NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!CFDはどう?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

NYダウ平均は米国の株式市場の動向を示す株価指数で、ダウ工業株30種平均は最も有名な株価指数です。

NYダウ平均は30銘柄のみで構成されていますが、その30銘柄の時価総額(558兆円)は、東証1部の全構成銘柄(約2,000社)の時価総額(497兆円)を上回る規模となっています。

そんなNYダウ平均へ投資するなら投資信託・ETF・CFDといった選択肢がありますが、どれに投資するのがいいのか確認してみました。

参考 他の株価指数への投資については下記を参考にしてみてください。

⇒ S&P500に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

⇒ ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

⇒ FTSE100とは?投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?

⇒ 日経平均先物とくりっく株365、店頭CFDを比較!お得なのは?

NYダウ平均とは?

NYダウ平均は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが平均株価をリアルタイムで公表する株価平均型株価指数で、米国の代表的な株価指数です。

ダウ平均株価には、「ダウ工業株30種平均」「ダウ輸送株20種平均」「ダウ公共株15種平均」の3種類と、これらをあわせた「ダウ総合65種平均」がありますが、一般的にダウ平均といえば「ダウ工業株30種平均」のことを指します。

ダウ工業株30種平均は、「NYダウ」、「ダウ平均」とも呼ばれ、米国の主要業種の代表的な30の優良銘柄で構成されていて不定期に銘柄の入れ替えが行われています。

構成銘柄

下記の様にほとんどグローバル展開している企業で、日本でもお馴染みの企業が多いです。

アップル ザ コカ・コーラ カンパニー
アメリカン・エキスプレス マクドナルド
ボーイング スリーエム
キャタピラー メルク
シスコシステムズ マイクロソフト
シェブロン ナイキ
デュポン ファイザー
ウォルト・ディズニー・カンパニー P&G
ゼネラル・エレクトリック トラベラーズ
ゴールドマン・サックス ユナイテッド・ヘルス
ホームデポ ユナイテッド・テクノロジーズ
IBM ビザ
インテル ベライゾン・コミュニケーションズ
ジョンソン・エンド・ジョンソン ウォルマート・ストアーズ
JPモルガン・チェース エクソンモービル

他の主要な株価指数との比較

NYダウ平均と米国株式の株価指数として有名なS&P500、日経平均と過去30年間を比較したのが下記のチャートです。

(引用元:Yahooファイナンス)

青がNYダウ平均赤がS&P500紫が日経平均の過去30年間のチャートです。

S&P500はNYダウ平均より多い500銘柄で構成されていて、分散性が優れているのでNYダウ平均より波の上下が緩やかになるかと思いましたが、意外にそんなこともなく、成績もNYダウ平均の方が良かったということになります。

NYダウ平均は過去30年間で約800%上昇していて、単純な年率平均は約26.9%とNYダウ平均だけに投資をしていても、30年前に100万円預けていれば800万円になっていたということで、それに対して日経平均だけに投資をしていたら90万円と損失が出ているということです。

※実際にはNYダウ平均は円ベースでは米ドル円の差益も関係します。

株式市場の背景を考えれば米国の株式市場だけに投資をしていた方が断然儲かりやすく、日本の株式市場だけで儲けるのは難しいということです。

NYダウは今後も上昇する?

NYダウは過去右肩上がりの上昇をしてきましたが、今後も上昇が期待できる理由としては下記となります。

  • 世界最大の経済大国で経済成長を続けている
  • NYダウは構成銘柄が見直しされるので常に優良銘柄が選ばれている
  • 過去を見てもリーマンショックなど大きな下落があってもその後下落以上の成長をしている

GDP上位6か国の過去のGDPの推移は下記の様になっています。

(引用元:世界経済のネタ帳)

中国が急成長してますが(公表されてるGDPが正しいかは怪しいですが・・)それ以外の国とは差が開いていく一方で、今後も成長を続けていく可能性は高いでしょう。

NYダウ平均に連動する金融商品は?

