トルコリラ円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

※本ページはプロモーションが含まれています。

トルコリラ円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?スワップ運用

高金利通貨ペアである南アフリカランド円やメキシコペソ円より高いスワップポイントなのがトルコリラ円で、外貨預金の利息のようにFXでは高いスワップポイントが受け取れることで注目度の高い通貨ペアです。

トルコリラ円のスワップポイントはFX会社によって異なりますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか、スプレッドも含めて比較してみました。

トルコリラ円のスワップポイント比較一覧

主要なFX会社のトルコリラ円のスワップポイントとスプレッドは下記のとおりです。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

参考 FXのスプレッドの意味とは?手数料との違いって何?

スワップポイント
(最新)
スワップポイント
(2023年12月平均)
スプレッド最低取引数量
(トルコリラ円)
岡三オンライン【くりっく365】31円28.7円(3位)1.567銭 ※110,000通貨
LIGHT FX(LIGHTペア)30円29.4円(2位)(1.58銭 ※2)1,000通貨
松井証券FX28円1.5銭 ※31通貨
JFX株式会社27円31円(1位)1.6~5.2銭1,000通貨
GMO外貨(外貨ex)26円26.4円10,000通貨
SBIFXトレード26円25.9円1.58銭 ※41通貨
GMOクリック証券【FXネオ】26円25.7円1,000通貨
外為どっとコム26円25.6円1.6銭 ※51,000通貨
みんなのFX26円25.5円1,000通貨
LIGHT FX26円25.5円1,000通貨
ヒロセ通商【LION FX】26円25.3円1.6銭~5.2銭1,000通貨
マネーパートナーズFX14円10,000通貨
マネーパートナーズFX nano12円0.9銭 ※6100通貨
セントラル短資FX3円2.9円1,000通貨

※2024年1月5日前後適用分
※上記スプレッドは原則固定(例外あり)。「ー」は原則固定対象外。
※1:2023年10月平均実績値
※2:原則固定ではないが主に該当のスプレッドとなっている
※3:10,000通貨以内の成行(ストリーミング)注文。それ以外は原則固定対象外
※4:1,000,000通貨までのスプレッド
※5:9:00~翌3:00の時間帯が原則固定(例外あり)2024年2月3日(土)午前3時までのキャンペーン中のスプレッド。
※6:3万通貨までの取引が対象

トルコリラ円におすすめのFX会社は?

くりっく365

くりっく365

【基本情報】

口座開設・維持費用無料
取引手数料取扱業者によって異なる
最小取引単位10,000通貨
(南アフリカランド円など一部通貨ペアは100,000通貨)
通貨ペア数25通貨ペア
取引時間くりっく365「取引時間について
ロスカット取扱業者によって異なる
両建可能
提携ニュース取扱業者によって異なる
自己資本規制比率取扱業者によって異なる

 

スプレッド

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円
1.396銭2.338銭3.127銭1.924銭
カナダドル/円南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円ユーロ/米ドル
0.713銭1.883銭0.662銭1.359pips

※1:くりっく365ラージの2023年11月の平均スプレッド
※2:2023年11月の平均スプレッド

 

スワップポイント

米ドル/円豪ドル/円NZドル/円カナダドル/円
1位(237.1円)1位(128.0円)1位(145.8円)1位(148.4円)
南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円 
5位(17.8円)3位(28.7円)5位(25.8円) 

※2023年12月平均
※順位は当サイトで調査対象としている12のFXサービス内での順位

 

くりっく365での未決済ポジションで発生するスワップポイントは、非課税ですが引き出し(出金)することはできません。

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

スワップポイントを証拠金にできる
スワップポイントに税金がかからない×
スワップポイントを引き出すことができる×
 
  • スワップポイントが全体的に高水準
  • 日本では唯一のFXの公的な取引所

くりっく365は日本で唯一のFXの公的な取引所なので「安心・透明・信頼」な取引ができます

 

くりっく365は取扱業者が複数ありますが、EXCELを利用してシステムトレードも可能な岡三オンラインなら、オリジナルの投資レポートも参照できます。

 

>> 岡三オンライン【くりっく365】(公式サイト) <<

 

くりっく365の手数料などの比較については下記も参考にしてみてください。

参考 くりっく365を比較(手数料・ロスカットなど)!おすすめの取扱業者は?

