アセットアロケーションとは?ポートフォリオとの違いや決め方とは?

資産運用

資産運用を始めるにあたって投資する商品というのは様々ありますが、どの金融商品どのくらいの比率で投資すればいいのでしょうか?

資産運用の指針となるのがアセットアロケーションで、資産運用の成績の成果のほとんどがこのアセットアロケーションで決まると言われてます。

アセットアロケーションとは何なのか、ポートフォリオとの違いやどう決めるかについて紹介します。

アセットアロケーションとは?

アセットは「資産」、アロケーションは「配分」という意味を持つアセットアロケーションは、国内外の株式や債券などへ、どのような割合で投資するかを決めることを言います。

 

「運用成果の約9割がアセットアロケーションで決まる」

米国で91の年金基金の運用を行ってきたBrinson教授らが検証した結果によると、投資の成果の要素は約94%がアセットアロケーションによるものであり、個別銘柄選択や売買タイミングによるものはわずか数%であるという結果が出ています。

 

その後もイボットソン・アソシエイツでアセットアロケーションが重要であるといった統計を発表するなど過去の研究でアセットアロケーションが重要であると示されています。

※:Brinson, Gary P., L. Randolph Hood, and Gilbert L. Beebower(1986)「Determinants of Portfolio Performance」,Roger G. Ibbotoson and Paul D. Kaplan(2000)「Does Asset Allocation Policy Explain 40, 90, or 100 Percent of Performance?」

 

よって、資産運用や投資を始めるときに、どの銘柄の株式に投資しようとかを考える前に、投資資金全体をどの資産に何%配分するかを決めることの方が重要です。

アセットアロケーションの基本とは?

アセットアロケーションのイメージとしては下記のようになります。

アセットアロケーションの基本とは?

アセットアロケーションのベースとなるアセット「資産」は下記のようなものがあります。

  • 株式:国内株式・外国株式
  • 債券:国内債券・外国債券
  • コモディティ:金・プラチナ・原油など
  • 不動産
  • 外国通貨(アメリカドルやユーロなど)
  • デリバティブ
  • 保険

これらの資産は資産クラス(アセットクラス)と呼ばれていて、これらを組み合わせて期待リターンに対してなるべくリスクを抑えた組み合わせにすることを目的としています。

 

ただ、アセットアロケーションは資産状況やリスク許容度、運用目的によって資産配分は異なっていて、「リスクをとって大きく資産を殖やしたい」「物価上昇率よりは高いリターンを期待したい」などではアセットアロケーションはだいぶ異なってきます。

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは?

アセットアロケーションと似た言葉でポートフォリオという言葉も資産運用や投資ではよく出てきます。

 

アセットアロケーションは資産クラスの配分割合のことですが、ポートフォリオは具体的な金融商品で配分比率を表す点が異なり、下記のようなイメージとなります。

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは?

アセットアロケーションで配分比率を決め、ポートフォリオでは実際に投資している金融商品の比率が確認できますが、運用していくと比率が当初の比率より変更されてきます。

 

例えば、上記のポートフォリオが1年後には下記のような比率となったとします。

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは?

アセットアロケーションで決めた比率より国内株式、外国株式がそれぞれ5%増え、国内債券、外国債券が5%減ったとします。

 

このままだとリスクが高い株式の比率が高いので全体としてもリスクが高くなっているので、国内株式、外国株式をそれぞれ5%売却し、その分を国内債券、外国債券を購入することで元の比率に戻します。このことを「リバランス」と言います。

 

リバランスを行うと値段が高くなっている資産クラスを一部売却し、値段が低くなっている資産クラスを購入することになるので、「安く買って高く売る」という投資の基本を実践することができます。

 

比率が高い資産クラスを売却せずに、比率が低い資産クラスを追加資金で購入することで配分比率を元に戻すといったことも可能で、追加で資金入れることにより資産を大きくしていくこともできます。

 

リバランスは半年から1年程度を目途に定期的に行うことが重要です。

アセットアロケーションの決め方とは?

