FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

FX

FXの特徴としてよく出てくるのがレバレッジです。

レバレッジ1倍(レバレッジなし)だと外貨預金とリスクは同じといいますが、レバレッジ2倍だとどのくらいリスクが上がるでしょうか?

また、レバレッジを上げるとリスクが高まりますが、借金することはあるのでしょうか?

FXで外貨に投資する前にレバレッジをかけることによるリスクについて押さえておきましょう。

レバレッジとは?

レバレッジは預けた資金(証拠金)を元手に資金の何倍もの金額の取引を可能とする仕組みで、国内FX会社なら預けた資金の25倍の取引を行うことができます。

 

どういうことかというと、例えば10万円の証拠金をFX会社に預けた場合、レバレッジ1倍なら10万円分の取引を行うこととなります。

 

ただ、FXではレバレッジをかけることができるので、預けた資金が10万円なら10倍のレバッジをかけると100万円分の取引を行うことができます

レバレッジをかけるメリット

レバレッジをかけることによって預けた資金が少額でも大きな金額の取引ができるようになることがメリットです。

 

例えば、1ドル100円としたときに、10万円の資金では1,000ドル分しか買えませんが、レバレッジを10倍にすれば10,000ドル分の取引ができます。

 

1ドル101円になったとすると、レバレッジ1倍(1,000ドル)の場合は、1,000円の利益ですが、レバレッジ10倍(10,000ドル)の場合10,000円の利益と少ない金額で大きなリターンを得ることが可能となります。

 

また、FXでは外貨預金の利息に相当するスワップポイントが日々発生するので、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差である差額を受け取ることができます。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

 

レバレッジをかけることによって、得られるスワップポイントも増やすことができ、レバレッジ2倍なら2倍のスワップポイントを得ることができます

レバレッジをかけることはハイリスク・ハイリターン

少額でも大きな取引ができるメリットがあるレバレッジですが、もちろん思っている方向に為替レートが動けば大きなリターンを得ることができますが、逆の方向に動いてしまうと大きな損失を出すことになります

 

上記の例ではレバレッジ1倍より、レバレッジを10倍にすれば10倍の利益が出ました。

 

ということは、逆の値動きとなった場合もレバレッジ1倍よりレバレッジ10倍の方が10倍の損失を出すということになります。

 

このようにレバレッジの倍率を上げれば上げるほどハイリスク・ハイリターンとなるのです。

 

超短期取引のような場合にはレバレッジを上げて少ない値動きでもリターンを得られるような取引を行いますが、値動きが大きくなる可能性がある長期取引などはレバレッジを下げて取引をするなどしてリスクをコントロールする必要があります。

レバレッジは自分でコントロールすることができる

レバレッジは国内では多くのFX会社で、25倍までのレバレッジをかけることができますが、取引するときにレバレッジを指定して取引するわけではありません。

 

例えば、米ドル円が100円の時に1万通貨取引するとしたら、100万円の取引となるので、預けた資金が100万円であればレバレッジ1倍となります。

 

取引数量を2万通貨にすると200万円の取引となるので、預けた資金が100万円であればレバレッジは2倍となり、預けた資金に対してどの程度の数量を取引するかでレバレッジは変わるので、自分でレバレッジをコントロールすることができます。

 

FX会社ではマイページなどで何倍のレバレッジとなっているかは表示されませんが、証拠金維持率は必ず確認することができ、それからレバレッジは簡単に求めることができます。

参考 FXの強制ロスカットとは?計算方法や証拠金維持率・レバレッジとの関係は?

レバレッジは常に変動する

レバレッジは取引数量だけでなく、投資した通貨ペアの為替レートにも依存するので、FXでは常に為替レートが変動しているので、レバレッジも常に変動することとなります。

 

投資する時には自分で想定しているレバレッジで取引できますが、その後は為替レートの変動とともにレバレッジが変わっていくので、想定以上にレバレッジが高い取引になっていたといったこともあり得ます。

 

そのため、定期的に為替レートを確認し、過度にレバレッジが高くなっていないか家訓する必要があります。

レバレッジ1倍とレバレッジ2倍のリスクはどれくらい違う?

