米ドル円のスワップ狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

外貨を利用したスワップポイントの積立投資では、高金利通貨などが人気ですが世界最大の経済大国の米国ドルはどうなのでしょうか?

他の通貨と比べると比較的波も穏やかな初心者向けの通貨で、米国は今までは低金利政策をとってましたが金利は徐々に上昇傾向にあります。

そんな米国ドル円でスワップポイント狙いの積立投資をするとどのくらいの利回りが期待できるのか確認してみました。

参考 外貨の高金利を得るのに最もお得なのはFXですが詳細についてはこちらも参考にしてみてください。

⇒ 外貨預金とFXはどっちがお得か徹底比較!外貨MMFはどう?

米ドルの特徴とは?

世界の基軸通貨

基軸通貨というのは、その国だけでなく世界中の貿易などの決済に利用されている通貨で、供給量は12兆ドル以上にのぼり全世界にドルが流通しています。

そのため、急な暴騰・暴落が他の通貨に比べると少なく、安定している通貨といえます。

基軸通貨は、通貨発行国の経済規模や政治力、軍事力などで決まると言われ、通貨価値の安定、高度に発達した金融・為替・資本市場、対外取引規制がないことが必要となります。

第二次世界大戦前は英ポンドが基軸通貨でしたが、第二次世界大戦後は米国の躍進により米ドルが基軸通貨となったという背景があります。

米ドルに影響を与えるものって?

ドルに対する信用不安、アメリカの政治、経済状況等がドルを左右する直接的要因になると言われています。

様々な経済指標の発表がありますが、特に下記の経済指標の発表時には為替が大きく動きやすいことで有名です。

  • 米国非農業部門雇用者数(雇用統計)
  • 米国失業率
  • 米国GDP
  • 米国FOMCの発表

特に、労働省が毎月第一金曜日に発表する雇用統計の失業率と、非農業部門雇用者数という、アメリカの雇用に関する情報発表時はかなり為替が動きますので短期売買をする方は要注意です。(値動きが大きいので指標発表を狙った取引手法というのもあります)

国債の格付けは最高ではない?

主要格付け会社3社(ムーディーズ・S&P・フィッチ)で、ムーディーズ・フィッチでは最高格付けとなっていますが、S&Pは一段階下の「AA+」となっています。

それでも格付け会社2社が最高格付けとしているので、国としての安全度、信用度は世界でもトップレベルなのは間違いありません。

金相場と逆相関の関係

米ドルと金相場は一般的に逆相関の関係にあると言われていて、ドルが安くなると金が買われ、ドルが高くなると金が売られる傾向があります。

赤が米ドルインデックス青が金の月足の過去約10年間のチャートです。

※ドルインデックスとは、米ドルそのものの価値を相対的に算出した指標です。

基軸通貨の米ドルは、世界各国の政府や大企業などがあらゆる形で米ドルを保有し、世界経済が不安定になり米ドル安になれば資産が減少するために他の金融資産にお金を移動させます。

その際にお金の逃避先として「安全資産の金」が買われる傾向があります。(ほかにも日本円やスイスフランなどが買われやすい傾向にあります)

逆に株価が上昇するような相場や米ドル高になる場合、金利がつかない「金」を売って他の金融資産に移動させる傾向にあります。

アメリカの政策金利の推移

アメリカと日本の2003年1月から2018年8月までの政策金利の推移は下記の様になっています。

2009年からアメリカでは低金利政策をとっていましたが、2016年以降政策金利は上昇傾向となっていて、過去に高金利だったオーストラリア(1.5%)やニュージーランド(1.75%)より高い政策金利となる2.0%(2018年8月)まで上昇してきて、それに伴いFXのスワップポイントも上昇しています。

対して日本の政策金利はほぼ0で利上げという話も聞こえてこない状況なので、米ドル円のスワップポイントを狙った投資手法は有効となりそうです。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

米ドル円の過去10年間のチャート

上記は米ドル円の10年間の月足のチャートですが、2012年ころに大きく下落していますが、その後上昇し100円から125円位の間を推移しています。

米ドル円でスワップ運用した際の期待利回りは?

一括投資の場合

例えば、米ドル円111円、初期投資資金111万円、スワップ金利1日73円とすると下記のような感じになります。

取引数量必要証拠金
(4%)
年間スワップ年間利回りロスカット
(証拠金維持率100%)
1万
(レバレッジ1倍)
44,400円26,645円2.40%4.4円
2万
(レバレッジ2倍)
88,800円53,290円4.80%59.9円
3万
(レバレッジ3倍)
133,200円79,935円7.20%78.4円
5万
(レバレッジ5倍)
222,000円133,225円12.00%93.2円
10万
(レバレッジ10倍)
444,000円266,450円24.00%104.3円

