ETFと投資信託の違いって?投資するならどっちがいいか徹底比較!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

ETFは上場投資信託といい、証券取引所で取引される投資信託のことですが、投資信託との違いって何でしょうか?

投資信託への投資を考えネットで調べているとETFという商品があることを目にすることも多いので気になっている方も多いと思いますので、投資するならどっちがいいかまとめてみました。

参考 ETFは手数料が安いが投資に有効?メリット、デメリットは?

ETFと投資信託の違い

ETFはTOPIXや日経平均などのインデックスに連動した動きを目指す商品で、投資信託でのインデックスファンドとかなり似た金融商品のため、インデックスファンドと比較します。

ETFインデックスファンド
売買場所証券会社証券会社、銀行、郵便局など
売買価格リアルタイムに売買1日1回
売買手数料証券会社の株式売買手数料による多くは0%(買付手数料)
※売却時に信託財産留保額が
必要なファンドもある
信託報酬投資信託より安い0.1%~0.5%
最低投資金額数千円からネット証券なら100円から
分配金元本払戻金(特別分配金)
はありません。
元本払戻金(特別分配金)
となる場合があります。
分配金再投資できないできる

売買場所

ETFは株式と同じように売買することができ、各証券会社で売買することができます。

投資信託は、証券会社だけでなく銀行や郵便局などでも購入することはできますが、ネット証券以外は買付手数料が必要で、信託報酬が高コストな投資信託が多いので注意してください。

売買価格

こちらもETFは株式同様に市場が開いている間はリアルタイムに取引ができます。

投資信託の価格は基準価額と呼ばれ、市場が終わった後に保有している株価や債券などの時価を1日に1回計算され価格が決まります。

そのため、注文してから価格が決まるまでの間のニュースなどにより価格が変動してしまうと、思い通りの価格で購入ができないといった可能性があります。

売買手数料

ETFは通常の株式と同じ扱いなので、株式同様の売買手数料がかかります。

ただ、 SBI証券 楽天証券松井証券なら約定代金が10万円以下なら手数料が無料で、岡三オンライン証券なら約定代金が20万円以下まで手数料が無料と、初心者の方でも気軽に投資ができます!

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

投資信託は買付手数料がかからないノーロード投資信託というものがあり、特に信託報酬が低コストなインデックスファンドでは買付手数料が無料となっています。

低コストインデックスファンドをはじめ数多くの投資信託がノーロード投資信託で、SBI証券や楽天証券では1,300本以上がノーロード投資信託となっています。

信託報酬

信託報酬は、ETFでも投資信託でも保有している間に常にかかるコストとなりますが、ETFの魅力といえば信託報酬がとにかくやすいものが多いという特徴があります。

例えばTOPIXをベンチマークとする「iシェアーズ TOPIX ETF(1475)」の信託報酬は0.06%です。

投資信託は最近では低コストインデックスファンドが出ていますが、TOPIXをベンチマークとした投資信託では最安値は「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」の0.155%ですので、約1/3のコストとなります。

参考 国内株式インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

ETFは売買手数料がかかりますが、ファンドを保有している間はずっとかかるコストとなるので、これだけのコスト差があるので長期になればなるほどETFの方がコストメリットが出てきます。

最低投資金額

「iシェアーズ TOPIX ETF(1475)」は1口から購入できるので、1,600円弱から投資することができますが、他のETFでも大体1万円前後と考えておくのがいいでしょう。

投資信託はネット証券なら一括でも積立でも100円から購入できることを考えると、ETFは多少多めの投資金額が必要です。

分配金

低コストなインデックスファンドでは分配金を出さないファンドが多いですが、投資信託では普通分配金と特別分配金というただの元本払戻金の分配金があります。

毎月分配型などでは、ファンドで得た利益以上に特別分配金を多く支払うことによって見た目上の分配金利回りを上げてるファンドがあり、これにかなり多くの方が投資をしていますが、この分配金はただ単に自分が投資したお金が戻ってきているだけなので、何の意味もない分配金です。

参考 投資信託の分配金利回りランキングに日本証券業協会から注意喚起!

ETFは原則決算時に運用期間中に得られた利益に関しては運用コストなどを差し引いて残りはすべて分配することが決まっていますので、投資信託のような無意味な分配金ではなく一生得られる不労所得となってくれます

分配金再投資

投資信託は証券会社の設定で自動で分配金を再投資してくれる仕組みがありますし、分配金を出さずに複利効果を得られる投資信託もあります。

ETFの分配金は健全なのですが、再投資することができないので、再投資したい場合は手動で行う必要があります。

海外ではDRIP(Dividend Re Investoment Program)という株式やETFの配当金を自動的に再投資してくれる仕組みがあるそうです。

国内でもこのようなサービスが出るのを期待したいですね。

参考 このようなサービスがない中、どのように分配金を再投資すべきかは下記を参考にしてみてください。

⇒ ETFの配当金(分配金)の再投資ってどうやる?効率的なやり方は?

結局投資信託とETFはどっちがお得?

上記の違いをまとめると、ETFは

売買手数料がかかるが、信託報酬は安いので長期的にはコストメリットがでるが、再投資は自分でやらないといけない

ということになりますね。

ETFは信託報酬がかなり安いということですが、どのくらい差が出るものでしょうか?

