くりっく365のメリット・デメリットとは?店頭FXとの違いは?

くりっく365

くりっく365は、東京金融取引所が運営する取引所による外国為替証拠金取引(FX)の愛称で、店頭FX同様に外国為替証拠金取引(FX)を行うことができます。

くりっく365にはどんなメリット・デメリットがあり、店頭FXとはどのような違いがあるのか確認してみました。

くりっく365とは?

FX取引には大きく分けて店頭FXと取引所FXの2種類が存在し、くりっく365は、東京金融取引所が運営する公的な国内唯一の取引所FXです。

 

東京金融取引所では日経平均やNYダウ平均などの株価指数を取引できる取引所CFDであるくりっく株365も運営しています。

参考 くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDの比較!取引するならどっち?

 

取引所といえば株式の売買が行われている東京証券取引所などが有名で、主に証券会社を通して株式の売買を行いますが、くりっく365も同様に下記の取扱業者を通じてFX取引を行うこととなります。

くりっく365とは?

厳格な資格要件を満たした取扱業者を選定

くりっく365を取り扱うには、法令等による業者登録基準に加え、下記の様に独自の厳しい資格要件を設けています。

取扱業者資格要件(一例)金融商品取引業者要件(一例)
資本金3億円以上5,000万円
純資産20億円以上
自己資本規制比率200%以上120%

さらに東京金融取引所の自主規制部門が取扱業者をモニタリングし、法令や東京金融取引所の規則に反した取扱業者に対して、自主規制委員会の決議に基づき処分等の措置をとることができます。

くりっく365の口座数は国内No1

くりっく365の口座数は2019年10月時点で約97万口座、証拠金預託額は約4,700億円となっています。

 

店頭FX会社での口座数No1はDMM FXの約73万口座(※)なので、くりっく365の方が口座数は多く右肩上がりに伸びていて、多くの方がくりっく365を選んでいます。
※矢野経済研究所「有力FX企業16社の月間データランキング-2019年8月-

 

参考 DMMFXの評判が高い理由とは?おすすめの取引スタイルは?

より狭いスプレッドのくりっく365ラージ

くりっく365にはよりスプレッドが狭いくりっく365ラージもあり下記のような違いがあります。

くりっく365とは?

手数料も必要となり通貨ペア数も少ないくりっく365ラージはあまりメリットもないように思え、より狭いスプレッドなら店頭FXを利用した方がよさそうです。

くりっく365のメリットとは?

マーケットメーク方式による透明な取引価格

くりっく365では世界有数の複数の金融機関がマーケットメーカー(以下MM)として提示される価格の中から、その時点における最良の「売り気配」と「買い気配」を提供しています。

くりっく365のメリットとは?

くりっく365は、FX取引の場を提供しているだけで、マーケットメイカーの提示した価格を取引所のシステムで自動的に合成して、最良の価格がそのまま提示されているだけと透明な取引価格となっています。

約定拒否およびスリッページはない

MMが提供する数量の範囲内であれば、注文は即座に約定する仕組みとなっているので注文の約定拒否がなく、意図的なスリッページの心配がありません。

 

スリッページは、注文した為替レートと約定した為替レートが異なることで、投資家に有利なレートで約定することもあるが、不利なレートで約定することもあり隠れコストとも言われていますが、スリッページの心配がないので安心して取引することができます。

※相場急変時には、取引数量が少なくなりスプレッド幅が広がったり、買気配または売気配が提示されずに取引ができないといった不測の事態が発生する可能性はあります

参考 FXの約定力が高くスリッページが発生しにくいFX会社はどこ?

高金利通貨のスワップポイント、スプレッドは好条件

くりっく365では高金利通貨であるトルコリラ円や南アフリカランド円、メキシコペソ円のスワップポイントやスプレッドが店頭FXと比較しても好条件となっています。

くりっく365店頭FX※2
スワップポイントスプレッド※1スワップポイントスプレッド
トルコリラ円58円2.851銭60円1.7銭
南アフリカランド円13円0.621銭15円1.0銭
メキシコペソ円11円0.617銭13円0.4銭

※1:2019年10月の実績平均値
※2:店頭FXはトルコリラ円以外はヒロセ通商、トルコリラ円はみんなのFX・LIGHT FX
※3:スワップポイントは2019年11月6日前後適用分

 

参考 店頭FXでスワップポイントが高いヒロセ通商やみんなのFX・LIGHT FXについては下記も参考にしてみてください。

ヒロセ通商(LION FX)のスワップポイントやスプレッドってどう?評価・評判は?

