NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoを比較!結局どれがおすすめでお得?

2018年からつみたてNISA(積立NISA)が始まり資産運用や投資をする際に節税効果を得られる制度が、現行NISA、iDeCoに次いで選択肢が増えることになります。つみたてNISA、現行NISA、iDeCo(イデコ)はどのような違いがあり、どれを利用するのがおすすめでお得なのか比較してみました。

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)ってどう?つみたてNISAやiDeCoの対象?

楽天・全米株式インデックス・ファンドは楽天投信投資顧問とバンガード社が立ち上げた楽天・バンガード・ファンドシリーズの全米の株式に分散投資できるインデックスファンドです。米国株式市場をほぼ100%カバーするバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)に当ファンドを通じて投資するファンドですがどんな内容か確認してみました。

くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

くりっく365は、東京金融取引所が運営する公的な国内唯一の取引所FXで、高金利通貨であるトルコリラ円や南アフリカランド円、取引量No1の米ドル円のスワップポイントも高いといった特徴があります。そんなくりっく365の取扱業者は複数ありますが、取引コストはどこが安く、おすすめの取扱業者はどこなのか確認してみました。

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドの評価って?一部ヘッジあり!

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドは、株式(国内・先進国・新興国)、債券(国内・先進国)、リート(国内・外国)の各資産に分散投資ができるバランス型ファンドです。リートも含む資産に分散投資ができるバランス型ファンドも増えてきましたが、三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

米国株式・ETF定期買付サービスとは?NISAを有効に活用するには?

SBI証券が米国株式・ETF定期買付サービスを開始しました。通常の投資信託ではインデックスファンドの信託報酬の引き下げにより低コストで投資ができるようになりましたが、さらに低コストな米国ETFで自動で積立できるようになると利便性が上がりますが、どんな内容のサービスなのか確認してみました。

SBI小型成長株ファンド ジェイクールの評価ってどう?利回りは?

SBI小型成長株ファンド ジェイクール(愛称:jcool)は、国内の上場銘柄のうち中小型株に投資するアクティブファンドです。資産残高の拡大により一時期買付停止となっていましたが、再度買付が再開されたジェイクールですが、どのような特徴があるファンドなのか内容を確認してみました。

iFree S&P500インデックスの評価ってどう?つみたてNISA対象!

iFree S&P500インデックスは、米国株式市場の動向を示す代表的な株価指数であるS&P500をベンチマークとするインデックスファンドです。S&P500をベンチマークとするインデックスファンドは数は少なく、その中でも低コストなiFree S&P500インデックスはどんな内容なのか確認してみました。

ロボット・テクノロジー関連株ファンドってどう?過去の成績は?

ロボット・テクノロジー関連株ファンド ーロボテックーは、日本を含む世界のロボット関連企業の株式に投資をするアクティブファンドです。ロボット関連株に投資する投資信託は人気があり既に4,000億円近い純資産残高となっていますが、実際どのような内容のファンドで過去の成績はどうだったのか確認してみました。

メキシコペソ円のスワップポイントは高いが今後の見通しってどうなの?

メキシコペソ円はFXでのスワップポイントが高く高金利通貨として注目が集まっていて、くりっく365に上場されたりFX会社でも取り扱いが増えている通貨ペアです。メキシコとはどんな国で、FXで投資する場合メキシコペソ円でどのくらいの利回りが期待できそうなのか確認してみました。

EXE-iつみたて先進国株式ファンドってどう?インデックスファンドなのか?

EXE-iつみたて先進国株式ファンドは日本を含む先進国の株式市場に幅広く分散投資ができるインデックスファンドです。厳密にはインデックスファンドとは若干異なる動きとなる当ファンドですが実際どのような内容のファンドなのか確認してみました。

たわらノーロードNYダウってどう?過去の成績は?

低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズの中でNYダウをベンチマークとするのがたわらノーロードNYダウです。NYダウをベンチマークとするインデックスファンドではiFreeNYダウ・インデックスと同じ信託報酬となっていますが、どんな内容のファンドで実質コストはどの程度となっているのか確認してみました。

iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)ってどう?過去の成績は?

iシェアーズiBoxx米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)は、米国の投資適格の社債に幅広く分散投資ができる海外ETFです。社債への投資ということで安定的に毎月分配金がもらえるETFとなっていますが、どんな会社へ投資をしどのくらいの分配金がもらえるのか確認してみました。

三井住友・配当フォーカスオープンってどう?過去の成績は?

三井住友・配当フォーカスオープンは、東証一部・二部に上場する銘柄から配当に着目した銘柄選定を行う国内株式に投資を行うアクティブファンドです。モーニングスター社などの第三者機関が発表する賞を数多く受賞していますが、実際どんな内容のファンドで、過去の成績はどうだったのか確認してみました。

サクソバンク証券(FX)の評価・評判!スプレッドやスワップってどう?

サクソバンク証券は、1992年に設立されたデンマーク金融監督庁の認可を受け、世界170カ国の顧客にサービスを提供しているサクソバンクA/Sの100%子会社です。海外FXの会社のように思えるかもしれませんが、日本の第一種金融商品取引業に登録されている国内FX会社です。そんなサクソバンク証券のスプレッドやスワップなどのサービス内容について確認してみました。

バンガード米国増配株式ETF(VIG)ってどう?過去の成績はどうだった?

バンガード・米国増配株式ETF(VIG)は低コストETFで有名なバンガード社の米国増配株式に分散投資ができるETFです。米国は50年以上連続増配している企業もあったり、株主を重視する文化が根付いています。そんな米国企業の中でも10年以上連続して増配している企業に投資ができるバンガード米国増配株式ETFの内容を確認してみました。

エメラダ・エクイティの評価・評判!ベンチャー企業に低額投資!

エメラダ・エクイティは、エメラダ株式会社が運営する株式投資型クラウドファンディングサービスで、個人投資家が投資しづらかったベンチャー企業(非上場企業)への投資が行えるサービスです。投資した企業が将来上場やM&Aにより事業売却されれば大きな利益が期待できますが、どのようなサービス内容なのか確認してみました。

岡三オンライン証券に訪問取材!くりっく株365・FXのあれこれ聞いてきました!

岡三オンライン証券に訪問取材した続きで、くりっく株365・FXについてもお話を伺ってきました。株や投資信託だけでなくくりっく株365・FXについてもサービスが拡充されてきているので、営業推進部部長の鈴木さんにサービス内容やおすすめの使い方など直接取材してきました。

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)ってどう?

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)は、相対的に時価総額が中小型規模の国内株式に投資を行うアクティブファンドです。「情報の岡三」として定評がある岡三グループが運用する中小型成長株オープンは実際どんな内容のファンドで、過去の成績はどうだったのか確認してみました。