ニッセイJリートインデックスファンドの評価・特徴!利回りは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

tousin-nissei-jreit

国内REIT市場は、2020年の東京オリンピックに向けてこれから本格的な成長が期待される資産クラスです。

ニッセイJリートインデックスファンドは、ニッセイの「購入・換金手数料なし」シリーズで、国内REIT市場に投資する商品です。

低コストインデックスファンドが登場しては最安値を更新していますが、信託法主も最安値で実績では先に出ているこのファンドの方が優位性がありますので、詳細を確認したいと思います。

参考 REITについては下記の記事も参考にしてみてください。

⇒ REITとは?投資信託やETFなどで投資が可能です!

ニッセイJリートインデックスファンドの基本情報

基本情報

買付単位 金額は1万円以上、
積立はSBI証券は500円、楽天証券は1,000円から
売買手数料 無料(ノーロード)
信託報酬 年率0.25%(税抜)※2016年11月22日から
実質コスト 0.34%(税抜)※決算日 2015年5月12日ベース
信託財産留保額 なし
決算 年1回(5月12日)
信託期間 無制限
運用会社 ニッセイアセットマネジメント
再投資 金額、積立ともに可能(SBI証券、楽天証券)

上位銘柄(組入銘柄数51)

銘柄名 用途 比率
日本ビルファンド投資法人 オフィスビル特化型 7.4%
ジャパンリアルエステイト投資法人 オフィスビル特化型 6.6%
日本リテールファンド投資法人 商業施設特化型 5.7%
ユナイテッド・アーバン投資法人 総合・複合型 4.6%
日本プロロジスリート投資法人 物流型・ロジスティクス型 4.0%
オリックス不動産投資法人 総合・複合型 3.6%
アドバンス・レジデンス投資法人 住宅特化型 3.5%
日本プライムリアルティ投資法人 総合・複合型 3.2%
森トラスト総合リート投資法人 総合・複合型 2.8%
アクティビア・プロパティーズ投資法人 総合・複合型 2.7%

分配金

運用開始されて2回決算を迎えていますが、まだ分配金は出されていませんので効率よく運用されています。

株式の配当などはファンド内の原資として効率よく運用されています。分配金がでると課税(20%)された後に再投資することになるので複利効果が落ちます。

特徴

東証REIT指数に連動したインデックスファンドで、東証上場の全REIT銘柄に分散投資が可能となります。

Jリートは個別で買うと数万から100万を超えるものまであるため、ある程度の資金が必要となります。

しかし、ニッセイJリートインデックスファンドであればすべてのJリート銘柄を購入できるので分散投資が可能となり、500円から購入可能な証券会社(SBI証券など)もあるので非常に低資金から投資が可能です。

また実質コストも0.34%と低コストを実現できているといえるでしょう。

信託報酬引き下げ後の実質コストは今後確認が必要ですけど、今までの傾向から実質コストも最安値となりそうです。

実際の利回りは?

基準価額騰落率

ファンド
1ヶ月 +0.12%
3ヶ月 +4.97%
6ヶ月 ー1.50%
1年 ー5.13%
設定来 +41.30%

※2015年12月末

nissei-jreit-vs-nikkei

(引用元:Yahooファイナンス)

こちらのグラフは、ニッセイJリートインデックスファンド(青)日経平均(赤)直近2年間を比較した図となります。

評価

株とREITを比較してリターンなどは参考にはなりませんので値動きだけ見てみたいと思います。

値動きは株同様に上下にそれなりに動いてますね。

直近日経平均はかなり下げてますが、それよりかはちょっと緩やかな下落となっています。

しかも株式市場と連動した動きをしているわけではないので、分散投資として国内REITをアセットアロケーションの一部に取り入れてもいいと言えます。

ただし、REIT市場は株式などと比べると市場は小さいので、値動きもそれなりに動くことになります。

そのため、投資するにしても投資資金全体の10%前後にとどめておくのが無難かと思いますね。

まとめ

信託報酬の引き下げにより再度国内REITでは信託報酬最安値の座に返り咲いたのが「ニッセイJリートインデックスファンド」です。

信託報酬最安値で、すでに純資産残高も78億円を集めているので安全性も高いです。

ただ、ちょっと注意したいのは直近純資産残高が伸び悩んでいます。それほど心配するほどでもないレベルですが、注視したいと思います。

ニッセイJリートインデックスファンドを購入するならSBI証券がおすすめ!

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.24%のポイント還元がもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

投資信託は保有しているだけでポイントがもらえますし、ニッセイJリートインデックスファンドはSBI証券であれば最大0.24%ポイントが付きますので、ネット証券を選ぶ際の参考にしてみてください。

参考 知らなきゃ損!投資信託の購入はネット証券のポイントでお得に!

他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?