ETF

投資信託

米国ETFをNISAで購入するメリットやデメリットとは?

世界一の経済大国の米国へ投資する方法として米国ETFという選択肢があります。米国ETFは、投資信託よりも保有時のコストが低コストなものが多いので、購入を検討している方も多いと思います。そんな米国ETFは税制優遇制度であるNISAを活用することができますが、メリットやデメリットはどのような点があるのか2024年からの新NISAでの変更点含めて確認してみました。
海外ETF

【VDC】バンガード・米国生活必需品セクターETFの評価・評判って?利回りは?

バンガード・米国生活必需品セクターETF(VDC)は、米国の生活必需品セクターの大型株・中型株・小型株に分散投資ができる海外ETFです。MSCI USインベスタブル・マーケット・生活必需品25/50インデックスへの連動を目指すETFですが、どのような内容のETFなのか確認してみました。
海外ETF

【XLP】生活必需品セレクト セクター SPDR ファンドの評価・評判は?利回りはどのくらい?

生活必需品セレクト セクター SPDR ファンド(XLP)は、米国の代表的な株価指数であるS&P500を構成する銘柄から生活必需品に分類される銘柄に分散投資ができる海外ETFです。生活必需品セレクト・セクター指数への連動を目指すETFですが、どのような内容のETFなのか確認してみました。
投資信託

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。
国内ETF

【1540】純金上場信託(金の果実)の評判や評価って?現物の金(gold)と交換可能だけど・・

純金上場信託(金の果実)(1540)は、金地金1gの現在価値(理論価格)と連動し、現物の金(gold)と交換が可能という特徴を持つ国内ETFです。現物の金(gold)は全世界どこでも貨幣と交換が可能で、有事の際には値上がりしやすいといった特徴を持つ守りの資産として人気があります。そんな金へETFで手軽に投資できながら、現物の金への交換が可能な純金上場信託「金の果実」(1540)の内容を確認してみました。
ETF

ETFとETNの違いとは?ETNはどんなメリット・デメリットがある?

ETFと似た金融商品にETNというものがあり、ETF・ETNともに特定の指標に連動し、証券取引所に上場しているので、株式同様に売買が可能です。 証券会社でETFとETNは同列に扱われているので同じような金融商品のように思われますが、仕組みやリスクが異なるので違いを認識しておく必要があります。ETFとETNの違いやETNのメリットやデメリットについて解説したい思います。
海外ETF

ナスダック総合指数に連動するONEQの評価・評判は?過去の利回りはどのくらい?

ONEQ(Fidelity NASDAQ Composite Index Tracking Stock ETF)は、ナスダック総合指数の価格および利回りに連動する投資成果を目指す海外ETFです。ナスダックに連動する投資信託やETFのほとんどがナスダック100指数に連動するものが多い中、構成銘柄の多いナスダック総合指数に連動するONEQはどのようなETFなのか内容を確認してみました。
海外ETF

【QQQ】インベスコQQQトラスト・シリーズ1の評価・評判って?利回りや配当はどのくらい?

インベスコQQQトラスト・シリーズ1(旧パワーシェアーズ QQQ 信託シリーズ1)は、ナスダック100指数に連動する投資成果を目指す海外ETFです。ナスダック市場に投資ができる数少ないETFの1つであるインベスコQQQトラスト・シリーズ1はどんな内容のETFで、過去の利回りや配当はどうだったのか確認してみました。
海外ETF

【SPYD】SPDR ポートフォリオS&P500高配当株式ETFの評価・評判って?利回りはどのくらい?

SPDR ポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)は、S&P500採用銘柄のうち高配当の銘柄に分散投資ができる米国ETFです。S&P500高配当指数のトータルリターンへの連動を目指すETFですが、どの程度の利回りなのか内容について確認してみました。
ETF

ETFを自動積立できるネット証券会社は?手数料や対象銘柄は?

ETFは投資信託のインデックスファンドと同じように、例えば日経平均やTOPIXといった特定の指数に連動する運用成果を期待でき、信託報酬が安いので長期で保有するならコストを抑えられるメリットがあります。そんなETFにも国内ETFや米国ETFがありますが、自動で積立できるネット証券会社はどこなのか、手数料や対象銘柄などについて確認してみました。
海外ETF

【SOXS】Direxion デイリー半導体株ベア3倍 ETFの評価・評判は?利回りや配当金はどのくらい?