投資信託(非上場)

ファンド名信託報酬
(税抜)
純資産残高
(百万円)
iFreeNYダウ・インデックス0.225%2,036
たわらノーロードNYダウ0.225%316
SMTダウ・ジョーンズ
インデックス・オープン
0.50%3,650
eMAXIS NYダウ
インデックス
0.60%4,499
インデックスファンド
NYダウ30
(アメリカ株式)
0.62%1,241
SMTAMダウ・ジョーンズ
インデックスファンド
0.69%18,186
SMTAMダウ・ジョーンズ
インデックスファンド
(為替ヘッジあり)
0.69%959

「iFreeNYダウ・インデックス 」「たわらノーロードNYダウ」が信託報酬最安値の0.225%となっているので、このどちらかへ投資するといった選択になります。

実質コストを比較すると「たわらノーロードNYダウ」より「iFreeNYダウ・インデックス 」の方が低コストとなっているので、この傾向が続くようであれば「iFreeNYダウ・インデックス 」の方が将来いい成績となる期待が持てます。

参考 iFree NYダウ・インデックスってどう?過去の成績は?

参考 たわらノーロードNYダウってどう?過去の成績は?

投資信託(非上場)のメリットは、一括でも積立投資でもSBI証券などでは100円からと低額から投資ができ、指定した金融機関から無料で引き落とししてファンドを自動購入してくれるのでほったらかし投資ができるのがメリットです。

参考 おすすめネット証券会社比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

ETF

名称ティッカー信託報酬
(税抜)
純資産残高
(百万円)
最低
購入金額
出来高配当金
利回り
種類
NEXT FUNDS
ダウ・ジョーンズ
工業株30種
15460.45%7,74423,840円268株1.69%国内ETF
Simple-X
NYダウ・ジョーンズ・
インデックス
上場投信
16790.60%661209,100円0%国内ETF
SPDR
ダウ工業株平均ETF
DIA0.17%1,805,40422,973円284万株2.16%海外ETF

国内ETFは2本とも信託報酬が高いので、投資するなら長期投資というより「NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種」を短期売買するならといった感じなので、ETFでは海外ETFの「SPDRダウ工業株平均ETF」への投資がよさそうです。

参考 SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)の評価ってどう?利回りや配当はどのくらい?

CFD

CFDは「差金決済取引」のことで、FXもCFDの一つなのですが、株式などの取引の場合は、株券という現物のもの保有し、売却すると株券を手放すことになりますが、差金決済では現物がない取引のことを言います。

CFDもFXと同様にレバレッジをかけた取引を行うことができるので、少額から投資ができるという特徴を持ちます。

参考 CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

CFDでNYダウ平均にも投資することができ、CFDはくりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDという2つがあり、くりっく株365では配当相当額がもらえ為替の影響がないというメリットがありますが、商品仕様の変更により買いの場合、金利相当額の支払いが発生し、配当相当額を上回るような状態となっているのでレバレッジをかけて取引をするなら店頭CFDの方が有利です。

参考 くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDの比較!取引するならどっち?

くりっく株365を利用して配当狙いの投資をするなら「金利調整額」が小さい英国のFTSE100がおすすめです。

参考 FTSE100とは?投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?

どちらにしても投資信託(非上場)やETFで必要となる信託報酬といった保有時にかかるコストが発生しないというメリットがあります。

店頭CFDで手数料無料で取り扱い商品も多く、少額取引をするならGMOクリック証券

口座開設・維持費は無料ですし、既にGMOクリック証券に口座を持っていれば簡単にCFD口座を開設することができます。

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)

NYダウ平均に投資するならどれがいい?

売買差益で比較

ETFとCFDは配当金が出ますが、投資信託は「iFreeNYダウ・インデックス」などは分配金は出さずに内部で再投資をするので、投資信託が一番売買差益がでます。

NYダウ平均の配当利回りを2%とし、投資金額を100万円とした場合、ETFやCFDの場合(年間の配当金に課税される)と投資信託で複利で20年間運用した場合(20年目に売却し初めて課税される)は下記の様になります。

