FXで少額投資ができる初心者におすすめの会社ってどこ?いくらから始められる?

FXで少額投資ができる初心者におすすめの会社ってどこ?いくらから始められる?FX

投資というとある程度の資金が必要なイメージがありますが、株や投資信託も少額から投資ができますし、FXでも少額から投資することができます。

FXでは1万通貨や1千通貨から取引できますが、通貨とは一体何なのか、結局いくらから投資ができるのかなど紹介します。

FXで少額とはいくらから始められる?

FXでは、最低取引数量というのが設定されていて、1万通貨や1千通貨など各FX会社によって異なっています。

 

例えば米ドル円=100円の時に1万通貨で取引すると100万円が必要となり、1千通貨なら10万円の取引を行うこととなります。

1万通貨 × 100円 = 100万円

 

ただ、FXは預けた資金以上の取引ができるレバレッジをかけることができ、レバレッジ1倍の場合は、上記の通りですが、日本国内であれば最大でレバレッジは25倍までの取引ができるので、1万通貨の取引であれば4万円、1千通貨であれば4千円の証拠金があれば取引することが可能です。

 

参考 FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

 

FX会社によってかけられるレバレッジは同じですが、最低取引数量は異なっていて例えばSBIFXトレードや松井証券FXのように1通貨から取引できるFX会社の場合だと約4円から取引することができ、最低取引数量が小さいほど必要となる資金は少なく取引することができます。

 

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)[詳細解説]

 

>> 松井証券FX

少額投資のメリットは?

FXを気軽に始めることができる

FXでは1,000通貨から取引できるFX会社も多くあり、米ドル円=100円とすると1千通貨であれば4,000円からと少額から取引することができます。

 

1通貨から取引ができるSBIFXトレードや松井証券FXなら4円から取引ができ、外貨預金と同じレベルにまでリスクを抑えたレバレッジ1倍での取引でも100円程度からと気軽に始めることができます。

参考 外貨預金とFXの違いって?手数料や金利はどっちがお得?

 

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

 

>> 松井証券FX

損失額が少なくて済む

少額で投資をするということはリターンも小さくはなりますが、損失も小さいのでリスクを抑制できます。

 

例えば、米ドル円が100円の時に1万通貨、1千通貨、1通貨で米ドル円を取引した場合の利益と損失は下記のようになります。

1万通貨1千通貨1通貨
必要証拠金4万円4千円4円
1円の円安となったら1万円の利益1千円の利益1円の利益
1円の円高となったら1万円の損失1千円の損失1円の損失

取引数量が大きくなればそれだけ利益も大きくなりますが、もちろん損失も大きくなり、何度も取引をして、負け続けてしまうと損失額が大きくなってしまい、十分な経験を積む前にFXから退場しなければいけないようなことになってしまうかもしれません。

 

まずは少額から投資をして、自分のトレードスタイルや勝ちパターンが見えてきたら徐々に取引数量を大きくしていくと利益も大きくなっていきます。

参考 FXのトレードスタイルの種類と特徴って?初心者におすすめなのは?

トレードの経験を積める

FXに限った話ではないですが、自分がどういうタイプのトレードスタイルが合っているか、どういうパターンの時に勝ちやすいか、負けやすいかなどトレードの経験を積むことによって勝率を上げていくことができます。

 

目先の利益を追わず、まずは少額で何度もトレードを積み重ねて経験を積むことが結局は早道ではないかと思います。

 

FX会社によってはデモ口座でトレードすることもできますが、実際の資金を投資していないと身が入らないといったこともありますし、デモ口座では勝てるけど本番口座では勝てないといった声も良く聞く話なので、それならば少額からでも実際の資金でトレードした方が経験が積めておすすめです。

複数の口座に分散して投資することも可能

少額からの投資であれば、例えばA口座では短期取引、B口座では中長期な取引といった使い分けをすることによって、どのトレードスタイルが利益を上げられやすいかや、取引する通貨ペアを口座に分けてトレードすることによって、どういうパターンが勝ちやすいかなど分析がし易くなります。

 

少額投資であれば、例えばA口座に1万円、B口座に1万円入れてトレードしてみてどっちが利益を上げているのかなど管理がし易くなります。

参考 FXで複数口座を持つメリット・デメリットって?おすすめの組み合わせって?

