楽天証券と楽天銀行の連携で金利をメガバンクの100倍に!ポイントも貯まる!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

楽天グループの楽天証券と楽天銀行は「マネーブリッジ」という口座連携サービスを提供していて、普通預金の金利が0.1%と三大メガバンクの100倍の金利と国内でも最強レベルの金利となります。

リスクなく誰でもお得になる「マネーブリッジ」や、さらに楽天証券での取引で楽天スーパーポイントがもらえる「ハッピープログラム」について内容を確認してみました。

楽天証券と楽天銀行の連携サービス「マネーブリッジ」とは?

マネーブリッジは楽天証券と楽天銀行の口座連携サービスで、様々な優遇を受けられるサービスとなっています。

これらのサービスをマネーブリッジに申し込むだけで無料で利用できるのは大きなメリットがあります。

マネーブリッジのサービスの全体像は下記となっています。

マネーブリッジのメリットは?

普通預金の金利がメガバンクの100倍の0.1%!

マネーブリッジに申し込む楽天銀行の普通預金の金利は0.1%と、メガバンクの普通預金金利の100倍と国内最強レベルの金利になります。

普通預金金利はそもそも低いので、これだけで資産が増えるといった訳ではないですが、マネーブリッジの設定を1回するだけで他に取引条件もなく、無料でずっと金利がアップするので利用しないのはもったいないです。

楽天銀行に口座を持っている方も多いと思いますが、マネーブリッジを申し込んでいないと普通預金金利は0.02%ですが、マネーブリッジを申し込めば5倍の金利にアップします。

参考 マネーブリッジは楽天証券と楽天銀行に口座開設が必要ですが、下記から両方の口座開設ができます。もちろんどちらも口座開設・維持費用などは無料で、マネーブリッジも無料で利用できます。

>>  楽天証券 (公式サイト)

自動入出金(スイープ)で資金移動は手間いらず

自動入出金は楽天銀行と楽天証券間での入出金を自動で行ってくれる機能で、楽天証券で株や投資信託の買い付けをしたいといった場合に、楽天銀行の預金残高から不足資金を自動入金してくれるので、入金の手間を省くことができます。

また、楽天証券にある資金は毎営業日夜間に自動で楽天銀行に出金されるので、余った資金も無駄なくマネーブリッジの優遇金利である0.1%が適用されます。

自動入出金(スイープ)の設定ももちろん無料で、自動入出金時にかかる手数料も無料となっています。

ハッピープログラムで楽天証券での取引に応じて楽天スーパーポイントが付与される!

ハッピープログラムは、楽天証券での取引で楽天スーパーポイントが付与されるサービスで、また、楽天銀行の取引件数にカウントされるので、楽天銀行での会員ステージを上げることができ、会員ステージに応じた様々な特典が受けられます。

獲得できるポイントと取引件数にカウントされる条件は下記の様になっています。

特に投資信託は保有しているだけでポイントがもらえ、低コストなインデックスファンドでもポイントがもらえるのでお得です。

参考 知らなきゃ損!投資信託の購入はネット証券のポイントでお得に!

楽天銀行での会員ステージは、残高や取引件数によってはATM利用手数料が最大7回/月無料になったり、他行あての振込手数料も最大3回/月無料になったりします。

その他

【残高表示サービス】

残高表示サービスは、楽天証券のログイン後画面に、楽天銀行口座の普通預金残高を表示するサービスで、一目で楽天証券、楽天銀行での残高を確認することができます。

【投資あんしんサービス】

投資あんしんサービスは、信用取引を行う方向けのサービスで、日々の取引や市況状況等により生じた信用保証金率の低下や、決済等により預り金に不足が発生したなどの場合に、楽天銀行口座から楽天証券口座へ資金の振替を自動的に行ってくれるサービスです。

【らくらく入出金】

らくらく入出金は、手数料無料、原則24時間、リアルタイムで楽天証券から楽天銀行に資金移動ができるサービスです。

入金は自動入出金(スイープ)してくれるのであまり利用する場面は少ないかと思いますが、出金は自動入出金(スイープ)だと一日一回なので、すぐに出金したい場合にはらくらく入出金を利用すればリアルタイムに出金することができます。

マネーブリッジのデメリットは?

メリットが多いマネーブリッジですが、デメリットといえるようなデメリットはあまりないように思えます。

強いてあげれば楽天証券で株や投資信託などの取引をする予定がなくても、普通預金の優遇金利が適用されるためには楽天証券にも口座開設しなければいけないといったことくらいかと思います。

マネーブリッジを利用するには?

マネーブリッジを利用するには楽天銀行と楽天証券に口座を持っている必要があり、両方の口座開設後にマネーブリッジの設定をする必要があります。

マネーブリッジの申し込みは、楽天銀行にログイン後、「商品・サービス一覧」→「マネーブリッジ」で申込することができます。

また、ハッピープログラムのエントリーは楽天銀行で楽天会員リンク登録をすると、ハッピープログラムのエントリーが完了となり、登録には楽天会員IDが必要ですが、既に持っているならログインするだけと簡単に登録できます。

参考 楽天銀行「ハッピープログラム

まとめ

楽天証券と楽天銀行の口座連携サービスである「マネーブリッジ」は無料で利用できるのに、大きなメリットとして下記の点が挙げられるサービスです。

  • 普通預金の金利がメガバンクの100倍の0.1%!
  • 自動入出金(スイープ)で資金移動は手間いらず
  • ハッピープログラムで楽天証券での取引に応じて楽天スーパーポイントが付与される!

利用するにあたりリスクはなく、デメリットも強いてあげれば、株や投資信託などの取引は行う予定がないのに楽天証券の口座を保有しなければいけないことくらいです

ただ、楽天証券の口座開設・維持費用は無料なので費用が発生するわけでもなく、1度口座開設およびマネーブリッジの設定をしてしまえばメリットを享受できるので、検討してみてください。

普通預金の金利をメガバンクの100倍の0.1%にするならマネーブリッジ!

マネーブリッジは楽天証券と楽天銀行に口座開設が必要ですが、下記から両方の口座開設ができます。もちろんどちらも口座開設・維持費用などは無料で、マネーブリッジも無料で利用できます。

>>  楽天証券 (公式サイト)