カナダドルの金利が上昇局面に突入したが今後の見通しは?スワップポイント狙いがいい?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

カナダは、米国の隣国の国でG7(主要先進7ヵ国)の一員として世界でも政治的にも経済的にも安定した国と言われています。

世界第二位の広大な国土を有し、世界有数の資源国としての魅力も持ち合わせているカナダは、利上げサイクルに突入し投資対象としての魅力が出てきました。

そんなカナダの通貨であるカナダドルへの投資について確認してみました。

カナダってどんな国?

基本情報

国名 カナダ
人口 約3,666万人(世界38位)
面積 約998.5万km2(ロシアに次ぐ世界第2位、日本の約27倍)
首都 オタワ
GDP 1,652.41(10億USドル)(世界10位)
国債格付け ムーディーズ:Aaa
S&P、フィッチ:AAA
経済成長率 2.00%(2018年)
政策金利 1.75%
主要産業 金融・保険・不動産などのサービス業、製造業、建設業、工業、農林業

人口の推移

1980~2023年の日本とカナダの人口の推移です。(将来の推移はIMFによる推計)

(引用元:世界経済のネタ帳

日本がやや減少傾向となっている中、カナダの人口は増加傾向となっていて今後も増加が予想されていて、特にG7での伸び率は一番高かったようですが、移民の受け入れが押し上げ要因となっているようです。

参考 ロイター「16年のカナダ人口は3520万人、G7で伸び率最大=統計局

近い将来は出生率は低迷し、先進国にみられる少子高齢化が進むと予測されていますが、メリット・デメリットはありますが一つの対策である移民を受け入れることによって今後の人口の増加が予測されています。

失業率の推移

1980~2023年の日本とカナダの失業率の推移です。(将来の推移はIMFによる推計)

(引用元:世界経済のネタ帳

失業率は日本よりもカナダの方が高い状態で、今後は現状の状態が推移することが想定されています。

名目GDP(USドル)の推移

1980~2023年の日本とカナダの名目GDP(USドル)の推移です。(将来の推移はIMFによる推計)

(引用元:世界経済のネタ帳

1980年代以降、日本の方が大きくGDPを伸ばし差をつけましたが、カナダも右肩上がりで成長していて、将来は日本よりも高い経済成長率が予想されています。

カナダドル(CAD)の特徴は?

世界有数の資源国通貨

カナダはロシアに次ぐ世界第2位の広大な国土を持ち、エネルギーおよび天然資源が多く埋蔵されていることで知られています。

特に石油の埋蔵量は世界第3位(オイルサンドの埋蔵量含む)で、全世界の約10%がカナダに埋蔵されていることになります。

国名 埋蔵量(億バレル)
ベネズエラ 3,032
サウジアラビア 2,662
カナダ 1,689
イラン 1,572
イラク 1,488

※BP Statistical Review of World Energy 2017

そのため、カナダドルは原油価格と連動しやすい傾向があり、原油価格が上がればカナダドルも上がりやすく、原油価格が下がればカナダドルも下がりやすい傾向があります。

ただ、カナダの主力産業は小売業やサービス業である三次産業がGDPの7割を占めていることもあり、資源価格の影響は比較的受けにくくなってます。

政策金利は利上げサイクルに突入し金利が緩やかながら上昇中

カナダでは2017年7月から利上げを開始し、緩やかながら政策金利が上昇してきています。

主要先進国では米国についで2番目、主要資源国ではいち早く利上げサイクルに突入し、政策金利は1.75%となっていますが、今後の利上げは時間をかけて進めるとの方針が示されています。

資源国通貨として有名なオーストラリアの政策金利が1.5%とカナダの方が政策金利が高くなっていて、ニュージーランドと同じ政策金利まで引き上げが行われています。

その一方で日本は現在の低金利政策を維持することを示唆していて、両国間の政策金利差が広がることが想定されるので、カナダドル円ではFXのスワップポイントが増えることが予想されます。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

隣国の米国の影響を受けやすい

カナダは地理的に米国と隣接しているため、経済的にもつながりが強く、1994年の北アメリカ自由貿易協定 (NAFTA) 締結以降より密接な関係となっています。

輸出の7割以上、輸入の5割が米国が占めるなど最大の貿易相手国となっているため、米国の経済動向に影響を受けやすいという特徴があります。

また、NAFTA再交渉に関して米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)として妥結されたことは今後の不安解消につながりましたが、カナダ側がアメリカに譲歩するような条件もあり今後経済に影響があるのか注目されます。

カナダドル円の過去10年間のチャート

10年間の月足のチャートを見ると、75円から106円あたりを推移していて、過去には73円から75円あたりまで下落すると反発するような動きを何回か見せているので、その辺りに大きな壁があると考えてもよさそうです。

