トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

トルコリラは高い政策金利を背景に高金利通貨として注目されてますが、為替レートの変動も大きく投資するには躊躇してしまいますよね。

そんな中でもトルコリラに多くの方が投資をしているのはリスクよりもリターンが大きいと考えられるからですが、本当に投資しても大丈夫でしょうか?

ここではトルコの基本情報を確認し、投資すべきか確認してみましょう。

参考 トルコリラは値動きも荒くリスクも高い通貨ですので外貨投資初心者の方にはお勧めしませんので、初心者の方はこちらを参考にしてください。

外貨預金の金利は高い?おすすめ通貨は米ドル、豪ドル、南アフリカランド?

トルコってどんな国?

トルコに投資をするならまずは投資対象となるトルコという国の情報を確認しましょう。

基本情報

国名 トルコ共和国
面積 約78万3562km2(日本の2倍強)
人口 約7774万人(世界19位)
首都 アンカラ
GDP 733.64(10億USドル)(世界18位)
国債格付け※ ムーディーズ:Ba3
S&P:B+
フィッチ:BB
経済成長率 3.48%(2018年)
政策金利 24%
主要産業 繊維、食品加工、自動車、電子機器、鉱業、鉄鋼、石油

※投資不適格級

2018年8月にムーディーズでの格付けが「Ba2」から「Ba3」に引き下げられ、S&Pも「BB-」から「B+」へ引き下げられました。

人口の推移

1980~2023年の日本とトルコの人口の推移です。(将来の人口はIMFによる推計)

トルコ人口の推移

(引用元:世界経済のネタ帳

日本が横ばいから若干右肩下がりになっているのにたいして、トルコは完全に右肩上がりで伸びています。

国連によると2050年には9700万人を超えるとみられているので、その頃には日本と人口が逆転してるかもしれません。

しかも欧州の中でもっとも平均年齢が低い国であり、7700万人の42%が25歳以下なのでまさに今後伸びていきそうな人口分布となっています。

失業率

トルコ失業率の推移

(引用元:世界経済のネタ帳

1995年あたりにいったん下落傾向にありましたが、その後2000年に入ってから上昇傾向となっていて、今後も高い失業率が続くと想定されています。

せっかく若い労働力があるのにもったいないですね。

名目GDP(USドル)の推移

トルコ名目GDPの推移

(引用元:世界経済のネタ帳

USドルベースだとここ数年トルコリラが弱いので若干右肩下がりに見えますが、トルコリラベースだと右肩上がりで伸びています。

またIMF(国際通貨基金)による5年先の見通しは以下のようになってます。

トルコ名目GDPの推移2

(引用元:世界経済のネタ帳

国際的な機関では、直近では成長率の鈍化が予想されていますが、その後は大きく成長することを予想していて、若い労働力を豊富に抱えているので、今後人口の増加とともに成長が期待できそうです。

トルコに投資するリスクは?

経常収支の赤字とインフレ

トルコリラの金利が高い理由は、慢性的な経常収支の赤字とインフレによるものです。

トルコは資源が乏しいため、エネルギーなどを輸入に頼っていて、原材料や中間財を輸入して加工・輸出する構図であるため、貿易収支の改善が進みにくいという状況にあり、経常赤字を埋め合わせるために高金利政策によって海外からの資金を引き付ける必要があります。

また、経済成長による国内消費が伸びていて、インフレを助長する一因になっているため、2006年からインフレターゲット制を導入し、インフレ率5%を目標とし、許容範囲を上下2%としていますが、その許容範囲を大きく超える状態で高止まりしています。

高金利通貨である南アフリカやメキシコと比較してもインフレ率は高い状態にあり、今後下がってくる予想ではありますがまだ不透明な状況となります。

トルコインフレ率の推移

(引用元:世界経済のネタ帳

インフレ=物価上昇=貨幣の価値下落

となりますので、高金利は維持できても、貨幣価値が下落するので通貨安となる可能性があるリスクがあります。

地政学リスク

トルコはイスラム国の侵略が続くシリアやイラクをはじめとする中東諸国と接しており、情勢が悪化した際には巻き込まれるリスクが存在しますし、周辺国の情勢悪化により難民が増加するようなことになると国内の治安も乱れやすくなりトルコ経済に悪影響を及ぼす可能性があります。

