投資信託の分配金利回りランキングに日本証券業協会から注意喚起!

証券会社が公表している投資信託ランキングで必ず上位にいるのが毎月分配型投資信託ですが、その分配金の利回りランキングを公表している証券会社や銀行も数多くあります。分配金ランキングを参考にファンドを購入する方も多くいらっしゃいますが、投資家を保護することを目的としている日本証券業協会から注意喚起されていますので内容を確認してみましょう!

楽天証券の積立投資信託週間ランキングを確認!今月は設定件数をチェック!

楽天証券の積立投信信託週間ランキングですが、今回から設定件数をチェックします。 設定金額だと金額が大きい人が多ければランキング上位に来てしまうので、設定件数なら少額でも積立設定している人が多いということなので人気につながると思いますので。 直近では日経平均は下落しましたが、その後また戻しているような横這い的な動きをしている中ランキングにどのような変動が起きているのか内容を確認してみましょう!

楽天証券でおすすめの投資信託は?低コストファンドの購入ならここ!

大手ネット証券の一つ楽天証券ですが、取り扱ってる投資信託の数は約2,400本、ノーロード投資信託だけでも約1,100本を超えるファンドを購入できます。ここまで数が多いと何を購入していいか悩んでしまいますが、低コストインデックスファンドを含めて投資信託を保有するだけでポイントがもらえ、ポイントも無駄なく利用できるので最もお得に購入することができます。ここでは楽天証券で購入するのにおすすめの投資信託を紹介したいと思います。

FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

FXで利益を上げる方法として、為替差益で利益を上げる以外に2国間の金利差である差額であるスワップポイントを受け取ることができます。受け取ったスワップポイントの活用方法の一つしてスワップポイントを複利運用するといった運用方法がありますが、スワップポイントを複利運用するのに適したFX会社はどういう条件が必要で、どこがおすすめのFX会社なのか紹介します。

SBIFXトレードの評判・評価は?口座開設するメリット・デメリットは?

SBIFXトレードはネット証券最大手のSBI証券のグループ会社で、FX専業の会社です。積立FXというFXで初となる積立サービスを投入し今話題のFX会社です。「実力を見極めろ」というCMを見たことある方もいると思いますが、FX会社としての実力はどうなのでしょうか?FX会社としての実力を確認してみたいと思います。

eMAXISバランス(8資産均等型)とSMTインデックスバランス徹底比較!

eMAXIS(8資産均等型)とSMTインデックスバランスオープンはともに株式、債券、リートと幅広く分散投資ができ、国内、先進国、新興国にまで幅広く投資ができるファンドです。先日eMAXIS最適化バランスが設定されたことによって、株式、債券、リートに幅広く分散投資が可能なファンドが増えましたが、既に実績のある2本について比較をしてみたいと思います。

楽天証券の積立投資信託週間ランキングを確認!ランキングに変化が!

楽天証券の積立投信信託週間ランキングですが、今回ランキングにいろいろ変化がありました。 直近では日経平均が下落し、米ドル円も円高に振れている状況の中、投資家の方たちはどのような投資信託に投資をしているのでしょうか? ランキングにどのような変動が起きているのか内容を確認してみましょう!

VIX指数とは?株価暴落時にVIX指数連動型ETFに投資して大儲け!?

VIX指数って知ってますか?株価が暴落時にのみ紹介される指標で、普段はあまり注目されることがない指標です。この指標と連動したETFなどもあり株価が乱高下している局面では積極的に取引することで大儲けできるかもしれませんし、VIX指数で市場心理を読み取ることもできます。ここでは恐怖指数とも呼ばれるVIX指数について紹介します。

eMAXIS最適化バランスシリーズが新規設定!内容を評価してみました!

三菱UFJ国際投信のeMAXISシリーズにeMAXIS最適化バランスという新たなバランスファンドを新規設定します。eMAXISといえばeMAXISバランス(8資産均等型)がバランス型ファンドとして人気を集めていますが、今回のバランス型ファンドはちょっと変わったバランス型ファンドです。今回どんなファンドが新規設定されるのか中身を確認してみました。

FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

FXを勉強すると必ず出てくるのがレバレッジ。 レバレッジ1倍だと外貨預金とリスクは同じといいますが、レバレッジ2倍だとどのくらいリスクが上がるでしょうか? また、レバレッジを上げるとリスクが高まりますが、借金することはあるのでしょうか? FXで外貨に積立投資する前にリスクについて押さえておきましょう。

投資信託の移管とは?手数料はかかる?知らないあなたは損してる?

