【投資信託】ネット証券おすすめ比較ランキング!お得な口座は?

松井証券

投資信託は銀行や郵便局でも購入することができますが、ネット証券なら購入時手数料などは無料になるなどお得で取り扱い本数も多いです。

また、ネット証券であれば投資信託を保有しているだけでポイントが貯まったり、ポイントだけで投資信託を購入できたり、長期投資に便利な積立も自動でお得に取引ができます。

投資信託の取引で失敗しないためにもどこで取引するか重要ですので参考にしてみてください。

ネット証券口座の比較(投資信託)

投資信託取り扱い本数を比較

証券会社総数最低投資金額
SBI証券2,650本100円以上1円単位
楽天証券2,700本100円以上1円単位
マネックス証券1,170本100円以上1円単位
auカブコム証券1,317本100円以上1円単位
フィデリティ証券678本1,000円以上1,000円単位 ※1
松井証券1,353本100円以上1円単位
岡三オンライン証券548本100円以上1円単位
GMOクリック証券97本100円以上1円単位
LINE証券27本100円以上1円単位 ※2

※2021年1月調査時点
※1:積立の場合で、一括投資は10,000円以上1円単位
※2:積立の場合は1,000円以上

 

SBI証券と楽天証券は他社より多くの投資信託を取り扱っていて、低コストなインデックスファンドからアクティブファンドまで取り扱いがあります。

 

また、多くのネット証券で100円から投資ができるので、気になる複数の投資信託に少額から気軽に投資することができます。

投資信託の購入時手数料が無料のネット証券を比較

投資信託には大きく分けると下記の3つのコストがあります。

  • 購入時手数料(購入時にかかる手数料)
  • 信託報酬(投資信託を保有している間にかかる手数料)
  • 信託財産留保額(売却時にかかる手数料)

信託報酬と信託財産留保額は、どの金融機関で購入しても変わりませんが購入時手数料は金融機関によって異なっています

参考 投資信託の手数料ってどこで購入しても同じ?安く購入するには?

 

銀行や大手証券会社では、投資信託の購入時手数料が必要だけど、ネット証券では同じファンドなのに購入時手数料が無料といったことはあり、特に下記のようにネット証券の多くは取り扱っている投資信託の購入時手数料を無料としています。

SBI証券原則全ての投資信託
楽天証券原則全ての投資信託
マネックス証券原則全ての投資信託
auカブコム証券原則全ての投資信託
フィデリティ証券原則全ての投資信託(申し込みが必要)
松井証券原則全ての投資信託
岡三オンライン証券原則全ての投資信託
GMOクリック証券一部の投資信託
LINE証券原則全ての投資信託

購入時手数料が無料であれば、同じ投資資産でもその分多くの投資信託を購入することができ運用することができます。

投資信託保有時に貰えるポイントを比較

各ネット証券では、投資信託を保有しているだけでポイントがもらえるサービスを行っています。

SBI証券楽天証券マネックス証券auカブコム証券
付与されるポイントTポイント楽天ポイントマネックスポイントPontaポイント
付与率(年率)0.01%~0.20%0.048%0%~0.08%0%~0.24%
最低保有残高なし10万円なし2.4万円
ポイント
有効期限
最終利用日(貯める、使う、交換する)から1年間最後にポイントを獲得した月を含めた1年間ポイント獲得日の翌々年度末(3/31)最終のポイント加算日または、ポイント利用日から1年間
ポイント投資×

※楽天証券は、ハッピープログラム使用時
※SBI証券、楽天証券のポイント有効期限は、期間限定や期間固定ポイントは除く
※SBI証券はMMF、中国F、MRF、外貨建MMF、ETF、REIT、外国籍投資信託は対象外
※楽天証券は公社債投信、MMF、外貨建てMMF、楽ラップ専用ファンド、iDeCoによる投資信託の買付は対象外
※マネックス証券はMRF、公社債投資信託、投資一任口座で保有する投資信託、iDeCoで保有する投資信託、一部の低コストファンドは対象外
※auカブコム証券は公社債投資信託(MMF・中期国債ファンドなど)、販売会社の信託報酬率が0.24%未満(税込)の投資信託は対象外

参考 投資信託でポイントが貯まるネット証券を比較!おすすめはどこ?