トルコの産業の一つである観光にも打撃を与え続けていることは無視できないところです。

また、シリア情勢の悪化が懸念されていて、シリアのクルド人武装勢力の掃討を目的としてシリアに進行するなどシリア情勢のさらなる悪化が懸念されます。

政治的リスク

トルコではエルドアン大統領が2003年からの長期政権下の中、2017年4月の国民投票で承認された改憲によって強大な権限を手に入れていますが、2018年6月の大統領選で過半数を獲得し再選しました。

この選挙によりトルコは議院内閣制から大統領制に移行し、首相職は廃止され、エルドアン氏は議会の解散権、大統領令の発令、政府高官の任免権など広範な権限を手にすることとなり、さらなる権力拡大に懸念する声も少なくありません。

トルコは強権的な姿勢を支持する人と批判する人で、真っ二つに分断されるなど内政は不安定で、EUなどの周辺諸国やロシアやアメリカなどとの関係も、改善したかと思えばまた悪化したりと不安定な状況です。

2018年8月にリラが急落し「トルコショック」として世界的な経済不安として波及しましたが、2018年10月に米国人牧師が解放され、2018年11月に米国とトルコ双方が経済制裁措置を解除するなど米国との米国との関係が改善されたことでリラはいったん回復をしていますが、本格的な回復にはインフレ率の改善が必要と考えられています。

トルコリラに投資するならどんな手法がいい?

トルコリラは、高金利政策を行っているため非常に魅力的な金利となっていますが、まだまだ通貨安のリスクもあるのが現実です。

投資するとしたら、今後も一段の通貨安がありうる前提で高金利を享受するためには、レバレッジを抑えたスワップポイント狙いの投資が考えられます。

ただ、トルコリラの下落リスクは収まったようには思えないので、期待利回りは落ちますが、為替レートの変動リスクなくスワップポイントの一部を得られるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)でもトルコリラ円は比較的有利な条件となっているので、興味があれば参考にしてみてください。

参考 FXでスワップポイントサヤ取り(アービトラージ)の方法って?低リスクだけどデメリットは?

トルコの政策金利の推移

トルコの政策金利の推移および高金利通貨であるメキシコ、南アフリカの政策金利の推移は下記のようになっています。(2008年1月~2019年3月)

高金利通貨の政策金利推移

エルドアン大統領の利下げ圧力がある中、トルコ中央銀行は大幅な利上げを実施し、インフレ抑制への決意と政府から独立していることを示しましたが、さらなる追加施策を行えるか注目されます。

トルコリラ円の過去10年間のチャート

トルコリラ円の過去10年間のチャート

過去10年間はほぼ右肩下がりとなっていて、2018年に入ってからも下落は止まらず過去最安値を更新し続けている状況でした。

下記は過去半年の日足のチャートですが、2018年8月の「トルコショック」や2019年の年始に大きく下落した後は回復傾向にあったのですが、やや横ばい傾向となっています。

トルコリラ円日足チャート

一時期より回復し19円と21円の間のレンジを推移していますが、更なる材料がないと上昇は難しい状況となっています。

トルコリラ円のスワップポイント狙いの期待利回りは?

スワップポイント狙いの運用をする上で重要なのは、ロスカットされずに中長期でスワップポイントを貯め続けることです。

そのためにはFXがギャンブルと言われる元凶となっているレバレッジを低く抑えることが重要で、レバレッジ1倍なら外貨預金とリスクが変わらず取引することができます。

参考 FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

ただ、せっかくFXで投資をするならレバレッジをかけて少しでもリターンを得たいところですが、レバレッジをかけた場合どの位のスワップポイントが得られて、ロスカットはどのようになるのか、トルコリラ円19.5円、初期投資資金19.5万円、スワップ金利1日123円とした場合を算出してみました。

取引数量 必要証拠金
(4%)
年間スワップ 年間利回り ロスカット
(証拠金維持率100%)
1万
(レバレッジ1倍)
7,800円 44,895円 23.02% 0.8円
2万
(レバレッジ2倍)
15,600円 89,790円 46.05% 10.5円
3万
(レバレッジ3倍)
23,400円 134,685円 69.07% 13.8円
5万
(レバレッジ5倍)
39,000円 224,475円 115.12% 16.4円
10万
(レバレッジ10倍)
78,000円 448,950円 230.23% 18.3円

