NZドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

外貨を利用したスワップ運用で過去は豪ドル円が人気があり、最近では非常に高い金利で注目されている南アフリカランド円やトルコリラ円などがある中では、若干マイナー感があるNZ(ニュージーランド)ドル円。

注目度は低いですが先進国の中では政策金利は高い通貨で、中長期で投資するなら検討したい通貨ですが、どのくらいの利回りが期待できるか確認してみました。

参考 外貨の高金利を得るのに最もお得なのはFXですが詳細についてはこちらも参考にしてみてください。

⇒ 外貨預金とFXはどっちがお得か徹底比較!外貨MMFはどう?

NZ(ニュージーランド)ドルの特徴は?

NZドルはニュージーランドで使われているニュージーランドドルのことで、アメリカのドルとの区別するためにNZドルと呼ばれるのが一般的です。

そのNZドルはどのような特徴があるでしょうか?

豪(オーストラリア)ドルとの連動性が高い

ニュージーランドは、2つの主な島がある国でオーストラリアのすぐ隣にあり地理的に近い関係にあります。

そのため、ニュージーランドは輸出入ともにオーストラリアが約20%と最大の取引先となっていて、オーストラリアへの依存度が高いことよりNZドルと豪ドルは連動した動きをするという特徴があります。

資源国通貨?ちょっと違います

オーストラリアが世界でも有数の資源国であるため、ニュージーランドも資源国通貨だと勘違いされますが、ちょっと違います。

オーストラリアは、石炭や金、原油などの鉱物資源産出されるので資源国通貨と言われますが、ニュージーランドは鉱物資源が産出されるわけではなく、酪農業が主要輸出産業であり、全輸出の約3割を酪農製品が占めています。

そのため、農産物市況に影響を受ける通貨で、農産物市況が上がれば輸出額が増えNZドル高につながります。

ただ、豪ドルとの連動性が高いという性質から、金などが上昇すると資源国通貨である豪ドルの上昇期待からそれに連動して値が上がったりします。

逆に下落した時には、資源国通貨ではないので豪ドルより影響は軽微である傾向があったりします。

国債の格付けは高い

ニュージーランドは、ムーディーズでは最高格付けである「AAA」で、その他の主要格付け会社であるS&Pとフィッチでは「AA」と上から3番目の格付けとなっています。

ムーディーズが最高格付けとしているのもあり、国としての安全度、信用度は世界でもトップレベルで、3社の格付けを総合すると英国やフランスより格付けが高いです。

ちなみに日本はS&Pで21段階中上から5番目の「A+」という格付けです。

ニュージーランドの政策金利の推移は?

ニュージーランドの政策金利の推移は下記のようになっています。(2003年1月~2018年12月)

過去8%とオーストラリアドル同様に非常に高い政策金利で高金利通貨として有名でしたが、そこからは大分下がってきていて現在は1.75%となっています。

南アフリカの6.5%やトルコの24%、メキシコの8%と新興国の高金利通貨と比較すると、確かに金利は随分低いですが、先進国で見ると日本が0.1%、アメリカが2.25%、ユーロが0%、イギリスが0.75%、オーストラリアが1.5%、カナダが1.75%となっている中では高金利だと言えます。

ニュージーランドは先進国の中では高い金利となっていますが、米国が金利上昇傾向で、政策金利が停滞しているニュージーランドを上回ってきていてスワップポイント狙いなら米ドル円も注目です。

参考 米ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

NZドル円の過去10年間のチャート

上記はNZドル円の10年間の月足のチャートですが、リーマンショックで大きく下落した後は、60円から90円あたりを推移していて、70円あたりがサポート・レジスタンスとして機能してそうで、2017年からは72円から84円あたりのレンジを推移しています。

NZドル円でスワップ運用した際の期待利回りは?

スワップポイントはレバレッジをかけて投資金額は同じでも保有ポジションを倍にすれば、スワップポイントも倍になるので、レバレッジを上げれば期待利回りは良くなります。

参考 レバレッジについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

国内のFX会社ではレバレッジは25倍までかけることができますが、レバレッジをかけすぎするとリスクも上がり、ロスカットされてしまう可能性も高まります。

下記ではどの程度のレバレッジをかけるとロスカットとなるのか、その時にスワップポイントによる期待利回りはどの程度となるのか算出してみました。

一括投資の場合

例えば、NZドル円77円、初期投資資金77万円、スワップ金利1日37円(ヒロセ通商のスワップポイントを想定)とすると下記のような感じになります。

取引数量 必要証拠金
(4%)
年間スワップ 年間利回り ロスカット
(証拠金維持率100%)
1万(レバレッジ1倍) 30,800円 13,505円 1.75% 3.1円
2万(レバレッジ2倍) 61,600円 27,010円 3.51% 41.6円
3万(レバレッジ3倍) 92,400円 40,515円 5.26% 54.4円
5万(レバレッジ5倍) 154,000円 67,525円 8.77% 64.7円
10万(レバレッジ10倍) 308,000円 135,050円 17.54% 72.4円