LIGHT FX(LIGHTペア)

light fx

【基本情報】

口座開設・維持費用無料
取引手数料無料
最小取引単位1,000通貨(RUB/JPYおよびHUF/JPY、HUF/JPY LIGHTは10,000通貨)
通貨ペア数46通貨ペア
取引時間米国標準時間:月曜日AM7:10~土曜日AM6:50
米国夏時間:月曜日AM7:10~土曜日AM5:50
ロスカット証拠金維持率が100%以下になった場合
両建可能
提携ニュースFXi24
自己資本規制比率541.0%(2023年9月末時点)

 

スプレッド(通常通貨ペア)

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円
0.2銭0.4銭0.9銭0.6銭0.7銭
カナダドル/円南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円ユーロ/米ドル
0.3pips

※8:00~29:00まで原則固定(例外あり)

 

スプレッド(LIGHTペア)

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円
0.18銭0.38銭0.88銭0.38銭0.68銭
カナダドル/円南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円ユーロ/米ドル
0.88銭1.58銭0.18銭0.28pips

※原則固定ではなく目視での確認

 

スワップポイント(通常通貨ペア)

米ドル/円豪ドル/円NZドル/円カナダドル/円
8位(206.5円)2位(120.5円)2位(143.9円)5位(146.1円)
南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円 
10位(16.9円)8位(25.5円)10位(24.9円) 

※2023年12月平均
※順位は当サイトで調査対象としている12のFXサービス内での順位

 

スワップポイント(LIGHTペア)

米ドル/円豪ドル/円NZドル/円カナダドル/円
2位(224.4円)2位(120.5円)2位(143.9円)
南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円 
1位(18.7円)2位(29.4円)2位(26.6円) 

※2023年12月平均
※順位は当サイトで調査対象としている12のFXサービス内での順位

 

LIGHT FXでの未決済ポジションで発生するスワップポイントは、手動で口座への振替が可能で、振替したら課税対象となりますがスワップポイントのみを引き出すことが可能です。

口座振替前は未決済ポジションのスワップポイントは非課税です。

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

スワップポイントを証拠金にできる
スワップポイントに税金がかからない非課税(受取前)
スワップポイントを引き出すことができる
 
  • 1,000通貨からと少額から取引することができる
  • 特にLIGHTペアの高金利通貨のスワップポイントが高水準
  • スプレッドは業界最狭水準
  • 他のFX業者ではあまり見かけない高いスワップポイントの通貨ペアを取り扱っている

LIGHT FXは、通常通貨ペアよりもスプレッドが狭くスワップポイントが高いLIGHTペアを取り扱っていて、スプレッドは業界最狭水準でスワップポイントも業界でも高水準で取引することができます。

 

通常通貨ペアとは「1取引の最大発注数量(20万通貨)」および「売建玉・買建玉それぞれの建玉数量上限(300万通貨)」に制限がありますが、通常の通貨ペアと変わらず取引できます。

特に高いスワップポイントを得ることができる通貨ペアが拡充してきていて、他社ではあまり見かけないEUR/PLN(ユーロ/ポーランドズロチ)やHUF/JPY(ハンガリーフォリント)といった通貨ペアの取扱いもあります

参考 ユーロズロチ(EUR/PLN)の投資戦略とは?

 

LIGHT FXはみんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営するFXサービスで、LIGHT FXの方がサービスはシンプルでFXの自動売買やバイナリーオプションなどに興味がなければLIGHT FXで良いかと思いますし、みんなのFXとほぼ同じ条件で取引できるので両方の口座を保有し、片方は短期売買用、もう片方を長期売買用といった使い方をすることも可能です。

参考 LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いって?スプレッドやスワップポイントは異なる?