参考 FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

政策金利が高い通貨だけにレバレッジ1倍でも約23%と高い利回りとなっていて、ロスカットとなる為替レートも0.8円とかなり余裕がある状況となっています。

レバレッジ2倍だと約46%とかなり高い利回りで、ロスカットまでもかなり値幅があるので当面はロスカットの心配はなさそうです。

低レバレッジで運用しスワップポイントを貯めればロスカットとなる値をより下げることもできますし、ポジション未決済でスワップポイントの引き出しができるFX会社なら生活費の一部に充てることもできます。

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

ただ、トルコリラのような新興国の通貨は何が起きるかわかりませんので、もしかしたらレバレッジ1倍のロスカット値である0.8円さえも割れてくるような下落も将来はあり得ないとまでは言えないので、あくまでサテライト的に余裕資金でやることや他の通貨と分散させるなどリスク低減させておくことが必要です。

トルコリラ円でスワップ投資するのにおすすめのFX会社は?

主要なFX会社のトルコリラ円のスワップポイントとスプレッドは下記のとおりです。

スワップ
ポイント
(最新)
スワップ
ポイント
(2019年3月平均)
スプレッド 最低取引数量
(トルコリラ円)
ヒロセ通商【LION FX】 123円 100.6円 1.9銭 1,000通貨
みんなのFX 120円 120.1円 1.7銭
※1
1,000通貨
LIGHT FX 120円 120.1円 1.7銭
※1
1,000通貨
サクソバンク証券 117円 236.2円 2.8銭
※2
5,000通貨
SBIFXトレード 107円 99.8円 4.8銭
※3
1通貨
マネーパートナーズFX nano 105円 110円 3.8銭
※4
100通貨
GMOクリック証券【FXネオ】 99円 91.3円 1.9銭
※5
10,000通貨
岡三オンライン証券【くりっく365】 98円 144.3円 3.639銭
※6
10,000通貨
マネーパートナーズFX 95円 95.1円 1.9銭
※1
10,000通貨
セントラル短資FX 85円 88.7円 1.7銭 1,000通貨
FXプライムbyGMO 80円 80円 4.8~203.8銭
※7
1,000通貨

※2019年4月8日前後適用分
※上記スプレッドは原則固定
※1:AM8:00~翌日AM5:00が原則固定
※2:サクソバンク証券のスプレッドは変動制で、2019年3月のコアタイム(17時から翌日1時)の平均値
※3:1万通貨まで
※4:AM10:00~翌日AM4:00の時間帯が対象
※5:原則固定スプレッドの適用対象外
※6:2019年3平均実績値
※7:1万通貨未満は+3銭

スワップポイントはそのまま貯めればロスカットとなる為替レートを下げることもできますが、それ以外にスワップポイントを再投資して複利運用する方法や、スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てるようなことも可能です。

それぞれの詳細については下記も参考にしてみてください。

参考 FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

ヒロセ通商

ヒロセ通商では豪ドル円のスワップポイントが固定化されていて高い水準となっていますが、トルコリラ円でも最新のスワップポイントは高くなっています。

参考 豪ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

ただ、前月分(2019年3月)の平均を見るとそれほど高くはなく、トルコリラ円のスワップポイントの変動が大きいので安定的に高いスワップポイントを得るならみんなのFX・LIGHT FXの方が良さそうです。

また、豪ドル円やトルコリラ円のように高いスワップポイントとなっている通貨ペアもありますが、米ドル円やカナダドル円のような通貨ペアだとかなりスワップポイントが低かったりします。

>> ヒロセ通商【LION FX】(公式サイト)[詳細解説]

みんなのFX・LIGHT FX

みんなのFXはトルコリラ円の取扱いが開始されて以来、常に業界最高水準のスワップポイントとなっていて、前月分(2019年3月)の平均も安定的に高いスワップポイントが提示されています

トルコリラ円だけでなく、南アフリカランド円やメキシコペソ円などの高金利通貨のスワップポイントも高く、米ドル円や豪ドル円、カナダドル円などの先進国通貨のスワップポイントも高く、スワップポイントを狙った投資をするなら注目のFX会社です。

参考 南アフリカランド円のスワップポイントは高いけど今後の見通しは?利回りはどの位?

