SBI FXトレードとSBI証券(SBI FX α)の違いは?圧倒的に有利なのはどっち?

SBI FXトレード

外貨預金のようにFXの仕組みを利用して外貨を積み立てることができる積立FXを展開しているSBI FXトレードはSBIグループのFX専業会社です。

ネット証券大手の一角であるSBI証券でもFX取引ができるので紛らわしいですよね。

同じSBIグループのSBI FXトレードとSBI証券のFX取引の違いについて比較し、FXを取引するならどちらがお得でおすすめなのか確認してみました。

SBI FXトレードとSBI証券(SBI FX α)でのFX取引の違い

SBI FXトレードとSBI証券は、様々な金融ビジネスを手掛ける東証一部上場のSBIホールディングスのグループ会社です。

 

SBI FXトレードはSBIグループのFX専業会社なので、FX取引のみ行えるFX専業会社です。

 

対してSBI証券はネット証券No1の口座数を有し、株式や投資信託、債券、FXなど様々な金融商品を取り扱うネット証券で、「SBI FX α」というサービス名でFX取引も可能となっています。

 

同じSBIグループではありますが、各社の口座は別管理となるため、SBI証券に口座開設していてもSBIFXトレードでは取引ができず、逆にSBIFXトレードに口座を持っていてもSBI証券での取引はできませんし、SBIFXトレードとSBI証券での口座間の振替えもできません。

 

ここではFX取引に特化してどのような違いがあるのか確認してみたいと思います。

  • 取引単位
  • 取引通貨ペア
  • スプレッド(取引手数料)
  • スワップポイント(金利)

取引単位

SBI FXトレードは、業界でもほとんどない1通貨単位でFX取引ができます。

 

例えば米ドル円などでは、1通貨(1米ドル)から取引ができるということで、約4円から米ドル円の投資をすることができます

 

対してSBI証券の「SBI FX α」では通常取引では1万通貨単位での取引となりますので、米ドル円の場合約4万円の投資金額が必要です。(南アフリカランド円やメキシコペソ円は10万通貨からと通貨ペアによって異なります)

 

取引する通貨ペアを限定すれば1千通貨単位でのミニ取引も行うことができ、米ドル円の場合は約4千円から取引ができますが、SBIFXトレードの方が圧倒的に少額から投資することができます

 

どちらの会社も投資金額はレバレッジ25倍で計算しているので、実際に取引する際には余裕を持った資金で取引してください。

 

取引通貨ペア

SBIFXトレードでは34通貨ペアの取引ができますが、SBI証券では通常取引(1万通貨以上)では28通貨ペアの取引ができます。

 

SBIFXトレードの方が取引できる通貨ペアは多く、高金利通貨である「南アフリカランド円」や「トルコリラ円」「メキシコペソ円」も取引することができます。

SBIFXトレードとSBI証券(SBI FX α)でのFX取引の違い

※SBIFXトレードの取引通貨ペア(2020年7月時点)

 

SBI証券で取引がきる通貨ペアはすべてSBIFXトレードで取引することができ、下記の通貨ペアはSBIFXトレードのみ取引ができます

  • 米ドル / 人民元
  • ユーロ / NZドル
  • ユーロ / スイスフラン
  • ポンド / スイスフラン
  • 豪ドル / NZドル
  • 豪ドル / スイスフラン

 

参考 FXでのおすすめ通貨ペアは下記も参考にしてみてください。

 

 

ちなみにSBI証券の「SBI FX α」では1千通貨から取引ができるミニ取引ができますが、下記の様に取引できる通貨ペアはかなり少なく、すべてSBIFXトレードで取引することができるのであまりメリットはありません。

  • 米ドル / 円
  • ユーロ / 円
  • ポンド / 円
  • 豪ドル / 円
  • NZドル / 円
  • 南アフリカランド / 円

スプレッド(取引手数料)

両サービスとも取引手数料は無料なので実質的なコストはスプレッドとなりますが、主要通貨ペアのSBIFXトレードとSBI証券(SBI FX α)のスプレッドを比較すると下記の様になっています。

参考 FXのスプレッドの意味とは?手数料との違いって何?

SBIFXトレード
(1~1,000通貨)
SBI証券SBIFXトレード
(1,001~1,000,000通貨)
米ドル / 円0.09銭0.2銭0.17~7.8銭
ユーロ / 円0.3銭0.5銭0.49~15.8銭
ポンド / 円0.69銭1.0銭0.99~18.8銭
豪ドル / 円0.4銭0.7銭0.69~12.8銭
NZドル / 円0.9銭1.2銭1.19~19.8銭
カナダドル / 円1.4銭2.8銭1.69~18.8銭
南アフリカランド / 円0.8銭2.1銭0.99~4.8銭
トルコリラ / 円1.4銭4.8銭1.89~20.8銭
メキシコペソ / 円0.29銭0.3銭0.30~3.20銭

※2020年8月時点
※SBIFXトレードの1,000通貨までは原則固定(例外あり)

 

スプレッドはSBIFXトレードは、1,000通貨以内の取引ならどの通貨ペアでもSBIFXトレードの方が圧倒的に低コストとなっていて、特に1,000通貨までではFX業界でも最狭水準のスプレッドとどの通貨ペアを取引するにしてもSBIFXトレードの方が有利となっています。

 

SBI FXトレードは1,001通貨からは原則固定ではないのでスプレッドが広がる時間帯がありますが、SBI証券も原則固定ではないのでSBI FXトレード同様に広がる時間帯があると考えておいたほうがいいです。

 

また、SBI証券もたまにスプレッドの引き下げを行っていますが、SBIFXトレードは他のFX専業会社と競っているので、スプレッドは適宜引き下げられていて、FX業界でも非常に低コストで取引ができます。

