SBI FXトレードのスワップポイントやスプレッドってどう?評価・評判は?

SBI FXトレード

SBIFXトレードはネット証券最大手のSBI証券のグループ会社で、FX専業の会社です。

FX業者の中でも貴重な1通貨から取引ができるので、非常に少額からFX取引を試してみることもでき、外貨預金のように外貨を自動積立できる積立FXというサービスも提供しています。

そんなSBIFXトレードのスワップポイントやスプレッドなどサービス内容について確認してみました。

参考 SBIグループではSBI証券でもFX取引ができますが、FXするならSBIFXトレードの方が有利です。詳細については下記も確認してみてください。

⇒ SBI FXトレードとSBI証券(SBI FX α)の違いは?圧倒的に有利なのはどっち?

SBIFXトレードの特徴は?

1通貨から取引ができるので少額からFX取引ができる

FXでは多くのFX会社が1万通貨や1千通貨からの取引となっていますが、SBIFXトレードなら1通から取引ができます。

 

例えば米ドル円が100円だとすると、下記のように1通貨から取引ができる方が少額から取引できるので、いきなり大金を用意する必要もありません。

取引数量必要証拠金
1通貨4円
1千通貨4千円
1万通貨4万円

上記はレバレッジ25倍とハイリスクな取引の場合ですが、レバレッジ1倍にして外貨預金のように取引することもでき、その場合でも1通貨なら100円から取引することができます

参考 FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

 

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

スプレッドは業界でも最狭水準

SBIFXトレードでは取引手数料は無料となっているので、実質的な取引コストはスプレッドとなり、主要通貨ペアのスプレッドは下記となっています.

参考 FXのスプレッドの意味とは?手数料との違いって何?

1~1,0001,001~
1,000,000
1,000,001~
3,000,000
3,000,001~
10,000,000
米ドル円0.09銭0.17~7.80銭0.19~7.80銭0.8~7.80銭
ユーロ円0.3銭0.49~15.8銭1.09~15.8銭1.7~15.8銭
ポンド円0.7銭0.99~18.8銭1.89~18.8銭2.7~18.8銭
豪ドル円0.4銭0.69~12.8銭0.99~12.8銭1.6~12.8銭
NZドル円0.9銭1.19~19.8銭2.39~19.8銭3~19.8銭
カナダドル円1.4銭1.69~18.8銭2.49~18.8銭3.1~18.8銭
南アフリカランド円0.8銭0.99~4.80銭2~4.80銭2~4.80銭
トルコリラ円1.4銭1.89~8.80銭3.4~8.80銭3.4~9.80銭
メキシコペソ円0.29銭0.30~3.20銭0.3~3.40銭0.5~3.80銭
ユーロドル0.19pips0.38~12.8pips0.79~12.8pips1~12.8pips

※1,000通貨までは原則固定(例外あり)

 

1,000通貨以下のスプレッドは業界でも最狭水準となっていて、100万通貨まででもかなり狭いスプレッドととなっていて低コストで取引することができます。

 

1,001通貨以上だとスプレッドの幅が大きいのですが、実際にはほとんどの時間で最小のスプレッドとなっていて、たまに大きく広く時があるといった感じで、下記は米ドル円のスプレッド実績ですが、多くの時間で最小に近いスプレッドとなっています。

スプレッドは多くのFX会社で原則固定となっているので、スプレッドが狭い(小さい)方がより低コストで取引ができることになりますが、原則固定となっていてもスプレッドは時間帯や相場状況によっては広がることもあります。

 

そのため、単純にスプレッドが狭いFX会社を選ぶのではなく、原則固定のスプレッドが配信された割合であるスプレッド配信率も注目すればより安定的に低コストで取引ができます

 

SBIFXトレードでは、1万通貨以下のスプレッド配信率は100%と安定的に低コストで取引することができます。

参考 FX会社のスプレッドを比較!狭いだけで低コストとは言えない理由とは?

スワップポイントは全体的に高水準

SBIFXトレードの主要通貨のスワップポイントは下記の様になっています。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

買い売り
米ドル円9円ー12円
ユーロ円ー10円5円
ポンド円6円ー14円
豪ドル円3円ー10円
NZドル円3円ー11円
カナダドル円2円ー9円
南アフリカランド円6円ー7円
トルコリラ円5円ー10円
メキシコペソ円7円ー9円

※2020年1月時点

 

トルコリラ円や南アフリカランド円といった高金利通貨はあまり高くはないですが、米ドル円やカナダドル円、豪ドル円、NZドル円など先進国通貨のスワップポイントは高水準となっています。

参考 米ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

参考 カナダドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

参考 豪ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

参考 NZドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

 

また、SBIFXトレードでのスワップポイントは下記のような特徴があります。

  • ポジション未決済のスワップポイントは課税されない
  • ポジション未決済のスワップポイントで新規注文が可能
  • ポジション未決済のスワップポイントの引き出し(出金)ができる

スワップポイントはそのまま貯めればロスカットとなる為替レートを下げることもできますが、それ以外にスワップポイントを再投資して複利効果を狙った運用をする方法や、スワップポイントを引き出し(出金)して生活費の一部に充てるようなことも可能ですが、SBIFXトレードではスワップポイントを再投資は課税されず、スワップポイントのみの引き出しができます。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

参考 スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

 

特に、貯まったスワップポイントを再投資したい場合は1通貨から取引ができるSBIFXトレードでは、他の1千通貨や1万通貨から取引ができるFX会社を比べると早くスワップポイントを再投資することができるので、複利効果が得られるのも圧倒的に早くなります

>> SBIFXトレード(公式サイト)

取り扱い通貨ペア数は多め

SBIFXトレードでの取り扱い通貨ペア数は34通貨ペアで、下記のような通貨ペアが取引できます。

SBIFXトレードの特徴は?