参考 メキシコペソ円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

参考 米ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

参考 豪ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

参考 カナダドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

今後も高いスワップポイントが維持されるのか注目されます。

>> みんなのFX(公式サイト)[詳細解説]

LIGHT FXはみんなのFXと同じトレイダーズ証券が始めた新しいFXサービスですが、みんなのFXとスプレッドやスワップポイントは同じ条件となっているようなので、始めに口座開設するならみんなのFXでいいのかなと思います。

>> LIGHT FX(公式サイト)

参考 LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いって?スプレッドやスワップポイントってどう?

サクソバンク証券

サクソバンク証券は、海外FXの会社のように思えるかもしれませんが、日本の第一種金融商品取引業に登録されている国内FX会社です。

以前は口座維持費用が必要だったので、あまりアクティブに取引されない方は敬遠されがちなFX会社でしたが、口座維持費用が廃止されたので取引があまり多くない方でも安心して口座を持てます。

サクソバンク証券とくりっく365は、前月分(2019年3月)の平均が通常より高くなっていますが、3月末に一部のFX会社でスワップポイントが急騰した影響で異常な高値となっています。

ただ、3月末に急騰した日を除いても、サクソバンク証券のトルコリラ円のスワップポイントは高い水準で推移していますし、スキャルピングもOKなのでアクティブに取引される方にも向いているFX会社です。

また、取引ツールは世界中の業界各紙からの評判が高く、多くのアワードを受賞していて、テクニカル指標を自動的に分析して、取引機会を知らせてくれる取引サポートツールも無料で利用できます。

参考 FXのチャート分析でおすすめツールって?初心者でも簡単にテクニカル分析!?

参考 サクソバンク証券のオートチャーティストの使い方を解説!勝率を上げるには?

>> サクソバンク証券(公式サイト)[詳細解説]

SBIFXトレード

SBIFXトレードは、前月分(2019年3月)の平均が若干他のFX会社より低く、変動が大きめとはなっていますが、基本的にはどの通貨ペアでもスワップポイントは高く1通貨から取引ができるので、超低資金から始められ、貯まったスワップポイントをすぐに買付できるのでスワップポイントを複利運用するには他のFX会社と比較して圧倒的に有利に取引できます。

参考 FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

しかもSBIFXトレードはFX会社では唯一自動で外貨を積み立てくれるサービス「積立FX」を行っているので、若干スプレッドは高いですが毎月手動で積み立てるのは面倒という方は利用してみてください

参考 積立FXについては下記も参考にしてみてください。

⇒ 外貨預金に代わるおすすめサービス!積立FXとはどんな機能?

⇒ SBIFXの積立FXと通常のFX取引と比較!お得に取引できるのは?

参考 SBIFXトレードの詳細は下記の公式サイトでも確認してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

マネーパートナーズFX nano

マネーパートナーズFX nanoはトルコリラ円では高いスワップポイントの提示となっていて、100通貨から取引ができるので低額から投資が可能です。

マネーパートナーズFX nanoはマネーパートナーズFXと比較しても若干スプレッドが広くトレードを頻繁に行う場合には不利となりますが、スワップポイントはトルコリラ円含め全体的に高めとなっています。

>> マネーパートナーズFX nano(公式サイト)

まとめ

トルコリラへの投資はまだまだ経常収支の赤字やインフレ、地政学リスクなどリスクが高い通貨ですが、若い労働力があり今後も人口の増加が見込めるなど潜在的に経済成長する力を持っている国です。

ブルームバーグによると2018年の魅力ある新興市場ランキングで1位がメキシコ、2位がトルコとなっていましたが、2019年はどうなるでしょうか。

参考 ブルームバーグ「メキシコとトルコが上位、2018年の魅力ある新興市場ランキング

ただ、トルコショックで為替レートが急落したように、今後も先行き不透明感がぬぐえず、スワップポイントが蓄積されるより速いスピードで為替レートが下落する恐れがあるといった大きなリスクがあります。

非常に高い金利となってはいますが、集中投資を避けるのは当然ですが、もし投資するとしても資金管理を怠らず慎重に行うべきかと思われます。

また、期待利回りは落ちますが、為替レートの変動リスクなくスワップポイントの一部を得られるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)でもトルコリラ円は比較的有利な条件となっているので、興味があれば参考にしてみてください。

参考 FXでスワップポイントサヤ取り(アービトラージ)の方法って?低リスクだけどデメリットは?

トルコリラ円でスワップポイントが高い時もあるヒロセ通商!