 

低コストなファンド以外でポイント付与対象となっているファンドで、平均保有残高別のポイントの付与率が高いネット証券をまとめると下記のようになり、どのくらい投資信託の残高があるかによって付与率が高いネット証券が変わります。

平均保有残高付与率が高いネット証券付与率
3,000万円以上auカブコム証券0.24%
1,000万円~3,000万円SBI証券0.2%
100万円~1,000万円auカブコム証券0.12%
100万円未満SBI証券0.1%

 

また、インデックスファンドのように低コストな投資信託でポイント付与されるのが、SBI証券、楽天証券、マネックス証券ですが、SBI証券とマネックス証券はファンドによって付与率が変わるので各ファンドの付与率を確認する必要があります。

参考 SBI証券「投信マイレージサービスポイント付与率一覧

参考 マネックス証券「投信保有ポイント

 

マネックス証券では多くの低コストファンドの付与率が0.03%に対してSBI証券が0.05%となっていて、ほとんどの低コストファンドの付与率はSBI証券の方が高くなっています。

 

そんな中でどんな低コストファンドでも一律で0.048%もらえるのが楽天証券で、SBI証券の0.05%とも付与率はほとんど変わらないので、いちいちファンドの付与率を調べるのが面倒であれば楽天証券であればどんなファンドでも業界でもトップ水準のポイントが付与されます。

 

SBI証券では一部のファンドで0.01%~0.03%となっていますが、それらのファンドでも楽天証券なら0.048%となっているのでお得です。

>> 楽天証券(公式サイト)「詳細解説

 

投資信託保有時のポイントはありませんが、岡三オンライン証券では投資信託の平均残高が1,000万円以上あるとIPOに当たりやすくなるサービスがあるので、IPOに興味があれば検討してみてください。

参考 岡三オンライン証券のIPOが当たらない?当選確率を上げるこんな方法が!

投資信託の積立方法を比較

投資信託の積立設定をする場合、いつ積立を行うかを指定する必要があり、各ネット証券によって指定できる方法が異なります。をする場合、下記の様にいつ行うかを指定します。

  • 毎日:毎営業日ごとに買付
  • 毎週:毎週1回指定した曜日に買付
  • 毎月:毎月1回指定した日付に買付
  • 隔月:2ヶ月に1回指定した日付に買付
  • 複数日:複数の指定した日付に買付

 

証券会社毎日毎週毎月隔月複数日
SBI証券
楽天証券×※×××
マネックス証券すべての日を手動設定
する必要がある
××対象日を手動設定
する必要がある
auカブコム証券すべての日を手動設定
する必要がある
××対象日を手動設定
する必要がある
フィデリティ証券××ひと月で5日まで
指定可能
松井証券×
岡三オンライン証券××××

※つみたてNISAのみ毎日買付は可能

 

SBI証券がいろいろな積立方法に対して対応をしていて、一歩リードしている感じですが一般的な毎月積立はどの証券会社でも対応しています。

 

積立頻度は「毎日」の方が「毎月」より時間分散されるのでよりリスクが抑制されることが期待でき、「毎日」の方がやや有利ではありますが15年間全世界株式または8資産バランスに積立投資したとしても差はほとんど変わらないといったシミュレーション結果もあります。

※マネックス証券「投信積立の頻度「毎日」と「毎月」どっちが有利?

積立頻度は「毎日」でも「毎月」でもそれほど差はないので好みで決めて良さそうです。

投資信託の積立代金の振替サービスを比較

投資信託の積立は長期で行うことが多いので、なるべく手間なく続けられることは重要なポイントの一つです。

 

投資信託の積立は通常は証券会社の口座から積立設定された金額で投資信託の買い付けを行いますが、証券会社の口座の残高が不足している場合は買付が行われないので、定期的に残高の確認が必要です。

 

その手間を省けるのが、通常利用している銀行から手数料無料で自動引き落としで直接投資信託を買い付けてくれるサービスです。

 

積立し忘れたといったこともなく、自動で積立を行ってくれる自動引き落としサービスの各社の状況は下記となります。

証券会社自動引き落としサービス対応備考
SBI証券
楽天証券100円の積立は証券口座のみ
マネックス証券100円の積立は証券口座のみ
auカブコム証券
フィデリティ証券
松井証券証券口座への定期入金のみ対応
岡三オンライン証券×
GMOクリック証券
LINE証券

SBI証券

投信積立に必要な資金を自動で金融機関口座から引き落としてくれるサービス「積立代金自動振替サービス」を手数料無料で利用することができ、100円からの積立も他の金融機関から直接引き落とし可能です。

投資信託の積立代金の振替サービス-SBI証券

引き落とし先の金融機関は、下記の2つから選ぶことができます。

  • 住信SBIネット銀行「SBIハイブリッド預金(預り金自動スィープサービス)」
  • 普段お使いの金融機関

住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金の場合は、大手銀行の普通預金金利の10倍の0.01%と優遇金利が適用されるのでお得です。