2019年初に80円を一時期割りましたが再度80台を推移しています。

カナダドルの投資戦略

カナダドルのスワップポイント狙いの投資

政策金利が利上げサイクルに突入したカナダと、低金利政策を続ける日本円との政策金利差は今後拡大することが予想されるので、FXでカナダドル円を保有することによって得られるスワップポイント狙いの投資は有効となりそうです。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

例えば、カナダドル円83円、初期投資資金83万円、スワップ金利1日50円とすると下記のような感じになります。

※スワップ金利は2019年3月調査時点で最も高いスワップ金利となっているみんなのFX・LIGHT FXの値を参考に算出

取引数量 必要証拠金
(4%)
年間スワップ 年間利回り ロスカット
(証拠金維持率100%)
1万
(レバレッジ1倍)
33,200円 18,250円 2.20% 3.3円
2万
(レバレッジ2倍)
66,400円 36,500円 4.40% 44.8円
3万
(レバレッジ3倍)
99,600円 54,750円 6.60% 58.7円
5万
(レバレッジ5倍)
166,000円 91,250円 10.99% 69.7円
10万
(レバレッジ10倍)
332,000円 182,500円 21.99% 78円

※カナダドル円の史上最安値は1995年の時で約58円です。

レバレッジ2倍までなら約4.4%程度の利回りが期待できそうで、しかもロスカットまでの値幅は大きいので当面ロスカットの心配はなさそうです。

参考 FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

参考 FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

レバレッジ3倍だと、史上最安値まで下落したらロスカットとなってしまいそうですが、現在のレートとだいぶ離れているので最安値まで下落する間に貯まったスワップポイントで耐えられる可能性は高そうですが、大暴落に備えて追加資金投入も視野にいれておいたほうが安全です。

上記は初期投資資金を83万円としてますが、取引数量1万でレバレッジ2倍なら初期投資資金は83万円÷2=41.5万円からと初期投資金額を抑えることができ、さらに1,000通貨取引ができるFX会社であれば、レバレッジ2倍なら4.15万円から投資を始めることができます。

しかも、カナダドル円でスワップポイントが最高値水準となっているSBIFXトレードなら1通貨から取引することができるので、レバレッジ1倍でも100円以下から投資することもできます。

また、FX業界で唯一自動で外貨を積立てることができる「積立FX」ができるのもSBI FXトレードだけです。

参考 積立FXについては下記も参考にしてみてください。

⇒ 外貨預金に代わるおすすめサービス!積立FXとはどんな機能?

⇒ SBIFXの積立FXと通常のFX取引と比較!お得に取引できるのは?

参考 SBIFXトレードの詳細は下記の公式サイトでも確認してみてください。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

カナダドルの為替差益狙いの投資

カナダドルは、格付け大手3社が最上級の格付けをつけていて、インフレ率も低く経済が緩やかながらも安定的に成長しているため優等生通貨と言われています。

また、カナダドル円は、流動性が低いために米ドル円と比較すると若干大きく値が動くときもありますが、比較的素直な値動きをすることが多いので、テクニカル分析がし易い通貨ペアとも言われています。

ただ、デイトレードやスキャルピングのような短期売買が目的の場合には、値動きが大きくないので利益を上げにくく、米ドル円と比較するとスプレッドも高めなので短期売買にはあまり向いてない通貨ペアです。

参考 FX初心者向けのおすすめ通貨ペアって?トレードスタイル別の選び方とは?

カナダドルのリピート系自動売買

FXではいろいろな自動売買がありますが、例えばカナダドル円で考えた場合、上記の長期チャートでも70円から105円あたりの幅を推移していて、リピート系自動売買に向いた通貨ペアと言えます。

リピート系自動売買では、相場の高値と安値を狙うのではなく為替レートの上げと下げの繰り返しによる「総推移」を、自動売買で利益をこつこつ積み重ねる取引手法となります。

そのため、このようなリピート系自動売買に向いている通貨ペアは下記のような通貨ペアとなります。

  • 長期でレンジ相場を形成している
  • 総推移が大きい
  • 高低差が小さい
  • スワップポイントが高く、スプレッドが低い

高低差が小さければ、仕掛ける自動売買の数を少なくできるので投資資金を抑えることができ、細かいレンジ幅で為替レートが推移しているので、少ない資金でリピート回数が増えるので利益を得る機会が増えるということになります。

リピート系自動売買で元祖ともいえるトラリピでは、ログイン後の情報とはなりますが各通貨ペアの総推移(2009年以降)や高低差を公開しています。

参考 FXでこつこつ利益を積み重ねて長期資産運用!トラリピの仕組みとは?

