投資信託の移管とは?手数料はかかる?知らないあなたは損してる?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

証券会社や銀行間で投資信託を移管できるって知ってますか?

もちろん株式も移管ができますが、投資信託も移管ができるのでより有利なネット証券などへ預けなおすことができます。

移管と聞くと大変そうに思うかもしれませんが、手続きも簡単ですしメリットもいろいろありますので移管を検討してみてはいかがでしょうか?

投資信託の移管とは?

投資信託は通常購入した証券会社の口座で管理されますが、この投資信託は購入した証券会社ではなく、別の金融機関の口座に移動させることができ、これを「移管」といいます。

では、この移管によりどのようなメリットが得られるでしょうか?

  • 購入時手数料が無料になる場合がある
  • 投資信託を保有しているだけでポイントがもらえるようになる
  • 金融機関をまとめることができる

購入時手数料が無料になる場合がある

購入時手数料が必要なファンドを購入しようとする場合、投資信託の購入時手数料は証券会社によって異なるので証券会社を変えることによって無料になる場合があります。

大手証券からネット証券はもちろんのこと、ネット証券間でも移管するメリットがある場合があります。

例えば、純資産残高の多いフィデリティUSリートファンドBや、フィデリティ・USハイ・イールド・ファンドなどです。

参考 フィデリティ・USリート・ファンドBってどう?利回りって?

参考 フィデリティ・USハイ・イールド・ファンドへの投資ってどう?

これらのファンドは、SBI証券や楽天証券でも、100万円分購入しようとすると購入時手数料は21,600円かかります。

これを購入時手数料を全額キャッシュバックする岡三オンライン証券や、フィデリティ証券に移管すれば購入時手数料は0円で購入することができます。

フィデリティ証券はいつでも0円となるわけではないですが、口座開設時や購入時手数料が無料となるクーポンが貰えるたり、NISA口座で積立投資をするなら、非課税枠(120万円)を超えた分も購入時手数料が0円になります。

参考 フィデリティ証券の評価・評判は?手数料あり投信がほしい人は必見!

このようにネット証券間でも移管によって、より有利に取引ができるようになります。

投資信託を保有しているだけでポイントがもらえるようになる

ネット証券では、投資信託を保有しているだけでポイントがもらえるサービスがあります。

例えばSBI証券なら1,000万円分の投資信託を保有している場合、年間で最大20,000円分のポイントが何もしなくてももらえることができます。

参考 知らなきゃ損!投資信託の購入はネット証券のポイントでお得に!

証券会社を変えるだけで、何もしなくてもポイントがもらえてしまうので、移管するメリットは十分にありそうです。

金融機関をまとめることができる

もちろん移管することによって、管理すべき金融機関を減らすことができるので、管理の手間は少なくなります。

投資信託の移管で気を付けたいポイントは?

移管でいろいろなメリットを受けられますが、気をつけるべきポイントがあります。

  • 移管時に手数料がかかる
  • 移管先の証券会社が扱っていない投資信託は移管できない
  • 移管手続き中は売却ができない
  • 移管元と移管先の口座区分は同じでないといけない

移管時に手数料がかかる

移管先の証券会社への入庫は手数料がかからないが、移管元から出庫する場合は手数料がかかる場合があります。

SBI証券や楽天証券などは1銘柄3,000円(税抜き)かかります。

もちろん証券会社としては出庫してほしくないので、このような手数料がかかってしまいますので、移管してメリットがあるか確認が必要です。

岡三オンライン証券では、時価合計額が500万円以上の投資信託を移管する場合、他社で負担した移管手数料相当額(税込)を全額キャッシュバックすることで移管手数料を実質0円とするサービスを行っているので、対象となる方はうまく利用したいところです。

>> 岡三オンライン証券(公式サイト)

移管先の証券会社が扱っていない投資信託は移管できない

移管したい投資信託が移管先の証券会社にない場合は移管はできません。

そのため、事前に移管先の証券会社のHPなどで移管した投資信託を取り扱っているか確認が必要です。

移管手続き中は売却ができない

移管手続き中は該当の投資信託の売却はできませんので、売却予定がある場合は注意が必要です。

移管元と移管先の口座区分は同じでないといけない

証券会社の口座の場合、口座区分は移管元と移管先で同じものでないといけません。

つまり「特定口座」→「特定口座」「一般口座」→「一般口座」という組み合わせでないと移管は出来ませんので、移管手続きする前に移管元、移管先の口座区分を確認しましょう。

移管手続きの流れって?

