ETFと投資信託の違いって?投資するならどっちがいいか徹底比較!

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

etf-vs-tousin

ETFは上場投資信託といい、証券取引所で取引される投資信託のことですが、投資信託との違いって何でしょうか?

投資信託への投資を考えネットで調べているとETFという商品があることを目にすることも多いので気になっている方も多いと思いますので、投資するならどっちがいいかまとめてみました。

参考 ETFは手数料が安いが投資に有効?メリット、デメリットは?

ETFと投資信託の違い

ETFはTOPIXや日経平均などのインデックスに連動した動きを目指す商品なので、インデックス型投資信託にかなり似ているので、インデックス型投資信託と比較します。

ETF インデックスファンド
売買場所 証券会社 証券会社、銀行、郵便局など
売買価格 リアルタイムに売買 1日1回
売買手数料 証券会社の株式手数料による 0%~1%
※その他売却時に信託財産保留額
がかかります。
信託報酬 投資信託より安い 0.2%~1%
最低投資金額 数千円から 積立なら500円から
分配金 元本払戻金(特別分配金)
はありません。
元本払戻金(特別分配金)
となる場合があります。
分配金再投資 できない できる

売買場所

ETFは株式と同じなので、各証券会社で売買することができます。

投資信託は、証券会社だけでなく銀行や郵便局でも購入することはできますが、ネット証券以外は高コストな投資信託が多いので注意してください。

売買価格

こちらもETFは株式同様に市場が開いている間はリアルタイムに取引ができます。

投資信託は市場が終わった後に価格が決まるので1日に1回ということになりますが、投資信託をそれほど短期取引対象にする方もいないでしょうからあまり問題ないですね。

売買手数料

ETFは通常の株式と同じ扱いなので、株式同様の売買手数料がかかります。

ただ、松井証券なら約定代金が10万円以下なら手数料が無料ですので、初心者の方でも気軽に投資ができます!

また、GMOクリック証券ならETFの売買手数料を実質無料化できるので、下記記事を参考にしてみてください。

参考 GMOクリック証券で株式やETFの手数料を実質無料(0円)で売買!

投資信託は買付手数料がかからないノーロード投資信託というものがあります。

低コストインデックスファンドをはじめ数多くの投資信託がノーロード投資信託で、SBI証券や楽天証券では900本以上がノーロード投資信託となっています。

参考 各資産別のノーロード投資信託はこちら

信託報酬

ETFの魅力といえばやはりこれです。

信託報酬がとにかくやすいものが多いという特徴があります。

例えばTOPIXをベンチマークとする「iシェアーズ TOPIX ETF(1475)」の信託報酬は0.06%です。

投資信託は最近では低コストインデックスファンドが出ていますが、TOPIXをベンチマークとした投資信託では最安値は「ニッセイTOPIXインデックスファンド」の0.29%ですので、約1/5のコストとなります。

ETFは売買手数料がかかりますが、これだけのコスト差があるので長期になればなるほどETFの方がコストメリットが出てきます。

最低投資金額

iシェアーズ TOPIX ETF(1475)」は1口から購入できるので、1,500円弱から投資することができますが、他のETFは大体1万円前後と考えておくのがいいでしょう。

投資信託は500円から購入できることを考えると、ETFは多少多めの投資金額が必要です。

分配金

投資信託では特別分配金というただの元本払戻金の分配金があります。

毎月分配型などではこの特別分配金を多く支払うことによって見た目上の分配金利回りを上げてるファンドがあり、これにかなり多くの方が投資をしていますが、この分配金はただ単に自分が投資したお金を返し貰ってるだけなので、何の意味もない分配金です。

参考 投資信託の分配金利回りランキングに日本証券業協会から注意喚起!

ETFは原則決算時に運用期間中に得られた利益に関しては運用コストなどを差し引いて残りはすべて分配することが決まっていますので、問題となる分配金はありませんので、一生貰い続けられるお小遣いとなってくれますね。

分配金再投資

投資信託は証券会社の設定で自動で分配金を再投資してくれる仕組みがありますし、分配金を出さずに複利効果を追求する投資信託もあります。

ETFの分配金は健全なのですが、再投資ができません。

そのため自分で再投資しなければいけません。

海外ではDRIP(Dividend Re Investoment Program)という株式やETFの配当金を自動的に再投資してくれる仕組みがあるそうです。

国内でもこのようなサービスが出るのを期待したいですね。

参考 このようなサービスがない中、どのように分配金を再投資すべきかは下記を参考にしてみてください。

⇒ ETFの配当金(分配金)の再投資ってどうやる?効率的なやり方は?

結局どっちがお得?

上記の違いをまとめると、ETFは

売買手数料がかかるが、信託報酬はかなり安いので長期的にはコストメリットがでるが、再投資は自分でやらないといけない

ということになりますね。

では、信託報酬がかなり安いということですが、どのくらい差が出るものでしょうか?

