NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)の評価ってどう?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)は、日々の騰落率が日経平均の騰落率のー2倍となる「日経平均ダブルインバース・インデックス」に連動した運用を行うインバース(ベア)型の国内ETFです。

日経平均が下落しそうなとき、手軽に日経平均全体を売ることで利益を得られますがどのような内容のETFなのか確認してみました。

NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)の特徴

投資対象

NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)は、日々の騰落率が日経平均の騰落率のー2倍となる「日経平均ダブルインバース・インデックス」に連動した投資成果を目指したインバース(ベア)型の国内ETFです。

レバレッジ(ブル)・インバース(ベア)型ファンドの「ブル」とは、雄牛(Bull)が角を突き上げるイメージから上昇相場を指し、相場に対して強気であることを意味し、「ベア」とは、熊(Bear)が背中を丸めるイメージから、下落相場を指し、相場に対して弱気であることを意味します。

対象指数である日経平均の値動きのー2倍の値動きとなるので、対象指数が1日にー5%下落した場合、ファンドの基準価額は10%程度上昇しますが、逆に対象指数が1日に5%上昇すれば、基準価額がー10%程度下落します。

そのため日経平均ダブルインバース・インデックスは、日々の騰落率が日経平均株価の騰落率の-2倍として計算された指数なので、日経平均ダブルインバース・インデックスの騰落率と日経平均株価の騰落率とは、2日以上離れた日との比較においては、一般に「-2倍」とはなりません

コスト

売買手数料各証券会社により異なる
参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)
その他の費用購入価格は基準価額に100.05%以内の率を乗じた価格となる。
(2019年8月14日現在100.02%)
信託報酬(税抜)0.80%
信託財産留保額0.05%以内
(2019年8月14日現在0.02%)

分配金・配当金

設定来分配金は出されていません。

平均売買高・マーケットメイカー

NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)は、平均売買高(直近90日)約2,300万口と非常に流動性は高いので、マーケットメイク制度対象銘柄ではないですが特に売買する際に問題があることはないと思われます。

参考 日本取引所グループ「マーケットメイク制度

ETFは市場でいつでも売買できるのがメリットですが、買いたい時に買って、売りたい時に売るためには、出来高や売買代金が多い等の流動性が重要になってきます。

運用実績・利回り

ETF対象指数
1ヶ月ー11.5%ー9.7%
3ヶ月ー7.9%ー5.7%
6ヶ月ー10.1%ー7.2%
1年+4.0%+12.0%
3年ー62.0%ー54.4%
設定来ー79.9%ー72.7%

※NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)「月報(2019年8月)」より
※設定日は2014年7月14日
※税引前分配金を再投資したものとして算出されたもので、ファンドに関する費用(管理報酬およびその他の経費)は控除後です
※上記は過去の実績であり、将来の運用成果は保証されません

過去のチャート

「NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)」は日々の騰落率が日経平均の騰落率のー2倍となりますが日経平均と比較したのが下記となります。

(引用元:モーニングスター)

オレンジがNEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)赤が日経平均の過去約1年間のトータルリターンのチャートです。

2018年12月頃に日経平均が下落している際には、「NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)」は大きく上昇し、その後日経平均が上昇し出すと、「NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)」が下落しています。

しかも「NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)」は、日経平均のー2倍の動きをするのでより変動幅が大きいので、思惑通りに日経平均が下落すれば大きな利益を得ることができます。

当ETFの情報

  • 分類:国内ETF
  • ベンチマーク:日経平均ダブルインバース・インデックス
  • 売買手数料:各証券会社により異なる
  • 信託報酬(税抜):0.80%
  • 純資産残高:約2,100億円
  • 分配金利回り:ー
  • 売買単位:1口(約1,100円(2019年10月))
  • 平均売買高(直近90日):2,300万口
  • 決算:年1回(5月20日)
  • 設定日:2014年7月14日(上場日:2014年7月16日)

評価・まとめ

NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)は、日々の騰落率が日経平均の騰落率のー2倍となる「日経平均ダブルインバース・インデックス」に連動した投資成果を目指したインバース(ベア)型の国内ETFです。

ただし、日経平均ダブルインバース・インデックスの騰落率と日経平均株価の騰落率とは、2日以上離れた日との比較においては、一般に「-2倍」とはならない点は注意が必要です。

「NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)」は、短期で日経平均が下落しそうな時に個別銘柄を選定せずにすぐ投資が可能な点がメリットです。

参考 逆に日経平均の騰落率の+2倍の値動きをする日経平均レバレッジ上場投信については下記を参考にしてみてください。

⇒ 日経平均レバレッジ上場投信(1570)の評価・特徴!最適な投資手法は?

NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)に投資するならSBI証券、楽天証券、岡三オンライン証券がおすすめ!


国内ETFは、国内株式同様に取引手数料が必要となりますが、約定代金が10万円以下なら手数料無料のSBI証券か楽天証券、20万円以下が手数料無料の岡三オンライン証券がおすすめです。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>>  SBI証券 (公式サイト)
>>  楽天証券 (公式サイト)
>> 岡三オンライン証券 (公式サイト)

 

国内株式・ETFで失敗しない証券会社選び!

これから国内株式・ETFで資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

よりレバレッジをかけて利益を狙うならCFDも!

株式市場が下落トレンドになりそうだなと思ったときに日経平均ダブルインバース上場投信よりも、よりレバレッジをかけて大きく利益を出すことが可能なのがCFDで、日経平均を買いからも売りからも祝日もほぼ24時間取引することができす。

参考 CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

CFDは取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDがありますが、くりっく株365なら約5万円(レバレッジ約40倍)から、店頭CFDなら約2万円(レバレッジ10倍)から取引することができます。

参考 くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDの比較!取引するならどっち?

もちろんレバレッジを抑えて、日経平均ダブルインバース上場投信のような使い方もできます。

取引コストはくりっく株365より安く、少額から取引をするなら店頭CFD

GMOクリック証券の方が取り扱い商品も多く、取引シェアも大きいです。もちろんどちらの証券会社でも口座開設・維持費は無料です。

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)
>> DMM CFD(公式サイト)

レバレッジを大きくかけて利益を出したいならくりっく株365

くりっく株365は為替リスクは発生しませんし、下記のネット証券なら口座開設・維持費は無料で、手数料は業界最低水準です。特に岡三オンライン証券は投資情報や取引ツールが充実していて、今なら当サイト限定で新規口座開設+5万円の入金で3千円がもらえるタイアップキャンペーンを実施中なのでお得ですよ。

>> 岡三オンライン証券 くりっく株365(公式サイト)[詳細解説]←おすすめ
>>  SBI証券 (公式サイト)
>> マネックス証券 (公式サイト)

参考 くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

CFDでも株価指数に手軽に投資できる

日経平均以外の株価指数も買いからも売りからも取引できます。詳細については下記を参考にしてみてください。

⇒ NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!配当がもらえるCFDは?

⇒ FTSE100とは?投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?

⇒ 日経平均先物とくりっく株365、店頭CFDを比較!お得なのは?