米ドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

スワップ運用

米(アメリカ)ドル円は比較的波も穏やかな初心者向けの通貨ですが、外貨預金の金利に相当するスワップポイントはどの程度もらえるでしょうか?

スワップポイントはFX会社によって異なりますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか、実質の取引コストとなるスプレッドも含めて比較してみました。

米ドルの特徴とは?

世界の基軸通貨

基軸通貨というのは、その国だけでなく世界中の貿易などの決済に利用されている通貨で、供給量は19兆ドル以上にのぼり全世界にドルが流通しています。

 

そのため、急な暴騰・暴落が他の通貨に比べると少なく、安定している通貨といえます。

 

基軸通貨は、通貨発行国の経済規模や政治力、軍事力などで決まると言われ、通貨価値の安定、高度に発達した金融・為替・資本市場、対外取引規制がないことが必要となります。

 

第二次世界大戦前は英ポンドが基軸通貨でしたが、第二次世界大戦後は米国の躍進により米ドルが基軸通貨となったという背景があります。

米ドルに影響を与えるものって?

アメリカに対する信用不安、アメリカの政治、経済状況等が米ドルを左右する直接的要因になると言われています。

 

米国では様々な経済指標の発表がありますが、特に下記の経済指標の発表時には為替が大きく動きやすいことで有名です。

  • 米国非農業部門雇用者数(雇用統計)
  • 米国失業率
  • 米国GDP
  • 米国FOMCの発表

特に、労働省が毎月第一金曜日に発表する失業率と、非農業部門雇用者数という、米国の雇用統計の情報発表時はかなり為替レートが動きますので取引をする際には要注意です。(値動きが大きいので指標発表を狙った取引手法というのもあります)

 

指標発表の結果は多くのFX会社でややタイムラグがありますが、ヒロセ通商やJFXではほぼリアルタイムに確認することができます。

 

 

>> ヒロセ通商【LION FX】(公式サイト)[詳細解説]

>> JFX株式会社(公式サイト)

国債の格付けは最高ではない?

主要格付け会社3社(ムーディーズ・S&P・フィッチ)でアメリカの国債の格付けは、ムーディーズ・フィッチの2社では最高格付けとなっていますが、S&Pは一段階下の「AA+」となっています。

 

それでも格付け会社2社が最高格付けとしているので、国としての安全度、信用度は世界でもトップレベルなのは間違いありません

金相場と逆相関の関係

米ドルと金相場は一般的に逆相関の関係にあると言われていて、ドルが安くなると金が買われ、ドルが高くなると金が売られる傾向があります。

ドルインデックスと金の比較

赤が米ドルインデックス青が金の月足の過去約10年間のチャートです。

※ドルインデックスとは、米ドルそのものの価値を相対的に算出した指標です。

 

基軸通貨の米ドルは、世界各国の政府や大企業などがあらゆる形で米ドルを保有し、世界経済が不安定になり米ドル安になれば資産が減少するために他の金融資産にお金を移動させます。

 

その際にお金の逃避先として「安全資産の金」が買われる傾向があります。(ほかにも日本円やスイスフランなどが買われやすい傾向にあります)

 

逆に株価が上昇するような相場や米ドル高になる場合、金利がつかない「金」を売って他の金融資産に移動させる傾向にあります。

アメリカの政策金利の推移

アメリカと日本の2003年1月から2020年12月までの政策金利の推移は下記の様になっています。

米国の政策金利推移

2016年以降政策金利は上昇傾向となっていましたが、コロナウィルスの影響などによる利下げもあり政策金利は0.25%となっています。

 

対して日本の政策金利はほぼ0となっているので、米ドルを買って日本円を売る米ドル円ではFXのスワップポイントを得ることができます

 

米ドル円の過去10年間のチャート

米ドル円の過去10年間のチャート

上記は米ドル円の10年間の月足のチャートですが、2017年以降は105円から115円位のレンジ相場で推移していましたが、コロナウィルスによる影響により一時急激な円高ドル安で105円を割り込みましたが、その後急激に戻すなど値動きが荒い相場となりました。

 

直近は、値動きの荒さは落ち着きましたが、やや下落傾向となっています。

米ドル円の日足チャート

米ドル円のスワップポイント・スプレッドを比較

主要なFX会社の米ドル円のスワップポイントとスプレッドは下記のとおりです。

 

参考 スワップポイントやスプレッドについては下記も参考にしてみてください。

 

 

