セントラル短資FXのスワップポイントやスプレッドってどう?評価・評判は?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

セントラル短資FXは、金融界で100年以上の歴史を持つセントラル短資という日本に3つしかない短資会社のグループ会社です。

FX会社の中では信頼性が高く、以前よりスプレッドが縮小し低コストで取引ができるようになりましたが、スプレッドやスワップポイントなどサービス内容について確認してみました。

セントラル短資FXの特徴とは?

金融界で100年の歴史を持つセントラル短資グループのFX専業会社

セントラル短資FXは、国内に3つしかない短資会社の1つである1909年創業のセントラル短資株式会社を中心とするセントラル短資グループのFX専業会社です。

短資会社とは、銀行などの金融機関同士で資金の運用や決済を行う市場(銀行間取引市場のことでインターバンク市場とも呼ばれます)において、主に1年未満の短期的な資金の貸与または仲介業務を行う会社のことです。

短期金融市場は、取引所のような市場があるわけではないので、金融機関同士で条件が合致すれば取引は成立するのですが、短資会社を経由した方が取引が成立しやすい上に、取引金利も透明性が高いとされています。

FXをやっているとインターバンク市場という言葉を聞くことがあると思いますが、実際FXで取引するときの為替レートはインターバンク市場で取引される為替レートが基本となっています。

そのようなインターバンク市場において培ってきた信用力やノウハウを活かし、一般の個人投資家向けにFXサービスをしているのがセントラル短資FXです。

スプレッドは大幅に縮小

セントラル短資FXでは取引手数料は無料となっているので、実質的な取引コストはスプレッドとなり、主要通貨ペアのスプレッドは下記となっています。

スプレッド
米ドル円 0.3銭
ユーロ円 0.4銭※1
ポンド円 0.9銭※1
豪ドル円 0.8銭
NZドル円 2.0銭
カナダドル円 4.0銭
トルコリラ円 2.5銭
南アフリカランド円 1.2銭
メキシコペソ円 0.4銭※1
ユーロドル 0.3pips※1

※AM8:00~翌日AM5:00 原則固定(例外あり)
※1:2019年3月29日までキャンペーンでスプレッドが縮小

セントラル短資FXでは、スプレッドが大幅に縮小し他のFX会社と遜色ないほどにスプレッドが狭くなりました。

ただ、NZドル円やカナダドル円のように通貨ペアによってはまだスプレッドが広い通貨ペアもあるのでどの通貨ペアもスプレッドが狭いというわけではありません。

それでも早朝以外の時間帯でのスプレッド配信率は高いので、比較的安心して低コストで取引することができ、短期売買の取引手法であるスキャルピングもOKと公言しています。

参考 FXのスプレッドの意味とは?手数料との違いって何?

スワップポイントは通貨ペアによっては高水準

セントラル短資FXの主要通貨のスワップポイントは下記の様になっています。

買い 売り
米ドル円 41円 ー61円
ユーロ円 ー5円 ー4円
ポンド円 23円 ー30円
豪ドル円 32円 ー47円
NZドル円 25円 ー40円
カナダドル円 20円 ー29円
トルコリラ円 90円 ー105円
南アフリカランド円 10円 ー25円
メキシコペソ円 16円 ー16円

※2019年2月時点

スワップポイントは全体的にあまり高くはありませんが、メキシコペソ円など通貨ペアによっては業界でも最高水準となっています。

参考 メキシコペソ円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

また、米ドル円やカナダドル円のマイナススワップポイントが小さいので、FXでは必勝法とも言われるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)にも利用できるFX会社です。

参考 FXでスワップポイントサヤ取り(アービトラージ)の方法って?低リスクだけどデメリットは?

セントラル短資FXでのスワップポイントは下記のような特徴があります。

  • ポジション未決済のスワップポイントは課税される
  • ポジション未決済のスワップポイントで新規注文が可能
  • ポジション未決済のスワップポイントの引き出し(出金)ができる

スワップポイントはそのまま貯めればロスカットとなる為替レートを下げることもできますが、それ以外にスワップポイントを再投資して複利運用する方法や、スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てるようなことも可能ですが、セントラル短資FXではスワップポイントを再投資は課税されてしまうので不利ですが、スワップポイントのみの引き出しができます。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

取り扱い通貨ペア数は普通だがメキシコペソ円が取引できる

セントラル短資FXでの取り扱い通貨ペア数は25通貨で、「米ドル円」「ユーロ円」「ポンド円」「豪ドル円」「ユーロドル」以外にも下記のような通貨ペアが取引できます。

また、2018年11月より他のFX会社では取り扱いが少ないメキシコペソ円が追加され、スワップポイント、スプレッドともに好条件で取引ができます。

参考 メキシコペソ円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

>> セントラル短資FX(公式サイト)

