カナダドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

カナダドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!スワップ運用

優等生通貨と言われるカナダドルは、政治的にも経済的にも安定した国と言われていて、G7(主要先進7ヵ国)の一員でありながら、世界第二位の広大な国土を有し、世界有数の資源国としても知られています。

スワップポイントはFX会社によって異なりますが、どのFX会社でカナダドル円の取引をするのがお得なのかスプレッドも含めて比較してみました。

カナダドル円のスワップポイント・スプレッドを比較

カナダドル円は、ほとんどのFX会社で取り扱いがあり、主要なFX会社のカナダドル円のスワップポイントとスプレッドは下記となります。

スワップポイント
(最新)
スワップポイント
(2022年8月平均)
スプレッド最低取引数量
(カナダドル円)
FXプライムbyGMO97円67.8円1.7銭 ※11,000通貨
岡三オンライン【くりっく365】94円74.5円(2位)10,000通貨
セントラル短資FX90円52.7円1,000通貨
DMM FX87円71.7円(3位)0.7銭 ※210,000通貨
GMOクリック証券【FXネオ】86円75円(1位)10,000通貨
SBIFXトレード83円68.5円1.4銭 ※31通貨
みんなのFX80円65円1,000通貨
LIGHT FX80円65円1,000通貨
外貨ex byGMO69円57.1円1.7銭1,000通貨
マネーパートナーズFX22円1,000通貨
マネーパートナーズFX nano22円100通貨
ヒロセ通商【LION FX】10円10.円1.5銭1,000通貨

※2022年9月9日前後適用分
※上記スプレッドは原則固定(例外あり)
※1:1万通貨未満は+3銭。9:00~翌4:00の時間帯が原則固定(例外あり)
※2:2022年12月1日(木)6時59分まで1.7銭→0.7銭のスプレッド縮小キャンペーン
※3:1,000通貨まで。1,001通貨から1,000,000通貨までは1.69銭。

カナダドル円のスワップポイント狙いでおすすめのFX会社は?

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは、2022年8月のスワップポイントはそれほど高い水準ではなかったですが、直近では高い水準となっています。

 

スプレッドが若干広いのと、1万通貨未満だと別途手数料が必要となるので、1万通貨以上で取引することをおすすめします。

 

ポジション決済前にスワップポイントのみの出金は出来ませんが、FX初心者の方には、マーケット情報やセミナーが充実していますし、為替未来予測ができる「ぱっと見テクニカル」が利用できるので、口座開設しておいて損はないFX会社です。

 

約定力も高くスキャルピングもOKなのでアクティブに取引される方にも向いているFX会社です。

 

 

>> FXプライムbyGMO(公式サイト)[詳細解説]

 

参考 GMOグループのGMOクリック証券との違いについては下記も参考にしてみてください。

FXプライムbyGMOとGMOクリック証券の違いって?スプレッドやスワップは?

くりっく365

くりっく365は、高金利通貨であるトルコリラ円やメキシコペソ円などのスワップポイントも高いですが、カナダドル円の直近のスワップポイントも高くなっています。

参考 くりっく365のメリット・デメリットとは?店頭FXとの違いは?

 

ただ、くりっく365のカナダドル円のスプレッドは変動制で、他の店頭FX会社と比べるとだいぶ広めといった感じとなるので、頻繁に取引するとスプレッド分のコストがかかり不利となるので、ある程度の資金でゆったりとした取引をしたい方に向いています。

 

くりっく365でEXCELを利用してシステムトレードも可能な岡三オンラインなら、オリジナルの投資レポートも参照できます。

>> 岡三オンライン【くりっく365】(公式サイト)

 

くりっく365は複数の取扱業者がありますが、手数料などの比較については下記も参考にしてみてください。

参考 くりっく365を比較(手数料・ロスカットなど)!おすすめの取扱業者は?

セントラル短資FX

セントラル短資FXのカナダドル円のスワップポイントは、2022年8月平均ではあまり高くはありませんが、直近では比較的高めとなっています。

 

他の通貨ペアではあまり高いスワップポイントとはなっていませんが、メキシコペソ円は比較的高水準のスワップポイントを安定的に維持しています。

参考 メキシコペソ円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

 

>> セントラル短資FX(公式サイト)[詳細解説]

DMM FX

DMM FXのカナダドル円のスワップポイントは、2022年8月平均では高水準で直近でも高いスワップポイントを維持しています。

 

他の通貨ペアでも米ドル円やNZドル円などのスワップポイントも高く先進国通貨に関しては高いスワップポイントとなっています。

 

DMM FXは最低取引数量が10,000通貨からなので、スワップポイントのみを再投資したい場合は、初期の投資金額を大きくしより多くのスワップポイントを得られないと最低取引数量まで貯めるまでに時間がかかってしまうのでスワップポイントのみで複利運用するには不利となります。

 

ただ、スワップポイントを任意のタイミングで出金することが可能なので、スワップポイントを生活費の一部にあてたい方には向いています。

 

参考 DMM FXの詳細を確認したい方は下記の公式サイトを確認してみてください。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> DMM FX(公式サイト)[詳細解説]