スワップポイント
(最新)
スワップポイント
(2020年12月平均)
スプレッド最低取引数量
(米ドル円)
岡三オンライン証券【くりっく365】11円22.3円(1位)10,000通貨
SBIFXトレード7円7.9円(2位)0.00~0.09銭 ※11通貨
DMM FX6円6.9円(3位)0.2銭10,000通貨
外為ジャパン6円6.9円(3位)0.2銭1,000通貨
GMOクリック証券【FXネオ】6円6.7円0.2銭10,000通貨
セントラル短資FX5円4.6円0.2銭 ※21,000通貨
みんなのFX5円3.1円0.2銭 ※31,000通貨
LIGHT FX5円3.1円0.2銭 ※31,000通貨
FXプライムbyGMO3円3.2円0.3銭 ※41,000通貨
ヒロセ通商【LION FX】2円2.円0.2銭1,000通貨

※2021年1月8日前後適用分
※上記スプレッドは原則固定(例外あり)
※1:1,000通貨まで。1,001通貨から1,000,000通貨までは0.1~7.8銭。
※2:11:00~翌1:00の時間帯が原則固定(例外あり)
※3:8:00~翌5:00の時間帯が対象(例外あり)
※4:1万通貨未満は+3銭。1取引当たり50万通貨超の場合は0.6銭

 

スワップポイントはそのまま貯めればロスカットとなる為替レートを下げることもできますが、それ以外にスワップポイントを再投資して複利運用する方法や、スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てるようなことも可能です。

 

 

くりっく365

くりっく365は、高金利通貨であるトルコリラ円や南アフリカランド円、トルコリラ円などのスワップポイントも高いですが、米ドル円でも安定的に高いスワップポイントとなっています。

 

 

ただ、くりっく365の米ドル円のスプレッドは変動制で、他の店頭FX会社と比べるとだいぶ広めといった感じとなるので、ある程度の資金でゆったりとした取引をしたい方に向いています。

 

 

参考 くりっく365でEXCELを利用してシステムトレードも可能な岡三オンライン証券!オリジナルの投資レポートも参照できます。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

 

参考 くりっく365は複数の取扱業者がありますが、手数料などの比較については下記も参考にしてみてください。

 

SBIFXトレード

SBIFXトレードは、基本的にはどの通貨ペアでもスワップポイントは高く1通貨から取引ができるので、超低資金から始められ、貯まったスワップポイントですぐに買付できるのでスワップポイントを再投資するには他のFX会社と比較して圧倒的に有利に取引できます。

 

 

またSBI FXトレードでは、FXのメリットを享受しながら外貨を積立てることができる「積立FX」を利用することができます。

 

 

 

参考 SBIFXトレードの詳細は下記の公式サイトでも確認してみてください。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)[詳細解説]

DMM FX・外為ジャパン

「DMM FX」「外為ジャパン」の米ドル円のスワップポイントは、2020年12月平均でも高く、直近でも安定的に高いスワップポイントとなっています。

 

外為ジャパンは、「DMM FX」同様にDMM.com証券が運営しているので信頼度も高く、最低取引数量も1,000通貨からと少額から投資ができるので、このままスワップポイントが維持されるなら取引するのに有利なFX会社となってくれそうです。

 

参考 外為ジャパンやDMM FXの詳細を確認したい方は下記の公式サイトを確認してみてください。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> 外為ジャパン(公式サイト)

>> DMM FX(公式サイト)[詳細解説]

 

参考 DMM FXと外為ジャパンの違いについては下記も参考にしてみてください。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、全体的にスワップポイントは平均的な水準ですが米ドル円のスワップポイントは直近では業界で高い水準となっています。

 

ただ、2020年12月平均でも比較的高い水準と安定的に高いスワップポイントとなっています。

 

GMOクリック証券は最低取引数量が10,000通貨からなので、スワップポイントのみで再投資しようとすると、初期の投資金額が大きくないと最低取引数量までためるまでに時間がかかってしまうのでスワップポイントを複利運用するには不利な会社です。

 

ただ、未決済ポジションでもスワップポイントのみの出金ができるので、スワップポイントを生活費の一部にあてたい方には向いています。

 

参考 取引高、預かり資産No1※のGMOクリック証券の詳細は下記の公式サイトでも確認してみてください。(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)

>> GMOクリック証券【FXネオ】(公式サイト)[詳細解説]

米ドル円でスワップポイントはどのくらいもらえる?

