投資信託

インデックスファンド

S&P500に連動する投資信託を比較!おすすめは?

S&P500は米国株式市場の動向を表す代表的な指数の一つで、米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしています。投資信託の中でもインデックスファンドではS&P500のような株価指数と連動を目指して運用されるファンドがありますが、そんな投資信託を比較してみました。
資産別一覧

全世界株式インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

全世界株式インデックスファンドは、先進国や新興国を含む全世界株式に分散投資ができる投資信託で、特定の地域や国に依存せずに、世界経済全体の発展に伴うリターンが期待できます。全世界株式に分散投資ができる低コストなインデックスファンドが増えてきたので、一覧としてまとめ、実質コストなど比較してみました。
インデックスファンド

楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンドの評価・評判は?利回りや実質コストは?

楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンドはMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(円換算ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。全世界株式に連動する投資信託としては信託報酬が低コストなファンドとなりますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。
インデックスファンド

楽天・S&P500インデックス・ファンドの評価・評判は?利回りや実質コストは?

楽天・S&P500インデックス・ファンドは米国を代表する株価指数の一つであるS&P500(円換算ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。S&P500に連動する投資信託としては信託報酬が低コストなファンドとなりますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。
バランス型ファンド

たわらノーロード全世界株式の評判や評価って?利回りや実質コストは?

低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズの中で日本を含む先進国及び新興国の株式市場に広く分散投資ができるのがたわらノーロード全世界株式です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。
インデックスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)の評価・評判は?実質コストや利回りは?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を含む先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)です。各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する投資成果を目指した運用を行うファンドですが、どんな内容なのか確認してみました。
投資信託

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。
インデックスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の評価・評判って?利回りや実質コストは?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を除く先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。
インデックスファンド

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の評価・評判は?利回りや実質コストは?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を含む先進国及び新興国の株式市場に分散投資できるのがeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)「通称:オルカン」です。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするファンドですがどんな内容なのか確認してみました。
インデックスファンド

たわらノーロード S&P500の評価・評判ってどう?実質コストや利回りは?

たわらノーロード S&P500は米国を代表する株価指数の一つであるS&P500(配当込み、円換算ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。S&P500に連動する投資信託としては比較的後発となりますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。
インデックスファンド

iFreeNEXT FANG+インデックスの評価・評判ってどう?利回りや実質コストは?

iFreeNEXT FANG+インデックスは、Facebook、Amazon、Netflix、Googleの4社を含む厳選された米国IT企業に分散投資を行うインデックスファンドです。NYSE FANG+指数(円ベース)の動きに連動した投資成果を目指すファンドですが、どのような内容のファンドなのか確認してみました。
インデックスファンド

iFree S&P500インデックスの評価・評判は?利回りや実質コストは?

iFree S&P500インデックスは、米国株式市場の動向を示す代表的な株価指数であるS&P500をベンチマークとするインデックスファンドです。S&P500をベンチマークとするインデックスファンドは新しく低コストなファンドも登場してきていますが、その中でも運用期間が長いiFree S&P500インデックスはどんな内容なのか確認してみました。
インデックスファンド

iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンドの評価・評判とは?利回りや実質コストは?

iシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンドは米国の株式市場を代表する指数であるS&P500に連動するインデックスファンドです。ETFシェア世界No.1のiシェアーズを提供するブラックロックが提供する投資信託ですが、どのような内容の投資信託なのか確認してみました。
インデックスファンド

SBI・V・S&P500インデックス・ファンドの評価・評判って?利回りや実質コストは?

SBI・V・S&P500インデックス・ファンド(旧SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド)は、世界最大級の運用会社であるバンガードのETFを投資対象とするインデックスファンドです。米国の代表的な株価指数であるS&P500の動きに連動する成果を目標としていますが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。
インデックスファンド

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評価・評判は?利回りや実質コストは?

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで、米国の株式市場に分散投資ができるインデックスファンドです。米国の代表的な株価指数であるS&P500の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。
インデックスファンド

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドの評価・評判は?利回りや実質コストは?

ニッセイNASDAQ100インデックスファンドは、その名の通りNASDAQ100指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。投資信託では、NASDAQ100指数をベンチマークとする数少ないインデックスファンドの一つですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。
インデックスファンド

NZAM・ベータ NASDAQ100の評価・評判ってどう?利回りや実質コストは?

NZAM・ベータ NASDAQ100は、NASDAQ100指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。NASDAQ100指数に連動する投資信託はあまり数は多くありませんが、農林中金全共連アセットマネージメントが運用するNZAM・ベータ NASDAQ100はどんな内容のファンドなのか確認してみました。
インデックスファンド

eMAXIS NASDAQ100インデックスの評価・評判ってどう?利回りや実質コストは?

eMAXIS NASDAQ100インデックスは、NASDAQ100指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。投資信託では、NASDAQ100指数をベンチマークとする数少ないインデックスファンドの一つですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。
インデックスファンド

iFreeNEXT NASDAQ100インデックスの評価・評判は?利回りや実質コストは?

iFreeNEXT NASDAQ100インデックスは、NASDAQ100指数(配当込、円ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。NASDAQ100指数をベンチマークとする投資信託はあまり多くはありませんがiFreeNEXT NASDAQ100インデックスどんな内容なのか確認してみました。
インデックスファンド

PayPay投信 NASDAQ100インデックスの評価・評判は?利回りや実質コストは?

PayPay投信 NASDAQ100インデックスは、NASDAQ100指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動した投資成果を目指すインデックスファンドです。NASDAQ100指数に連動する投資信託はあまり数は多くありませんが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。