南アフリカランド円のスワップポイントは高いけど今後の見通しは?利回りはどの位?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

南アフリカランド円は、トルコリラ円やメキシコペソ円と並んで高金利通貨の1つとして注目されています。

南アフリカは、金、プラチナ、ダイヤモンド、レアメタルなどの鉱物資源を算出する資源国通貨としても有名です。

南アフリカとはどんな国で、南アフリカランド円にFXで投資したらスワップポイントでどのくらいの利回りが期待できそうなのか確認してみました。

南アフリカってどんな国?

基本情報

国名南アフリカ共和国(Republic of South Africa)
人口約5,600万人(世界24位)
面積約122万km2(日本の約3.2倍)
首都プレトリア
GDP349.30(10億USドル)(世界33位)
国債格付け※ムーディーズ:Baa3
S&P:BB
フィッチ:BB+
経済成長率0.79%(2018年)
政策金利6.50%
主要産業鉱業(金、ダイヤモンド、プラチナ、レアメタルなど)、農業、自動車産業

※ムーディーズは投資適格級だが、S&P、フィッチでは投資不適格級

人口の推移

1980~2018年の日本と南アフリカの人口の推移です。

南アフリカ-人口の推移

(引用元:世界経済のネタ帳

日本が横ばいから右肩下がりにさしかかる中で、南アフリカの人口は右肩上がりとなっていて、生産年齢人口(25~64歳)が約半数となっています。

ただ、平均寿命が短く日本は約84歳ですが、南アフリカでは約63歳と世界的に見ても平均寿命が短いといった特徴があります。

失業率

南アフリカ-失業率の推移

(引用元:世界経済のネタ帳

南アフリカの失業率は世界でもトップレベルで、改善されるような兆候もない状況ですが、失業率が大幅に改善することができれば大きく経済成長する余地はあるかと思われます。

名目GDP(USドル)の推移

南アフリカ-名目GDPの推移

(引用元:世界経済のネタ帳

GDPは日本と比較するともちろん大きな開きがありますが、南アフリカは約40年で5倍近い成長をしています。

IMF(国際通貨基金)による5年先の見通しは下記の様に右肩上がりに成長することが予測されていて、今後も経済成長が期待できます。

南アフリカ-名目GDPの推移2

(引用元:世界経済のネタ帳

インフレ率の推移

南アフリカ-インフレ率の推移

(引用元:世界経済のネタ帳

一般的に「インフレ率が高い=物価が上昇する」ことは貨幣価値の下落につながりますが、適切な水準内であれば好景気と言えますが、ある一定以上にインフレが進むとその抑制のために政策金利を上げるといった対策がとられます。

高金利通貨は過度なインフレになっている可能性があり、それによって貨幣価値が下落し為替差益で損失となる可能性もあります。

高金利通貨である南アフリカのインフレ率はやや高いものの、直近では4%台と低めに抑えられていますが、2019年に入り若干右肩上がりとなっています。

南アフリカ-インフレ率

南アフリカランドの特徴は?

資源国通貨として有名

世界でも有数の資源国である南アフリカは、金やプラチナ、希少な金属であるレアメタルと呼ばれるパラジウムやマンガン、ダイヤモンドの世界的産地です。

そのため資源の価格影響を受けやすく、金、ダイヤモンド、プラチナといった鉱物資源の価値に左右されやすいです。

中国経済の動向で相場に影響も

南アフリカの輸出入の第1位は中国となっていて、輸出(9.7%)、輸入(18.3%)と比率は高くはないものの中国経済の動向には左右されやすく、南アフリカランドの相場に影響することがあります。

また、世界経済が安定してリスクオンの状況の時には、高金利通貨ということもあり世界中からの資金が集まりやすく南アフリカランドが上昇しやすい傾向にありますが、逆にリスクオフ傾向となると資金が流出し、南アフリカランドは下落しやすい傾向にあります。

流動性が低く値動きが荒い通貨

南アフリカランドは流動性が低く取引量が少ないため、値動きが荒くなる傾向があります。

実際、2016年1月11日に南アフリカランドはわずか数十分で7.2円から6.5円へ大暴落しました。

この下落がいかに大きいかというと、南アフリカランド円では0.7円ほど下落したので例えば米ドル円に換算してみると、米ドル円でいうと数十分で100円から90円まで下落したのと同じような下落ということで、かなり短期間に値が動いたと言えます。

国内情勢は安定的ではない

南アフリカの国内情勢は、労働ストライキや慢性的な電力不足により経済は停滞気味で、相場状況は上値が重い状況が続いています。

南アフリカに投資するなら?