 

>>  LIGHT FX (公式サイト)<<

松井証券FX

松井証券FX

【基本情報】

口座開設・維持費用無料
取引手数料無料
最小取引単位1通貨
通貨ペア数20通貨ペア
取引時間米国標準時間:
月曜日AM7:00~AM6:55
火曜日AM7:10~金曜日翌AM6:55
米国夏時間:
月曜日AM7:30~AM5:55
火曜日AM6:10~金曜日翌AM5:55
ロスカット証拠金維持率が下記を下回った時
50%、60%、70%、80%、90%(どれか一つを選択できる)
プレアラート:120%、アラート:100%
両建可能
提携ニュースFXi24
自己資本規制比率474.5%(2023年9月末時点)

 

スプレッド(上段:縮小スプレッド、下段:通常スプレッド)

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円
0.2銭 ※1
0.2~0.9銭
0.5銭
0.6銭 ※2
1.1銭
0.4銭 ※2
0.7銭
1.2銭
カナダドル/円南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円ユーロ/米ドル
1.7銭0.4銭 ※2
1.0銭
1.5銭 ※2
原則固定対象外
0.1銭 ※2
0.3銭
0.4pips

※原則固定(例外あり)
※1:1,000通貨以内の成行(ストリーミング)注文が縮小スプレッド。それ以外は通常スプレッド。
※2:10,000通貨以内の成行(ストリーミング)注文が縮小スプレッド。それ以外は通常スプレッド。

 

松井証券FXでの未決済ポジションで発生するスワップポイントは、手動で口座への振替が可能で、振替したら課税対象となりますがスワップポイントのみを引き出すことが可能です。

口座振替前は未決済ポジションのスワップポイントは非課税です。

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

スワップポイントを証拠金にできる
スワップポイントに税金がかからない非課税(振替前)
スワップポイントを引き出すことができる
 
  • 1通貨からと少額から取引することができる
  • 少額からリピート系自動売買が可能
  • スプレッドは業界最狭水準
  • レバレッジ倍率を選ぶことができる

松井証券FXは、FX業者の中でも数少ない1通貨から取引ができるので、米ドル円ならレバレッジをかけなくても100円程度から取引することが可能です。

 

しかもFXのリピート系自動売買も1通貨から取引できるので、少額からFXの自動売買を行うことができます

 

スプレッドも業界最狭水準で、短期トレードであるスキャルピングOKとしてる数少ないFX会社です。

参考 FXでスキャルピングOKのおすすめ口座ってどこ?スプレッドが狭いだけでいい?

 

レバレッジ倍率を1・5・10・25から選べるので、過度にリスクが高い取引をしないようにレバレッジ倍率を低くするなどご自身にあったリスク調整をすることができます。

 

>>  松井証券FX (公式サイト)<<

JFX

jfx

【基本情報】

口座開設・維持費用無料
取引手数料無料
最小取引単位1,000通貨
(MXN/JPYなどは10,000通貨)
通貨ペア数41通貨ペア
取引時間米国標準時間:月曜日AM7:00~土曜日AM6:30
米国夏時間:月曜日AM6:30~土曜日AM5:30
ロスカット証拠金維持率が100%以下になった場合
ロスカットアラートは証拠金維持率200%を下回った時
両建可能
提携ニュースFXi24、ロイター、ダウ・ジョーンズなど
自己資本規制比率1237.8%(2023年9月末時点)

 

スプレッド

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円
0.2銭0.4銭0.9銭0.5銭0.8銭
カナダドル/円南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円ユーロ/米ドル
1.5~5.0銭0.8~2.7銭1.6~5.2銭0.2銭0.3pips

※:10:00~翌4:00の時間帯のスプレッド

 

スワップポイント

米ドル/円豪ドル/円NZドル/円カナダドル/円
11位(171.9円)7位(116.5円)7位(132.6円)10位(70.0円)
南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円 
4位(18.0円)1位(31.0円)1位(27.0円) 

※2023年12月平均
※順位は当サイトで調査対象としている12のFXサービス内での順位

 

JFXでの未決済ポジションで発生するスワップポイントは、手動で口座への振替が可能で振替したら課税対象となりますがスワップポイントのみを引き出すことが可能です。

口座振替前は未決済ポジションのスワップポイントは非課税です。

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

スワップポイントを証拠金にできる
スワップポイントに税金がかからない非課税(振替前)
スワップポイントを引き出すことができる
 
  • 1,000通貨からと少額から取引することができる
  • 豪ドル円や高金利通貨のスワップポイントが高水準
  • スプレッドは業界最狭水準
  • 取り扱い通貨ペア数は比較的多い
  • スキャルピングOKな数少ないFX会社
  • 新規口座開設+マイナンバー登録するだけで1,000円のキャッシュバック

JFXはヒロセ通商の子会社で、豪ドル円や南アフリカランド円、メキシコペソ円は業界でも高水準のスワップポイントとなっています。

 

スプレッドも業界最狭水準で、短期トレードであるスキャルピングOKとしてる数少ないFX会社です。

参考 FXでスキャルピングOKのおすすめ口座ってどこ?スプレッドが狭いだけでいい?