NZドル円の史上最安値は2000年の時で約42円です。

参考 FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

レバレッジ1倍で利回り約1.8%、2倍だと利回り約3.5%で史上最安値まで下落してもロスカットとはならないのでレバレッジ2倍で取引するのが効率がよさそうです。(念のため追加で資金を入れられるようにはしておきましょう)

ちなみに、上記は初期投資資金77万円としてますが、取引数量1万でレバレッジ2倍なら初期投資資金は77万円÷2=38万5千円と抑えることができます。

さらに1,000通貨取引ができるFX会社であれば、レバレッジ2倍だと38,500円から投資を始めることができます。

積立投資の場合

史上最安値になってもロスカットに耐えられそうなレバレッジ2倍で取引した場合を想定してみます。

NZドル円75円固定とし毎月1,000通貨を購入すると仮定すると、毎月の積立金額は、77円×1,000通貨÷2=38,500円となります。

一日のスワップポイントを3.7円(ヒロセ通商のスワップポイントを想定)とすると1年間では下記のような感じとなります。

 1ヶ月2ヶ月3ヶ月・・・11ヶ月12ヶ月合計
投資金額38,500円38,500円38,500円・・・38,500円38,500円462,000円
保持通貨数1,000通貨1,000通貨1,000通貨・・・1,000通貨1,000通貨12,000通貨
スワップ111円222円333円・・・1,221円1,332円8,658円

上記では購入金額をNZドル円77円固定で計算してるので、実際に運用するときの投資金額は、

1,000通貨 × 投資するときのNZドル円 ÷ 2(レバレッジ)

で毎月計算してください。

で、上記のような積立投資をした場合年間利回りは約1.9%となります。

ただ、スワップポイントの再投資という観点でみると最低取引数量が1,000通貨だと当初1年たってもスワップポイントだけで再投資できる金額までは貯まらず、21か月目でスワップポイントのみで1,000通貨のポジションを追加で保有することができそうです。

SBIFXトレードのように最低取引数量が1通貨のFX会社を利用して1か月目からスワップポイントの再投資を行えば、複利効果は出やすく長期間続けるほど大きくリターンは異なってきます。

参考 FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

NZドル円のスワップポイント・スプレッドを比較

主要なFX会社のNZドル円を1万通貨購入した場合のスワップポイントとスプレッドは下記のとおりです。

 スワップポイントスプレッド最低取引数量
(NZドル円)
ヒロセ通商【LION FX】37円1.0銭1,000通貨
岡三アクティブFX37円1.5銭1,000通貨
マネーパートナーズFX nano35円1.8銭
※1
100通貨
FXプライムbyGMO35円2.0銭
※2
1,000通貨
岡三オンライン証券【くりっく365】35円10,000通貨
SBIFXトレード32円0.99銭
※3
1通貨
GMOクリック証券【FXネオ】30円1.2銭10,000通貨
みんなのFX30円1.0銭1,000通貨
LIGHT FX30円1.0銭1,000通貨
マネーパートナーズFX30円1.2銭
※1
10,000通貨
外為ジャパン27円1.2銭1,000通貨
DMM FX27円1.2銭10,000通貨
セントラル短資FX27円2.0銭1,000通貨
サクソバンク証券16円3.4銭
※4
1,000通貨
外為オンライン15円6.0銭1,000通貨
※2018年12月7日前後適用分
※上記スプレッドは原則固定
※1:10:00~28:00の時間帯が対象
※2:1万通貨未満は+3銭
※3:1万通貨まで
※4:スプレッドは変動制で、2018年11月のコアタイム(17時から翌日1時)の平均値

スワップポイントはそのまま貯めればロスカットとなる為替レートを下げることもできますが、それ以外にスワップポイントを再投資して複利運用する方法や、スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てるようなことも可能です。

それぞれの詳細については下記も参考にしてみてください。

参考 FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

ヒロセ通商

ヒロセ通商ではNZドル円についてスワップポイントを固定化していましたが、2018年4月に固定化をやめ変動制になりました。

それでもNZドル円についてのスワップポイントは高水準で、スプレッドも狭めと取引条件は他社よりいい条件となっています。

参考 ヒロセ通商の詳細を確認したい方は下記の公式サイトを確認してみてください。

>> ヒロセ通商【LION FX】(公式サイト)