南アフリカは新興国のため懸念点も多くありますが、下記のような特徴もあります。

  • 政策金利が高いのでスワップポイントが高い
  • 南アフリカランド円の為替レートは安いので最低投資金額が少なく済む
  • インフレ率は高金利通貨の中では比較的低く収束傾向

高金利通貨であるトルコリラやメキシコペソと同じくらい政策金利が高いですが、今後も一段の通貨安がありうる前提で高金利を享受するためには、レバレッジを抑えたスワップポイント狙いの投資は有効となりそうです。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

南アフリカランド円の為替レートは8円前後を推移しているため、レバレッジ1倍で1,000通貨対応のFX会社なら1万円もあれば投資可能です。

参考 トルコリラやメキシコペソのスワップポイントを狙った投資については下記も参考にしてみてください。

⇒ トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?

南アフリカの政策金利の推移は?

南アフリカの政策金利の推移および高金利通貨であるトルコ、メキシコの政策金利の推移は下記のようになっています。(2008年1月~2019年8月)

高金利通貨-政策金利推移

トルコやメキシコほどではないですが、南アフリカも高金利通貨と言われるだけあり、政策金利は6.5%と高い政策金利で推移しています。

南アフリカランド円の過去10年間のチャート

南アフリカランド円の過去10年間のチャート

南アフリカランド円の過去10年の月足のチャートを確認すると、2015年から2016年にかけて大きく下落したのですが、その後は安値圏を一旦脱出しましたが、上昇傾向とはなっておらずやや横ばいとなっています。

9円あたりに壁があり、その下のレンジで為替レートは推移していて、2018年初からの下落局面からレンジが続いています。

過去1年の日足ではやや三角持ち合いのようになっていましたが、下落方向にブレイクし、今後持ち直すのか注目されます。

南アフリカランド円の過去1年間のチャート

国内景気の先行きがやや不透明なこともあり、利下げを実施しましたが、2019年中は様子見しながら2020年まででは追加利下げを示唆する状況とはなっていますが、利下げサイクルに入ったわけではないと示唆しています。

南アフリカランド円のスワップ投資の期待利回りは?

為替レートが長期的には右肩下がりの傾向がある南アフリカランド円は、国内外の状況によっては史上最安値をいつ更新してもおかしくはありません。

そのため、ドルコスト平均法で時間分散させることによって、通貨安のリスクを軽減させることができますし、レバレッジを抑えて投資すれば通貨安となってもロスカットまで余裕を持つことができます。

参考 FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

参考 FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

例えば、南アフリカランド円7.65円、初期投資資金7.65万円、スワップ金利1日15円とすると下記のような感じになります。

※スワップ金利は2019年8月調査時点で最も高いスワップ金利となっているヒロセ通商の値を参考に算出

取引数量必要証拠金
(4%)
年間スワップ年間利回りロスカット
(証拠金維持率100%)
1万
(レバレッジ1倍)
2,760円5,475円7.93%0.28円
2万
(レバレッジ2倍)
5,520円10,950円15.87%3.73円
3万
(レバレッジ3倍)
8,280円16,425円23.80%4.88円
5万
(レバレッジ5倍)
13,800円27,375円39.67%5.8円
10万
(レバレッジ10倍)
27,600円54,750円79.35%6.49円

※南アフリカランド円の史上最安値は2016年6月の時で約6.3円です。

レバレッジ5倍でも過去最安値には耐えられそうですが、値動きが激しくより一段の通貨安となってもロスカットまでの余裕があるレバレッジ1倍や2倍などで始めるのがおすすめで、それでも8~16%前後の利回りは期待できそうです。

最低投資金額もレバレッジ1倍で1万通貨でも約7万円からと最低投資金額が抑えられ、1,000通貨から取引できるFX会社なら約7千円から投資できるのもメリットの一つと言えます。

まとめ

南アフリカランド円は、トルコリラ円やメキシコペソ円と並んで高金利通貨の1つとして注目されています。

政策金利は過去10年で5%~7%と高い水準で推移していて、現在も6.5%と高い政策金利となっています。

レバレッジ5倍程度でまでであれば過去最安値となってもロスカットとならず比較的安全に投資ができますが、値動きが激しい通貨でもあるので、レバレッジは1~2倍程度に抑えておくのが無難です。