 

また、指標発表の結果が指標発表と同時にほぼリアルタイムに確認することができるので指標発表時のトレードをしなくてもいち早く結果を確認したいなら持っておきたいFX会社です。

参考 FXの為替ニュースなど情報収集するのにおすすめのFX口座はどこ?

 

今なら新規口座開設+マイナンバー登録するだけで1,000円のキャッシュバックを貰うことができます。

 

>>  JFX株式会社 (公式サイト)<<

GMO外貨

GMO外貨

【基本情報】

口座開設・維持費用無料
取引手数料無料
最小取引単位1,000通貨(RUB/JPYおよびHUF/JPYは10,000通貨)
通貨ペア数24通貨ペア
取引時間米国標準時間:月曜日AM7:00~土曜日AM6:50
米国夏時間:月曜日AM7:00~土曜日AM5:50
ロスカット証拠金維持率が50%以下になった場合
ロスカットアラートは証拠金維持率100%を下回った時
両建可能
提携ニュースFXi24
自己資本規制比率836.5%(2023年9月末時点)

 

スプレッド

米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円
0.2銭0.4銭0.9銭0.5銭0.7銭
カナダドル/円南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円ユーロ/米ドル
0.7銭1.3銭0.2銭0.3pips

※8:00~27:00までの適用スプレッド

 

スワップポイント

米ドル/円豪ドル/円NZドル/円カナダドル/円
6位(213.8円)11位(110.7円)10位(127.8円)8位(141.5円)
南アフリカランド/円トルコリラ/円メキシコペソ/円 
6位(17.1円)4位(26.4円)6位(25.1円) 

※2023年12月平均
※順位は当サイトで調査対象としている12のFXサービス内での順位

 

GMO外貨での未決済ポジションで発生するスワップポイントは、課税対象ですがスワップポイントのみを引き出すことが可能です。

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

スワップポイントを証拠金にできる
スワップポイントに税金がかからない課税対象
スワップポイントを引き出すことができる
 
  • 1,000通貨からと少額から取引することができる
  • 高金利通貨のスワップポイントは比較的高水準
  • レバレッジを1・10・25倍から選択することができる
  • 外貨の現物に交換可能

レバレッジは投資家自身で管理する必要がありますが、レバレッジの倍率を選択することができるので過度なレバレッジ倍率にならないようなリスク管理を自動で行えます。

 

高金利通貨のスワップポイントが全体的に高水準なので、スワップポイントを狙いたい方に向いています。

 

また、FX会社では数少ない現物の外貨に交換も可能です。

 

>>  GMO外貨(外貨ex) (公式サイト)<<

トルコリラ円で1年間に貰えるスワップポイントは?

例えば、トルコリラ円4.8円、初期投資資金4.8万円、スワップ金利1日31円とすると下記のような感じになります。

取引数量必要証拠金
(4%)
年間スワップ年間利回りロスカット
(証拠金維持率100%)
1万(レバレッジ1倍)1,920円11,315円23.6%0.2円
2万(レバレッジ2倍)3,840円22,630円47.1%2.6円
3万(レバレッジ3倍)5,760円33,945円70.7%3.4円
5万(レバレッジ5倍)9,600円56,575円117.9%4円
10万(レバレッジ10倍)19,200円113,150円235.7%4.5円

※スワップポイントは2024年1月調査時点で最高水準のスワップポイントとなっているくりっく365の値を参考に算出

 

政策金利が高い通貨ということでレバレッジ1倍でも約23.6%と高い利回りで、強制ロスカットとなる為替レートである0.2円まではかなり余裕があります。

 

レバレッジ2倍なら47.1%で強制ロスカットまでの値幅も余裕がありますが、トルコリラ円は急激に下落することがあるので、強制ロスカットされてしまう可能性は0ではないと思っていたほうがいいと思います。

参考 FXの強制ロスカットとは?計算方法や証拠金維持率・レバレッジとの関係は?

