インデックスファンド

Smart-i 先進国リートインデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i 先進国リートインデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、日本を除く先進国の不動産投資信託証券に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。
2021.03.06
インデックスファンド

eMAXIS Slim 先進国リートインデックスの評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで日本を除く先進国の金融商品取引所に上場している不動産投資信託証券に分散投資ができるのがeMAXIS Slim 先進国リートインデックスです。S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするインデックスファンドですがどんな内容なのか確認してみました。
2021.03.05
楽天銀行

楽天銀行のマネーサポートの評価ってどう?資産管理ツールとして使える?

楽天銀行はマネーサポートという無料の資産管理ツールを提供していて、リニューアルを繰り返し1,000以上の金融機関と連携が可能となっています。銀行やクレジットカードはもちろん、証券会社、FXや電子マネーやポイントなども管理できるようになってますが、複数の金融機関の資産管理ツールとしてどんな内容なのか確認してみました。
2021.03.01
投資信託

【最新】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年優れていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」の結果発表が行われました。どのようなファンドが選ばれたのか確認してみました。
2021.02.28
アクティブファンド

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねの評価って?利回りはどのくらい?

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねは、米国の上場株式を対象に、付加価値の高い産業、圧倒的な競争優位性、長期的な潮流の3つの条件を満たす「構造的に強靭な企業」に厳選して投資を行うアクティブファンドです。どんな内容のファンドで過去の成績はどうだったのか確認してみました。
2021.02.28
資産別一覧

海外リートインデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

海外リートインデックスファンドは主に海外(先進国や新興国)に上場する不動産投資信託証券に分散投資ができる投資信託です。海外リートは比較的利回りが高く、インフレ対策にもなるため分散投資先の一つとして考えられる資産クラスです。そんな海外リートインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。
2021.02.27
国内ETF

SPDR S&P500 ETF(SPY・1557)ってどう?世界最大ETFの利回りは?

米国の代表的な指標であるS&P500に連動し、世界最大の純資産残高を誇るETFがSPDR S&P500 ETF(SPY・1557)です。純資産残高は約36兆円で1993年に米国で上場し20年以上運用されている世界で最も有名なETFです。東証には2011年に上場しているので国内ETFとしても取引が可能ですが、どんなETFなのか内容を確認してみました。
2021.02.24
FX

FXスキャルピングとは?利益を上げるためのコツってなに?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも最も短期間で取引を行う手法がスキャルピングです。スキャルピングは資金効率がよく、数秒から数分で小さな利益をコツコツ積み重ねていきます。そんなスキャルピングのメリットやデメリットは何か、利益を上げるコツなどを紹介します。
2021.02.24
インデックスファンド

三井住友・DC日本リートインデックスファンドの評価って?利回りや実質コストは?

三井住友・DC日本リートインデックスファンドは、国内の不動産投資信託証券(Jリート)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、利回りや実質コストなど、どんな内容のファンドなのか確認してみました。
2021.02.23
インデックスファンド

たわらノーロード 国内リートの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

たわらノーロード 国内リートは、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内に上場している不動産投資信託証券(J-REIT)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。
2021.02.22
インデックスファンド

iFree J-REITインデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

iFree J-REITインデックスは、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで、日本のリート(不動産投資信託)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。
2021.02.21
FX

FX会社のスプレッドを比較!狭いだけでは低コストと言えない理由とは?

FXの取引コストは、多くの会社で取引手数料が無料となっているので実質的な取引コストはスプレッドとなり、FX会社によってスプレッドが異なるので低コストで取引するならスプレッドが狭い方がより低コストでトレードができます。ただ、スプレッドだけでなく他にも気をつけたいポイントもあるので、スプレッドを比較しつつどのFX会社がより低コストでトレードができるのか確認してみました。
2021.02.19
インデックスファンド

Smart-i Jリートインデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i Jリートインデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、国内の不動産投資信託証券(Jリート)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。
2021.02.17
インデックスファンド

ニッセイJリートインデックスファンドの評価ってどう?利回りや実質コストは?

ニッセイJリートインデックスファンドは、ニッセイの<購入・換金手数料なし>シリーズで、国内のリート市場に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、利回りや実質コストについて確認してみました。
2021.02.16
GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行の評価・評判ってどう?メリット・デメリットは?

GMOあおぞらネット銀行は、GMOインターネットグループとあおぞら銀行が共同出資するネット銀行です。あおぞら銀行の銀行経営ノウハウとGMOインターネットグループのIT技術を融合することで、あらなた銀行の形態として「次世代型インターネット銀行事業」を目指すとのことですが、どのようなサービス内容なのか確認してみました。
2021.02.15
トライオートFX

トライオートFXの評価・評判は?手数料やスワップポイントってどう?

トライオートFXは、トライオートETFやマイメイトといったサービスを提供するJASDAQに上場するインヴァスト証券が提供するFXの自動売買が行えるサービスです。FXの自動売買はいくつかのFX会社で提供されていますが、トライオートFXはどのような特徴があるのか確認してみました。
2021.02.15
インヴァスト証券

インヴァスト証券の評価・評判は?スプレッドやスワップポイントはどう?

インヴァスト証券はトライオートFXといったFXの自動売買サービスを運営するJASDAQに上場する会社です。他にもトライオートETFというETFの自動売買も行えるなど自動売買に強みがありますが、どんなサービス内容なのか確認してみました。
2021.02.15
株式

PayPay証券の評価・評判ってどう?手数料や投資できる銘柄って?

PayPay証券(旧One Tap BUY)は、1,000円からと少額から日本や米国企業の株式投資ができるサービスです。スマートフォンから簡単に投資ができることから多くの投資未経験者の方も利用しているサービスですが、どんな銘柄に投資ができ手数料は低コストなのかなど内容を確認してみました。
2021.02.14
FX

FXでスキャルピングOKのおすすめ口座ってどこ?スプレッドが狭いだけでいい?

FXの取引スタイルで人気があるスキャルピングは、1日に何度もトレードを行うことによって利益を積み上げていく取引スタイルです。スキャルピングは、すきま時間を利用してさっと取引をすることができ、少額でもレバレッジを大きく掛ければ十分な利益を狙うこともできますが、FX会社によってはスキャルピングをしていたら口座凍結したといった話もあるので、安心してスキャルピングができるFX会社を確認してみました。
2021.02.11
インデックスファンド

eMAXIS Slim 国内リートインデックスの評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズで国内に上場している不動産投資信託証券(J-REIT)に分散投資ができるのがeMAXIS Slim 国内リートインデックスです。東証REIT指数(配当込み)をベンチマークとするインデックスファンドですがどんな内容なのか確認してみました。
2021.02.05