Direxion デイリー半導体株ベア3倍 ETF(SOXS)は、ICE半導体指数(ICE Semiconductor Index)の日々の値動きの反対方向の3倍のパフォーマンスとなる投資成果を目指した海外ETFです。半導体株が下落すると考えるときに、大きなリターンが期待できるDirexion デイリー半導体株ベア3倍 ETF(SOXS)ですが、過去どのような値動きをしていたのか確認してみました。
海外ETF

【VUG】バンガード・米国グロースETFの評価・評判とは?利回りや配当金はどのくらい?

バンガード・米国グロースETF(VUG)は、米国の大型グロース株に分散投資ができる米国ETFです。CRSP USラージキャップ・グロース・インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。
海外ETF

【SOXL】Direxion デイリー半導体株ブル3倍 ETFの評価・評判は?利回りや配当金はどのくらい?

Direxion デイリー半導体株ブル3倍 ETF(SOXL)は、半導体の設計・製造・流通・販売を手掛ける企業に分散投資ができる海外ETFです。ICE半導体指数(ICE Semiconductor Index)の日々のパフォーマンスの300%の投資成果を目指し運用するETFですが、どのような内容のETFなのか確認してみました。
海外ETF

【VT】バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの評価・評判とは?利回りや配当金はどのくらい?

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」では2009年から常に上位にランクイン入りしている長期にわたって人気のある海外ETFが、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)です。これ一本で全世界の株式市場に分散投資ができ、信託報酬が超低コストということで人気を集めているETFですが、実際どんな内容で成績はどのくらいなのか確認してみました。
海外ETF

【VTV】バンガード・米国バリューETFの評価・評判とは?利回りや配当金はどのくらい?

バンガード・米国バリューETF(VTV)は、米国の大型バリュー株に分散投資ができる海外ETFです。CRSP USラージキャップ・バリュー・インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。
投資信託

FTSE100に投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?

FTSE100は、イギリスのロンドン証券取引所に上場されている株式のうち、時価総額の大きい100社を対象に構成された株価指数(インデックス)で、ロンドン証券取引所上場企業の時価総額の約80%を占めています。そんなFTSE100へ投資するなら投資信託・ETF・CFDではどれがいいのか比較してみました。
投資信託

NYダウに連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

NYダウとはダウ工業株30種平均のことで、米国の株式市場の動向を表す代表的な株価指数です。ダウ平均やニューヨーク平均株価とも呼ばれます。NYダウはニューヨーク証券取引所やナスダックに上場する銘柄から優良な30銘柄で構成されています。そんなNYダウと連動する投資信託やETF比較し、どれに投資するのがいいのか確認してみました。
海外ETF

【DIA】SPDRダウ工業株平均ETFの評価・評判とは?配当金はどのくらい貰える?

米国の代表的な指標で、ニュースでもよく耳にするダウ平均株価に連動する海外ETFが、SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)です。ダウ平均株価は米国を代表する30銘柄で構成され、米国だけというより世界をまたにかける企業がほとんどなので、米国経済だけを反映したというより世界経済を反映させた指標とも言えます。そんなダウ平均株価と連動するSPDRダウ工業株平均ETF(DIA)はどんな内容のETFなのか確認してみました。
国内ETF

【1678】NEXT FUNDSインド株式指数上場投信の評価・評判とは?利回りはどのくらい?

NEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)は、インドルピーベースのNifty50指数を対象株価指数とし、日本円換算した対象株価指数に連動する投資成果を目指す国内ETFです。インドは高い経済成長率を維持し、数年後には中国を抜いて世界一の人口になると予想されていて、豊富な労働力がある国です。そんなインドに投資ができるNEXT FUNDSインド株式指数上場投信(1678)はどんな内容なのか確認してみました。
海外ETF

【EPI】ウィズダムツリー・インド株収益ファンドの評価ってどう?過去の成績は?

ウィズダムツリー・インド株収益ファンド(EPI)は近い将来中国を抜いて世界一の人口となる、約14億人を有する巨大市場インドの株式市場において利益の高い企業に分散投資ができる海外ETFです。今後高い経済成長が期待されているインドへ投資ができるウィズダムツリー・インド株収益ファンドの内容や過去の成績について確認してみました。