※計算を簡単にするためNYダウ平均の価格が一定とします

  • ETF・CFD(くりっく株365)の場合は100万円+32万円(配当金)=132万円
  • 投資信託の場合は、約138.9万円

複利で運用する投資信託が約5.2%成績が良くなります

配当金で比較

投資信託は、「iFreeNYダウ・インデックス」「たわらノーロードNYダウ」はおそらく分配金をださずに運用されると思われます。

ETFはSPDRダウ工業株平均ETFが配当利回りは一番よさそうで、2.16%となっています。

CFD(くりっく株365)は、2016年の配当実績は下記となりレバレッジ1倍だと、投資金額約200万円に対して配当実績は約5万円なので利回りは2.5%程度となっています。

ただし、2017年12月より金利調整額175円/日(2017年12月28日時点)を支払う必要があり、配当額より金利調整額の方が大きくなってしまい、配当金狙いの投資は意味がなくなってしまいました。

参考 くりっく株365の仕様変更により金利支払いが発生!配当はどうなる?

トータルコストで比較

投資信託(非上場)、国内ETF・海外ETF、CFD(店頭CFD)で保有した時のトータルコストを下記の条件で算出してみました。(計算を簡単にするため1ドルを100円と仮定しています)

投資信託 国内ETF 海外ETF CFD
想定商品 iFreeNYダウ・
インデックス
NEXT FUNDS
ダウ・ジョーンズ
工業株30種
SPDR
ダウ工業
株平均ETF
米国30
売買手数料 必要 必要
為替手数料 必要
信託報酬 0.225% 0.45% 0.17%

国内ETFは売買手数料が最安値のむさし証券を想定。

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

海外ETFはトータルコストが最安値の SBI証券 を想定。

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?

CFDは店頭CFD大手のGMOクリック証券【CFD】を想定。

【約定代金が10万円の時】

信託報酬がないCFDは圧倒的にコストが安く、次に13年目以降は海外ETF、それまでは投資信託がコストが安く、国内ETFは2年目には海外ETFよりトータルコストが高くなりその後ずっと高コストのままです。

【約定代金が100万円の時】

信託報酬がないCFDは圧倒的にコストが安く、次に7年目以降は海外ETF、それまでは投資信託がコストが安く、国内ETFは2年目には海外ETFよりトータルコストが高くなりその後ずっと高コストのままです。

約定代金が大きく、保有年数が長いほどCFDと他の金融商品とのトータルコストの差が開きCFDが有利となります。

NYダウ平均に投資するならどれがいい?

まず、NYダウ平均に投資方針としては、今後の成長を期待し

短期で見れば相場は当然上下するが、基本的には買いのスタンスで、下げたら追加購入も考慮しながら長期保有する

のがよさそうです。

長期保有した時のトータルコストが低く、レバレッジをかけられるので米国経済の成長とともに利益が大きくなる、CFD(店頭CFD)でレバレッジ2倍程度で取引するのがおすすめです。

ただし、デメリットして初期投資金額が100万円必要となるので、いきなり投資するのは難しい方は、「iFreeNYダウ・インデックス 」「たわらノーロードNYダウ」のような投資信託を利用すれば100円から積立投資が可能なのでまずは積立投資を行い、100万円貯まったらCFDに投資をするという方法も可能です。

過去に投資信託(非上場)の信託報酬が高く、ETFとの信託報酬の差が大きかった時に長期保有時のトータルコストを下げるために「リレー投資」という投資方法が話題になっていましたが、それをCFDに応用するやり方です。

リレー投資のデメリットとしては、一般的に税金はできるだけ遅く払った方が有利といわれていて、リレー投資をすることによって投資信託の売却時に税金を払い、ETFの分配金にも税金がかかるため運用効率が落ちてしまいます。

ただ、CFDの場合、投資信託売却時や配当金に課税されたとしても、信託報酬がかからないのと、レバレッジ2倍なら安全に運用しながら利益を2倍とできるメリットの方が大きいです。

ただし、20~30代のような若い世代の方のように、30年や40年といった長期投資が可能な方は、複利運用は長期になればなるほど資産の増え方はかなり大きくなるので、分配金をださない投資信託に投資をし続けたほうが最終的なリターンは大きくなる可能性は高いです。