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、2022年8月平均でも安定して高水準で、直近のスワップポイントも高い水準を維持しています。

 

GMOクリック証券は最低取引数量が10,000通貨からなので、貯まったスワップポイントのみで新たにポジションを作り複利効果を得るような運用をしようとすると、初期の投資金額が大きくないと最低取引数量までためるまでに時間がかかってしまうので、そのような運用をしたいのであれば最低取引数量が低いFX会社を選んだほうが効率的です。

 

ただ、未決済ポジションでもスワップポイントのみの出金ができるので、スワップポイントは運用せずに生活費の一部にあてたい方には向いています。

 

参考 取引高世界1位(※)のGMOクリック証券の詳細は下記の公式サイトでも確認してみてください。※ファイナンス・マグネイト社調べ(2021年1月~2021年12月)

>> GMOクリック証券【FXネオ】(公式サイト)[詳細解説]

カナダドル円でスワップポイントはどのくらいもらえる?

例えば、カナダドル円105円、初期投資資金105万円、スワップ金利1日45円とすると下記のような感じになります。

※スワップ金利は2022年6月調査時点で最も高いスワップ金利となっているDMM DX、みんなのFX、LIGHT FXなどの値を参考に算出

取引数量必要証拠金
(4%)
年間スワップ年間利回りロスカット
(証拠金維持率100%)
1万(レバレッジ1倍)42,000円16,425円1.56%4.2円
2万(レバレッジ2倍)84,000円32,850円3.13%56.7円
3万(レバレッジ3倍)126,000円49,275円4.69%74.2円
5万(レバレッジ5倍)210,000円82,125円7.82%88.2円
10万(レバレッジ10倍)420,000円164,250円15.64%98.7円

※カナダドル円の史上最安値は1995年の時で約58円です。

 

レバレッジ1倍でも3.2%、レバレッジ2倍なら6.4%程度の利回りと想定され、政策金利の上昇に伴い高いスワップポイントを得ることができます。

 

参考 FXの強制ロスカットとは?計算方法や証拠金維持率・レバレッジとの関係は?

参考 FXのレバレッジとは?レバレッジ1倍でも借金することはある?

 

上記は初期投資資金を110万円としてますが、取引数量1万でレバレッジ2倍なら初期投資資金は110万円÷2=55万円からと初期投資金額を抑えることができ、さらに1,000通貨取引ができるFX会社であれば、レバレッジ2倍なら5.5万円から投資を始めることができます。

スワップポイントの活用方法とは?

日々貰えるスワップポイントは下記のような活用方法が考えられます。

  • スワップポイントをそのまま貯め続けてロスカット水準を下げる
  • 貯まったスワップポイントを再投資する
  • スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てる

スワップポイントをそのまま貯め続けてロスカットされる水準を下げる

スワップポイントは通常評価損益として計算されるので、何もしなければ評価損益が増えていきロスカットされる水準を下げることとなります。

 

ロスカット水準を下げればロスカットされる可能性が低くなるので、その分長くスワップポイントをもらい続けることができますが、資金効率は悪くなります。

貯まったスワップポイントを再投資する

貯まったスワップポイントで新たにポジションを建てれば、その分貰えるスワップポイントも増えるので複利効果が期待できます。(プラスのスワップポイントが貰えるポジションの場合)

参考 FXのポジションとは?ポジションを持ち続けることは可能?

 

スワップポイントはFX会社によって取り扱いが若干異なるのですが、スワップポイントを再投資したい場合は、スワップポイントが安定的に高い水準にあることも重要ですが、下記の点も重要になります。

  • 最低取引数量が小さい
  • 未決済ポジションのスワップポイントに課税されない

最低取引数量が小さければ、貯まったスワップポイントを早く再投資することができるので、複利効果が出やすくなります。

 

また、スワップポイントも課税対象ですが、FX会社によってはポジション決済時にスワップポイントが課税対象となるので、そのようなFX会社であれば課税を繰り延べでられるので、複利効果が出やすくなります。

 

ただ、スワップポイントの再投資はその分ポジションを増やすことになるので、為替差益をも大きくなるので、ロスカット水準を気にしながら低レバレッジで取引することをおすすめします。

参考 FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てる

スワップポイントをポジション未決済のまま定期的に引き出し、生活費の一部に充てることももちろん可能です。

 

FX会社によっては、ポジション未決済のままでスワップポイントの引き出しに対応していないので、取引したいFX会社が対応しているか下記も参考にしてみてください。

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

 

また、未決済ポジションのスワップポイントに課税されないFX会社だと、スワップポイントを引き出して使ってしまったあとに税金を支払わなければいけないといったことになるので注意しましょう。

カナダドル円の特徴は?