アセットアロケーションは、資産状況やリスク許容度、運用目的によって資産配分は異なりますが、厚生年金と国民年金の積立金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)では下記のような配分比率となっています。

GPIFのアセットアロケーション

※出典:年金積立金管理運用独立行政法人「2020年度の運用状況」より

 

GPIFでは、「長期的に積立金の実質的な運用利回り(積立金の運用利回りから名目賃金上昇率を差し引いたもの)1.7%を最低限のリスクで確保すること」を目標に、各資産クラスの期待収益率やリスクなどを考慮した上で、基本ポートフォリオを定めています。

 

名目賃金上昇率を2.3%としているので、名目運用目標4%を満たしつつ、最もリスクが小さいポートフォリオが上記の配分比率となっています。

 

また、資産配分比率のシミュレーションは下記のツールが参考になります。

 

 

日本株や外国株など11種類の資産に、それぞれどのくらいの割合で投資をするかを入力すると、その投資を行ったと想定した場合の、過去20年のリターン及びリスクの実績を知ることができます。

 

ユーザ登録は必要ですが無料で利用できるので、一度試してみてください。

まとめ

アセットアロケーションは、国内外の株式や債券などへ、どのような割合で投資するかを決めることを言い、「運用成果の約9割がアセットアロケーションで決まる」ほど重要です。

 

アセットアロケーションは、資産状況やリスク許容度、運用目的によって資産配分は異なりますが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)では国内株式・外国株式・国内債券・外国債券に均等に25%の配分比率で名目運用目標4%を満たしつつ、最もリスクが小さいポートフォリオとなっています。

 

よりリスクを取ってでもリターンを狙いたいとか、よりリスクは最小限に抑えたいといった方はmyINDEXの資産配分ツールで、11の資産クラスにどのような配分をしたらどんなパフォーマンスだったかをシミュレーションできるので参考にしてみてください。

 

アセットアロケーションが決まって具体的に投資をしたい場合は、投資信託なら簡単に低コストでポートフォリオを組むことができます。

 

各資産クラスの投資信託でおすすめの投資信託は下記も参考にしてみてください。

各資産クラスのインデックスファンドの比較についてはこちら!

 

資産運用始めるならネット証券がおすすめ!

ネット証券では低コストなインデックスファンドでも保有しているだけで下記のようなポイントが貰えます。

 貰えるポイント付与率(年率)ポイント
投資
SBI証券Tポイント0.022%~0.5%
楽天証券楽天ポイント0.048%
マネックス証券マネックスポイント0%~0.03%×

参考 SBI証券「投信マイレージサービスポイント付与率一覧

参考 マネックス証券「投信保有ポイント

 

低コストなインデックスファンドはSBI証券やマネックス証券ではファンドによって付与率が変わりますが、楽天証券では、ほぼすべての低コストインデックスファンドで年率0.048%の楽天ポイントが貰え、貰ったポイントは投資信託の購入にも利用できます

どのファンドがどのくらいの付与率か調べるのが面倒なら楽天証券が手間もかからず、どのファンドでも高水準のポイント付与率となっています。

さらに、楽天銀行との連携で普通預金の金利がメガバンクの100倍の0.1%になったり、楽天カードで投資信託の積立を行えば1%のポイントが付与されたりとメリットが多いです。

楽天証券だけでなく、楽天銀行や楽天カードも口座開設・維持費用は無料です。

>> 楽天証券詳細解説

参考 楽天証券ならポイントで投資信託を通常・積立で購入可能!しかも100円から!

参考 楽天証券と楽天銀行の連携で金利をメガバンクの100倍に!ポイントも貯まる!

参考 投資信託の積立は楽天証券と楽天カードの組み合わせが最強?デメリットはない?

 

SBI証券は一部のファンドを除いて低コストなインデックスファンドでも年率0.05%と高水準の付与率ですが、一部のファンドは0.022%~0.0462%と楽天証券の付与率が高いファンドもあります。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>  SBI証券詳細解説

 

マネックス証券は楽天証券やSBI証券の付与率は低くなっていますが、コインチェックを通して暗号資産(ビットコイン、イーサリアム、リップル)に1ポイント1円として交換することが可能です。

>> マネックス証券詳細解説

 

その他下記の証券会社でも低コストインデックスファンドの取り扱いがあります。

>> マネックス証券詳細解説
>> auカブコム証券詳細解説

>> 松井証券詳細解説
>> GMOクリック証券
>> 岡三オンライン証券詳細解説

参考 口座開設時に必ず選ぶ特定口座については下記も参考にしてみてください。

⇒ 特定口座とは?証券会社の口座種類のまとめ!結局どれがいい?

 

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 【投資信託】ネット証券おすすめ比較ランキング!お得な口座は?