ヒロセ通商は、トルコリラ円のスワップポイントは変動が大きいので安定して高いスワップポイントを得るならみんなのFX・LIGHT FXの方が良さそうです。

もちろん口座開設・維持費は無料ですので、下記より詳細を確認してみてください。

>> ヒロセ通商【LION FX】(公式サイト)[詳細解説]

トルコリラ円だけでなく高金利通貨のスワップポイントが安定的に高いみんなのFXとLIGHT FX

トルコリラ円だけでなく高金利通貨であるメキシコペソ円や南アフリカランド円や、先進国通貨の米ドル円や豪ドル円、カナダドル円のスワップポイントが高くスワップポイント狙いの投資をするなら注目のFX会社です。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> みんなのFX(公式サイト)[詳細解説]

>> LIGHT FX(公式サイト)

参考 LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いって?スプレッドやスワップポイントってどう?

トルコリラ円の長期投資も短期での投資にも対応できるサクソバンク証券!

トルコリラ円のスワップポイントは高く、取り扱い通貨ペア数は業界最多の158通貨ペアもあるので、他のFX会社では取り扱いがないような通貨ペアにも投資できます。

口座開設・維持費用は無料になりました。

>> サクソバンク証券(公式サイト)[詳細解説]

1通貨から取引可能なので複利運用に有利!自動積立もできるのがSBIFXトレード

トルコリラ円のスワップポイントはやや安定感に欠けますが、1通貨から取引できるので他のFX会社より圧倒的に早く複利運用できるので、将来のリターンも大きく異なります。しかも、FX会社で唯一外貨を自動積立できる「積立FX」というサービスもあります。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

参考 積立FXについては下記も参考にしてみてください。

⇒ 外貨預金に代わるおすすめサービス!積立FXとはどんな機能?

⇒ SBIFXの積立FXと通常のFX取引と比較!お得に取引できるのは?

100通貨から取引ができるマネーパートナーズFX nano

マネーパートナーズFX nanoは100通貨から取引ができるので、トルコリラ円でレバレッジ1倍なら約2千円と低額から投資ができます。

今ならお試し資金として1,000円がプレゼントされます(キャンペーンの申し込みと期間中に1回以上の取引をすれば確定します)し、もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>>マネーパートナーズFX nano(公式サイト)

参考 他の通貨でスワップ運用するなら下記も参考にしてみてください。

⇒ 米ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ 豪ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ NZドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ カナダドルの金利が上昇してきたが今後の見通しは?スワップポイント狙いがいい?

⇒ 南アフリカランド円のスワップポイントは高いけど今後の見通しは?利回りはどの位?

⇒ メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?

参考 スワップポイント狙いの投資をするのにおすすめな通貨ペアについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!

コメント

  1. novorg より:

    参考になります!
    最近の暴落で安値が帰る機会があったので
    リラを始めたのですが
    相場がどうなる と言う情報は沢山あるのですが
    スワップがこの先どうなるのか
    もっと言えば最低ラインでいくらくらい期待できるのか
    書いてあるページはなかなか見当たりません
    あなたはどのようにお考えですか
    スワップが25円とかに10年以内になるようなら余り魅力がないのです

    • renobell より:

      novorg様

      コメントありがとうございます。

      トルコリラのスワップポイントの今後の見通しですが、スワップポイントは通貨ペアの政策金利差が1つの目安となります。
      トルコの今後10年間の政策金利の推移について予測するのは難しいですが、高い政策金利の要因の一つにインフレがあります。
      IMFの予測では来年以降徐々にインフレが落ち着いてくるといった見通しがあるので(それでも高い水準ではありますが)、それを信じれば徐々に政策金利が下がってくる可能性はあり得ます。
      これはあくまで1つの要因なのでこれだけで判断するのは早計ではありますが・・。

      過去の政策金利では2013年に4.5%まで下がっているので、ここら辺くらいまでは下がってもおかしくはないので、ざっくり今のスワップポイントを1日100円とすれば56円くらいまでは下がる可能性はあり得ます。

      また、為替レートが下がれば絶対的なスワップポイントも下がるので、過去10年のレンジで見ればトルコラ円であれば100円近い時があり現在30円と約1/3となっています。今から10年後に同じペースで下げ10円まで下げればスワップポイントも33円くらいまで下がることになります。

      トルコのような新興国はインフレだけでなく様々な要因で政策金利や為替レートが大きく変動することになるので、そのようなリスクを想定した資金管理が重要となりますので気を付けてください。