 

高金利通貨のメキシコペソ円や他のFX会社では取扱いがあまりないロシアルーブル円やブラジルレアル円、韓国ウォン円などを取引することができます。

 

参考 メキシコペソ円を取引できるFX会社については下記も参考にしてみてください。

メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?

 

もちろん取扱い通貨ペアすべてで1通貨からの取引を行うことができます

取引ツールはPC・スマホ版が利用可能

SBIFXトレードの取引ツールは、PCにインストールして利用するリッチクライアント版と、他ブレッドにも対応するWEB版があります。

SBIFXトレードの特徴は?

SBIFXトレードの特徴は?

リッチクライアント版はWindowsのみ対応していてMacは対応していません。

 

また、iPhoneやAndroidに対応したアプリももちろん提供されています。

SBIFXトレードの特徴は?

FX会社では唯一自動で外貨を積み立てくれるサービス「積立FX」を利用可能

積立FXは、外貨預金のように自動で外貨を積み立ててくれるサービスです。

積立FX

 

自動でコツコツ積立てくれるので、相場が円高の時は多く、円安の時は少なく購入することによって長期的には平均購入価格を平準化させる効果が期待できます

SBIFXトレードの特徴は?

 

ただ、積立FXはスプレッドが若干高く、通常のFX取引の方が低コストで積立することができますが、感情に左右されずに手間なく取引を続けることができるといったメリットがあります。

参考 SBIFXの積立FXと通常のFX取引と比較!お得に取引できるのは?

「オプションFX」で投資戦略の幅を広げることも可能

SBIFXトレードでは「オプションFX」というオプション取引(権利を売買する取引方法)を行うことができます。

オプションFX

 

オプション取引を行うことによって、リスクを限定したうえで利益を追求したり、通常のFX取引のリスクヘッジとして利用でき、取引手数料なども必要なく低コストで取引することが可能です。

SBIFXトレードの特徴は?

 

多少FX取引に慣れてからこのような取引方法を取り入れることによって、投資戦略の幅を広げることができます。

入出金

入金は「クイック入金」「銀行振込」の2通りがあり、「銀行振込」の場合は振込手数料が必要となりますが、「クイック入金」の場合は1千円以上の入金の場合は振込手数料が無料となります。

 

クイック入金が可能な金融機関は全国約380行と、下記のような金融機関以外にも多くの金融機関で利用することができます。

SBIFXトレードの特徴は?

※その他クイック入金が可能な金融機関はこちらを確認ください

 

出金は、手数料無料で登録した金融機関に出金することが可能です。

信託保全

SBIFXトレードではもちろん預けた証拠金は、SBIFXトレードの固有資産とは区分管理されていて、SBIFXトレードが破綻した場合でも証拠金は返還されます。

 

SBIFXトレードの特徴は?

サポート体制はいまいち

SBIFXトレードのサポートは、問い合わせフォームは24時間受け付けてますが、電話サポートは平日のAM9:00~PM5:00までとなっています。

 

大手FX会社のGMOクリック証券や、高金利通貨などのスワップポイントが高いみんなのFXなどは24時間電話サポートもあるので、電話でのサポートが必要と思われるならそのようなFX会社も検討してみてください。

参考 GMOクリック証券(FXネオ)の評価・評判って?手数料やスワップポイントってどう?

参考 みんなのFXのスプレッドやスワップポイントってどう?評価・評判は?

 

また、「AIチャット」というサービスを提供していて、FX用語や取引方法といった初心者向けの案内をしてくれたり、経済指標の詳細や指標の予定・結果なども答えてくれます。

 

面白い機能として、現在の為替レートやテクニカル分析に基づく今後の展開(ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円・ユーロ/ドル)なども教えてくれます。

 

【為替レート】

SBIFXトレードの特徴は?

 

【テクニカル分析に基づく今後の展開】

SBIFXトレードの特徴は?

その他SBIFXトレードの仕様

取引時間米国標準時間:月曜日AM7:00~土曜日AM6:30
米国夏時間:月曜日AM7:00~土曜日AM5:30
注文種別2WAY注文・成行注文・指値注文・逆指値注文・
トレール注文・IFD注文・OCO注文・IFDOCO注文
ロスカット証拠金維持率が50%以下になった場合
(口座全体もしくは通貨ペア別を選択可能)
両建可能
注文の有効期限当日・今週末・無期限
自己資本規制比率1251.1%(2020年3月末時点)

まとめ

SBIFXトレードは、ネット証券最大手のSBI証券などを傘下に持つ東証一部上場SBIホールディングスグループのFXに特化した会社です。

 

FX業者の中でも貴重な1通貨から取引ができるので、非常に少額からFX取引を試してみることもでき、外貨預金のように外貨を自動積立できる積立FXというサービスも提供していて、スプレッドは業界でも最狭水準なので低コストで取引ができ、スワップポイントも全体的に高水準となっています。

 

オリコンの顧客満足度調査でFX取引 初心者部門で1位になるなど初心者の方にも評判が高いFX会社です。

 

1通貨から取引できるメリットは大きく、初心者であれば少額から実際のFX取引も体験でき、特に、貯まったスワップポイントを再投資したい場合は1通貨から取引ができるSBIFXトレードでは、他の1千通貨や1万通貨から取引ができるFX会社を比べると早くスワップポイントを再投資することができるので、複利効果が得られるのも圧倒的に早くなります

 

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

 

SBIFXトレードの口座開設申込は最短5分で完了します!
SBIFXトレードの口座開設までの流れは下記となっています。

SBIFXトレードの口座開設

 

口座開設に必要な書類については下記を参考にしてみてください。

口座開設の際に必要な書類について

コメント