⇒ みんなのFXのスプレッドやスワップポイントってどう?評価・評判は?

 

上記の様にスワップポイントは店頭FXと比較しても高めとなっていて、スプレッドも狭く好条件となっています。

 

実際くりっく365での高金利通貨の取引数量は多く人気となっています。

順位通貨ペア月間取引数量
1位米ドル/円747,616
2位トルコリラ/円551,567
3位南アフリカランド/円369,834
4位英ポンド/円331,393
5位オーストラリアドル/円304,864
6位メキシコペソ/円249,662
7位ユーロ/円142,336
8位NZドル/円106,732
9位ユーロ/米ドル44,549
10位英ポンド/米ドル29,423

※2019年8月取引数量

高金利通貨だけでなく取引量が最も多い米ドル円のスワップポイントも、店頭FXと比較しても最高値水準となっていて、米国では政策金利が上昇局面であるので今後もスワップポイントが高くなっていく期待も持てます。

参考 米ドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

 

またスワップポイントのみの出金は出来ませんが、決済した時に課税対象となるので未決済ポジションの場合は課税はされず、貯まったスワップポイントで新規注文することもできるので複利効果も。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

スワップポイントは一本値

スワップポイントは店頭FXの多くの会社で、投資家に支払うスワップポイントを少なく、投資家から受取るスワップポイントを多く設定し、その差額がFX会社の利益となっています。

 

くりっく365では、受取額と支払額を同一としていて取引所も取扱業者もスワップポイントから利益を得ておらず透明な取引となっています。

証拠金は東京金融取引所が全額保管し分別管理

くりっく365の取扱業者は、投資家から預かった証拠金の全額を、法令により東京金融取引所に預託することが義務付けられています。

 

東京金融取引所では、預かった証拠金の全額を取引所の財産と区別し保管しているので、万一取扱業者が破たんするようなことがあっても原則として全額保全される仕組みになっています。

※くりっく株365は投資者保護基金の対象となっていますが、くりっく365では対象外です

くりっく365のデメリットとは?

最低取引数量は1万通貨から

店頭FXではSBIFXトレードの様に1通貨から取引できるところもありますが、1,000通貨から取引できるFX会社が多い中、くりっく365では1万通貨から(一部の通貨ペアでは10万通貨から)となっているので低額から投資したい方は店頭FXの方がハードルが低いです。

 

参考 1通貨から取引するならSBIFXトレード!しかも、FX会社で唯一外貨を自動で積立てることができるサービスもあります。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

取引手数料が必要となるFX会社もある

取引手数料は「くりっく365」は無料、「くりっく365ラージ」は有料となっていますが取扱業者によって異なります。

 

下記のような取扱業者では「くりっく365」では取引手数料は無料となっているので、取引手数料が無料の取扱業者で取引するのがおすすめです。

 

参考 くりっく365の預かり資産No1は岡三オンライン証券!トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどのレポートも参照できます。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

 

参考 店頭FXで取引高、預かり資産No1はGMOクリック証券!店頭FXとくりっく365で損益通算も可能!

>> GMOクリック証券(公式サイト)

スプレッドは通貨ペアによっては広め

「くりっく365」ではメジャー通貨の通貨ペアは広めとなっていて、下記は「くりっく365ラージ」の実績と店頭FXで同じ最低取引数量が1万通貨からでスプレッドが狭いGMOクリック証券との比較となります。(くりっく365ではスプレッドはより広くなります)

通貨ペアくりっく365ラージGMOクリック証券
米ドル/円0.97銭0.3銭
ユーロ/円0.82銭0.5銭
ポンド/円2.25銭1.0銭
豪ドル/円1.63銭0.7銭
ユーロ/米ドル1.30pips0.4pips

※くりっく365ラージは2018年1月2日~1月5日の平均スプレッド実績値

「くりっく365」より狭いスプレッドの「くりっく365ラージ」でも店頭FXのスプレッドよりは広めとなっていますが、上述したように高金利通貨については店頭FXとそん色ないスプレッドとなっています。

店頭FXとの違いは?