米ドル円の戦後最安値は2011年の時で75円32銭です。

参考 FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

円高が進み戦後最安値になってもロスカットされない、レバレッジ2倍で取引するのが資金効率がよさそうです

レバレッジ3倍の時に戦後最安値まで円高が進むとロスカットとなってしまいますが、戦後最高値までは大分離れているので、そのレートになるまでにスワップポイントが貯まるのでロスカットを免れる可能性も高そうですが、大暴落に備えて追加資金投入も視野にいれておいたほうがいいでしょう。

ちなみに、上記は初期投資資金111万円としてますが、取引数量1万通貨でレバレッジ2倍なら初期投資資金は111万円÷2=55万5千円と抑えることができますし、取引数量1千通貨でレバレッジ1倍なら初期投資金額は11万1千円と大きく抑えることができます。

積立投資の場合

戦後最安値になってもロスカットされないレバレッジ2倍で取引した場合を想定してみます。

米ドル円111円固定で毎月1,000通貨を購入すると仮定すると、毎月の積立金額は、111円×1,000通貨÷2=55,500円となります。

一日のスワップポイントを7.3円とすると1年間では下記のような感じとなります。

 1ヶ月2ヶ月3ヶ月・・・11ヶ月12ヶ月合計
投資金額55,500円55,500円55,500円・・・55,500円55,500円666,000円
保持通貨数1,000通貨1,000通貨1,000通貨・・・1,000通貨1,000通貨12,000通貨
スワップ219円438円657円・・・2,409円2,628円17,082円

上記では購入金額を米ドル円111円固定で計算してるので、実際に運用するときの投資金額は、下記のような計算式になります。

1,000通貨 × 投資するときの米ドル円のレート ÷ 2(レバレッジ)

上記のような積立投資をした場合年間利回りは2.56%となります。

スワップポイントの再投資は、最低取引数量が1,000通貨だと当初1年たってもスワップポイントだけで再投資できる金額までは貯まらず、約2年前後でやっとスワップポイントだけで1,000通貨購入ができます。

1,000通貨が最低取引数量だとスワップポイントのみを再投資するまでに時間がかかるので、SBIFXトレードのように最低取引数量が1通貨のFX会社を利用して1か月目からスワップポイントの再投資を行い複利で増やさないと資産は増えづらいです。

参考 FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

米ドル円のスワップポイント・スプレッドを比較

主要なFX会社の米ドル円のスワップポイントとスプレッドは下記のとおりです。(2018年8月3日前後適用分)

 スワップ
ポイント
スプレッド最低取引数量
(米ドル円)
岡三オンライン証券【くりっく365】73円10,000通貨
マネーパートナーズFX nano65円0.4銭
※1
100通貨
SBIFXトレード62円0.27銭
※2
1通貨
GMOクリック証券【FXネオ】61円0.3銭10,000通貨
FXプライムbyGMO55円0.6銭
※3
1,000通貨
外為オンライン55円1銭1,000通貨
外為ジャパン52円0.3銭1,000通貨
DMM FX52円0.3銭10,000通貨
サクソバンク証券51円0.3銭
※4
1,000通貨
みんなのFX44円0.3銭1,000通貨
セントラル短資FX【FXダイレクトプラス】37円0.3銭1,000通貨
マネーパートナーズFX17円0.3銭
※1
10,000通貨
岡三アクティブFX10円0.4銭1,000通貨
ヒロセ通商【LION FX】10円0.3銭1,000通貨
※上記スプレッドは原則固定
※1:10:00~28:00の時間帯が対象
※2:1万通貨まで
※3:1万通貨未満は+3銭
※4:スプレッドは変動制で、2018年7月のコアタイム(17時から翌日1時)の平均値

スワップポイントはそのまま貯めればロスカットとなる為替レートを下げることもできますが、それ以外にスワップポイントを再投資して複利運用する方法や、スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てるようなことも可能です。

それぞれの詳細については下記も参考にしてみてください。

参考 FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

くりっく365

くりっく365は、高金利通貨であるトルコリラ円や南アフリカランド円、メキシコペソ円などのスワップポイントが高いのですが、米ドル円でも高いスワップポイントとなっています。

参考 くりっく365のメリット・デメリットとは?店頭FXとの違いは?

