fx一覧

FX会社のロスカットルール、追証(マージンコール)あり・なしを比較

FXのロスカット(強制決済)とは、ある一定の基準に達した時に、FX会社が自動的にすべての取引を決済させる仕組みで、この仕組みがあるおかげで投資家の損失の拡大を防いでくれます。ロスカットルールはすべてのFX業者が整備し、順守することが義務付けられていますが、FX会社によって基準が異なっていたり、追証あり・なしもFX会社によって異なっていたりするので、各FX会社のロスカットルールや追証のあり・なしについて比較してみました。

FXでスキャルピングOKのおすすめ口座ってどこ?スプレッドが狭いだけでいい?

FXの取引スタイルで人気があるスキャルピングは、1日に何度もトレードを行うことによって利益を積み上げていく取引スタイルです。スキャルピングは、すきま時間を利用してさっと取引をすることができ、少額でもレバレッジを大きく掛ければ十分な利益を狙うこともできますが、FX会社によってはスキャルピングをしていたら口座凍結したといった話もあるので、安心してスキャルピングができるFX会社を確認してみました。

FXの約定力が高くスリッページが発生しにくいFX会社はどこ?

FXでの約定(やくじょう)とは、注文が成立することを言いますが、約定力(約定率)が高ければ意図した為替レートで注文が成立し易いことを意味します。約定力が低いFX会社だと、スリッページや約定拒否などにより想定した為替レートで約定しなかったり、そもそも約定しないといったことが起こる可能性があります。特に短期売買を行うときに重要となる約定力が高いFX会社について確認してみました。

FX会社のスプレッドを比較!狭いだけで低コストとは言えない理由とは?

FXの取引コストは、多くの会社で取引手数料が無料となっているので実質的な取引コストはスプレッドとなり、FX会社によってスプレッドが異なるので低コストで取引するならスプレッドが狭い方がより低コストでトレードができます。ただ、スプレッドだけでなく他にも気をつけたいポイントもあるので、スプレッドを比較しつつどのFX会社がより低コストでトレードができるのか確認してみました。

FXでポジションを持つってどういう意味?ポジションを持ち続けることは可能?

FXではポジションという言葉がよく使われ、「ポジションを持つ」とか「ポジションを建てる」といった表現がされますが、ポジションやポジションを持つとはどういう意味でしょうか?また、ポジションを持ち続けることは可能なのか、決済との違いなどについてまとめてみました。

FXのロット(Lot)とは?1ロットいくらかはFX会社によって異なる?

FXのロット(Lot)は取引単位のことで、他にも「何枚」「何通貨」といった呼ばれ方もしますが、どのような違いがあるのでしょうか?ロットはFX会社や通貨ペアによって異なっている場合があるので、ちゃんと理解していないと想定よりリスクが高い取引となってしまうことがあったりします。FXをやるなら知っておきたいロット(Lot)について確認しておきましょう。

FXのpips(ピップス)とは?1pipsがいくらか簡単に計算するには?

FXのpips(ピップス・ピプス)とは、FXの取引において使用される単位のことで、よく「何pipsの利益が出た」とか「何pipsで損切りしてる」などとと使われています。スプレッドの表記などにも「pips」が使われていたり日本円が絡む通貨ペアだと「銭」が使われいていたりしますが、そもそもpips(ピップス)と言う単位はどういうもので、1pipsはいくらとなるのか簡単に計算するにはどうするのか確認してみました。

FXのチャート分析でおすすめツールって?初心者でも簡単にテクニカル分析!?

FXでトレードするなら過去の価格の値動きを分析して、将来の値動きを予測テクニカル分析は覚えておきたい手法の1つです。チャートの値動きにはいろいろなパターンがあるのが知られていて、トレンドがこの先も継続するのか反転しそうなのかを判断するのに役立つのがチャートパターンです。そんなチャートパターンや重要な支持・抵抗線などのテクニカル指標を自動的に分析して、取引シグナルを知らせてくれるオートチャーティストについて紹介します。

FX初心者向けのおすすめ通貨ペアって?トレードスタイル別の選び方とは?