まとめ

NYダウ平均は米国の株式市場の動向を示す株価指数で、米国というよりグローバル展開している優良企業30社で構成され、構成銘柄は時代の変遷とともに見直しされるので常に優良銘柄が選ばれている株価指数です。

過去30年間で約800%上昇していて、単純な年率平均は約26.9%で今後も下記のような理由により上昇する期待が高いです。

  • 世界最大の経済大国で経済成長を続けている
  • NYダウは構成銘柄が見直しされるので常に優良銘柄が選ばれている
  • 過去を見てもリーマンショックなど大きな下落があってもその後下落以上の成長をしている

このような背景を持つNYダウ平均への投資方針は、今後の成長を期待し

短期で見れば相場は当然上下するが、基本的には買いのスタンスで、下げたら追加購入も考慮しながら長期保有する

のがよさそうです。

レバレッジがかけられ長期保有した時のトータルコストが低い、CFD(店頭CFD)でレバレッジ2倍で取引するのがおすすめです。

ただ、デメリットとして初期投資金額が100万円必要となるので、いきなり投資するのは難しい方は、「iFreeNYダウ・インデックス 」「たわらノーロードNYダウ」のような投資信託を利用すれば100円から積立投資が可能なのでまずは積立投資を行い、100万円貯まったらCFD(くりっく株365)に投資をするという方法も可能です。

ただ、世界第一位の経済大国の米国でも一つの国だけに投資をするのはそれなりにリスクも高くなるので、日本を含む世界の株式に分散投資をしたうえで、今後成長が最も期待できる米国株式の代表的な株価指数であるNYダウ平均に個別に投資することにより、資産全体のリターンの向上を目指すスタイルがおすすめです。

CFDを購入するのにお得な証券会社は?

手数料無料でNYダウ以外の取り扱い商品も多く、少額取引をしたいならGMOクリック証券

口座開設・維持費は無料ですし、既にGMOクリック証券に口座を持っていれば簡単にCFD口座を開設することができます。

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)

店頭CFDで商品は少なくシンプルなのがいいならDMM.com証券

取扱銘柄は7つと少ないので、商品選びに迷わなくて済みます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> DMM CFD(公式サイト)

参考 中上級者向けですが、M2J株価指数CFDならNYダウ平均の自動売買を行うことができます。

⇒ 日経平均やNYダウで配当と自動売買でこつこつ利益?M2J株価指数CFDとは?

投資信託を購入するのにお得な証券会社は?

「iFreeNYダウ・インデックス 」「たわらノーロードNYダウ」が信託報酬が最安値とおすすめで、SBI証券なら投資信託を保有しているだけで低コストインデックスファンドも年率0.05%のポイントがもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券 詳細解説
>> 楽天証券 詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

海外株式、ETFを購入するのにおすすめの証券会社は?

売買手数料、為替手数料のトータルコスト最安値のSBI証券!

米国株式、ETFでは業界唯一の貸株サービスや自動積立も行うことができます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> SBI証券  (公式サイト)

参考 SBI証券の米国ETFでの貸株サービスや自動積立については下記も参考にしてみてください。
⇒ SBI証券の米国貸株サービスの金利ってどのくらい?海外ETFも対象!
⇒ 米国株式・ETF定期買付サービスとは?NISAを有効に活用するには?


売買手数料はSBI証券と並んで最安値のマネックス証券!

特に米国株、中国株の取り扱い銘柄は業界No1!もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> マネックス証券  (公式サイト)


海外ETF、海外株式で失敗しない証券会社選び!

海外ETFや海外株式を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?


米国株・ETFへの投資で円高が気になるなら!

米国株・ETFでは円高になると株価に関係なくリターンが減ってしまいますが、FXをうまく使えば為替リスクを軽減させることができますので下記を参考にしてみてください。

参考 米国株への投資は円高が気になる?為替リスクを回避する方法って?

国内ETFを購入するのにおすすめの証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料のSBI証券か楽天証券、20万円以下が手数料無料の岡三オンライン証券がおすすめ!

>>  SBI証券 (公式サイト)
>>  楽天証券 (公式サイト)
>> 岡三オンライン証券 (公式サイト)


国内株式・ETFで失敗しない証券会社選び!

これから国内株式・ETFで資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?