少額投資ができるFX会社ってどこ?

最低取引数量が小さいほど少額投資に向いていますが、それ以外に実質的な取引コストであるスプレッドや、外貨預金の利息に相当するスワップポイントについて主要なFX会社の比較は下記となります。(米ドル円を対象)

最低取引数量
(米ドル円)
スプレッドスワップポイント
SBIFXトレード1通貨0銭 ※18円
松井証券FX1通貨0.2銭0円
マネーパートナーズFX nano100通貨0.3銭2円
みんなのFX1,000通貨0.2銭 ※25円
LIGHT FX1,000通貨0.2銭 ※25円
外為ジャパン1,000通貨0.2銭8円
ヒロセ通商【LION FX】1,000通貨0.2銭2円
セントラル短資FX1,000通貨0.1銭 ※34円
FXプライムbyGMO1,000通貨0.3銭 ※43円
GMOクリック証券【FXネオ】10,000通貨0.2銭7円
DMM FX10,000通貨0.2銭8円
マネーパートナーズFX10,000通貨0.3銭 ※52円
岡三オンライン証券【くりっく365】10,000通貨10円

※スワップポイントは2021年4月9日前後適用分
※上記スプレッドは原則固定(例外あり)
※1:1,000通貨まで。1,001通貨から1,000,000通貨までは0.1~7.8銭。
※2:8:00~翌5:00の時間帯が対象(例外あり)
※3:AM11:00~翌日AM1:00 原則固定(例外あり)、2021年4月28日まで
※4:1万通貨未満は+3銭。1取引当たり50万通貨超の場合は0.6銭
※5:8:00~翌3:00の時間帯が対象

 

参考 FXのスプレッドの意味とは?手数料との違いって何?

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

SBIFXトレード

SBIFXトレードは、1通貨から取引することができるので、米ドル円が100円とすると最低4円から取引ができ、少額投資にもっとも適しています

 

スプレッドも1,000通貨以下は業界最狭水準なので低コストで取引することができ、スワップポイントも高めなので中長期的な取引にも向いています。

 

またSBI FXトレードでは、FXのメリットを享受しながら外貨を積立てることができる「積立FX」を利用することができます。

 

 

 

参考 SBIFXトレードの詳細は下記の公式サイトでも確認してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)[詳細解説]

松井証券FX

松井証券FXではSBIFXトレード同様に1通貨から取引することができるので、FXを少額から取引してみたい方に向いています。

 

メジャー通貨ペアはスプレッドも狭く低コストで取引することとができますが、スワップポイントはやや低めといった感じです。

 

ただ、松井証券はFX以外にも株式や投資信託なども取り扱っていて、株式なら1日の約定代金が50万円以下なら手数料が無料だったり、すべての投資信託の購入時手数料が無料だったりと低コストで取引ができ、FXと合わせて株式や投資信託の資産も一元管理することができます。

 

>> 松井証券FX

マネーパートナーズFX nano

マネーパートナーズFX nanoは、100通貨から取引することができるので、米ドル円が100円とすると最低400円から取引することができます。

 

ただ、スプレッドが他社と比較するとやや広くコストがかかります。

>>マネーパートナーズFX nano(公式サイト)

みんなのFX・LIGHT FX

みんなのFX・LIGHT FXは、1,000通貨から取引することができるので、米ドル円が100円とすると最低4,000円から取引することができます。

 

スプレッドも業界最狭水準と狭いので低コストで取引することができ、スワップポイントも高めとなっています。

 

米ドル円やカナダドル円、NZドル円などの先進国通貨以外にも、トルコリラ円や南アフリカランド円、メキシコペソ円といった高金利通貨のスワップポイントも高くなっているのでスワップポイント狙いの投資をするなら注目です。

 

>> みんなのFX(公式サイト)[詳細解説]

 

LIGHT FXはみんなのFXと同じトレイダーズ証券が始めた新しいFXサービスですが、キャンペーンでLIGHT FXの方がスワップポイントが高いことがよくあるので、スワップポイント狙いならLIGHT FXを検討してみてください。

>> LIGHT FX(公式サイト)

参考 LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いって?スプレッドやスワップポイントってどう?

