国内リート型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内リート型インデックスファンドは主に国内に上場する不動産投資信託証券に分散投資ができる投資信託です。間接的に国内の商業ビルやオフィス等に投資を行い、不動産価格の値上がりと同時に定期的な賃料による収益が期待できる投資信託です。そんな国内リート型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

SBIソーシャルレンディングの口座開設から出資するまでの手順を解説!

SBIソーシャルレンディングは、東証一部上場のSBIホールディングスの子会社で、ソーシャルレンディング事業者では、唯一総合金融グループの運営ということで信頼度が高い会社です。法人向け貸倒れは0件で、オーダーメード型ファンドでは6~7%の利回りと魅力ある投資先を揃え人気が高いSBIソーシャルレンディングの口座開設手順について紹介します。

ロボアドバイザーとは?比較してわかるサービスの違いって?

自動で資産運用を行ってくれるロボアドバイザーは、ネット証券やFintech企業から提供されていて、投資初心者の方でも気軽に資産運用できることから人気を集めています。ラップ口座やファンドラップといった一部の富裕層向けのサービスに対してAIなどのIT技術を駆使して低コスト化されたサービスとなりますが、各社のサービスはどのような違いがあるのか比較してみました。

野村つみたて外国株投信ってどう?低コストで先進国・新興国に分散投資!

野村つみたて外国株投信は、日本を除く先進国22ヵ国、新興国24ヵ国の大型・中型株に分散投資ができるインデックスファンドです。野村アセットマネジメントではすでにインデックスファンドシリーズ「Funds-i」を運用していますが、つみたて専用として設定された野村つみたて外国株投信の内容について確認してみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価・評判!手数料や使い方は?

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内初のビットコイン取引所で、ビットコインの取引量は国内最大級の仮想通貨の取引所です。金融庁の登録・認可を受け、三大メガバンクや第一生命、三井住友海上火災、リクルートなどのグループ企業が株主として名を連ね、信頼性も高いbitFlyer(ビットフライヤー)のサービス内容について確認してみました。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)ってどう?VTと比較すると?

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは楽天投信投資顧問とバンガード社が立ち上げた楽天・バンガード・ファンドシリーズの全世界の株式に分散投資できるインデックスファンドです。海外ETFで個人投資家に人気の高いバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に当ファンドを通じて投資するファンドですがどんな内容か確認してみました。

DMMFXの評判が高い理由とは?スプレッドやスワップポイントはどう?

国内のFX口座数国内第1位のDMM.com証券が提供するDMM FXは、CMでもお馴染みで評判が高いFX会社です。FX業界の2大勢力の一角であるDMM FXはどういう点が評判が高いのか、どういう取引スタイルに向いているのかサービス内容を確認してみました。※2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)

岩井コスモ証券のネット取引ってどう?手数料やIPOの特徴は?

岩井コスモ証券は、東証一部上場の岩井コスモホールディングスの完全子会社で、創業100周年を迎える中堅証券会社です。現物や信用のデイトレードをしてる方にはお得な手数料体系があったり、IPO狙いの方にもメリットがある穴場的な証券会社ですが、どんなサービス内容なのか確認してみました。

新興国債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

新興国債券インデックスファンドは約20ヵ国弱の新興国の債券に分散投資ができる投資信託です。新興国債券は、政治や経済など不安な点も多く、為替レートの変動も激しいためリスクは高めですが、先進国より高い利回りということで分散投資の先の一つとして考えられる資産クラスでもあります。そんな新興国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドってどう?

三井住友・DC日本株式インデックスファンドSから名称変更して、信託報酬も引き下げを行ったのが三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドです。TOPIX(配当込み)に連動する成果を目指した運用を行うとのことですが、ファンドの内容や過去の成績について確認してみました。

SBIソーシャルレンディングのキャンペーンはお得なのか?

SBIソーシャルレンディングは、ネット証券No1の口座数を誇るSBI証券のグループ会社ということもあり安心感があり、累計融資実行額は245億円を超え投資家として15,000人が登録している大手ソーシャルレンディング会社です。キャンペーンは不定期に行われていて、商品・現金・電子マネーなどと交換できるSBIポイントが貰えますが、果たしてお得といえるのか内容を確認してみました。

仮想通貨の取引所で金融庁の認可を受けたのは?これで安心?

ビットコインに代表される仮想通貨は、大手家電量販店のビックカメラや旅行代理店のH.I.S.でも利用できるようになり身近に利用できるようになってきましたが、主に取引所や販売所経由で購入するのが一般的です。仮想通貨の取引所は仮想通貨法により登録業者以外による仮想通貨の売買が禁止されていますが、どのような取引所が登録業者として認可されたのか確認してみました。

マネックス証券の米国株(アメリカ株)取引のメリット・デメリットって?

大手ネット証券で米国株の取り引きができるのはSBI証券、楽天証券、マネックス証券の3社となりますが、一番米国株に力を入れてるように思えるのがマネックス証券です。米国株初心者の方から上級者の方までに対応したマネックス証券の米国株(アメリカ株)取引サービスのメリット・デメリットについて確認してみました。

ウィズダムツリー・インド株収益ファンド(EPI)ってどう?過去の成績は?

ウィズダムツリー・インド株収益ファンド(EPI)は中国に次ぐ世界第二位の人口、12.7億人を有する巨大市場インドの株式市場において利益の高い企業に分散投資ができる海外ETFです。息切れしている中国経済をしり目に高い経済成長率で成長性しているインドへ投資ができるウィズダムツリー・インド株収益ファンドの内容や過去の成績について確認してみました。

THEO(テオ)は投資未経験の方の評判が高い?運用実績はどのくらい?

THEO(テオ)はロボアドバイザーにより、資産運用のプロセスを自動で行ってくれる投資一任型サービスです。ロボアドバイザーによる資産運用サービスは各社から提供されていますが、THEO(テオ)は多くの投資初心者の方に選ばれています。THEO(テオ)はどのようなサービス内容で運用実績はどの程度なのか確認してみました。

朝日Nvestグローバルバリュー株オープンってどう?過去の成績は?

朝日Nvestグローバルバリュー株オープン(愛称:Avest-E(エーベスト・イー))は日本を除く世界各国の株式を投資対象とするアクティブファンドです。過去数々の受賞実績があり非常に高い評価を受けているファンドですが、実際どの程度の成績なのか、内容や利回りなどについて確認してみました。

先進国債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

先進国債券型インデックスファンドは世界の主要国の国債に分散投資ができる投資信託です。伝統的4資産の一つである海外債券(主に先進国債券)は、長年にわたり分散投資先の一部として利用されています。そんな先進国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

クラウドクレジットの満期実績は?リターンはどのくらいだった?

クラウドクレジットは総合商社大手の伊藤忠商事も出資するソーシャルレンディング会社で、1万円から海外投資ができ、高利回りが期待できます。その分リスクも比較的高めとなっていますが、過去にどのような案件が満期を迎えどの程度のリターンを得られたのか確認してみました。

iFree新興国債券インデックスってどう?過去の成績は?

iFree新興国債券インデックスは、低コストインデックスファンドで知られるiFreeシリーズで新興国債券市場に分散投資ができるファンドです。JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックスーエマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド(円換算ベース)の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドで、利回りはどのくらいだったのか確認してみました。