1,000通貨からの低額投資が可能

セントラル短資FXの最低取引数量は、取り扱っている25通貨ペアすべてで1,000通貨から取引することができるので、FXを低額から試してみたい方にも向いています。

為替レート自体が低い南アフリカランド円やメキシコペソ円ならレバレッジ1倍でも1万円以下から取引することが可能です。

より低額から取引したい場合は、メキシコペソ円は取り扱ってませんが、1通貨から取引ができるSBIFXトレードがおすすめです。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

取引ツールは様々なツールが利用可能

セントラル短資FXの取引ツールは、PCのブラウザ版としては下記の2つが利用できます。

「Web取引システム」はシンプルな取引ツールですが、「Progressive Chart」はブラウザ版ながらチャートに移動平均線や一目均衡表など全31種類のテクニカル指標を搭載しチャート分析をしながら発注も可能です。

それ以外にもインストール版の取引ツールや、現在のチャート形状から未来のチャート形状を予測する「みらいチャート」や「売買シグナル」も利用できます。

取引履歴から自分の取引の傾向やクセを把握できる「パーソナルレコード」も利用できます。

モバイル版はiPhoneやAndroidに対応したアプリももちろん提供されています。

iPadやガラケーも取引することができます。

口座開設者だけの特典

ランクに応じて現金還元「ご縁があるよプログラム」

取引量に応じて「大吉」「中吉」「小吉」にランク付けされ、それに応じたご縁がもらえ、1縁=1円でキャッシュバックされます。

ランク付けされるにはある程度の取引量が必要となるので、無理ない範囲で狙ってみてください。

口座開設者全員が無料で利用できるクラブオフ

セントラル短資FXに口座開設すれば全員が無料でクラブオフを利用することができます。

国内・海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児、介護サービスなど全国200,000ヶ所の優待特典を最大90%OFFで利用でき、会員以外にも同居している家族(配偶者、2親等まで)も利用できます

参考 セントラル短資FXのクラブオフって何?口座開設だけでこんなにお得!

入出金

入金は「クリック入金」「銀行振込」の2通りがあり、「銀行振込」の場合は振込手数料が必要となりますが、「クリック入金」振込手数料が無料となります。

クリック入金で利用できる金融機関は下記となります。

出金は、日本円と外貨の出金が可能となっていて、日本円出金に関わる手数料は無料で、外貨出金に関しては受取り先の金融機関によって手数料が異なります。

また、この手数料とは別に金融機関によってはリフティングチャージが発生する場合があり、少額の外貨の出金の場合には、出金額よりリフティングチャージの金額が上回る場合があるの注意が必要です。

信託保全

セントラル短資FXではもちろん預けた証拠金は、すべて三井住友銀行で区分管理されているので安心です。

サポート体制はいまいち

セントラル短資FXのサポートは、問い合わせフォームは24時間受け付けてますが、電話サポートは平日のAM8:00~PM5:00までとなっています。

大手FX会社のGMOクリック証券や、高金利通貨などのスワップポイントが高いみんなのFXなどは24時間電話サポートもあるので、電話でのサポートが必要と思われるならそのようなFX会社も検討してみてください。

参考 GMOクリック証券(FXネオ)の評価・評判って?手数料やスワップポイントってどう?

参考 みんなのFXのスプレッドやスワップポイントってどう?評価・評判は?

その他セントラル短資FXの仕様

取引時間 米国標準時間:月曜日AM7:00~土曜日AM6:40
米国夏時間:月曜日AM7:00~土曜日AM5:40
信託先 (区分管理先) 三井住友銀行
注文種別 ストリーミング成行注文・指値注文・逆指値注文・
トレール注文・IFD注文・OCO注文・IFO注文
ロスカット FX口座の証拠金維持率が100%以下になった場合
両建 可能
注文の有効期限 本日中・週末・無期限
自己資本規制比率 806.5%(2018年9月末時点)

まとめ

セントラル短資FXは、国内に3つしかない短資会社の1つである1909年創業のセントラル短資株式会社を中心とするセントラル短資グループのFX専業会社です。

スプレッドが大幅に縮小し他のFX会社と遜色ないほどにスプレッドが狭くなりましたが、NZドル円やカナダドル円のように通貨ペアによってはまだスプレッドが広い通貨ペアもあるのでどの通貨ペアもスプレッドが狭いというわけではありません。

それでも、早朝以外の時間帯でのスプレッド配信率は高くスキャルピングがOKなので、短期売買を低コストでトレードしたい方に向いています。

スワップポイントは全体的にあまり高くはありませんが、メキシコペソ円など通貨ペアによっては業界でも最高水準となっています。

参考 メキシコペソ円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

また、米ドル円やカナダドル円のマイナススワップポイントが小さいので、FXでは必勝法とも言われるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)にも利用できるFX会社です。

参考 FXでスワップポイントサヤ取り(アービトラージ)の方法って?低リスクだけどデメリットは?

口座開設すれば全員が無料で国内外の宿泊費やレジャー費がお得になるクラブオフを利用でき、会員以外にも同居している家族(配偶者、2親等まで)も利用できるのでこの機会に口座開設を検討してみてください。

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> セントラル短資FX(公式サイト)