FX会社に10万円の資金を預けるとして、米ドル円を100円と仮定すると、レバレッジ1倍の場合1,000ドル、レバレッジ2倍の場合2,000ドル投資することになります。

 

FXではロスカットという仕組みがあり、損失が膨らんできたときに預けたお金(証拠金)に対し一定割合以上損失が出ないように自動で損切りが行われます。

参考 FXの強制ロスカットとは?計算方法や証拠金維持率・レバレッジとの関係は?

 

各社ロスカット水準は異なりますが、例えばロスカット水準を100%とし1,000ドルの必要証拠金を4,000円とします。

 

レバレッジ1倍の場合

この場合必要証拠金4,000円×100%=4,000円がロスカットされる金額となるので、投資金額が10万円だと、96,000円の余力があります。

 

ロスカットまでの値幅は、96,000円÷1,000通貨=96円となるので、米ドル円が「100円ー96円=4円」になったときにロスカットされることになります。

 

レバレッジ2倍の場合

必要証拠金8,000円×100%=8,000円がロスカットされる金額となるので、投資金額10万円だと、92,000円の余力があります。

 

ロスカットまでの値幅は、92,000円÷2,000通貨=46円となりますので、米ドル円が100円ー46円=54円となった時にロスカットとなります。

 

このようにレバレッジ1倍だと4円まで値下がりしないとロスカットになりませんが、レバレッジ2倍だと54円まで値下がりしたらロスカットとなります。

 

もちろんロスカットは証拠金を増やすことによってロスカットされてしまう為替レートを下げることもできるので、レバレッジを低く抑えていても急激に為替レートが動いた場合などはロスカットされないかチェックする必要があります。

レバレッジ1倍でも借金することはある?

FXにはロスカットの仕組みがあるので、レバレッジを抑えた取引をしている限りは借金になる可能性はほとんどありません。

 

ただ、急激に為替相場が変動した場合、ロスカットが間に合わず預けた証拠金以上の損失となってしまってからロスカットされてしまうと、借金となることはあり得ます。

 

ただ、レバレッジ1倍ということは、10万円の証拠金で米ドル円が100円だとすると、ロスカットとなるのは4円まで円高になった時です。

 

ドル円の戦後最安値は約75円なので、レバレッジ1倍の場合ロスカットとなる可能性はほとんどないと言えます

 

レバレッジ2倍でも54円まで円高にならないとロスカットされないので、過去最安値から考えても大分余裕がありますし、そこまで円高になるまでには日数が必要となるので、スワップポイントがプラスであれば元手の資金も増えていってるので急激な円高にならない限り心配はないでしょう。

まとめ

FXの最大の魅力でもあるレバレッジは、預けた資金以上の取引ができるので資金効率が良く、うまく利用すれば利益を大きく増やすことも可能ですが、逆に大きな損失となることもあり得ます。

 

レバレッジをかけたことによるリスクをちゃんと理解して投資を行えば、より有利に取引することができます。

 

上に書いたレバレッジ2倍の場合、ロスカットは過去最安値水準まで円高が進んでもまだ余裕がある水準です。

 

レバレッジを2倍にすればスワップポイントも為替差益も2倍になるので、円高が進んだら追加で証拠金を入れる準備をしておくことによって、それまではスワップポイントをずっともらい続けるような運用をすることができます。

 

結局レバレッジは使い方次第で、レバレッジを高くするのも低くするのも自分でコントロールすることができます。

 

自分がどこまでリスクを許容できるか理解したうえで投資をすることによって、より有利な投資ができますので、ちゃんと理解しておきましょう。

 

FXのレバレッジの仕組みを理解するためにも少額から実際に投資してみて感覚を養うことが重要です。

 

実際に少額でも取引をしてみれば、いろんな本など読むより理解度はかなり進むと思います。

 

SBI FXトレードなら米ドル円なら5円から投資することができるので実際取引をしてみましょう!

FXでの取引コストとなるスプレッドも業界最狭水準(業界最安値水準)なのでおすすめです。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

 

またSBI FXトレードでは、FXのメリットを享受しながら外貨を積立てることができる「積立FX」を利用することができます。