楽天証券

楽天証券

楽天証券ならポイントで投資信託を通常・積立で購入可能!しかも100円から!

楽天証券では、楽天証券ポイントか楽天グループ共通の楽天ポイントを貯めることができ、このポイントを利用して投資信託を通常・積立で購入(もしくは購入代金の一部)することができます。楽天証券ポイントと楽天ポイントのどちらを貯めるかは選ぶことができますが、どちらを選ぶのがいいのか、また、投資信託の購入にポイントが使えるサービスとはどのような内容なのか確認してみました。
2020.08.02
楽天証券

楽天証券のメリット・デメリットや評判ってどう?手数料は安いの?

楽天証券は、大手ネット証券の一角として様々な金融商品を取り扱っています。もちろん楽天グループなので楽天ポイントを貯めたり使ったりと様々な場面で活用することができます。そんな楽天証券はどんなメリットやデメリットがあるのか確認してみました。
2020.08.01
楽天証券

楽天証券のマーケットスピード2の評価ってどう?メリット・デメリットは?

楽天証券では、株式のトレードツールの草分け的存在で人気の高いマーケットスピードを提供していますが、さらに進化させたマーケットスピード2というツールもあります。プロの投資家も使う取引手法を誰でも使えるようにするなど、ネット証券でも一歩先行く機能を搭載したマーケットスピード2のメリットやデメリットについてまとめてみました。
2020.08.01
楽天証券

楽天証券のマーケットスピードの評価ってどう?このツールが無料?

株式のトレードツールの草分け的存在で、人気が高いのが楽天証券のマーケットスピードです。マーケットスピードを使いたいがために楽天証券に口座開設する方がいるほどの人気があり、多機能でありながら操作が簡単ということで初心者から中上級者まで幅広い人気を誇ってますが、実際のところ使いやすいのか、どんな特徴があるのか確認してみました。
2020.08.01
楽天銀行

楽天証券と楽天銀行の連携で金利をメガバンクの100倍に!ポイントも貯まる!

楽天グループの楽天証券と楽天銀行は「マネーブリッジ」という口座連携サービスを提供していて、普通預金の金利が0.1%と三大メガバンクの100倍の金利と国内でも最強レベルの金利となります。リスクなく誰でもお得になる「マネーブリッジ」や、さらに楽天証券での取引で楽天ポイントがもらえる「ハッピープログラム」について内容を確認してみました。
2020.07.31
楽天証券

投資信託の積立は楽天証券と楽天カードの組み合わせが最強?デメリットはない?

楽天証券はSBI証券と並んで投資信託の取り扱い数が多く、他の金融機関で買付手数料が必要な投資信託も買付手数料が無料で購入できるなど、投資信託を購入するなら検討したいネット証券会社です。楽天証券の投資信託は一括でも積立でも100円からと少額から行えるので、初心者の方でも始めやすく、楽天証券では楽天カードとの連携が強化されお得に投資信託の積立ができるようになるので内容について確認してみました。
2020.07.31
マネックス証券

おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?

今話題の低コストインデックスファンドより安い信託報酬といえばETFで、その中でも海外ETFは低コストで非常に魅力的な商品も多いです。 また、米国株などではも何十年も増配している企業があるなど魅力的な個別銘柄も多いです。 ただ、海...
2019.07.31
楽天証券

楽天証券でおすすめの投資信託は?低コストファンドの購入ならここ!

楽天証券では、取り扱ってる投資信託の数は約2,600本、買付手数料が無料のノーロード投資信託も約1,300本を超えるなど、業界でもトップレベルの取り扱い数となっています。 低コストインデックスファンドを含め投資信託を保有するだけでポイ...
2018.09.26
松井証券

おすすめネット証券会社比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

投資信託は銀行や郵便局でも購入することができますが、ネット証券が手数料など最もお得で取り扱い本数も豊富です。 また、ネット証券であれば投資信託を保有しているだけでポイントが貯まったり、長期投資に便利な積立も自動でお得に取引ができます。...
2018.09.22
ロボアドバイザー

楽天証券の楽ラップとは?低コストのラップ口座だけど評価は?

楽天証券が新たなサービスとして楽ラップというサービスを開始しました。 今までのラップサービスは、初期費用が数百万円からで管理手数料だけで年2%程度と富裕層向けのサービスでしたが、初期費用を大幅に抑え業界最低水準の手数料でサービスを開始...
2017.03.19
松井証券

iDeCo(個人型確定拠出年金)のおすすめ金融機関って?選ぶポイントは手数料以外?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、節税効果は年率30%の投資効果と同等レベルとメリットが大きく、2017年1月に加入対象者が拡大されほとんどの方が利用できます。 しかも、投資をしている人だけにメリットがあるわけではなく所得税を支払っ...