参考 FXのレバレッジとは?レバレッジ1倍でも借金することはある?

 

また、トルコリラ円は長期に渡って右肩下がりで推移しているので、日々コツコツと受け取っているスワップポイント以上に為替損益が大きくなりトータルではマイナスといったリスクがある点には注意が必要です。

 

上記は初期投資資金を4.8万円としてますが、取引数量1万でレバレッジ2倍なら初期投資資金は4.8万円÷2=2.4万円からと初期投資金額を抑えることができ、さらに1,000通貨取引ができるFX会社であれば、レバレッジ2倍なら約3千円から投資を始めることができます。

スワップポイントの活用方法とは?

日々貰えるスワップポイントは下記のような活用方法が考えられます。

  • スワップポイントをそのまま貯め続けてロスカット水準を下げる
  • 貯まったスワップポイントを再投資する
  • スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てる

スワップポイントをそのまま貯め続けてロスカットされる水準を下げる

スワップポイントは通常評価損益として計算されるので、何もしなければ評価損益が増えていきロスカットされる水準を下げることとなります。

 

ロスカット水準を下げればロスカットされる可能性が低くなるので、その分長くスワップポイントをもらい続けることができますが、資金効率は悪くなります。

貯まったスワップポイントを再投資する

貯まったスワップポイントで新たにポジションを建てれば、その分貰えるスワップポイントも増えるので複利効果が期待できます。(プラスのスワップポイントが貰えるポジションの場合)

参考 FXのポジションとは?ポジションを持ち続けることは可能?

 

スワップポイントはFX会社によって取り扱いが若干異なるのですが、スワップポイントを再投資したい場合は、スワップポイントが安定的に高い水準にあることも重要ですが、下記の点も重要になります。

  • 最低取引数量が小さい
  • 未決済ポジションのスワップポイントに課税されない

最低取引数量が小さければ、貯まったスワップポイントを早く再投資することができるので、複利効果が出やすくなります。

 

また、スワップポイントも課税対象ですが、FX会社によってはポジション決済時にスワップポイントが課税対象となるので、そのようなFX会社であれば課税を繰り延べでられるので、複利効果が出やすくなります。

 

ただ、スワップポイントの再投資はその分ポジションを増やすことになるので、為替差益をも大きくなるので、ロスカット水準を気にしながら低レバレッジで取引することをおすすめします。

参考 FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てる

スワップポイントをポジション未決済のまま定期的に引き出し、生活費の一部に充てることももちろん可能です。

 

FX会社によっては、ポジション未決済のままでスワップポイントの引き出しに対応していないので、取引したいFX会社が対応しているか下記も参考にしてみてください。

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

 

また、未決済ポジションのスワップポイントに課税されないFX会社だと、スワップポイントを引き出して使ってしまったあとに税金を支払わなければいけないといったことになるので注意しましょう。

トルコリラ円の特徴って何?

トルコリラ円は主に下記のような特徴がある通貨ペアです。

 

トルコリラ円の特徴

  • トルコの政策金利は42.5%と高金利
  • 為替レートは先進国通貨と比較すると低いので最低投資金額が少なく済む
  • 慢性的な経常収支の赤字とインフレ
  • 政治や経済、地政学的リスクなどの要因で値動きが大きくなる場合も

トルコの政策金利は高く、高金利通貨といわれる南アフリカランドやメキシコペソと比較しても頭一つ抜けているので、低金利である日本円を売ってトルコリラ円を買うことにより高いスワップポイントを受け取ることができます。

 

為替レートは歴史的な安値圏で推移していて、先進国通貨と比較すると最低投資金額が少ないので投資しやすい通貨ではあります。

 

ただ、高金利である理由が当然あり、慢性的な経常収支の赤字やインフレなどの要因が挙げられます。

 

欧州の中でもっとも平均年齢が低い国で、平均年齢は約32歳と若い世代の人口構成となっていて労働力もあり、個人消費も拡大し今後成長が期待できる国の一つですが、経済政策が変わらない限り通貨安のリスクがある点は留意が必要です。

 

参考 トルコリラの特徴については下記も参考にしてみてください。

トルコリラはどんな特徴がある?今後の見通しはどう?

