米国株の信用取引(空売り)ができる証券会社ってある?CFDはどう?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

空売りは、下落傾向にある銘柄を空売りして利益を上げるだけでなく、保有銘柄が長期的には上昇トレンドでも短期的に下落しているときに空売りしてリスクをヘッジすることにも利用することができます。

一般的に株価は上昇よりも下落するスピードが速いため、空売りを利用すれば短期の取引でも利益を上げやすいですが、日本国内から米国株の信用取引(空売り)ができるのか確認してみました。

米国株の信用取引対応状況って?

日本国内で米国株の取り引きができるネット証券は、SBI証券、楽天証券、マネックス証券がありますが、各証券会社の信用取引の対応状況は下記の様になっています。

参考 おすすめネット証券比較(海外ETF、海外株式編)!手数料が安いのは?

SBI証券

※SBI証券「FAQ

SBI証券では米国株だけでなく、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアなどの株式も取引することができますが、米国株を含む海外株式は現物取引のみとなっています。

楽天証券

※楽天証券「FAQ

楽天証券も米国株式の信用取引を行うことはできません。

マネックス証券

※マネックス証券「FAQ

マネックス証券でもSBI証券、楽天証券同様に米国株の信用取引を行うことができません。

米国株の空売りをするには?

日本国内で米国株の取り引きができるネット証券である、SBI証券、楽天証券、マネックス証券では信用取引に対応している証券会社はないので空売りを行うことができません

ただ、CFDなら米国株式を買いも売りもでき、レバレッジをかけた取引を行うことも可能です。

CFDは「差金決済取引」のことで、為替の取引ができるFXも差金決済取引の一つで、株式などの取引の場合は、株券という現物のもの保有し、売却すると株券を手放すことになりますが、差金決済では現物がない取引のことを言います。

参考 CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

CFDと信用取引の違いって?

CFDには、くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDがありますが、米国株式を取引できるのは店頭CFDのみです。

参考 くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDの比較!取引するならどっち?

信用取引は国内株式を取引する場合となりますが、店頭CFDで米国株を取引する場合(GMOクリック証券)を想定すると違いは下記の様になります。

 CFD信用取引
取引単位
単元株
売り
できる
レバレッジ5倍3倍
手数料無料プランや取引高に応じて異なる
配当相当額あり(売りの場合支払)あり(売りの場合支払)
金利あり(売りの場合受取)あり(売りの場合貸株料を支払)
その他コストスプレッド逆日歩(売りの場合支払)
取引期限無期限6ヶ月(一般信用では無期限もあり)

CFDで米国株を取引する際の特徴としては、下記のような点が挙げられます。

  • レバレッジが5倍までかけられる
  • 取引手数料は無料
  • 買いの場合は配当相当額を受け取れ、金利を支払う(売りの場合はそれぞれ逆)
  • 取引期限は無期限

CFDで空売りする場合は、金利を受け取ることができますが、例えばGMOクリック証券の場合の計算式は下記のような記載があります。

株式CFDの金利調整額は当社終値をもとにLIBOR(又はHIBOR)に±3%を加減し計算を行い当社が決定いたします。

※GMOクリック証券「FAQ

空売りの場合は「LIBOR-3%」となりますが、米ドルLIBORは2%程度と合計ではマイナスとなっていて、実質的には空売りの場合でも金利の支払いが発生します。

下記はGM(ゼネラルモーターズ)の金利調整額ですが、売りの場合でもマイナスとなっています。

ただ、端数があった場合は切り捨てとなっていて、1円未満の場合は切り捨てとなるので、例えば上記のGM(ゼネラルモーターズ)の場合15株まとめて空売りすると金利の支払いが発生しますが、1株づつなど分割して注文することにより金利の支払いはなくなります

試しにGM(ゼネラルモーターズ)で1株の空売りと15株をまとめて空売りして、一日経過したときの金利調整額は下記の様になり、1株では端数が切り捨てとなり金利調整額が0円なのに対して、15株の場合は金利調整額がー1円と金利の支払いが発生していました。

また、CFDでは買値と売値の差であるスプレッドが取引するたびに必要となるコストとなり、銘柄ごとによって異なりますが、例えばGMOクリック証券のGM(ゼネラルモーターズ)株だと下記の真ん中に表示されているように「0.1」ということになります。

米国株式をCFDで空売りできる会社って?