外為ジャパン

外為ジャパンは、FX口座数国内No1の「DMM FX」同様にDMM.com証券が運営しているので信頼度も高く、DMM FXは最低取引数量が10,000通貨からですが、外為ジャパンは1,000通貨から取引ができるので、少額投資をするなら外為ジャパンの方が向いています。

 

スプレッドもDMM FX同様に業界最狭水準となっていて、比較的スワップポイントも高めです。

 

>> 外為ジャパン(公式サイト)

 

参考 DMM FXと外為ジャパンの違いについては下記も参考にしてみてください。

⇒ 外為ジャパンとDMM FXの違いとは?スプレッドやスワップポイントが得なのは?

まとめ

FXでは、最低取引数量というのが各FX会社によって1万通貨や1千通貨などが設定されていますが、

 

例えば米ドル円=100円の時に1万通貨で取引することになると、1万ドルの取引することになるので100万円が必要となり、1千通貨なら10万円の取引を行うこととなります。

 

ただ、FXは証拠金取引となるのでレバレッジ1倍の場合は、上記の通りですが、日本国内であれば最大でレバレッジは25倍までの取引ができるので、1万通貨の取引であれば4万円、1千通貨であれば4千円の証拠金があれば取引することが可能です。

 

1通貨から取引できるFX会社の場合だと4円から取引することができ、最低取引数量が小さいほど必要となる資金は少なく取引することができます。

 

FXで少額から投資を始めるメリットとして下記のような点が上げられます。

  • FXを気軽に始めることができる
  • 損失額が少なくて済む
  • トレードの経験を積める
  • 複数の口座に分散して投資することも可能

少額から始めた場合は、利益も小さいですが勝率を上げることを目標にトレードをしていき、自分のトレードスタイルや勝ちパターンが見えてきたら徐々に取引数量を大きくしていくと利益も大きくなっていきます。

 

最低4円からトレードができるSBIFXトレード

1通貨から取引することができるので、米ドル円が100円とすると最低4円から取引ができ、少額投資にもっとも適しています。

取引コストとなるスプレッドも1,000通貨以下は業界最狭水準なので低コストで取引することができ、スワップポイントも高めなので中長期的な取引にも向いています。

またSBI FXトレードでは、FXのメリットを享受しながら外貨を積立てることができる「積立FX」を利用することができます。

 

 

 

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)[詳細解説]

 

1通貨から取引できる松井証券FX

1通貨から取引ができ、スプレッドも比較的狭い水準です。また株式や投資信託などと合わせて資産の一元管理をすることができます。

>> 松井証券FX

 

スワップポイントが高いみんなのFX・LIGHT FX

みんなのFX・LIGHT FXは最低取引数量が1,000通貨からなので米ドル円が100円とすると最低4,000円から取引することができます。

スプレッドも業界最狭水準と狭いので低コストで取引することができ、スワップポイントも高めとなっています。

もちろんどちらも口座開設・維持費用は無料です。

>> みんなのFX(公式サイト)[詳細解説]

 

LIGHT FXはみんなのFXと同じトレイダーズ証券が始めた新しいFXサービスですが、キャンペーンでLIGHT FXの方がスワップポイントが高いことがよくあるので、スワップポイント狙いならLIGHT FXを検討してみてください。

>> LIGHT FX(公式サイト)

参考 LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いって?スプレッドやスワップポイントってどう?