まとめ

トルコは、政策金利が高くスワップポイント狙いの投資対象として注目されていて、先進国通貨と比較すると最低投資金額が少ないので投資しやすい通貨ではありますが、慢性的な経常収支の赤字やインフレなどの要因で為替レートは下がり続けていて、突発的な要因で値動きが大きくなりやすい通貨です。

 

それでも、政策金利は42.5%という高金利で、為替レートも低いので最低投資金額が少なく済むという特徴があります。

 

スワップポイント狙いの投資をするなら高いレバレッジをかけるのは危険ですが、ロスカットまでの余裕があるレバレッジ1倍でも高い金利は期待できそうです。(ただし為替レートの変動リスクはあります)

 

最低投資金額はレバレッジ1倍で1万通貨でも約6万円からと最低投資金額が抑えられ、1,000通貨から取引できるFX会社なら5千円程度から投資できるのもメリットの一つと言えます。

 

ただ、現状の経済政策では、スワップポイントが蓄積されるより速いスピードで為替レートが下落する恐れがあるといった大きなリスクがあるので、投資をする際には慎重に検討する必要があります。

 

くりっく365

くりっく365取扱業者は複数ありますが、岡三オンラインなら情報の岡三と言われるだけあり投資情報も充実していて、オリジナルの投資レポートも参照でき、EXCELの自動売買ツールもすべて無料で利用できます。

 

>> 岡三オンライン【くりっく365】(公式サイト)

 

GMOクリック証券では店頭FXとくりっく365で損益通算も可能です。

 

>> GMOクリック証券(公式サイト)

参考 くりっく365を比較(手数料・ロスカットなど)!おすすめの取扱業者は?

 

LIGHT FXのLIGHTペア

LIGHT FXだけで取り扱っているLIGHTペアはスプレッドも狭く、スワップポイントも業界でも最高水準と好条件で取引できます。

LIGHTペアは「1取引の最大発注数量(20万通貨)」および「売建玉・買建玉それぞれの建玉数量上限(300万通貨)」に制限がありますが、通常の通貨ペアと変わらず取引できます。

 

>> LIGHT FX(公式サイト)

 

松井証券FX

松井証券FXのトルコリラ円のスワップポイントは比較的高い水準となっています。1通貨から取引ができるのでトルコリラ円であればレバレッジをかけなくても5円程度から取引することができます。

松井証券FXは自動売買も1通貨からと少額から始めることができます。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

 

>> 松井証券FX(公式サイト)

 

JFX

JFXのトルコリラ円は、安定的に高い水準のスワップポイントとなっています。

スキャルピングもOKで、ほぼリアルタイムに経済指標の結果が確認でき、短期売買をするなら抑えておきたいFX会社です。

今なら新規口座開設+マイナンバー登録するだけで1,000円がキャッシュバックされます。

 

>> JFX株式会社(公式サイト)

 

GMO外貨

GMOインターネットグループのGMO外貨は、トルコリラ円だけでなくカナダドル円やNZドル円といった先進国通貨のスワップポイントも業界で高い水準となっています。

FX業者では数少ない外貨に両替することも可能です。

 

>> GMO外貨(外貨ex)(公式サイト)

 

外為どっとコムの「らくらくFX積立」ならトルコリラ円を100円または1通貨から各種手数料0円で自動積立が可能です。

らくらくFX積立

伊藤忠商事のグループ会社である外為どっとコムでは、今なら外貨を積み立てできる「らくらくFX積立」の口座開設をするだけで、200円相当のFXポイントが貰えるので資金がなくてもすぐに外貨積立を始めることができます

 

さらに通常のFX口座である「外貨ネクストネオ」も口座開設して1万通貨の取引を1回行えば2,000円のキャッシュバック、さらに「らくらくFX積立」で1回以上の定期買付すれば1,000円相当のFXポイントが貰えます

 

>> 外為どっとコム(公式サイト)

参考 外為どっとコムのらくらくFX積立の特徴や評判は?外貨預金と比較すると?

 

参考 他の通貨ペアのスワップポイントの比較については下記も参考にしてみてください。

 

参考 スワップポイント狙いの投資をするのにおすすめな通貨ペアについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!