米ドル円に投資した場合、例えば、米ドル円104円(初期投資資金104万円)、スワップポイントを1日11円とすると下記のような感じになります。

取引数量必要証拠金
(4%)
年間スワップ年間利回りロスカット
(証拠金維持率100%)
1万(レバレッジ1倍)41,600円4,015円0.39%4.2円
2万(レバレッジ2倍)83,200円8,030円0.77%56.2円
3万(レバレッジ3倍)124,800円12,045円1.16%73.5円
5万(レバレッジ5倍)208,000円20,075円1.93%87.4円
10万(レバレッジ10倍)416,000円40,150円3.86%97.8円

※米ドル円の戦後最安値は2011年の時で75円32銭です。
※スワップポイントは2021年1月調査時点で最も高いスワップポイントとなっているくりっく365の値を参考に算出

 

スワップポイントはレバレッジを2倍とすれば、もらえるスワップポイントも2倍となりますが、ロスカットされてしまう為替レートが上がるのでリスクは高くなります。

 

それでも、米ドル円は戦後約75円まで円高ドル安が進んだことがありますが、レバレッジ3倍でぎりぎり、レバレッジ2倍なら当面ロスカットされる心配はなく、スワップポイントをもらい続けることができます。

 

同じ投資資金でも1年間でレバレッジ1倍なら約3.7千円、レバレッジ2倍なら約7.3千円とレバレッジをかけたほうが得られるスワップポイントが増えるので資金効率が良くなるので、多少リスクをとってレバレッジ3倍で運用するか、安全にレバレッジ2倍で運用するのがおすすめです。

 

ちなみに、上記は初期投資資金104.2万円としてますが、取引数量1万通貨でレバレッジ2倍なら初期投資資金は104.2万円÷2=約52万円と抑えることができますし、取引数量1千通貨でレバレッジ1倍なら初期投資金額は約5.2万円と大きく抑えることができます。

まとめ

外貨投資で、全世界の基軸通貨の座にいる米ドル円は、急な暴騰・暴落が他の通貨に比べると少なく、安定している通貨です。

 

国としての安全性はもちろん高く、政策金利も先進国では高くスワップポイントも高めとなっていましたが、コロナウィルスの影響により政策金利は0.25%まで引き下げられてしまいました。

 

それでもFXならレバレッジをかけることによって得られるスワップポイントを増やすことができ、レバレッジ2倍程度なら戦後最安値になってもロスカットとはならないので比較的安全に投資ができ、年間利回りも約0.8%程度は期待できそうですし、レバレッジ3倍なら年間利回りで約1.2%程度の期待ができます。

 

米ドル円のスワップポイントが安定的に高いくりっく365

情報の岡三と言われるだけあり投資情報も充実していて、オリジナルの投資レポートも参照でき、EXCELの自動売買ツールもすべて無料で利用できます。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

 

店頭FXで取引高、預かり資産No1※はGMOクリック証券では店頭FXとくりっく365で損益通算も可能!(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)

>> GMOクリック証券(公式サイト)

 

参考 くりっく365を比較(手数料・ロスカットなど)!おすすめの取扱業者は?

 

スワップポイントは再投資ができ複利に有利な最低取引数量が1通貨から!

スワップポイントは業界トップというわけではありませんが、常に上位にいてどの通貨ペアでも安定的に高スワップポイントが提示されています。

またSBI FXトレードでは、FXのメリットを享受しながら外貨を積立てることができる「積立FX」を利用することができます。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)[詳細解説]

 

 

 

FX口座数国内No1(※)のDMM.com証券が運営するDMM FXと外為ジャパン

※2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)

「DMM FX」は1万通貨から「外為ジャパン」は1千通貨からと「外為ジャパン」の方が低資金でトレードすることができますので、低額から試してみたい方は外為ジャパンを検討してみてください。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> 外為ジャパン(公式サイト)
>> DMM FX(公式サイト)[詳細解説]

 

参考 DMM FXと外為ジャパンの違いについては下記も参考にしてみてください。

⇒ 外為ジャパンとDMM FXの違いとは?スプレッドやスワップポイントが得なのは?

 

取引高、預かり資産No1※はGMOクリック証券

(※:ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)

GMOクリック証券のスワップポイントはそれほど高くはなかったものの、直近では米ドル円のスワップポイントは高くなっています。最低取引数量が1万通貨からというデメリットはありますが、スワップポイントの引き出し(出金)が可能なのでスワップポイントを生活費の一部にあてたい方に向いています。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> GMOクリック証券【FXネオ】(公式サイト)[詳細解説]

 

 

参考 他の通貨ペアでのスワップポイントの比較については下記も参考にしてみてください。

⇒ 豪ドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

⇒ NZドル円のスワップポイントとスプレッドの比較ランキング!おすすめのFX会社は?

カナダドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

南アフリカランド円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

トルコリラ円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

メキシコペソ円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

 

参考 スワップポイント狙いの投資をするのにおすすめな通貨ペアについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!