CFDで米国株式の取引ができるのは、GMOクリック証券、サクソバンク証券、IG証券がありますが、それぞれの違いについては下記の様になります。

 GMOクリック証券サクソバンク証券IG証券
取扱銘柄数(米国株)59約2,000約4,000
レバレッジ5倍5倍
(一部例外あり)
5倍
(一部例外あり)
口座管理・維持費用なしなし証拠金を預けてる状態で6ヶ月以上全ての口座にポジションがない、かつ、6ヵ月以上取引をしていない場合は月額540円※
手数料0円取引数量×0.025米ドル
(最低10米ドル)
取引数量×0.0216米ドル
(最低16.2米ドル)
スプレッド
(Appleの場合)
0.9約0.03約0.03
スプレッド
(Facebookの場合)
0.5約0.03約0.03
スプレッド
(テスラの場合)
1.0約0.3約0.3
※:証拠金残高がない場合は引き落としはされない

取扱銘柄はサクソバンク証券とIG証券が圧倒的に多く(一部の銘柄は空売りはできない)、GMOクリック証券はメジャーな銘柄(アップルやアマゾン、Facebookなど)のみ取引ができます。

参考 GMOクリック証券「株式CFD取扱銘柄

手数料はGMOクリック証券のみ0円で、サクソバンク証券やIG証券では最低手数料が決まっているので、取引数量が少ない場合は不利となりますが、スプレッドがGMOクリック証券より狭いので、取引数量が多ければサクソバンク証券やIG証券の方が低コストで取引できます。

例えばアップルの株を取引する場合のトータルコスト(往復手数料+スプレッド)を比較すると下記の様になり5株以下ならGMOクリック証券が最も低コストでが、それ以上の取引数量を取引する場合はサクソバンク証券が低コストとなっています。

ただ、GM(ゼネラルモーターズ)のようにGMOクリック証券でのスプレッドが0.1と狭い銘柄の場合は、取引数量が50株でもGMOクリック証券が最も低コストだったりもするので、銘柄のスプレッドには気を付けたいところです。

まとめ

日本国内で米国株の取り引きができるネット証券は、SBI証券、楽天証券、マネックス証券がありますが、3社ともに米国株の信用取引は取り扱っていないので空売りすることはできません。

ただ、CFDを利用すれば米国株の空売りを行うことができ、レバレッジを最大5倍程度までかけて取引することが可能です。

CFDで米国株式の取引ができるのは、GMOクリック証券、サクソバンク証券、IG証券がありますが、取扱銘柄はサクソバンク証券とIG証券が圧倒的に多く、GMOクリック証券はメジャーな銘柄(アップルやアマゾン、Facebookなど)のみ取引ができます。

取引手数料は、銘柄のスプレッドによってトータルコストが変わってきますが、取引数量が小さい場合はGMOクリック証券が低コストで取引ができますが、GMOクリック証券でスプレッドが比較的広い銘柄に関しては取引数量が小さくてもサクソバンク証券の方がトータルコストが安くすむ場合があります。

米国株のメジャーな銘柄で取引数量が少ない取引をするならGMOクリック証券

取引手数料が無料なので、気軽に米国株の買いも売りもレバレッジをかけて取引することができます。もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)

約2,000銘柄の米国株を取引できるのがサクソバンク証券

最低手数料があるので、取引数量が少ないと不利となりますが、GMOクリック証券でスプレッドが広い銘柄などはサクソバンク証券の方が低コストとなる場合があります。またGMOクリック証券で取引できない銘柄も数多く取引することができます。

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>>サクソバンク証券(公式サイト)