iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(1496)の評価って?利回りは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)(1496)は、米ドル建て投資適格社債へ分散投資ができる国内ETFです。

投資適格債券は、ハイイールド債券と比べるとリスクが低く、先進国国債を上回る利回りが期待できますがiシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETFはどのような内容なのか確認してみました。

参考 信用力が低いものの利回りが高いハイイールド社債に投資するなら下記も参考にしてみてください。

⇒ iシェアーズ 米ドル建てハイイールド社債 ETF(1497)の評価って?利回りは?

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)(1496)の特徴

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)は、「Markit iBoxx米ドル建てリキッド投資適格指数(TTM円ヘッジ付き)」の動きに連動する投資成果を目指す国内ETFです。

「Markit iBoxx米ドル建てリキッド投資適格指数(TTM円ヘッジ付き)」は、約1,700銘柄の先進国の米ドル建ての投資適格債券で構成され、大手格付け会社3社のムーディーズ、S&P、フィッチのうち少なくとも1社が格付けを付与している債券が対象となります。

投資適格社債はハイイールド債券と比べるとリスクが低く、先進国国債を上回る利回りが期待できます。

また、iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)はその名の通り為替ヘッジありのETFとなっているので、為替ヘッジなしよりリターンは落ちますが、その分リスクも低減されています。

為替ヘッジがない方がいいなら、海外ETFとなりますが、iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETFが実際に投資をしているiシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)に直接投資をするという方法もあります。

参考 iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)ってどう?過去の成績は?

上位保有国

保有比率
米国83.17%
イギリス5.60%
カナダ2.26%
オランダ1.88%
ベルギー1.84%
日本1.71%
オーストラリア1.10%
スイス1.01%
キャッシュ等ー0.91%
その他2.34%

※2018年6月時点

業種

業種保有比率
銀行業28.41%
非景気循環間消費19.30%
通信11.79%
テクノロジー10.58%
エネルギー10.02%
景気循環消費6.87%
保険業3.36%
資本財3.25%
電気2.03%
素材1.97%
輸送1.05%
金融法人0.75%

※2018年6月時点

上位保有発行体

発行体保有比率
BANK OF AMERICA CORP3.01%
GOLDMAN SACHS GROUP INC/THE2.97%
JPMORGAN CHASE & CO2.94%
AT&T INC2.59%
VERIZON COMMUNICATIONS INC2.59%
CITIGROUP INC2.41%
MORGAN STANLEY2.33%
APPLE INC2.29%
MICROSOFT CORPORATION2.18%
WELLS FARGO & COMPANY2.00%

※iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)より
※2018年6月時点

残存年数

残存年数保有比率
20+ 年26.12%
15 – 20 年8.10%
10 – 15 年3.52%
7 – 10 年24.49%
5 – 7 年15.07%
3 – 5 年21.35%
2 – 3 年2.18%
1 – 2 年0.03%
0 – 1 年0.04%
キャッシュ等ー0.91%

※2018年6月時点

信用格付

保有比率
AAA2.82%
AA7.40%
A43.46%
BBB47.06%
BB0.18%
キャッシュ等ー0.91%

※2018年6月時点

ポートフォリオの特性

実効デュレーション8.50年
加重平均残存期間(年)12.81年

コスト

売買手数料楽天証券なら現物・信用ともに0円
信託報酬(税抜)0.28%以内

分配金・配当金

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)は、決算は年4回で下記の様に分配金が出されていて、分配金利回りは1.80%(2018年6月)です。

日付分配金
2018年4月11日17円
2018年1月11日16円
2017年10月11日10円

まだ当ETFが設定されて1年間の分配金実績がありませんが、1年間分配金が今のペースで出るとすると分配金利回りは2~3%程度になると想定されます。

また、ETFの分配金はファンドでの運用益からのみ出されるため、投資信託(非上場)でみられる自己資産を切り崩したタコ足配当がないので安心して受け取れます。

運用実績・利回り

ETF
1ヶ月+0.47%
3ヶ月ー1.00%
6ヶ月ー3.99%
設定来ー3.81%

※iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)「ファンドの実績」より
※設定日は2017年8月24日
※税引前分配金を再投資したものとして算出されたもので、ファンドに関する費用(管理報酬およびその他の経費)は控除後です
※上記は過去の実績であり、将来の運用成果は保証されません

当ETFの情報

  • 分類:国内ETF
  • ベンチマーク:Markit iBoxx米ドル建てリキッド投資適格指数(TTM円ヘッジ付き)
  • 売買手数料:各証券会社により異なるが楽天証券なら無料
  • 総経費率:0.28%
  • 純資産残高:約85億円(2018年6月)
  • 分配金利回り:1.80%(2018年6月)
  • 売買単位:1口(約2,350円(2018年6月))
  • 平均売買高:818口
  • 決算:年4回(1、4、7、10の11日)
  • 設定日:2017年8月24日

評価・まとめ

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)は、「Markit iBoxx米ドル建てリキッド投資適格指数(TTM円ヘッジ付き)」の動きに連動する投資成果を目指す国内ETFです。

投資適格社債はハイイールド債券と比べるとリスクが低く、先進国国債を上回る利回りが期待でき、iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETFは為替ヘッジありなので、為替ヘッジなしよりリターンは落ちますが、その分リスクも低減されています。

実際の投資対象である「iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)」の米ドルベースのチャートは下記の様になっています。

(引用元:iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)

設定日の2002年7月22日からのチャートで税引前分配金を再投資したものとして算出されたもので、ファンドに関する費用(管理報酬およびその他の経費)は控除後

2008年のリーマンショック時には約20%程度下落してますが、ほぼ右肩上がりで推移していて、S&P500のような株価指数と比較するとローリスク・ローリターンな値動きとなっているので安定的に分配金を得られることが期待できます。

参考 iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)ってどう?過去の成績は?

ただ、懸念点として、デュレーションが米債券市場全体と比較すると大きいため、米国の金利上昇ペースによっては債券価格の下落が大きくなるというリスクがある点は注意が必要です。

参考 日興アセットマネジメント「デュレーション

それでも、分配金利回りは2~3%程度が期待でき、為替ヘッジありなので為替リスクの低減も期待でき、ETFの分配金はファンドでの運用益からのみ出されるため、投資信託(非上場)でみられる自己資産を切り崩したタコ足配当がないので安心して受け取れます。

また、為替ヘッジがない方がいいなら、海外ETFの「iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)」に直接投資をすれば、より保有時のコストは低コストで済みます。

iシェアーズ 米ドル建て投資適格社債 ETF(為替ヘッジあり)を購入するな楽天証券がおすすめ!

国内ETFは通常の株式の売買手数料が必要となりますが、楽天証券ならiシェアーズの国内ETFは約定代金に関わらず手数料が無料となるのでおすすめです。もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>>  楽天証券

SBI証券なら約定代金が10万円までなら手数料が無料で、口座開設・維持費用も無料です。

>>  SBI証券

岡三オンライン証券は、約定代金が20万円までなら手数料が無料で口座開設・維持費用も無料です。

>> 岡三オンライン証券(公式サイト)