FXでスワップポイントサヤ取り(アービトラージ)の方法って?低リスクだけどデメリットは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

FXでは必勝法とも言われるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)という手法があり、為替相場が上昇しようが下降しようがスワップポイントの利益を得ることができます。

そんなスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)はどんな方法で行い、どのくらいの利益が期待でき、どのようなデメリットがあるのか紹介します。

参考 FXのスワップポイントについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

スワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)とは?

サヤ取りは、アービトラージ、裁定取引とも呼ばれ、同一の商品や同じ性格をもつ2つの商品の市場の歪みによる金利差や価格差に着目して利益をあげる手法です。

FXでは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば外貨預金の利息に相当するスワップポイントを日々得られることができ、逆に金利の低い通貨を買って、金利の高い通貨を売ればスワップポイントを支払うこととなります。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

例えば、「オーストラリアドル/円」を購入した場合、オーストラリアドルを買って円を売るということになりますが、スワップポイントを左右する政策金利がオーストラリアが2%、日本が0.1%としたとき、「オーストラリアドル/円」を買えば2%のスワップポイントを得られることができ、逆に売れば2%のスワップポイントを支払うこととなります。

買いや売りのスワップポイントはFX会社によって異なるため、その歪みに着目し、買いのスワップポイントが高いFX会社で買いポジションを保有し、売りのスワップポイントが安いFX会社で売りポジションを保有し、買いと売りのスワップポイントの差分を得ようというのがスワップポイントのサヤ取りです。

スワップポイントのサヤ取りは異業者間で両建てすることとなるので、為替レートが上昇しようが下降しようが為替差損益は変動しないため、為替リスクがなく低リスクで、やり方も簡単なので誰でも運用しやすいといった特徴があります。

スワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)の方法とは?

スワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)を行うには、基本的には同一通貨ペアを同一数量、同じ価格で、

  • 買いのスワップポイントが高いFX会社で買いポジションを保有
  • 売りのスワップポイントが安いFX会社で売りポジションを保有

このように異なるFX会社間で両建ての状態とすることにより、為替変動リスクなしで買いのスワップポイントと売りのスワップポイントの差分を得られることとなります。

例えばA会社でオーストラリアドル円を1万通貨買って、スワップポイントが50円、B会社で1万通貨売ってスワップポイントがー30円だとします。

【円高となった場合】

オーストラリアドル円が1円円高となっても下記の様に為替リスクはなく、スワップポイントの差分である20円が毎日利益となります。

  • A会社での為替差損益は、1万通貨 × +1円 = +1万円
  • B会社での為替差損益は、1万通貨 × ー1円 = ー1万円

【円安となった場合】

オーストラリアドル円が1円円安となっても下記の様に為替リスクはなく、スワップポイントの差分である20円が毎日利益となります。

  • A会社での為替差損益は、1万通貨 × ー1円 = ー1万円
  • B会社での為替差損益は、1万通貨 × +1円 = +1万円

スワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)のデメリット・リスクは?

資金は買いと売りで必要なので資金効率は悪い

スワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)では、異なるFX会社で買いのポジションと売りのポジションを保有することとなるので、それぞれでポジションを維持するための証拠金が必要となります。

そのため、買いのポジションのみを保有する場合と比べて証拠金が2倍必要となり、得られるスワップポイントも買いのポジションのみを保有する場合と比べて少なくなるため資金効率は悪くなります。

それでも為替変動リスクがなくなるといった大きなメリットがあるので、大きな為替レートの下落があったとしても手堅く利益を積み重ねることができます。

スワップポイントは変動するためマイナスとなる可能性がある

スワップポイントは日々変動するため、買いのスワップポイントと売りのスワップポイントの差が小さくなることや、マイナスになってしまう可能性があります。

通常はそれほど大きくスワップポイントが動くことはありませんが、FX会社の都合等により変更されたりもするので定期的に確認しておいた方がいいでしょう。

ロスカットされる可能性がある

買いのポジションと売りのポジションを異なるFX会社で保有していれば、両方の口座を合わせれば為替差損益は相殺されますが、一つの口座だけを考えれば大幅に円高や円安となってしまえばロスカットされる可能性があります。

参考 FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

例えばオーストラリアドル円でスワップポイントのサヤ取りを行っていて、大幅に円高となった場合には、売りのポジションは大幅に含み益となっていますが、買いのポジションは大幅に含み損となっていて最悪ロスカットされてしまう可能性があります。

そのためにロスカットされる前に資金を追加する必要が出てきます。

含み益が出ている口座から含み損となっている口座に資金を移動させるという方法もありますが、リアルタイムにFX会社間で資金移動ができるわけではないので、急激に為替レートが動いてる場合には資金移動が間に合わずロスカットとなる可能性もあるので、別の資金を追加する準備をしておくことをおすすめします。

また、買いと売りで指値・逆指値の注文を入れておいて、ロスカットされる前に両方の口座を決済してしまい一旦仕切り直すといった方法も有効です。

スワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)でどのくらいの利益が期待できる?

スワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)ではどのくらいの利益がでるのか、各通貨ペアごとに算出したのが下記となります。

通貨ペア買いのスワップポイント
が高いFX会社
売りのスワップポイント
が安いFX会社
差分期待利回り
米ドル円+85円
岡三オンライン証券【くりっく365】
みんなのFX
LIGHT FX
ー69円
セントラル短資FX
16円0.27%
豪ドル円+45円
みんなのFX
LIGHT FX
ー32円
マネーパートナーズFX
13円0.31%
NZドル円+32円
マネーパートナーズFX nano
ー29円
GMOクリック証券【FXネオ】
3円0.08%
カナダドル円+50円
みんなのFX
LIGHT FX
ー29円
セントラル短資FX
21円0.47%
トルコリラ円+114円
サクソバンク証券
ー74円
GMOクリック証券【FXネオ】
40円4.04%
南アフリカ
ランド円
+15円
ヒロセ通商【LION FX】
みんなのFX
LIGHT FX
FXプライムbyGMO
ー8円
セントラル短資FX
7円1.66%
メキシコ
ペソ円
+18円
ヒロセ通商【LION FX】
-13円
マネーパートナーズFX nano
岡三オンライン証券【くりっく365】
5円1.63%
※スワップポイントは2019年5月10日前後適用分
※期待利回りは算出時点の為替レートより買いと売りに必要な証拠金(レバレッジ1倍)より算出

期待利回りは、買いのポジションのみを保有しているより落ちますが、「トルコリラ円」「メキシコペソ円」は為替変動リスクなしにもかかわらず、レバレッジ1倍でもそれぞれ約3.1%、約1.6%の利回りが期待できそうです

実際にはレバレッジをかけることによってより利回りを上げることができますが、「トルコリラ円」「メキシコペソ円」「南アフリカランド円」でレバレッジを上げた場合の期待利回りについて算出してみます。

トルコリラ円

トルコリラ円を買いと売りで各1万通貨保有した場合は下記の様になります。

レバレッジ投資金額年間スワップ年間利回りロスカットまでの値幅
(証拠金維持率100%)
1倍361,000円14,600円4.04%17.3円
2倍180,500円29,200円8.09%8.7円
3倍120,333円43,800円12.13%5.8円
5倍72,200円73,000円20.22%3.5円
10倍36,100円146,000円40.44%1.7円

レバレッジを上げればその分期待利回りも上がりますが、ロスカットされるリスクも上昇し、ロスカットまでの値幅が小さくなります。

参考 FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

ロスカットされるまでの値幅が小さくなると、ロスカットされる前に資金を追加するなど手動での対応が必要となってきますが、過去トルコリラ円が1年間にどの程度為替レートが動いたかは下記の様になっています。

年度始値高値安値終値高低差
201829.7円30.24円15.4円20.61円14.84円
201733.1円33.21円27.98円29.64円5.23円
201641.28円41.28円30.61円33.12円10.67円
201551.33円52.18円38.8円41.16円13.38円
201449円53.98円42.88円51.32円11.1円
201348.54円56.67円46.87円48.98円9.8円
201240.84円48.65円40.49円48.65円8.16円
201152.66円56.86円40.24円40.67円16.62円
201062.07円63.94円54.49円52.56円9.45円
200958.86円66.8円52.3円62.06円14.5円
200895.45円95.76円52.65円58.84円43.11円
200784.62円99.67円78.39円95.47円21.28円

2007年から2018年の高低差の平均は14.8円となっていたので、レバレッジ1倍なら1年間でロスカットされる可能性は低そうです。

レバレッジ10倍までかければ、期待利回りはかなり高くなるもののロスカットまでの値幅が小さいので、資金管理の手間を考えるとレバレッジは3~5倍程度が現実的です。

メキシコペソ円

メキシコペソ円を買いと売りで各1万通貨保有した場合は下記の様になります。

レバレッジ投資金額年間スワップ年間利回りロスカットまでの値幅
(証拠金維持率100%)
1倍114,240円1,862円1.63%5.5円
2倍57,120円3,723円3.26%2.7円
3倍38,080円5,585円4.89%1.8円
5倍22,848円9,308円8.15%1.1円
10倍11,424円18,615円16.29%0.5円

