fx

FX

FXのデイトレード手法は難しい?勝つためのコツとは?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、デイトレードは、その日の内に注文から決済までを行うトレードスタイルです。チャートに張り付いてる必要もないので、忙しい日々を送る方でも行えることから人気の高いトレードスタイルですが、デイトレードの始め方や勝つためのコツを紹介します。
FX

FXスキャルピングとは?利益を上げるためのコツってなに?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも最も短期間で取引を行う手法がスキャルピングです。スキャルピングは資金効率がよく、数秒から数分で小さな利益をコツコツ積み重ねていきます。そんなスキャルピングのメリットやデメリットは何か、利益を上げるコツなどを紹介します。
FX

FXでスキャルピングOKのおすすめ口座ってどこ?スプレッドが狭いだけでいい?

FXの取引スタイルで人気があるスキャルピングは、1日に何度もトレードを行うことによって利益を積み上げていく取引スタイルです。スキャルピングは、すきま時間を利用してさっと取引をすることができ、少額でもレバレッジを大きく掛ければ十分な利益を狙うこともできますが、FX会社によってはスキャルピングをしていたら口座凍結したといった話もあるので、安心してスキャルピングができるFX会社を確認してみました。
FX

FXのレバレッジとは?レバレッジ1倍でも借金することはある?

FX取引の大きな特徴であるレバレッジは、直訳すると「てこの原理」のことで小さな力で大きなものを動かすことができる仕組みのことを言います。FXも「てこの原理」のように小さな資金で、数倍から数十倍の金額を取引することが可能です。そんなレバレッジとはどのようなものか、メリット・デメリットやレバレッジ1倍(レバレッジなし)の時に借金することがあるのかなど解説します。
FX

FXのpips(ピップス)とは?1pipsがいくらか簡単に計算するには?

FXのpips(ピップス・ピプス)とは、FXの取引において使用される単位のことで、よく「何pipsの利益が出た」とか「何pipsで損切りしてる」などとと使われています。スプレッドの表記などにも「pips」が使われていたり日本円が絡む通貨ペアだと「銭」が使われいていたりしますが、そもそもpips(ピップス)と言う単位はどういうもので、1pipsはいくらとなるのか簡単に計算するにはどうするのか確認してみました。
FX

FX初心者向けのおすすめ通貨ペアって?トレードスタイル別の選び方とは?

FXは株式と比較すると、投資対象が少ないので選びやすいという特徴がありますが、それでもFX初心者の頃はどの通貨ペアを取引すればいいか悩んでしまいます。通貨ペアの動きには特徴もあり、トレードスタイルによっては向き、不向きな通貨ペアもあるので、トレードスタイル別にどのような通貨ペアを選べばいいか確認してみました。
FX

FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

FXで利益を上げる方法として、為替差益で利益を上げる以外に2国間の金利差である差額であるスワップポイントを受け取ることができます。受け取ったスワップポイントの活用方法の一つしてスワップポイントを複利運用するといった運用方法がありますが、スワップポイントを複利運用するのに適したFX会社はどういう条件が必要で、どこがおすすめのFX会社なのか紹介します。
FX

FX会社のスプレッドを比較!狭いだけでは低コストと言えない理由とは?

FXの取引コストは、多くの会社で取引手数料が無料となっているので実質的な取引コストはスプレッドとなり、FX会社によってスプレッドが異なるので低コストで取引するならスプレッドが狭い方がより低コストでトレードができます。ただ、スプレッドだけでなく他にも気をつけたいポイントもあるので、スプレッドを比較しつつどのFX会社がより低コストでトレードができるのか確認してみました。
FX

FXのスプレッドとは?手数料との違いって何?

FX会社のページに「米ドル円が0.2銭」などと表記がされている0.2銭のことをスプレッドと言います。スプレッドはFXを行う際の実質的な取引コストとなり、「狭い」「広い」といった言い方をしますが、スプレッドは狭ければ低コストといえるのでしょうか?取引コストが低コストであればリターンも向上するので、FXの基本知識であるスプレッドについて押さえておきましょう。
FX

FXのトレードスタイルの種類と特徴って?初心者におすすめなのは?

FXには様々なトレードスタイルがあり、短期から中長期まで取引期間の長さでいくつかに分けられていて、自分のライフスタイルに合ったトレードスタイルを確立させること必要です。もちろん一つのトレードスタイルだけでやる必要もなく、その場その場に応じて使い分けたり、同時に行ったりもしますがFXのトレードスタイルにはどのような種類がありそれぞれの特徴は何なのか紹介します。
FX

FXの為替ニュースなど情報収集するのにおすすめのFX口座はどこ?