 

通常の銀行などの金融機関の場合は、投資信託の積立設定金額とは別に自動引落金額が設定できるので、1ヶ月の投資信託の積立設定金額の合計以上を毎月自動引落金額に設定すれば、投資信託以外の金融商品の投資資金として利用することもできます。

投資信託の積立代金の振替サービス-SBI証券

引落に利用可能な金融機関は、都市銀行5行を含め、地方銀行、信用金庫などが可能ですが、ネット銀行の楽天銀行、ジャパンネット銀行は対象外となっています。

参考 SBI証券「銀行引落サービス利用可能金融機関」

楽天証券

楽天証券は「投信積立銀行引落しサービス」を提供していて引き落としに係わる手数料は無料で利用することができます。

投資信託の積立代金の振替サービス-楽天証券

ただ、100円からの積立投資の場合は証券口座か楽天カードクレジット決済の引き落とししか対応していないので、その他金融機関からの引き落としの場合は最低買付単位は1,000円からで、毎月7日と24日のどちらかを選択しての買付となります。(証券口座や楽天銀行からの自動引き落としの場合には日にちは1日から28日を選択できます)

 

利用可能な金融機関は、楽天銀行はもちろん、都市銀行5行を含め、地方銀行、ネット銀行などが利用可能です。

参考 楽天証券「投信積立銀行引落サービス利用可能金融機関」

 

楽天証券では他に下記のような投資信託の引き落とし方法があります。

投資信託の積立代金の振替サービス-楽天証券

中でもお得なのが、楽天カードクレジット決済で、楽天カードから引き落としが可能で、積立額の1%の楽天ポイントが付与されます。(楽天カードの支払口座から積立では楽天ポイントは付与されないので注意が必要です)

 

月額50,000円を上限に積み立てることができるので、最大毎月500円相当の楽天ポイントが付与され、購入した投資信託を保有していればさらに毎月0.048%のポイントが付与されます。

 

しかも、楽天証券では楽天ポイントでの投資信託の買付もでき、投資信託の積立でも楽天ポイントも利用できるので、積立金額は変えずに毎月付与された楽天ポイント分も追加で積立することもできます。

参考 楽天証券ならポイントで投資信託が買える?100円から購入も可能に!

 

もちろん楽天市場を始めとした楽天グループの利用で付与された楽天スーパーポイントでも投資信託を購入できるので、資金0円でも投資信託の購入が可能です。

マネックス証券

マネックス証券では「定期自動入金」「銀行de自動つみたて」で全国の金融機関の口座(都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行など)から引落手数料無料で積立や定期的に自動で入金することができます。

 

「定期自動入金」はマネックス証券の総合口座に毎月一回指定金額(1万円以上1円単位)を自動的に入金させることができるので、投資信託を100円から積立することができ、他の投資にも利用ができます。

 

「銀行de自動つみたて」は、指定した金融機関から直接自動で引き落として投資信託の積立をしてくれるサービスで、1,000円以上1円単位で申し込むことができます。

 

他にも「ウェブかんたん銀行つみたて」というのもあり、金融機関が限定されていますが毎月の買付日を指定することがで、1,000円以上1円単位で申し込むことができます。

auカブコム証券

auカブコム証券では、振込手数料無料で下記の金融機関から自動引き落としが可能で、WEBでの申し込みができるのは、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、auじぶん銀行、ジャパンネット銀行となります。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • auじぶん銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • スルガ銀行
  • 大垣共立銀行

その他、証券口座から自動で引落しすることも可能です。

フィデリティ証券

フィデリティ証券は、「毎月積立(金融機関引落)」「いつでも積立(証券口座振替)」の2種類を選んで自動で積立することができます。

 

「毎月積立(金融機関引落)」は指定の金融機関から引落手数料無料で毎月1回自動引き落としで積立する方法で、「いつでも積立(証券口座振替)」は指定の日付または指定の曜日に積み立ててくれます。

 

「いつでも積立(証券口座振替)」を利用する場合、証券口座へは「自動定期入金」サービスで毎月・毎週の指定した日に引落手数料無料で証券口座に自動で入金させることができます。

 

ただ、対象金融機関はみずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行となっています。

松井証券

松井証券では、銀行から直接自動で引落はできませんが、引落手数料無料で定期的に証券口座に入金できる「定期入金サービス」を利用することで投資信託を自動で積み立てることができます。

 