レバレッジを上げればその分期待利回りも上がりますが、ロスカットされるリスクも上昇し、ロスカットまでの値幅が小さくなりますが、トルコリラ円や南アフリカランド円よりも為替レートが低いので、投資金額を抑えることができるメリットがあります。

また、過去メキシコペソ円が1年間にどの程度為替レートが動いたかは下記の様になっています。

年度始値高値安値終値高低差
20185.73円6.17円5.27円5.87円0.90円
20175.64円6.43円5.17円5.41円1.26円
20167.00円7.00円4.87円6.68円2.13円
20158.11円8.20円6.77円7.84円1.43円
20148.08円8.72円7.44円7.64円1.28円
20136.74円8.46円6.70円7.21円1.76円
20125.52円6.76円5.33円5.84円1.43円
20116.56円7.29円5.39円6.77円1.89円
20107.10円7.77円6.34円6.90円1.43円
20096.61円7.70円6.08円6.27円1.62円
200810.22円11.06円6.49円9.83円4.56円
200711.01円11.54円9.71円10.97円1.83円

2007年から2018年の高低差の平均は1.79円となっていたので、レバレッジ3倍だと1年間で1回ロスカットされる可能性は低そうですがあり得るといった感じです。

メキシコペソ円もロスカットまでの値幅を考慮すると、レバレッジは3~5倍程度なら資金管理の手間なども現実的に運用できそうです。

南アフリカランド円

南アフリカランド円を買いと売りで各1万通貨保有した場合は下記の様になります。

レバレッジ投資金額年間スワップ年間利回りロスカットまでの値幅
(証拠金維持率100%)
1倍153,800円2,555円1.66%7.4円
2倍76,900円5,110円3.32%3.7円
3倍51,267円7,665円4.98%2.5円
5倍30,760円12,775円8.31%1.5円
10倍15,380円25,550円16.61%0.7円

南アフリカランド円はトルコリラ円より期待利回りは落ちますが、為替レートが低いので投資金額を抑えて運用できるメリットがあります。

また、過去南アフリカランド円が1年間にどの程度為替レートが動いたかは下記の様になっています。

年度始値高値安値終値高低差
20189.07円9.25円7.08円7.61円2.17円
20178.54円9.21円7.78円9.09円1.43円
20167.77円8.56円6.3円8.5円2.26円
201510.37円10.39円7.54円7.75円2.85円
201410円10.78円8.96円10.36円1.82円
201310.2円11.21円9.24円9.99円1.97円
20129.5円11.05円8.65円10.17円2.4円
201112.29円12.82円8.93円9.46円3.89円
201012.51円13.05円10.98円12.24円2.07円
20099.55円12.55円8.46円12.51円4.09円
200816.31円16.42円7.71円9.72円8.71円
200716.99円17.84円14.69円16.42円3.15円

2007年から2018年の高低差の平均は3.1円となっていたので、レバレッジ2倍だと1年間で1回ロスカットされる可能性は低そうですがあり得るといった感じです。

南アフリカランド円もロスカットまでの値幅を考慮すると、レバレッジは3~5倍程度なら資金管理の手間なども現実的に運用できそうです。

スワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)を行うのにおすすめのFX会社は?

買いのスワップポイントが高いおすすめFX会社

買いのスワップポイントが高いFX会社は、通貨ペアによって異なりますが、特に高金利通貨である「トルコリラ円」「南アフリカランド円」「メキシコペソ円」ではヒロセ通商が安定的に高いスワップポイントとなっています。

トルコリラ円に関しては、2019年4月の月間平均スワップポイントはサクソバンク証券の方がスワップポイントが高かったのでサクソバンク証券を選ぶという選択肢もあります。

>> ヒロセ通商【LION FX】(公式サイト)[詳細解説]

>> サクソバンク証券(公式サイト)[詳細解説]

また、公的な国内唯一の取引所FXである「くりっく365」ではどの通貨ペアもスワップポイントは高く、受取額と支払額を同一としていて取引所も取扱業者もスワップポイントから利益を得ておらず透明な取引となっています。

参考 くりっく365のメリット・デメリットとは?店頭FXとの違いは?