FXは海外の通貨を取引するため、世界全体の動きや各国の政治・経済状況などに値動きが左右されるので、情報収集は欠かせません。FX会社では、為替に関するニュースを外部のニュース配信会社と提携して配信していたり、アナリストや有名なトレーダーの独自のレポートを配信しているFX会社もあります。各FX会社ではどのような為替ニュースやレポートを参照することができるのか確認してみました。
FX

FXの強制ロスカットとは?計算方法や証拠金維持率・レバレッジとの関係は?

FXの強制ロスカットとは、ある一定の基準に達した時に、FX会社がすべての取引を自動で決済させる仕組みです。強制ロスカットされてしまうと損失が確定してしまう反面、損失の拡大を防いでくれるといった仕組みでもあります。強制ロスカットとはどういう仕組みで、計算方法や証拠金維持率やレバレッジとの関係などについてまとめてみました。
FX

FXで少額投資ができる初心者におすすめの会社ってどこ?いくらから始められる?

投資というとある程度の資金が必要なイメージがありますが、株や投資信託も少額から投資ができますし、FXでも少額から投資することができます。FXでは1万通貨や1千通貨から取引できますが、通貨とは一体何なのか、結局いくらから投資ができるのかなど紹介します。
FX

FXのスワップポイントとは?2カ国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

FXといえば短期取引などの取引が注目されてますが、FX最大の特徴であるレバレッジを低く抑えることによって外貨預金のように利用することができ、FXでは外貨預金の利息に相当するスワップポイントが日々発生します。そもそもスワップポイントとはどういうものなのか、スワップポイント狙いの投資をするなら押さえておきたいポイントなどを紹介します。
FX

FXで複数口座を持つメリットやデメリットとは?おすすめのFX会社はどこ?

FX会社は多数ありますが、それぞれ一長一短がありどんなトレードスタイルにも万能なFX会社はなく、複数のFX会社を使い分けるのが常識となっています。FXで口座を複数持つメリットやデメリット、トレードスタイルごとのおすすめのFX会社の組み合わせについて紹介します。
FX

FX会社のロスカットルールや追加証拠金制度を比較!

FXのロスカット(強制決済)とは、ある一定の基準に達した時に、FX会社が自動的にすべての取引を決済させる仕組みで、この仕組みがあるおかげで投資家の損失の拡大を防いでくれます。ロスカットルールはすべてのFX業者が整備し、順守することが義務付けられていますが、FX会社によって基準が異なっていたり、追証あり・なしもFX会社によって異なっていたりするので、各FX会社のロスカットルールや追証のあり・なしについて比較してみました。
FX

FXのファンダメンタルズ分析とは?情報源はどこがいい?

FXの相場分析をする手法としてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つがありますが、各国の経済状況を確認して分析する手法がファンダメンタルズ分析です。中長期な流れを分析するのに適していて、時には短期取引にも役立つファンダメンタルズ分析とはどういうものか、何を分析し情報源としてはどこを利用するのがいいか確認してみました。
FX

FXスイングトレードとは?利益を上げるコツって何?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも比較的ゆったりとした取引を行うのがスイングトレードです。スイングトレードは、1日から数週間、長ければ数ヶ月とポジションを保有し決済する中長期的なトレードスタイルなので、チャートに張り付いてる必要もなく、忙しい日々を送る方でも行えるトレードスタイルです。そんなスイングトレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。
FX

FXのチャート分析でおすすめツールって?初心者でも簡単にテクニカル分析!

FXでトレードするなら過去の価格の値動きを分析して、将来の値動きを予測するテクニカル分析は覚えておきたい手法の1つです。チャートの値動きにはいろいろなパターンがあるのが知られていて、トレンドがこの先も継続するのか反転しそうなのかを判断するのに役立つのがチャートパターンです。そんなチャートパターンや重要な支持・抵抗線などのテクニカル指標を分析するのに役立つツールについて紹介します。
FX

FXポジショントレードとは?利益を上げるためのやり方やコツってあるの?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも最も長期に取引を行うのがポジショントレードです。ポジショントレードは、数週間から数ヶ月、長ければ年単位でポジションを保有し決済するトレードスタイルなので、ゆったりとトレードしたい方に向いています。そんなポジショントレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。