例えば100万円をTOPIX連動型の「iシェアーズ TOPIX ETF(1475)」と「ニッセイTOPIXインデックスファンド」に10年間投資した場合を比較してみましょう。

購入時
(税抜)
年間コスト 10年間のコスト
iシェアーズ TOPIX ETF 436円 0.06×100万=600円 6,436円
ニッセイTOPIX
インデックスファンド
0円 0.29%×100万=2900円 29,000円

※ETFの購入時手数料は最安値水準のGMOクリック証券 の手数料

ETFの方は売却時に手数料がかかりますが、ここまで差がでるとあまり関係ないですね。

信託報酬が安いと一時的な手数料をも上回るコスト差が出そうです。

海外ETFはどう?

海外ETFというと外国株と同様に外貨に交換する必要はあるし、手数料は高いしと敬遠されてる方も多いかと思います。

ただ、バンガード社を始めとする世界レベルのETFは信託報酬が激安のものがあります。

参考 バンガードのETFはなぜ低コストを実現できるのでしょうか?

例えば、全世界の株式市場に分散できる「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド」の信託報酬は0.25%で、実質コストは0.36%と格安ではありますが、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」の信託報酬はそれさえも下回る0.14%です。

参考 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)はNISAで!

参考 三井住友・DC全海外株式インデックスファンドの評価・特徴!

まとめ

投資信託とETFの違いとして、ETFは

  • 売買手数料がかかる
  • 信託報酬は安い
  • 再投資は自分でやる必要がある

ということにまとめられます。

売買手数料はGMOクリック証券などを使えば実質無料化されますし、長期で見れば信託報酬の安さでトータルコストはETFの方がだいぶ安くすみます。

参考 GMOクリック証券で株式やETFの手数料を実質無料(0円)で売買!

あとは再投資と自動積立の考え方かと思います。

自動積立は上記では触れませんでした、ETFは売買手数料がかかるので少額での自動積立はコストがかかりすぎますので、基本は一括投資となるでしょう。

また、再投資を自分でやらないといけないという手間は、資産運用で複利で増やしたい方には重しになる可能性があります。

長期投資なのでなるべくほったらかしで投資を続けたいところですが、分配金がある程度貯まったら手動で再投資するのはちょっと面倒だったりするかもしれませんね。

ある程度割り切ってコストの差は自動化の必要経費と思ってインデックス投資信託に投資するのもありかと思います。

もちろんコストをかけたくない方は手動で再投資をすれば掛けた手間分リターンは良くなるので、どちらを選ぶかは個々の考え方次第ですが、あなたならどちらを選びますか?

参考 ETFの配当金(分配金)の再投資ってどうやる?効率的なやり方は?

投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?

個別インデックスファンドは下記を参考にしてください。
株式 おすすめ国内株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ先進国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
株式 おすすめ新興国株式型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ国内債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ先進国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
債券 おすすめ新興国債券型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ国内REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
REIT おすすめ海外REIT型インデックス投資信託(ノーロード)の比較表
バランス おすすめバランス型投資信託ファンドはこれ!初心者の方にもおすすめ!

国内ETF(JDR含む)を購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

もちろん株式も10万円以下なら手数料がかかりませんので、初心者の方にもおすすめです!

>> 松井証券 (公式サイト)


GMOクリック証券ならETFの売買手数料を実質無料(0円)にできます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>GMOクリック証券 売買手数料を無料にするやり方


【国内ETFの売買手数料比較】

 10万円
まで
20万円
まで
30万円
まで
50万円
まで
100万円
まで
300万円
まで
お得情報
松井証券※20円300円300円500円1,000円3,000円10万円以下
手数料無料
ライブスター証券80円97円180円180円340円600円2か月間
手数料無料
GMOクリック証券 88円97円241円241円436円900円
カブドットコム証券90円180円250円250円990円2,790円
岡三オンライン証券 99円200円350円350円600円1500円
マネックス証券100円180円250円450円1,000円3,000円最大51,000円
プレゼント
SBI証券 139円185円272円272円487円921円最大100,000円
プレゼント
楽天証券※3139円185円272円272円487円921円最大85,000
ポイントプレゼント
※1:税抜です
※2:松井証券はボックストレードという仕組みで取引回数ではなく1日の約定代金合計によって手数料が決まります。
※3:超割コースでの手数料です

海外ETFを購入するのにお得な証券会社は?

50万円までならトータルコストは最安値のマネックス証券!

海外株式に力を入れているだけあって売買手数料は最安値なので、是非とも利用しましょう!

>> マネックス証券 (公式サイト)


50万円以上ならトータルコスト最安値のSBI証券!

1万通貨までならSBI証券+SBI FXαが最安値で、80万円以上SBI+住信SBIネット銀行が最安値です!

>> SBI証券  (公式サイト)


海外ETF、海外株式で失敗しない証券会社選び!

海外ETFや海外株式を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較【海外ETF、海外株式編】!手数料が安いのは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

フォローいただければ、最新記事をSNSでご確認いただけますよ。