参考 くりっく365なら預かり資産No1の岡三オンライン証券がおすすめです。米ドルだけでなくトルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどのレポートも参照できます。

今なら最大5万円のキャッシュバックに、さらに当サイトとタイアップキャンペーンを実施中で、5万円の入金+3枚以上の取引で4千円がもらえます。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

⇒ くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

売りのスワップポイントが安いおすすめFX会社

トルコリラ円だったらGMOクリック証券が、売りのスワップポイントが安くスワップポイントのサヤ取りに向いています。

>> GMOクリック証券【FXネオ】(公式サイト)[詳細解説]

また、その他の通貨ペアではセントラル短資FXやマネーパートナーズFX nanoも売りのスワップポイントが低いので、このようなFX会社を利用する手もあります。

>> セントラル短資FX(公式サイト)[詳細解説]

>>マネーパートナーズFX nano(公式サイト)

まとめ

FXでは必勝法とも言われるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)という手法があり、買いや売りのスワップポイントはFX会社によって異なるため、その歪みに着目し、買いのスワップポイントが高いFX会社で買いポジションを保有し、売りのスワップポイントが安いFX会社で売りポジションを保有し、買いと売りのスワップポイントの差分を得ようというのがスワップポイントのサヤ取りです。

スワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)のメリット・デメリットとしては下記のような点が挙げられます。

【メリット】

  • 為替レートの変動に関係なく利益を上げることができるため低リスク
  • 運用方法は簡単で相場を読む必要がないので誰でも運用しやすい

【デメリット】

  • 資金は買いと売りで必要なので資金効率は悪い
  • スワップポイントは変動するためマイナスとなる可能性がある
  • ロスカットされる可能性がある

スワップポイントは日々変動するため期待利回りも日々変動しますが、「トルコリラ円」「メキシコペソ円」は為替変動リスクなしにもかかわらず、レバレッジ1倍でもそれぞれ約4%、約1.6%の利回りが期待できそうです

FXなのでレバレッジをかけることができ、年間の平均高低差を考慮するとレバレッジ3~5倍程度であれば資金管理の手間などを考慮しても現実的に運用できそうで、10%以上の利回りも期待できそうです。

ほったからかしできるような運用方法ではありませんが、多少の手間で為替変動リスクなく10%前後の利回りを期待できるので検討してみてください。

買いのスワップポイントが高いおすすめFX会社

高金利通貨のスワップポイントが高いみんなのFX・LIGHT FX

ヒロセ通商では高金利通貨である「トルコリラ円」「南アフリカランド円」「メキシコペソ円」では安定的にトップレベルの高いスワップポイントとなっています。

ただ、トルコリラ円に関してはサクソバンク証券も安定的に高いスワップポイントとなっています。

>> ヒロセ通商【LION FX】(公式サイト)[詳細解説]

>> サクソバンク証券(公式サイト)[詳細解説]

スワップポイントがどの通貨ペアでも高く、公正で透明なトレードするならくりっく365

くりっく365の預かり資産No1は岡三オンライン証券!トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどのレポートも参照できます。

今なら最大5万円のキャッシュバックに、さらに当サイトとタイアップキャンペーンを実施中で、5万円の入金+3枚以上の取引で4千円がもらえます。

>> 岡三オンライン証券【くりっく365】(公式サイト)

店頭FXで取引高、預かり資産No1はGMOクリック証券!店頭FXとくりっく365で損益通算も可能!

>> GMOクリック証券(公式サイト)

売りのスワップポイントが安いおすすめFX会社

トルコリラ円、南アフリカランド円の売りのスワップポイントが安いGMOクリック証券

トルコリラ円。南アフリカランド円のスワップポイントは変動も大きいためちょっと安定感には欠けるかもしれませんので定期的な確認が必要です。

>> GMOクリック証券【FXネオ】(公式サイト)[詳細解説]

通貨ペアによっては売りのスワップポイントが安いセントラル短資FXとマネーパートナーズFX nano

通貨ペアによっては売りのスワップポイントが安いのがセントラル短資FXとマネーパートナーズFX nanoで、投資する通貨ペアによっては選択肢としてなり得るのでこちらも検討してみてください。

>> セントラル短資FX(公式サイト)[詳細解説]

>>マネーパートナーズFX nano(公式サイト)

参考 通貨ペア別のスワップ投資については下記を参考にしてみてください。

⇒ 米ドル円のスワップ狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ 豪ドル円のスワップ狙いの積立投資ってどう?金利が低下しうまみがない?

⇒ NZドル円のスワップ狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ カナダドルの金利が上昇局面に突入したが今後の見通しは?スワップポイント狙いがいい?

⇒ 南アフリカランド円のスワップ投資を安全運用した時の利回りは?

⇒ トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

⇒ メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?