FX取引には取引所FXである「くりっく365」と「店頭FX」の2種類があり違いは下記となっています。

 

また、「くりっく365」と「店頭FX」(GMOクリック証券)で主な項目について比較すると下記の様になります。

くりっく365店頭FX
取引手数料無料
(取扱業者により異なる)
無料
(多くのFX会社が無料)
スプレッドマーケットメイク方式により、
公正かつ健全で有利な価格提供
原則固定(※例外あり)
米ドル/円 0.3銭、ユーロ/円 0.5銭
通貨ペア25通貨ペア19通貨ペア
レバレッジ25倍
課税方式申告分離課税(一律20%)

過去「くりっく365」には税制上のメリットがあったのですが、2012年の税制改正により店頭FXも申告分離課税となったため「くりっく365」での税制メリットはなくなっています

 

通貨ペアは「くりっく365」では「ノルウェークローネ/円」「スウェーデンクローネ/円」「ポーランドズロチ/円」といったマイナーな通貨も取引ができますが、店頭FXでもサクソバンク証券のように150通貨ペア以上取引ができるところもあるので、それほど大きなメリットとはなっていません。

参考 サクソバンク証券(FX)の評価・評判!スプレッドやスワップってどう?

まとめ

くりっく365は、東京金融取引所が運営する公的な国内唯一の取引所FXです。

 

「安心・透明・信頼」のくりっく365のメリット・デメリットとして下記の点が挙げられます。

メリット

  • マーケットメーク方式による透明な取引価格
  • 約定拒否およびスリッページはない
  • 高金利通貨のスワップポイント、スプレッドは好条件
  • スワップポイントは一本値
  • 証拠金は東京金融取引所が全額保管し分別管理

 

デメリット

  • 最低取引数量は1万通貨から
  • 取引手数料が必要となるFX会社もある
  • スプレッドは通貨ペアによっては広め

実際に「くりっく365」のセミナー参加者に聞いた「くりっく365」を選ぶ理由として下記のような項目が挙げられています。

順位項目支持率アンケート回答内容
1位証拠金保全70%公的な取引所FXなので、証拠金が原則全額保全される
2位約定拒否及び
スリッページなし
50%約定拒否の心配がない
不自然スリッページがない
3位スワップポイント
が魅力的
47%店頭FXよりスワップポイントが大きい
スワップポイントが一本値
4位MM方式41%有力なマーケットメイカーが価格提供を行っていて安心

※2017年9月11日

 

岡三オンライン証券さんでお話を伺ったときも、くりっく365は、短期的な売買をされる方もいるが、スイングから長期取引がメインとなっていてじっくり取引をされている方が多くメジャー通貨の取引は店頭FX、高金利通貨の取引はくりっく365といったふうに使い分けをしている方もいるようなので、うまく使い分けたいところです。

参考 岡三オンライン証券に訪問取材!くりっく株365・FXのあれこれ聞いてきました!

 

高金利通貨のスワップポイント狙いの投資ならくりっく365も検討してみてはいかがでしょうか。

 

くりっく365の下記の取扱業者なら取引手数料は無料です!

くりっく365の預かり資産No1は岡三オンライン証券!トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどのレポートも参照できます。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

 

店頭FXで取引高、預かり資産No1はGMOクリック証券!店頭FXとくりっく365で損益通算も可能!

>> GMOクリック証券(公式サイト)

 

参考 くりっく365でも店頭FXの自動売買で人気がある「iサイクル」を利用することができます。ただ、店頭FX同様に取引手数料は必要となります。

>> 外為オンライン(公式サイト)

⇒ 外為オンラインのiサイクル注文とは?評判通りに儲かるの?

 

参考 その他、くりっく365の取扱業者の比較については下記も参考にしてみてください。

くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

コメント