例えば100万円をTOPIX連動型の「iシェアーズ TOPIX ETF(1475)」と「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」に10年間投資した場合を比較してみましょう。

参考 国内株式インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

手数料(税抜)年間コスト(税抜)10年間のコスト
iシェアーズ TOPIX ETF320円0.06×100万=600円6,320円
eMAXIS Slim 国内株式
(TOPIX)
0円0.155%×100万=1,550円15,500円

※ETFの購入時手数料は最安値水準のむさし証券の手数料

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

ETFの方は売却時に手数料がかかりますが、もちろん10年後に売却したとしてもETFの方がお得となります。

信託報酬が安いと一時的に必要となる手数料を上回るコストメリットがあり、長期で保有すればするほどその差が開いていきます。

海外ETFはどう?

海外ETFは主に海外市場に上場するETFで、国内のネット証券ではSBI証券、楽天証券、マネックス証券で取引することができます。

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?

海外ETFというと外国株と同様に外貨に交換する必要があり為替手数料が必要で、売買手数料は高いしと敬遠されてる方も多いかと思います。

ただ、バンガード社やブラックロック・グループが運用する「iシェアーズ(iShares)」など世界レベルのETFは信託報酬が激安のものがあります。

参考 バンガードのETFはなぜ低コストを実現できるのでしょうか?

例えば、全世界の株式市場に分散できる「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の信託報酬は0.2196%と低コストではありますが、そのファンド内で実質的に投資している「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」の経費率(実質コスト)は大きく下回る0.09%と超低コストとなっています。

参考 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)ってどう?過去の成績は?

参考 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)ってどう?VTと比較すると?

また、海外ETFは売買手数料、為替手数料がかかりますが、NISA口座を利用すれば買付手数料を無料にできたり、分配金の二重課税を解消できるというメリットがありますので有効に活用しましょう。

参考 海外ETFが身近になった?NISA口座で手数料などがお得に!

まとめ

投資信託とETFの違いとして、ETFは

  • 売買手数料がかかる
  • 信託報酬は安い
  • 分配金の再投資は自分でやる必要がある

ということにまとめられます。

売買手数料は、低額なら SBI証券 楽天証券松井証券なら約定代金が10万円以下なら手数料が無料で、岡三オンライン証券なら約定代金が20万円以下まで手数料が無料なのでうまく利用すればコストを抑えることができます。

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

特に長期保有が前提なら信託報酬の安さでトータルコストはETFの方がだいぶ安くすみます

また、ETFの分配金の再投資と自動積立をどうするかを検討しておく必要があります。

自動積立は、国内ETFであればカブドットコム証券で可能で、海外ETFであればSBI証券で可能となっています。

参考 カブドットコム証券の評価・評判ってどう?メリット・デメリットのまとめ

参考 米国株式・ETF定期買付サービスとは?NISAを有効に活用するには?

ただ、売買手数料などのコストが割高となるので気になる方は一括投資となるでしょう。

また、分配金の再投資を自分でやらないといけないという手間は、資産運用で複利で増やしたい方には手間となる可能性があります。

資産運用で長期投資するなら、なるべくほったらかしで投資を続けたいところですが、分配金がある程度貯まったら手動で再投資するのはちょっと面倒だったりするかもしれません。

ある程度割り切ってコストの差は自動化の必要経費と思ってインデックス投資信託に投資するのもありかと思います。

もちろんコストをかけたくない方は手動で再投資をすればリターンは良くなるので、どちらを選ぶかは個々の考え方次第かと思います。

参考 ETFの配当金(分配金)の再投資ってどうやる?効率的なやり方は?

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

国内ETFを購入するのにおすすめの証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料のSBI証券か楽天証券、20万円以下が手数料無料の岡三オンライン証券がおすすめ!

>>  SBI証券 (公式サイト)
>>  楽天証券 (公式サイト)
>> 岡三オンライン証券 (公式サイト)


国内株式・ETFで失敗しない証券会社選び!

これから国内株式・ETFで資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

海外株式、ETFを購入するのにおすすめの証券会社は?

売買手数料、為替手数料のトータルコスト最安値のSBI証券!

米国株式、ETFでは業界唯一の貸株サービスや自動積立も行うことができます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> SBI証券  (公式サイト)

参考 SBI証券の米国ETFでの貸株サービスや自動積立については下記も参考にしてみてください。
⇒ SBI証券の米国貸株サービスの金利ってどのくらい?海外ETFも対象!
⇒ 米国株式・ETF定期買付サービスとは?NISAを有効に活用するには?


売買手数料はSBI証券と並んで最安値のマネックス証券!

特に米国株、中国株の取り扱い銘柄は業界No1!もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> マネックス証券  (公式サイト)


海外ETF、海外株式で失敗しない証券会社選び!

海外ETFや海外株式を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?


米国株・ETFへの投資で円高が気になるなら!

米国株・ETFでは円高になると株価に関係なくリターンが減ってしまいますが、FXをうまく使えば為替リスクを軽減させることができますので下記を参考にしてみてください。

参考 米国株への投資は円高が気になる?為替リスクを回避する方法って?