ただ、スプレッドは変動制で、他の店頭FX会社と比べるとだいぶ広めといった感じとなるので、ある程度の資金でゆったりとした取引をしたい方に向いています。

参考 くりっく365なら預かり資産No1の岡三オンライン証券がおすすめです。米ドルだけでなくトルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどのレポートも参照できます。

今なら最大5万円のキャッシュバックに、さらに当サイトとタイアップキャンペーンを実施中で、5万円の入金で4千円がもらえるのでお得です。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

参考 くりっく365は複数の取扱業者がありますが、手数料などの比較については下記も参考にしてみてください。

⇒ くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

マネーパートナーズFX nano

マネーパートナーズFX nanoではスワップポイント強化のキャンペーンが延長され(2018年8月31日まで)、米ドル円を含み下記の通貨ペアのスワップポイントを業界最高水準で提供しています。

米ドル/円、トルコリラ/円、南アランド/円、メキシコペソ/円、豪ドル/円、NZドル/円、ポンド/円、ユーロ/円

キャンペーンで最高水準となっているのは一時的なので、キャンペーン終了後のスワップポイントは、マネーパートナーズFXと同等レベルになると考えておいた方がいいでしょう。

>> マネーパートナーズFX nano(公式サイト)

SBIFXトレード

スワップポイントがどの通貨でも高い条件となっているのがSBIFXトレードで、最低取引数量が1通貨とスワップポイントを複利運用するにも適してますし、スプレッドも条件がいいので米ドル円でスワップポイント狙いの投資をするならSBIFXトレードが最もおすすめです。

豪ドル円やNZドル円、南アフリカランド円のほかにトルコリラ円も取引ができるようになりスワップ投資をするなら見逃せないFX会社となっています。

参考 SBIFXトレードでトルコリラ円が積立FXの対象に!気になる内容は?

また、FX業界で唯一自動で外貨を積立てることができる積立FXができるのもSBI FXトレードだけです。

参考 積立FXについては下記も参考にしてみてください。

⇒ 外貨預金に代わるおすすめサービス!積立FXとはどんな機能?

⇒ SBIFXの積立FXと通常のFX取引と比較!お得に取引できるのは?

参考 SBIFXトレードの詳細は下記の公式サイトでも確認してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

GMOクリック証券

GMOクリック証券はスワップポイントが高いのですが、最低取引数量が10,000通貨からなので、スワップポイントを複利運用しようとすると資金量が少ないと最低取引数量までためるまでに時間がかかってしまいます。

ただ、未決済ポジションのスワップポイントは課税対象となるので複利運用には不利ですが、未決済ポジションでもスワップポイントのみの出金ができるので、スワップポイントを生活費の一部にあてたい方に向いています。

参考 取引高、預かり資産No1のGMOクリック証券の詳細は下記の公式サイトでも確認してみてください。

>> GMOクリック証券【FXネオ】(公式サイト)[詳細解説]

まとめ

外貨投資で、全世界の基軸通貨の座にいる米ドル円は、急な暴騰・暴落が他の通貨に比べると少なく、安定している通貨です。

国としての安全性はもちろん高く、政策金利は上昇傾向にあるためスワップポイントも今後上昇することが期待できる投資先です。

米国の政策金利は2.0%と、スワップ運用で過去に高金利で人気の高かったオーストラリア(1.5%)やニュージーランド(1.75%)の政策金利より高くなるなど、緩やかながら金利は上昇中で、先進国の中では高金利通貨と言えそうです。

レバレッジ2倍程度なら戦後最高値になってもロスカットとはならないので比較的安全に投資ができ、年間利回りも約4.8%程度は期待できそうですし、レバレッジ3倍なら年間利回りで約7.2%程度の期待ができます。

スワップポイントの取り扱いも有利で複利に有利な最低取引数量が1通貨から!

米ドル円だけでなく、他の通貨でもスワップポイントが高く他社と比較しても上位にいて安定的に高いスワップポイントが提示されています。しかも、FX会社で唯一外貨を自動で積立てることができるサービスもあります。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

スワップポイントがとにかく高い方がいいならくりっく365

くりっく365の預かり資産No1は岡三オンライン証券!トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどのレポートも参照できます。

今なら最大5万円のキャッシュバックに、さらに当サイトとタイアップキャンペーンを実施中で、5万円の入金で4千円がもらえるのでお得です。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

店頭FXで取引高、預かり資産No1はGMOクリック証券!店頭FXとくりっく365で損益通算も可能!

>> GMOクリック証券(公式サイト)

取引高、預かり資産No1はGMOクリック証券

どの通貨ペアでもスワップポイントが高めとなっていて、取引コストであるスプレッドも業界でも最狭水準となっています。最低取引数量が1万通貨からというデメリットはありますが、スワップポイントの引き出し(出金)が可能なのでスワップポイントを生活費の一部にあてたい方に向いています。もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> GMOクリック証券【FXネオ】(公式サイト)[詳細解説]

参考 他の通貨でスワップ運用するなら下記も参考にしてみてください。

⇒ 豪ドル円のスワップ狙いの積立投資ってどう?金利が低下しうまみがない?

⇒ NZドル円のスワップ運用ってどう?中長期運用するなら一番の本命か?

⇒ 南アフリカランド円のスワップ投資を安全運用した時の利回りは?

⇒ トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

⇒ メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?

⇒ カナダドルの金利が上昇局面に突入し今後注目?スワップポイント狙いがいい?

参考 スワップポイント狙いの投資をするのにおすすめな通貨ペアについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!