先進国債券インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

資産別一覧

先進国債券インデックスファンドは世界の主要国の国債などに分散投資ができる投資信託です。

伝統的4資産の一つである海外債券(主に先進国債券)は、長年にわたり分散投資先の一部として利用されています。

そんな先進国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドをまとめ、実質コストなど比較してみました。

先進国債券インデックスファンド一覧

モーニングスター社でカテゴリが国際債券・グローバルのファンドの中で低コストなインデックスファンドを抽出したのが下記となります。

名称信託報酬
(税込)
ベンチマーク純資産総額
(百万円)
eMAXIS Slim
先進国債券インデックス
0.154%FTSE世界国債インデックス
(除く日本、円換算ベース)
8,949
ニッセイ外国債券
インデックスファンド
0.154%FTSE世界国債インデックス
(除く日本、円換算ベース)
12,710
Smart-i 先進国債券
インデックス(H無)
0.187%FTSE世界国債インデックス
(除く日本、円換算ベース)
268
Smart-i 先進国債券
インデックス(H有)
0.187%FTSE世界国債インデックス
(除く日本、円換算ベース、為替ヘッジあり)
576
たわらノーロード 先進国債券0.187%FTSE世界国債インデックス
(除く日本、円換算ベース)
13,129
iFree外国債券インデックス0.198%FTSE世界国債インデックス
(除く日本、円換算ベース)
1,721
たわらノーロード 先進国債券
(為替ヘッジあり)
0.22%FTSE世界国債インデックス
(除く日本、円換算ベース、為替ヘッジあり)
6,785
三井住友・DC外国債券
インデックスファンド
0.231%FTSE世界国債インデックス
(除く日本、円換算ベース)
65,781

採用されているインデックスについて

FTSE世界国債インデックス(除く日本)

FTSE世界国債インデックスは、シティグループの債券分析、並びにインデックス事業が、ロンドン証券取引所グループへ売却されたことに伴い、シティ世界国債インデックスから名称変更された日本を除く世界主要国の債券市場の動向を表す外国債券のインデックスです。

 

日本を除く世界主要国の政府や政府機関が発行または保証を行っている債券(ソブリン債)の価格と利息収入を合わせた投資利回りを各市場の時価総額で加重平均した指数で、組み入れ対象国は下記の21ヵ国となっていて、南アフリカやメキシコ、マレーシアなどの新興国も一部含まれています

オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、 マレーシア、メキシコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、シンガポール、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、英国、米国

 

この指数に組み入れられるためには、3ヶ月連続で下記の3つの採用基準を満たす必要があります。

  • 市場規模基準:市場の額面総額合計が500億米ドル、400億ユーロ、5兆円をそれぞれ上回る
  • 信用格付基準:組み入れ時は、発行体の自国通貨建て長期債務の格付けがスタンダード・アンド・プア-ズ(S&P)とムーディーズ共にA–/A3以上
  • 市場参入障壁:市場が海外投資家に対して閉鎖的な場合や、方針に一貫性がない場合は、除外理由として考慮

低コストインデックスファンドの実質コストなどを比較

先進国債券インデックスファンドで信託報酬が特に低コストなファンドで実質コストやマザーファンドの規模などを比較したのが下記となります。

【実質コスト】

投資信託は、保有時にかかるコストとして信託報酬がありますが、信託報酬以外にもその他費用としてかかるコストがあり、それらを合わせたのが実質コストと呼ばれ、実質コストが小さいほど低コストで保有できるファンドであると言えます。

 

【マザーファンドの規模】

インデックスファンドではマザーファンドを通して実際の株や債券などの売買をしていることが多く(ファミリーファンド方式)、マザーファンドの規模が小さいとインデックスとの連動に必要なすべての株式等を購入できずにインデックスと乖離が発生しやすくなったり、逆にマザーファンドの規模が多ければ株式の売買手数料などが割り引かれコスト削減につながる期待が持てます。

 

【純資産残高の年間増加額】

純資産残高の年間増加額が大きければ、資金流入が多いこととなるので直近で人気が高いファンドといえます。

 

【1年間のリターン】

1年間のリターン(トータルリターン)は、基準価額をベースに間接的なコスト(信託報酬を含む実質コストなど)を控除したリターンとなります。

 

ただ、インデックスファンドでは信託報酬の引き下げなどがあり、単純に1年間のリターンが大きければ良いインデックスファンドとは言えませんのであくまで参考値として記載しています。

FTSE世界国債インデックス(除く日本)(為替ヘッジなし)

名称信託報酬
(税抜)
実質コスト
(税抜)
マザーファンド規模
(百万円)
純資産残高
年間増加額
(百万円)
1年間の
リターン
eMAXIS Slim
先進国債券インデックス
0.154%0.17% ※1120,3145,1995.23%
ニッセイ外国債券
インデックスファンド
0.154%0.191% ※224,8722,2705.22%
Smart-i 先進国債券
インデックス(H無)
0.187%0.223%31,1842245.16%
たわらノーロード 先進国債券0.187%0.2%197,6705,9195.16%
iFree外国債券インデックス0.198%0.229%194,3023255.18%
三井住友・DC外国債券
インデックスファンド
0.231%0.261%79,6864,0205.01%

※1:第2期運用報告書(2018年4月26日~2019年4月25日)から信託報酬引き下げ後(0.154%)を考慮した参考値
※2:第6期運用報告書(2018年11月21日~2019年11月20日)から信託報酬引き下げ後(0.154%)を考慮した参考値