総推移が高く高低差が低い通貨ペアを選ぶ基準として、「総推移÷高低差」で算出した「一日当たり総推移」を米ドル円とカナダドル円、資源国通貨で人気の高いオーストラリアドル円を比較すると下記となります。

米ドル円 カナダドル円 オーストラリアドル円
高低差(平均) 15.1 15.5 17.01
総推移(平均) 521.5 623.0 655.1
一日当たり総推移(平均) 36.4 40.2 39.5

※2007年から2017年の平均

総推移が高く高低差が低い通貨ペアとは、一日当たり総推移が高いということなので、3つの通貨ペアではカナダドル円がもっとも高くトラリピの通貨ペアに向いています。

また、トラリピでのスプレッドやスワップポイントは下記の様にカナダドル円が最も好条件となっています。

米ドル円 カナダドル円 オーストラリアドル円
スプレッド 2銭 2銭 4銭
スワップポイント 10円 18円 7円

※スワップポイントは2019年3月8日適用分

トラリピのデメリットであった取引手数料が無料となり、より低コストで取引することができるようになってます。

>> マネースクエア(公式サイト)

マネースクエア_カナダドル

まとめ

カナダは、米国の隣国の国でG7(主要先進7ヵ国)の一員として世界でも政治的にも経済的にも安定した国と言われていて、世界第二位の広大な国土を有し、世界有数の資源国としても知られています。

そんなカナダの通貨であるカナダドル(CAD)の特徴として下記のような点が挙げられます。

  • 世界有数の資源国通貨
  • 政策金利は利上げサイクルに突入し金利が緩やかながら上昇中
  • 隣国の米国の影響を受けやすい

先進国でありながら資源国通貨としての特性を持つカナダドルは、格付け大手3社が最上級の格付けとなっていて、インフレ率も低く経済が緩やかながらも安定的に成長しているため優等生通貨と言われています。

また、カナダドル円は、流動性が低いために米ドル円と比較すると若干大きく値が動くときもありますが、素直な値動きをすることが多く比較的安心な通貨ペアとして知られています。

そんなカナダドル円ですが、値動きが大きくないので利益を上げにくく、米ドル円と比較するとスプレッドも高めなので短期売買にはあまり向いてない通貨ペアです。

政策金利が上昇局面となっているので、スワップポイント狙いの投資は有効となりそうなので、レバレッジを抑えて中長期で取引するような通貨ペアとしては今後注目されます。

参考 カナダドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

また、比較的レンジ相場が続くカナダドル円では、リピート系自動売買も有効となりそうで、米ドル円やオーストラリアドル円と比較しても「一日当たり総推移」が最も高い状況となっていて、リピート系注文には適した通貨ペアとなっています。

高金利通貨だけでなくカナダドル円もスワップポイントが高いみんなのFXとLIGHT FX

高金利通貨であるトルコリラ円やメキシコペソ円、南アフリカランド円のスワップポイントも高いですが、先進国通貨のカナダドル円のスワップポイントも高くスワップポイント狙いの投資をするなら注目のFX会社です。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> みんなのFX(公式サイト)[詳細解説]

>> LIGHT FX(公式サイト)

参考 LIGHT FX(ライトFX)とみんなのFXの違いって?スプレッドやスワップポイントってどう?

スワップポイント、スプレッドの条件が良く複利に有利な最低取引数量が1通貨から!

カナダドル円だけでなく、他の通貨でもスワップポイントが高く他社と比較しても上位にいて安定的に高いスワップポイントが提示されています。スプレッドも全体的に条件は高水準です。しかも、FX会社で唯一外貨を自動で積立てることができるサービスもあります。

今なら口座開設すればFX取引が体験できるように500円もらえます!

もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。

>> SBIFXトレード(公式サイト)

参考 外貨預金に代わるおすすめサービス!積立FXとはどんな機能?

参考 SBIFXの積立FXと通常のFX取引と比較!お得に取引できるのは?

取引高、預かり資産No1はGMOクリック証券

カナダドル円や米ドル円やニュージーランド円などの通貨ペアのスワップポイントは業界でも高く、取引コストであるスプレッドも業界でも最狭水準となっています。最低取引数量が1万通貨からというデメリットはありますが、スワップポイントの引き出し(出金)が可能なのでスワップポイントを生活費の一部にあてたい方に向いています。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> GMOクリック証券【FXネオ】(公式サイト)[詳細解説]

カナダドル円のリピート系自動売買をするならトラリピ!

リピート系自動売買で元祖ともいえるトラリピでは、手数料が無料となりより低コストで取引することができるようになりました。

もちろん口座開設・維持費は無料ですので、この機会に検討してみてください。

>> マネースクエア(公式サイト)[詳細解説]

マネースクエア_カナダドル

参考 他の通貨でスワップ運用するなら下記も参考にしてみてください。

⇒ 米ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ 豪ドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ NZドル円のスワップポイント狙いの積立投資ってどう?利回りはどのくらい?

⇒ 南アフリカランド円のスワップポイントは高いけど今後の見通しは?利回りはどの位?

⇒ トルコリラのスワップ金利は高いけど投資して大丈夫?今後の見通しは?

⇒ メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?

参考 スワップポイント狙いの投資をするのにおすすめな通貨ペアについては下記も参考にしてみてください。

⇒ FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!