利用可能金融機関は、都市銀行、地方銀行、ネットバンク等、全国100行以上を指定することができ、1万円以上1円単位で指定することができます。

参考 松井証券「定期入金の利用可能金融機関

GMOクリック証券

GMOクリック証券では、「投信積立銀行引落しサービス」「証券取引口座から積立」「証券コネクト口座から積立」の3種類の自動買い付け方法があります。

 

「投信積立銀行引落しサービス」は、無料で銀行などの金融機関から投資信託の積立代金を毎月、自動で引き落とし投資信託を買い付けてくれます。

 

「証券取引口座から積立」は、証券口座からの引き落としなので証券口座に常に買い付け代金以上の残高が必要となります。

 

「証券コネクト口座から積立」は、GMOあおぞらネット銀行と連携させる「証券コネクト口座」を利用していれば証券コネクト口座の資金から自動で投資信託の買い付けを行ってくれます。

 

「証券コネクト口座」は、円普通預金金利が0.11%と三大メガバンクの普通預金金利の110倍とかなりお得な金利が適用されます。

>> GMOあおぞらネット銀行(公式サイト)

LINE証券

LINE証券では、LINE Pay残高もしくはLINE Payに登録されている銀行口座からの引落しを選択することができます。

 

LINE Payに登録されている銀行口座からの引き落としでも引き落としにかかる手数料は無料で利用することができます。

投資信託の定期売却サービスの対応

投資信託を保有していればいつかは売却する時が来ますが、一括で売却、必要な時に一部売却するという方法以外に、毎月自動的に切り崩してくれるサービスが投資信託の定期売却サービスで、下記のようなメリットが挙げられます。

  • 資産の寿命を引き延ばせる
  • 投資信託の売却タイミングも時間分散しリスクを抑えることができる
  • 分配金が出ないインデックスファンドでも毎月分配金を受け取ることができる
  • 自動的に売却してくれるので面倒な手間が不要
  • 売却する間隔や売却日、売却金額は自分で決められる

参考 投資信託の定期売却サービスとは?どんなメリットがある?

 

投資信託の定期売却サービスはどのネット証券でも提供されているわけではなく下記のネット証券のみ利用することができます。

証券会社定期売却サービスの対応
SBI証券
楽天証券
マネックス証券×
auカブコム証券×
フィデリティ証券
松井証券×
岡三オンライン証券×
GMOクリック証券×
LINE証券×

投資信託は、保有している投資信託が移管したい証券会社でも取り扱いがある場合は移管することも可能ですが、手数料が必要となってしまうので投資信託の定期売却サービスを将来利用したいと思うなら定期売却サービスをすでに提供しているネット証券で投資をした方がお得です。

ロボアドバイザー

資産運用を行うにあたって、どの投資信託にどのくらいの比率で投資すればいいか決められなかったり、調べる時間がなかったりする方向けに、資産運用のすべてを自動で行ってくれるロボアドバイザーサービスを各社提供しています。

証券会社ロボアドバイザー
SBI証券ウェルスナビ
楽天証券楽ラップ
マネックス証券ON COMPASS
松井証券投信工房

参考 ウェルスナビ(WealthNavi)の評価・評判ってどう?SBI証券と同じサービス?

参考 楽天証券の楽ラップとは?低コストのラップ口座だけど評価は?

参考 マネックス証券のマネラップ(MSV LIFE)とは?評価はどう?

参考 松井証券の投信工房がすごい!投資信託の積立はこれだけでOKか?

投資信託がおすすめのネット証券

SBI証券

  • 投資信託の取り扱い本数はネット証券でトップレベル
  • 原則すべての投資信託の購入時手数料が無料
  • 投資信託を保有しているだけでTポイントが貰える
  • 投資信託の定期売却サービスを利用できる

ネット証券No1の口座数を誇るSBI証券は、投資信託に関するサービス内容は充実しています。

 

原則取り扱っているすべての投資信託の購入時手数料が無料なので低コストで投資ができ、投資信託を保有しているだけでほったらかしでもTポイントを貯められたりとお得なサービスもあります。

 

投資信託を売却する時も、定期的に一部を売却して生活費の足しにしながら、残りの投資信託は運用を続け資産の寿命を引き延ばす効果が期待できる定期売却サービスを無料で利用することもできます。

 

投資信託以外の株式や海外の株式など取り扱っている金融商品も多いので、資産運用を行うなら保有しておいて損はないネット証券です。

 

楽天証券

  • 投資信託の取り扱い本数はネット証券でトップレベル
  • 原則すべての投資信託の購入時手数料が無料
  • 投資信託を保有しているだけで楽天ポイントが貰える
  • 投資信託の定期売却サービスを利用できる