岡三アクティブFX

岡三オンライン証券では、くりっく365と店頭FXを取り扱っていて、店頭FXサービスが岡三アクティブFXとなります。

以前まではヒロセ通商同様にスワップポイントが固定となっていたようですが、ヒロセ通商同様に変動制なっているようです。

それでも現状ではNZドル円や豪ドル円のスワップポイントは高く、「情報の岡三」の投資レポートも無料で参照することもできるので、口座開設しておいて損はないと思います。

>> 岡三アクティブFX(公式サイト)

マネーパートナーズFX nano

マネーパートナーズFX nanoではスワップポイント強化のキャンペーン(2018年8月末)が終了しましたが、NZドル円のスワップポイントはまだ高い水準となっています。

>> マネーパートナーズFX nano(公式サイト)

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは、メキシコペソ円や南アフリカランド円などの高金利通貨のスワップポイントが高いですが、NZドル円に関してもスワップポイントが高くなっています。

ただ、スプレッドが若干広いのと、1万通貨未満の取引だと手数料が必要となるので、他のFX会社と比較するとコストが高く感じます。

また、ポジション決済前にスワップポイントのみの出金は出来ませんが、FX初心者の方には、マーケット情報やセミナーが充実していますし、為替未来予測ができる「ぱっと見テクニカル」が利用できるので、口座開設しておいて損はないFX会社です。

>> FXプライムbyGMO(公式サイト)[詳細解説]

参考 GMOグループのGMOクリック証券との違いについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXプライムbyGMOとGMOクリック証券の違いって?スプレッドやスワップは?

くりっく365

くりっく365は、NZドル円だけでなく他の高金利通貨であるトルコリラ円やメキシコペソ円などのスワップポイントも高く、高金利通貨以外も米ドル円などでも高いスワップポイントとなっています。

参考 くりっく365のメリット・デメリットとは?店頭FXとの違いは?

スプレッドは変動制ですが、NZドル円などの先進国通貨のスプレッドはあまり低コストではないのはデメリットです。

参考 くりっく365なら預かり資産No1の岡三オンライン証券がおすすめです。米ドルだけでなくトルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどのレポートも参照できます。

今なら最大5万円のキャッシュバックに、さらに当サイトとタイアップキャンペーンを実施中で、5万円の入金で3千円がもらえるのでお得です。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

参考 くりっく365は複数の取扱業者がありますが、手数料などの比較については下記も参考にしてみてください。

⇒ くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

まとめ

外貨投資でスワップポイントを狙ったスワップ投資で、ちょっとマイナー感があるのがNZドル円です。

ただ、国としての安全性も高く、中長期の投資となるスワップポイント狙いの投資では検討したい通貨で、過去はかなりの高金利だったこともあり豪ドル円ほどではありませんが根強い人気がある通貨です。

最近は政策金利が下がり続け、高金利の南アフリカランド円やトルコリラ円に押され気味ではありますが、中長期的に投資をする場合には安全な投資先と言えます。

レバレッジ2倍程度であれば比較的安全に投資ができ、年間利回りも約3.5%程度は期待できそうですし、外貨預金と同じくらいの安全性となるレバレッジ1倍にしても約2.1%の利回りは期待できそうです。

NZドル円でスワップポイントが高いのはヒロセ通商と岡三アクティブFX!

NZドル円だけでなく豪ドル円も高めのスワップポイントとなっています。もちろん口座開設・維持費は無料ですので、下記より詳細を確認してみてください。

>> ヒロセ通商【LION FX】(公式サイト)

>> 岡三アクティブFX(公式サイト)

公的な国内唯一の取引所FXとして「安心・透明・信頼」が特徴のくりっく365

くりっく365取り扱い会社の中でも預かり資産No1は岡三オンライン証券!

トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどのレポートも参照でき、もちろん口座開設・維持費用は無料です。

今なら最大5万円のキャッシュバックに、さらに当サイトとタイアップキャンペーンを実施中で、5万円の入金で3千円がもらえるのでお得です。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

参考 くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

スワップポイント、スプレッドの条件が良く複利運用に有利な最低取引数量が1通貨から!

NZドル円はちょっとスワップポイントは低めですが、全体的にスワップポイントが他社と比較しても上位にいて、安定的に高いスワップポイントが提示されていて、スプレッドも全体的に条件は高水準です。しかも、FX会社で唯一外貨を自動で積立てることができるサービスもあります。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

参考 他の通貨でスワップ運用するなら下記も参考にしてみてください。

⇒ 米ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ 豪ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ カナダドルの金利が上昇局面に突入したが今後の見通しは?スワップポイント狙いがいい?

⇒ 南アフリカランド円でスワップポイント狙いの投資をした時の利回りはどの位?

⇒ トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?

参考 スワップポイント狙いの投資をするのにおすすめな通貨ペアについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!