FXは株式と比較すると、投資対象が少ないので選びやすいという特徴がありますが、それでもFX初心者の頃はどの通貨ペアを取引すればいいか悩んでしまいます。通貨ペアの動きには特徴もあり、トレードスタイルによっては向き、不向きな通貨ペアもあるので、トレードスタイル別にどのような通貨ペアを選べばいいか確認してみました。

FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

FXのロスカットとは、ある一定の基準に達した時に、FX会社がすべての取引を自動で決済させる仕組みです。ロスカットされてしまうと損失が確定してしまう反面、損失の拡大を防いでくれるといった仕組みでもあります。ロスカットとはどういう仕組みで、計算方法や証拠金維持率やレバレッジとの関係などについてまとめてみました。

岡三オンライン証券に訪問取材!くりっく株365・FXのあれこれ聞いてきました!

岡三オンライン証券に訪問取材した続きで、くりっく株365・FXについてもお話を伺ってきました。株や投資信託だけでなくくりっく株365・FXについてもサービスが拡充されてきているので、営業推進部部長の鈴木さんにサービス内容やおすすめの使い方など直接取材してきました。

FXのスプレッドの意味とは?手数料との違いって何?

FX会社のページに「米ドル円のスプレッド0.3銭」などと表記がされているスプレッドとはどういう意味でしょうか?また、スプレッドはFXを行う際の実質的な取引手数料となり、狭い・広いといった言い方をしますが、スプレッドは狭ければ低コストといえるのでしょうか?取引手数料が低コストであればリターンも向上するので、FXの基本知識であるスプレッドについて押さえておきましょう。

シストレ24のフルオート設定が拡充!多くのFX初心者が運用中?

FXの自動売買のシストレ24のフルオート機能は、投資助言に当たるのではないかという議論がされたほど優れた機能ですが、そんなフルオートに新たに51種類の設定が追加されました。収益率も高く手軽に始められるということもあり、多くのFX初心者の方がフルオート機能の運用を開始しているようなので、詳細を確認してみました。

FXでスワップ運用するときのデメリットって?対応策ってあるの?

外貨預金よりコスト面でも金利面でも有利なFXでスワップ運用を検討している方もいらっしゃると思いますが、デメリットはないのでしょうか?投資を行う以上必ずデメリットはつきものですが、どういうデメリットがあるのかを理解し少しでも軽減させるようような手法についても検討しておく必要がありますので、FXでスワップ運用を行う上でのデメリットや対応策について紹介します。

証券会社やFX会社にマイナンバーを提出したら会社にばれる?注意点は?

マイナンバー制度が始まり証券会社やFX会社の口座開設時にマイナンバーの資料を提出するのが必須となりました。マイナンバーの資料を提出したら投資をしていたり、投資で儲けた収益は会社に把握されてしまうのでしょうか?実際にはマイナンバーを提出しても現時点では会社側は何も把握できませんが注意点もありますので解説したいと思います。

FXでこつこつ利益を積み重ねて長期資産運用!トラリピの仕組みとは?

FXでほったらかしで長期資産運用をする方法としては外貨預金のようにスワップポイントを得るスワップ投資がありますが、FXではまた違った形で長期資産運用ができるサービスがあります。それがトラリピというサービスで、一度設定をすればあとはすべて自動で売買を繰り返してくれるサービスです。そんなトラリピとはどんな仕組みなのか解説したいと思います。

FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

FXといえば短期取引などの取引が注目されてますが、FX最大の特徴であるレバレッジを自分でコントロールすれば外貨預金のように利用することもできます。レバレッジを抑えて取引し外貨の高い金利を受け取るという投資手法をスワップ投資といいます。ここではFXを用いたスワップ投資手法を紹介し、抑えておきたい3つのポイントを解説します。

円高で投資する時のおすすめは?やっぱりFX?株や投資信託はどう?

急に円高になると、投資のチャンスと思う方とどこまで下がり続けるのか不安に思う方といろいろな思惑が交錯しますよね。 円高になるとだいたい同時に株安にもなるので保有している株式や投資信託が急落してると焦りますよね。 円高と聞くと真っ先に思いつく投資先はFXだと思いますが、人気の高い株や投資信託は投資すべきでしょうか?

FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

FXで利益を上げる方法として、為替差益で利益を上げる以外に2国間の金利差である差額であるスワップポイントを受け取ることができます。受け取ったスワップポイントの活用方法の一つしてスワップポイントを複利運用するといった運用方法がありますが、スワップポイントを複利運用するのに適したFX会社はどういう条件が必要で、どこがおすすめのFX会社なのか紹介します。