証券会社や銀行間で投資信託を移管できるって知ってますか?もちろん株式も移管ができますが、投資信託も移管ができるのでより有利なネット証券などへ預けなおすことができます。移管と聞くと大変そうに思うかもしれませんが、手続きも簡単ですしメリットもいろいろありますので移管を検討してみてはいかがでしょうか?

FXのドルコスト平均法は有効?長期資産運用は可能か?

外貨の高金利を狙ってFXを利用したドルコスト平均法による積立投資が人気がありますが、ドルコスト平均法はFXでも有効なのでしょうか?積立FXによってFXでのドルコスト平均法を用いた外貨の自動積立投資も手軽に行えるようになりましたが、長期資産運用手法として向いているのでしょうか?

SBIFXの積立FXと通常のFX取引と比較!お得に取引できるのは?

SBIFXトレードの積立FXは、銀行の外貨預金のように定期的に外貨を買い付けるドルコスト平均法を利用した資産運用が可能です。このような手法は、もちろん通常のFX取引で手動で行うことも可能ですが、積立FXは自動で買い付けてくれるので非常に便利ですが、通常のFX取引とどのような違いがあるのか確認してみました。

世界経済インデックスとeMAXISバランス(8資産均等型)徹底比較!

世界経済インデックスファンドとeMAXISバランス(8資産均等型)はどちらもバランス型ファンドとして楽天証券の積立投資信託ランキングの常連ファンドです。投資方針が全く異なる2本ですが、実際のところ投資するとしたらどちらを選ぶのがいいでしょうか?そんなバランス型ファンドで人気の2本を比較してみました。

NISAで非課税の設定してる?70%の人が損する設定らしいので注意!

NISAといえば今年から120万円まで枠が拡大し、その枠の中では通常20%課税されるところが非課税となるということで利用している方も多いでしょう。 ただこのNISAですが、設定を間違っていると株式の配当が非課税とならず、実に70%もの人が損する設定をしているらしいです。 3月末は配当が確定する銘柄が多いので、事前にチェックしておきましょう!

たわらノーロードシリーズに新たに新興国株式ほか4本が追加設定!

2015年末に低コストインデックスファンドを新規設定し話題となったたわらノーロードシリーズに遂に新興国株式インデックスファンドが設定されます。 低コストインデックスファンドが設定されず置いてけぼりであった新興国市場についに低コストの波が押し寄せてきました。 今回どのようなファンドが追加されるのか確認してみましょう。

マイナス金利の影響は?積立投信週間ランキングはどうなった?

毎月確認している楽天証券での積立投信週間ランキングですが、2ヶ月連続で1位に輝いたのはニッセイ外国株式インデックスファンドでした。 Fund of the Year 2015でも1位に輝くなど人気が不動のものとなってきた感があります。 マイナス金利が発表された後のランキングということで他にどのようなファンドが投資家に人気を集めたのか確認してみましょう。

マイナス金利で普通預金金利が利下げ!これからどうする?

東京三菱UFJ銀行は普通預金金利を2016年2月22日より現在の年0.02%から0.001%に引き下げることを発表しました。 これで3大メガバンクは横並びの金利0.001%となり、ただでさえ普通預金の金利が期待できない中、さらなる金利低下でこれからどうすればいいでしょうか? 他の預け先候補がないか確認してみましょう。

貸株とは?年率20%の金利が付く?でもデメリットには要注意!

各証券会社では貸株サービスというのがあり、保有中の株を証券会社に貸し出すことによって金利が得られます。 その金利も最高20%など高金利のものがあり、投資家にとってはメリットが大きいサービスですが、あまり知られていないデメリットがあるので要注意です! 知らないと想定以上のリスクを取ってるかもしれませんので、貸株を利用している方も確認してみてください。