移管手続きっていうと面倒くさそうなイメージですが、これが意外と簡単で、たった1枚の書類を移管元の証券会社に提出するだけなんです。

(1)移管元の金融機関に書類を提出

まずは、移管元となる金融機関のカスタマーセンターに連絡して、口座振替依頼書を取り寄せて、移管元の金融機関に提出します。

(2)移管手数料の支払い

移管元で手数料がかかりますので、手数料を支払います。

移管先では手数料を取られません。

(3)移管手続きの完了

おおよそ2週間~1ヶ月程度で移管手続きが完了します。

移管先の証券会社の口座に反映されてると思いますので確認しましょう。

たったこれだけで、移管先証券会社のいろいろなメリットを受けられます。

まとめ

投資信託も株式同様に金融機関の移管ができ、しかも手続きはかなり簡単なので、メリットのある金融機関に移管したいですね。

購入時手数料が必要な投資信託を所有していて、今後も買付をする場合は、購入時手数料が無料となる証券会社に移管することによって、リターンが2%以上違うなんてことにもなります。

フィデリティUSリートファンドB」「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」のように大手ネット証券のSBI証券や楽天証券でも購入時手数料がかかる投資信託を今後も買い付けるのであれば、岡三オンライン証券やフィデリティ証券の方が圧倒的にお得です。

毎月10万円積み立てている場合、SBI証券や楽天証券だと毎回2,160円の手数料が必要となる中、フィデリティ証券で特にNISAで購入すれば無料となりますし、分配金にかかる税金もかからないのでかなりお得に積み立てることができます。

参考 フィデリティ証券の評価・評判は?手数料あり投信がほしい人は必見!

また、SBI証券などは投資信託を保有しているだけで最大年0.2%のポイントが付与されます。

三大メガバンクの普通預金金利が0.001%ですから、実に200倍の金利が投資信託を保有し何もしなくてももらえます。

同じ投資信託なのに預けている証券会社によって、ポイントを損してるなんてもったいないですし、ポイント付与率はSBI証券よりは劣りますが、楽天などで買い物をする方は、すべてのファンドで0.048%のポイントがもらえる楽天証券などはお得です。

参考 知らなきゃ損!投資信託の購入はネット証券のポイントでお得に!

移管には手数料がかかりますが、長期保有する場合が多い投資信託は今後かかる購入時手数料や、今後もらえるポイントなどを計算してみると、目先の手数料さえ払えば今後お得になる場合が多いと思うので移管について検討してみてください。

保有ポイント重視なら下記の証券会社を検討してください!

特にSBI証券や楽天証券なら低コストなインデックスファンドでも投資信託を保有しているだけでポイントがもらえます。もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 (公式サイト)
>> 楽天証券 (公式サイト)
>> マネックス証券 (公式サイト)
>>カブドットコム証券(公式サイト)

購入時手数料が必要なファンドを無料で購入するなら下記の証券会社を検討してください!

岡三オンライン証券は取り扱ってる投資信託数は少ないですが、購入時手数料は全額キャッシュバックされるのでお得です。

今なら当サイトから新規口座開設+5万円の入金で4千円がもらえるタイアップキャンペーンを実施中ですので、この機会に口座開設を検討してみてください。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> 岡三オンライン証券(公式サイト)

フィデリティ証券はいつでも0円となるわけではないですが、口座開設時や購入時手数料が無料となるクーポンが貰えるたり、NISA口座で積立投資をするなら、非課税枠(120万円)を超えた分も購入時手数料が0円になります。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> フィデリティ証券(公式サイト)