それでも約8~16%程度の利回りを期待でき、為替レートが安いので最低投資金額もレバレッジ1倍で1万通貨でも約7万円からと最低投資金額が抑えられ、1,000通貨から取引できるFX会社なら7千円から投資できるのもメリットの一つと言えます。

参考 南アフリカランド円のスワップポイント・スプレッドの比較については下記も参考にしてみてください。

⇒ 南アフリカランド円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

期待利回りは落ちますが、為替レートの変動リスクなく低リスクでスワップポイントの一部を得られるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)でも南アフリカランド円は比較的有利な条件となっているので、興味があれば参考にしてみてください。

参考 FXでスワップポイントサヤ取り(アービトラージ)の方法って?低リスクだけどデメリットは?

南アフリカランド円でスワップポイントが高いヒロセ通商!

ヒロセ通商は南アフリカランド円のスワップポイントは安定的に高く、スプレッドも狭く好条件でトレードできます。

もちろん口座開設・維持費は無料ですので、下記より詳細を確認してみてください。

>> ヒロセ通商【LION FX】(公式サイト)[詳細解説]

南アフリカランド円だけでなく高金利通貨のスワップポイントが全体的に高いことで評判の高いFXプライムbyGMO

1万通貨未満の取引だと取引手数料がかかりますが、南アフリカランド円はレバレッジ1倍でも7万円程度から投資ができますし、FX初心者の方には、マーケット情報やセミナーが充実していますし、為替未来予測ができる「ぱっと見テクニカル」が利用できるので、口座開設しておいて損はないFX会社です。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> FXプライムbyGMO(公式サイト)[詳細解説]

南アフリカランド円の短期でも長期での投資も好条件なサクソバンク証券!

南アフリカランド円のスワップポイントは高く、スプレッドも狭いので短期でも長期での投資にも好条件となっています。取り扱い通貨ペア数は業界最多の158通貨ペアもあるので、他のFX会社では取り扱いがないような通貨ペアにも投資できます。

口座開設・維持費用は無料になりました。

>> サクソバンク証券(公式サイト)[詳細解説]

公的な国内唯一の取引所FXとして「安心・透明・信頼」が特徴のくりっく365

くりっく365取り扱い会社の中でも預かり資産No1の岡三オンライン証券がおすすめです。

トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどのレポートも参照でき、もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

参考 くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

南アフリカランド円だけでなく高金利通貨や先進国通貨のスワップポイントが高いみんなのFXとLIGHT FX

高金利通貨であるトルコリラ円の他にも米ドル円や豪ドル円といった先進国通貨のスワップポイントも高く、スワップポイント狙いの投資をするなら注目のFX会社です。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> みんなのFX(公式サイト)[詳細解説]

>> LIGHT FX(公式サイト)

参考 LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いって?スプレッドやスワップポイントってどう?

100通貨から取引ができるマネーパートナーズFX nano

マネーパートナーズFX nanoは100通貨から取引ができるので、南アフリカランド円でレバレッジ1倍なら約700円からと少額から投資ができます。

今ならお試し資金として1,000円がプレゼントされます(キャンペーンの申し込みと期間中に1回以上の取引をすれば確定します)し、もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>>マネーパートナーズFX nano(公式サイト)

スワップポイントは再投資ができ複利に有利な最低取引数量が1通貨から!

スワップポイントは業界トップというわけではありませんが、常に上位にいてどの通貨ペアでも安定的に高スワップポイントが提示されています。

しかも、FX会社で唯一外貨を自動積立できる「積立FX」というサービスもあります。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)[詳細解説]

参考 積立FXについては下記も参考にしてみてください。

⇒ 外貨預金に代わるおすすめサービス!積立FXとはどんな機能?

⇒ SBIFXの積立FXと通常のFX取引と比較!お得に取引できるのは?

参考 他の通貨でスワップ運用するなら下記も参考にしてみてください。

⇒ 米ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ 豪ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ NZドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ カナダドルの金利が上昇してきたが今後の見通しは?スワップポイント狙いがいい?

⇒ トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

⇒ メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?

参考 スワップポイント狙いの投資をするのにおすすめな通貨ペアについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!