カナダドル円は主に下記のような特徴がある通貨ペアです。

  • カナダはG7(主要先進7ヵ国)の一員
  • 政治的にも経済的にも安定した優等生通貨
  • カナダの政策金利は3.25%
  • 良くも悪くも米国の経済動向などに左右されやすい
  • 世界有数の資源国通貨のため原油価格に左右されやすい

 

カナダは、米国の隣国の国でG7(主要先進7ヵ国)の一員として政治的にも経済的にも安定した国で、格付け大手2社が最上級の格付けを付与しています。

 

先進国でありながら世界第二位の広大な国土を有し、世界有数の資源国としても知られているため原油価格に左右されやすいですが、カナダの主力産業は小売業やサービス業である三次産業がGDPの7割を占めていることもあり、原油価格の影響は比較的受けにくくなってます

 

先進国の安定感と資源国として魅力を持つカナダですが、コロナウィルスの影響により政策金利は大きく引き下げられていましたが、エネルギー価格の高騰などによるインフレ抑制のために政策金利を引き上げ始め、2022年9月には3.25%となっています。

 

日本は現在の低金利政策を維持することを示唆していて、両国間の政策金利差は広がったままなので、カナダドル円ではFXのスワップポイントを得ることができます

 

参考 カナダドル円の特徴については下記も参考にしてみてください。

カナダドルの特徴とは?今後の見通しは?

まとめ

カナダは、米国の隣国の国でG7(主要先進7ヵ国)の一員として政治的にも経済的にも安定した国で、格付け大手3社が最上級の格付けを付与していて、インフレ率も低く経済が緩やかながらも安定的に成長しているため優等生通貨と言われています。

 

政策金利はインフレ抑制のために政策金利を引き上げ始め、今後もインフレ抑制のために政策金利が引き上げられることが想定されているので、FXのスワップポイントもそれに伴い多くもらえることが期待できます。

 

レバレッジ1倍でも3.2%、レバレッジ2倍なら6.4%程度の利回りで、史上最安値まで円高となってもロスカットされずに運用することができます。

 

参考 レバレッジやロスカットについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのレバレッジとは?レバレッジ1倍でも借金することはある?

⇒ FXの強制ロスカットとは?計算方法や証拠金維持率・レバレッジとの関係は?

 

カナダドル円のスワップポイントが高いFXプライムbyGMO

1万通貨未満の取引だとスプレッド以外に取引手数料がかかるので、できるだけ1万通貨以上で取引したいところです。FXプライムbyGMOはFX初心者の方には、マーケット情報やセミナーが充実していますし、為替未来予測ができる「ぱっと見テクニカル」が利用できるので、口座開設しておいて損はないFX会社です。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> FXプライムbyGMO(公式サイト)[詳細解説]

 

カナダドル円のスワップポイントが高いくりっく365

くりっく365取扱業者は複数ありますが、岡三オンラインなら情報の岡三と言われるだけあり投資情報も充実していて、オリジナルの投資レポートも参照でき、EXCELの自動売買ツールもすべて無料で利用できます。

>> 岡三オンライン【くりっく365】(公式サイト)

 

GMOクリック証券では店頭FXとくりっく365で損益通算も可能です。

>> GMOクリック証券(公式サイト)

参考 くりっく365を比較(手数料・ロスカットなど)!おすすめの取扱業者は?

 

カナダドル円ではスワップポイントが好条件のセントラル短資FX

直近のカナダドル円のスワップポイントは高くはなっていますが、2022年8月平均はやや低かったので今後高い水準のスワップポイントを維持するか期待したいところです。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> セントラル短資FX(公式サイト)[詳細解説]

 

カナダドル円などの先進国通貨のスワップポイントが高いDMM FX

DMM FXのカナダドル円のスワップポイントは比較的安定的に高い水準となっています。ただ、最低取引数量が1万通貨からなのと、スプレッドは若干高めです。

スワップポイントは任意のタイミングで引き出すことが可能なので、スワップポイントを生活費の一部にあてたい方に向いています。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> DMM FX(公式サイト)[詳細解説]

 

取引高世界1位※のGMOクリック証券

(※:ファイナンス・マグネイト社調べ2021年1月~2021年12月)

GMOクリック証券は、2022年8月平均でも安定的高く直近でもカナダドル円のスワップポイントは高くなっています。最低取引数量が1万通貨からというデメリットはありますが、スワップポイントの引き出し(出金)が可能なのでスワップポイントを生活費の一部にあてたい方に向いています。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> GMOクリック証券【FXネオ】(公式サイト)[詳細解説]

 

カナダドル円はFXのリピート系自動売買に向いてる!?

カナダドル円はスワップポイント狙い以外にもリピート系自動売買であるトラリピで、値動きの値幅が狭い中で値動きがある通貨ペアとして人気の通貨ペアでもあるので、興味があれば検討してみてください。

>> マネースクエア(公式サイト)

参考 トラリピの評判とは?メリット・デメリットを解説!

 

 

参考 他の通貨ペアでのスワップポイントの比較については下記も参考にしてみてください。

⇒ 米ドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

⇒ 豪ドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

⇒ NZドル円のスワップポイントとスプレッドの比較ランキング!おすすめのFX会社は?

南アフリカランド円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

トルコリラ円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

メキシコペソ円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

 

参考 スワップポイント狙いの投資をするのにおすすめな通貨ペアについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!