スワップポイント(金利差調整分)

FXでは外貨預金の利息に相当するスワップポイントを日々もらうことができ、「米ドル円」のように金利の低い日本円を売って、金利の高い米ドルを買えば、2通貨間の金利差を受け取ることができます。

 

 

SBIFXトレードとSBI証券(SBI FX α)の通常取引(ミニ取引より通常取引の方がスワップポイントが有利なため)の買いの場合のスワップポイントを比較してみます。

SBIFXトレードSBI証券(通常取引)
米ドル / 円7円7円
ユーロ / 円ー12円ー12円
ポンド / 円6円6円
豪ドル / 円2円2円
NZドル / 円5円5円
カナダドル / 円2円2円
南アフリカランド / 円6円5円
トルコリラ / 円20円6円
メキシコペソ / 円5円5円

※2020年8月22日適用分

 

スワップポイントは、SBIFXトレードとSBI証券で差異はありませんでしたが、SBIFXトレードはFX業界でもスワップポイントは高めとなっていて、スワップポイント狙いのFX取引するのに有利です。

 

しかもSBI FXトレードなら1通貨から取引ができるので貯まったスワップポイントですぐに再投資をすることができ、複利効果を期待した運用をする時には圧倒的に有利に取引できます

 

参考 SBIFXトレードの詳細については下記の公式サイトも確認してみてください。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード (公式サイト)

各会社の独自サービス

それぞれの会社にしかない独自サービスがあるので、どのようなサービスがあるのか確認してみましょう。

SBIFXトレードの独自サービスは?

SBIFXトレードでは、FX取引を利用して外貨のリスクを抑えて資産運用ができる「積立FX」が利用できます

 

「積立FX」は、外貨を指定した金額を定期的に自動で積み立てることができるサービスなので、手間なく投資することができ、円高の時は多く円安の時は少なく外貨を購入することで長期的に購入価格を平準化させる効果が期待できます。

ドルコスト平均法

 

 

SBI証券でも積立FXが利用できるようになりましたが、SBI証券で取引できる通貨ペアはすべてSBIFXトレードで取引することができ、さらに「トルコリラ / 円」「カナダドル / 円」「香港ドル / 円」はSBIFXトレードのみ取引ができます

 

積立FXは通常のFX取引と比べるとスプレッドが高いのが難点ですが、自動取引してくれる手間賃と考えれば仕方ないコストととらえられます。

 

AIチャット

SBIFXトレードでは「AIチャット」サービスを実施していて、FX用語や取引方法といった初心者向けの案内をしてくれたり、経済指標の詳細や指標の予定・結果なども答えてくれます。

 

面白い機能として、現在の為替レートやテクニカル分析に基づく今後の展開(ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円・ユーロ/ドル)なども教えてくれます。

【為替レート】

AIチャット

 

【テクニカル分析に基づく今後の展開】

AIチャット

オプションFX

SBIFXトレード独自のサービスとして「オプションFX」というオプション取引(権利を売買する取引方法)を行うことができます。

オプションFX

オプション取引を行うことによって、リスクを限定したうえで利益を追求したり、通常のFX取引のリスクヘッジとして利用でき、特に取引手数料なども必要ありません。

 

多少FX取引に慣れてからこのような取引方法を取り入れることによって、投資戦略の幅を広げることができます。

>> SBIFXトレード (公式サイト)

SBI証券の独自サービスは?

SBI証券では、現金0円でFXに投資が可能な「株券担保サービス」というサービスを行っていて、国内株式の評価額の70%分を担保として差し入れてFXの取引をすることができるサービスで、このサービスを利用しても配当金や株主優待は受け取ることができます。

株券担保サービス

 

ただ、株式の前日基準値で計算されるので暴落してしまうと追加入金が必要になるということが起こり得るので注意が必要です。

 

また、FX分析ツールが無料で利用でき、初心者にはうれしい過去の値動きから将来の予測の値動きをする形状予測チャート、どのニュースや経済指標に反応してマーケットが変動したかを確認する機能なども情報分析ツールで確認できます。

 

参考 SBI証券の詳細を確認した方は下記の公式サイトも確認してみてください。

>>  SBI証券 (公式サイト)

まとめ

SBIFXトレードとSBI証券(SBI FX α)の違いを比較してみましたが、SBIFXトレードは「取引単位」「スプレッド(手数料)」の面で有利にFXを行うことができます

 

特にFX初心者の方は取引単位が1通貨単位のSBIFXトレードなら、約4円からと少額からFX投資を体験することができるので、FX取引に慣れるという点でもハードルが低いです。

 

また、日々貰えるスワップポイントを再投資することも可能で、1通貨から取引ができるので貯まったスワップポイントをすぐに再投資できるので、複利効果で資産を早く増やせる期待が持てます。

 

SBI証券ですでに投資を始めていて、他の金融商品との一元管理をしたいといった目的や、保有している株を有効に利用したい場合にはSBI証券でFX取引をするという選択肢はあります。

 

SBI証券は情報分析ツールがあるので、とりあえず口座開設してそのツールで分析して取引コストが圧倒的に低コストなSBIFXトレードで取引をするという使い方もできます。

 

SBIFXトレード、SBI証券ともに口座開設、維持費もかかりませんし、情報分析ツールも口座開設していれば無料で利用できますし、外貨の自動積立サービスの「積立FX」も無料で利用できます。

 

手数料(スプレッド)やスワップポイントを有利にFX取引したい方はSBIFXトレード!

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード (公式サイト)

 

SBI証券の株券担保サービスや情報分析ツールを無料で利用したい方はSBI証券!

口座開設、維持費、情報分析ツールの利用は無料です。

>>  SBI証券 (公式サイト)

コメント