに空売りしてリスクをヘッジすることにも利用することができます。一般的に株価は上昇よりも下落するスピードが速いため、空売りを利用すれば短期の取引でも利益を上げやすいですが、日本国内から米国株の信用取引(空売り)ができるのか確認してみました。
CFD

【口コミ】トライオートETFの評価・評判ってどう?メリット・デメリットは?

トライオートETFは、JASDAQに上場するインヴァスト株式会社の子会社であるインヴァスト証券が提供する国内外のETFの自動売買が行えるサービスです。国内外のETFを自動売買で毎日コツコツ積み上げる資産運用が可能とのことですが、実際どのような仕組みで、メリット・デメリットはどのような点があるのか確認してみました。
CFD

トライオートETFのショートにメリットはある?デメリットは?

トライオートETFはCFDを通してETFを自動売買することができ、自動売買のロジックもETFの特徴に合わせて様々なロジックを組み合わせることができます。そんなロジックには下落相場でも利益を狙う売り注文の「ショート」がありますが、どのようなメリット・デメリットがあるのか紹介します。
CFD

【VXX・ARKK・SLV】トライオートETFの新銘柄の特徴とは?トレード戦略はどうする?

トライオートETFは、上場している投資信託であるETFを自動売買できるサービスで、JASDAQに上場するインヴァスト証券が運営しています。トライオートETFではVXX・ARKK・SLVという銘柄を新たに取り扱っているのでどのような銘柄なのか特徴やトレード戦略について確認してみました。
CFD

トライオートETFのおすすめ銘柄は?取り扱い銘柄をチェック!

トライオートETFは、CFDの仕組みを利用してETFを自動売買できるインヴァスト証券のサービスです。 インヴァスト証券はFXの自動売買サービスでも有名で、シストレ24やトライオートFXも提供していますが、FXとは異なる動きをするETFで自動...