 

信託報酬は「eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」「ニッセイ外国債券インデックスファンド」が最安値ですが、実質コストは「eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」が調査時点では低コストとなっていそうです。(ただし、実質コストは毎年変わります)

 

eMAXIS Slimシリーズは、機動的に信託報酬を引き下げることによって、業界最低水準の信託報酬を目指すファンドで、「eMAXIS Slim先進国債券インデックス」は常に他のファンドの動向を見て信託報酬を引き下げ続けているので、今後も低コストであり続けることが期待され、1年間のリターンも加味すると、「eMAXIS Slim先進国債券インデックス」がいいように思えます。

参考 eMAXIS Slim 先進国債券インデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

FTSE世界国債インデックス(除く日本)(為替ヘッジあり)

名称信託報酬
(税抜)
実質コスト
(税抜)
マザーファンド規模
(百万円)
純資産残高
年間増加額
(百万円)
1年間の
リターン
Smart-i 先進国債券
インデックス(H有)
0.187%0.214%58,3534887.03%
たわらノーロード 先進国債券
(為替ヘッジあり)
0.22%0.231%454,8582,9597.41%

信託報酬、実質コストは「Smart-i 先進国債券インデックス(H有)」が最安値ですが、マザーンファンドの規模や純資産残高年間増加額、1年間のリターンは、「たわらノーロード 先進国債券(為替ヘッジあり)」の方が優れています。

 

実質コストだけを考慮すれば、「Smart-i 先進国債券インデックス(H有)」が良さそうですが、実際の1年間のリターンは「たわらノーロード 先進国債券(為替ヘッジあり)」の方がいいので、「たわらノーロード 先進国債券(為替ヘッジあり)」の方が良さそうです。

参考 たわらノーロード 先進国債券の評価ってどう?為替ヘッジあり・なしはどっちを選ぶ?

つみたてNISA(積立NISA)やiDeCoの対応状況

※iDeCoはネット証券で取り扱いがあるかを確認

参考 NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoの比較については下記も参考にしてみてください。

⇒ NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoを比較!結局どれがおすすめでお得?

まとめ

先進国債券のインデックスファンドでは「FTSE世界国債インデックス(除く日本)」が多く利用されていて、日本を除く先進国(一部新興国も含む)21ヵ国の政府や政府機関が発行または保証を行っている債券(ソブリン債)に分散投資ができます。

 

債券というと比較的安定的な動きを期待したところですが、為替ヘッジなしの場合は為替の影響などもあり多少上昇や下落の幅が大きくなります。

(引用元:モーニングスター)

オレンジがニッセイ外国債券インデックスファンド赤がニッセイ国内債券インデックスファンド緑が日経平均青がS&P500の過去3年間のチャートです。

先進国債券のインデックスファンドである「ニッセイ外国債券インデックスファンド」と比較すると、日経平均やS&P500のような株式よりは安定的な動きになっていますが、日本の国債などの債券に投資する「ニッセイ国内債券インデックスファンド」よりは上昇や下落の幅が大きくなる点は留意すべきです。

 

先進国債券のインデックスファンドでは、為替の影響を抑制した為替ヘッジありの低コストなインデックスファンドもあるので、為替ヘッジコストをかけてもより安定的な運用を期待するなら為替ヘッジありのインデックスファンドも検討してみてください。

 

低コストのファンドを購入するならSBI証券か楽天証券がおすすめ

大手ネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券なら低コストな投資信託はほぼ扱っていて、しかも保有しているだけで下記のようなポイントが貰えます。

 貰えるポイント付与率(年率)ポイント
投資
SBI証券Tポイント0.01%~0.2% ※1
楽天証券楽天スーパーポイント0.048%
マネックス証券マネックスポイント0%~0.08% ※2×

※1:SBI証券「ポイント付与率一覧
※2:マネックス証券「投信保有ポイント

 

低コストなファンドでも付与率が安定的に高いのが楽天証券で、楽天証券なら、ポイントで投資信託の購入もできたり、楽天銀行との連携で普通預金の金利がメガバンクの100倍の0.1%になったり、楽天カードで投資信託の積立を行えば1%のポイントが付与されたりとメリットが多いです。

楽天証券だけでなく、楽天銀行や楽天カードも口座開設・維持費用は無料です。

>> 楽天証券(公式サイト)[詳細解説]

参考 楽天証券ならポイントで投資信託を通常・積立で購入可能!しかも100円から!

参考 楽天証券と楽天銀行の連携で金利をメガバンクの100倍に!ポイントも貯まる!

参考 投資信託の積立は楽天証券と楽天カードの組み合わせが最強?デメリットはない?

 

SBI証券はファンドによって付与率が異なりますが、低コストなファンドでもポイントがもらえます。もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>>  SBI証券(公式サイト)[詳細解説]

 

マネックス証券は独自ポイントなので上記2社と比較すると利用できる場面は少ないですが、ビットコインなどの仮想通貨へも交換可能です。

>> マネックス証券(公式サイト)[詳細解説]

 

参考 ネット証券の口座開設時に必ず選ぶ特定口座については下記も参考にしてみてください。

⇒ 特定口座とは?証券会社の口座種類のまとめ!結局どれがいい?

 

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

 

個人投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 【最新】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

 

その他の各資産クラスのインデックスファンドの比較についてはこちら!

コメント