楽天証券はSBI証券と並び、投資信託に関するサービス内容は充実していて、原則取り扱っているすべての投資信託の購入時手数料が無料なので低コストで投資ができます。

 

投資信託を保有しているだけでほったらかしでも楽天ポイントを貯めることもでき、特に低コストなインデックスファンドの場合には、SBI証券より楽天証券の方がポイント付与率が良かったりします。

 

また、楽天銀行と連携すれば普通預金の金利がメガバンクの100倍の0.1%になったり、楽天カードで投資信託の積立を行えば1%の楽天ポイントが付与されたりとグループ会社も利用すればさらにお得となります。

参考 楽天証券と楽天銀行の連携で金利をメガバンクの100倍に!ポイントも貯まる!

参考 投資信託の積立は楽天証券と楽天カードの組み合わせが最強?デメリットはない?

 

投資信託以外の株式や海外の株式など取り扱っている金融商品も多く、特に楽天ポイントをよく利用する方は外せないネット証券です。

 

マネックス証券

  • 原則すべての投資信託の購入時手数料が無料
  • 投資信託を保有しているだけでマネックスポイントが貰え、暗号資産に交換できる

SBI証券や楽天証券と比較すると、マネックス証券の投資信託に関するサービス内容はやや見劣りする感は否めません。

 

それでも、原則取り扱っているすべての投資信託の購入時手数料が無料なので低コストで投資ができ、低コストなインデックスファンドなどもほとんど取り扱っています。

 

また、投資信託を保有しているだけで貯めることができるマネックスポイントは(低コストなインデックスファンドでマネックスポイントは付与されません)、コインチェックを通して暗号資産(仮想通貨)である「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」に1ポイント1円として交換することが可能です。

 

auカブコム証券

  • 原則すべての投資信託の購入時手数料が無料
  • 投資信託を保有しているだけでPontaポイントが貰え、ポイント投資も可能
  • 保有残高によってはポイント付与率は業界でも最高水準

SBI証券や楽天証券と比較すると、auカブコム証券の投資信託に関するサービス内容はやや見劣りする感は否めません。

 

それでも、原則取り扱っているすべての投資信託の購入時手数料が無料なので低コストで投資ができ、低コストなインデックスファンドなどもほとんど取り扱っています。

 

また投資信託(低コストなファンド以外)を保有しているだけでPontaポイントが貰え、保有残高によってはポイント付与率は業界でも最高水準なのでPontaポイントを貯めてる方に向いています。

 

松井証券

  • 原則すべての投資信託の購入時手数料が無料
  • 投資信託の積立方法が多彩

松井証券は、投資信託の本数を増やし他社とそん色ない取り扱い本数となっていて、原則どの投資信託も購入時手数料が無料なので、どの銘柄を選んでも高い購入時手数料のようなものをとられる心配はありません。

 

ロボアドバイザーの投信工房は完全ほったらかしというサービスではありませんが、投資信託の組み合わせから運用のメンテナンスまでサポートしてくれて、利用料は完全無料となっているので低コストで資産運用を始めることができます。

 

 

岡三オンライン証券

  • 原則すべての投資信託の購入時手数料が無料
  • 投資信託の残高に応じてIPOの当選確率がアップする

他のネット証券と比較すると取り扱い銘柄数は少ないですが、インデックスファンドでは「eMAXIS Slim」、ニッセイの「<購入・換金手数料なし>」「たわらノーロード」「iFree」などの低コストインデックスファンドシリーズを取り扱っていて、単純に数が多いだけでなく厳選した投資信託を取り扱っています。

 

投資信託保有時にポイント付与はありませんが、投資信託の平均残高が1,000万円以上あるとIPOに当たりやすくなるサービスや資金0円でIPOの抽選に参加できる数少ない証券会社です。

参考 岡三オンライン証券のIPOが当たらない?当選確率を上げるこんな方法が!

 

口座開設・維持費用も無料なのでIPOの抽選だけに利用し、当選した時だけ入金するといった使い方もできるのでIPO投資をするなら口座開設しておいて損はない証券会社です。

 

その他の金融資産に投資するのにおすすめ証券会社は?

国内株式・ETFや外国株式・ETFにおすすめな証券会社は下記を参考にしてみてください。

参考 【国内株式・ETF】ネット証券口座おすすめ比較ランキング!手数料が安いのは?

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?

 

また、株主優待をお得にもらえるクロス取引を行うのにおすすめの証券会社は下記を参考にしてみてください。

参考 株主優待におすすめの証券会社ってどこ?お得に獲得できるつなぎ売り(クロス取引)って?