比較一覧

アイネット証券とひまわり証券を比較!ループイフダンやるならおすすめはどっち?

ループイフダンはリピート系発注機能に分類されるFXのシステムトレード(自動売買)で、あらかじめ用意されている売買のルールを選ぶだけと簡単に始められます。1,000通貨から取引に対応し低額から始められ、取引コストも低コストなループイフダンですが、アイネット証券とひまわり証券で利用することができますが、どちらがループイフダンをお得に取引できるのか確認してみました。

カナダドル円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

優等生通貨と言われるカナダドルは、政治的にも経済的にも安定した国と言われていて、G7(主要先進7ヵ国)の一員でありながら、世界第二位の広大な国土を有し、世界有数の資源国としても知られています。カナダでは政策金利が上昇し、それに伴いFXのスワップポイントも上昇しきていますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか気になるところなので、スプレッドも含めて比較してみました。

メキシコペソ円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

FXでスワップポイントの高い通貨ペアとしてトルコリラ円や南アフリカランド円が人気が高いですが、そんな中メキシコペソ円の注目度が高くなっています。取り扱うFX会社も増えてきているので、どのFX会社がスワップポイントが高いのか気になるところなので、スプレッドも含めて比較してみました。

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。

スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

FXでは、トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどの高金利通貨と日本円のような低金利通貨を組み合わせた通貨ペアを買いで保有していれば、日々スワップポイントをもらうことができますが、FX会社によってはポジションが未決済のまま(例えばトルコリラ円を買ったままの状態)スワップポイントを引き出し(出金)することも可能です。スワップポイントを引き出したい場合どのFX会社を利用すればいいのか、その場合の税金がどうなるのか確認してみました。

NISA、つみたてNISA(積立NISA)、iDeCoを比較!結局どれがおすすめでお得?

2018年からつみたてNISA(積立NISA)が始まり資産運用や投資をする際に節税効果を得られる制度が、現行NISA、iDeCoに次いで選択肢が増えることになります。つみたてNISA、現行NISA、iDeCo(イデコ)はどのような違いがあり、どれを利用するのがおすすめでお得なのか比較してみました。

くりっく365の手数料を比較!おすすめの取扱業者ってどこ?

くりっく365は、東京金融取引所が運営する公的な国内唯一の取引所FXで、高金利通貨であるトルコリラ円や南アフリカランド円、取引量No1の米ドル円のスワップポイントも高いといった特徴があります。そんなくりっく365の取扱業者は複数ありますが、取引コストはどこが安く、おすすめの取扱業者はどこなのか確認してみました。

ロボアドバイザーとは?比較してわかるサービスの違いって?

自動で資産運用を行ってくれるロボアドバイザーは、ネット証券やFintech企業から提供されていて、投資初心者の方でも気軽に資産運用できることから人気を集めています。ラップ口座やファンドラップといった一部の富裕層向けのサービスに対してAIなどのIT技術を駆使して低コスト化されたサービスとなりますが、各社のサービスはどのような違いがあるのか比較してみました。

おつり投資の「トラノコ」「マメタス」を比較!資産運用に使える?

日々の買い物で発生するおつりで資産運用できるサービスが「おつり投資」といわれるサービスで、資産運用というとある程度の資金が必要だと考えている方でも、気軽に投資ができるということで注目されているサービスです。おつり投資とはどういうサービスで、おつり投資ができる「トラノコ」と「マメタス」ではどのような違いがあるのか確認してみました。

外為ジャパンとDMM FXの違いとは?スプレッドやスワップポイントが得なのは?

DMM.com証券のDMM FXはCMも流れているので知名度も高いですが、同じDMM.com証券では外為ジャパンというFX専門のサービスも展開しています。それぞれのサービスの違いやスプレッドやスワップポイントなどについてFXをするならどちらがお得なのか確認してみました。

バランス型投資信託を比較!初心者の方にもおすすめ?

バランス型投資信託は一本で株式や債券、リートなど複数の資産に投資ができ、国内だけでなく先進国や新興国へも分散投資ができるので人気の高い投資信託です。各資産への比率はファンドによって自動で調整されるのでほったらかし投資したい方にも向いています。そんなバランス型投資信託の各資産への配分比率などを含めて比較してみましたので、これから資産運用を始めようとしてる初心者の方や、バランス型投資信託が気になっている方は、参考にしてみてください。

日経平均先物とくりっく株365、店頭CFDを比較!お得なのは?

日経平均株価(日経225)を資金効率が高い取引ができるのが、大阪取引所に上場する日経225先物、日経225miniが有名ですが、それに近い内容の取引ができるのがCFDです。CFDでは取引所CFDであるくりっく株365や店頭CFDで日経平均に投資をすることができますが、どのような違いがあり、取引するならどれがお得なのか確認してみました。

外貨預金で金利が一番いいのは?金利だけでなく手数料も比較!

日本国内の三大メガバンクでの普通預金や定期金利がほぼ0に近い状態の中、各金融機関の外貨預金は高金利となっていて魅力的に思えます。外貨預金を始めるのに金利が一番いいのはどこの金融機関なのか、また手数料も含めてどこを選択するのがいいのか比較してみました。 外貨への投資はFX(レバレッジ1倍)で投資することもできますので、それも含めて比較してます。

くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

くりっく株365は東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引に愛称で、日経平均やNYダウ、独DAX、英FTSE100といった株価指数を取引することができます。そんなくりっく株365を取り扱っている証券会社は複数ありますが、取引コストはどこが安く、どんなポイントで証券会社を選べばいいかまとめてみました。

NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!CFDはどう?

NYダウ平均は米国の株式市場の動向を示す株価指数で、ダウ工業株30種平均は最も有名な株価指数です。NYダウ平均は30銘柄のみで構成されていますが、その30銘柄の時価総額(558兆円)は、東証1部の全構成銘柄(約2,000社)の時価総額(497兆円)を上回る規模となっています。そんなNYダウ平均へ投資するなら投資信託・ETF・CFDといった選択肢がありますが、どれに投資するのがいいのか確認してみました。

S&P500に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

S&P500は、米国株式市場の動向を示す代表的な株価指数(インデックス)の一つで、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が妻にすすめたことで話題になりました。過去ずっと右肩上がりで成長している米国株式市場に気軽に投資ができる株価指数(インデックス)がS&P500ですが、それに連動する投資信託やETFを比較してみました。

ソーシャルレンディング会社を比較!利回りや安全性はどうなの?

ソーシャルレンディングは高利回りで株やFXと比較すると投資の知識もそれほど必要なく、ほったらかし投資ができ毎月分配がもらえるような案件もあり、人気が高まってきてます。ただ、いろいろなソーシャルレンディング会社があるので投資する際に気になる利回りや安全性といった点について比較してみました。

おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

ネット証券は株式(ETF・REIT含む)の手数料が既存の大手証券会社より格安なのが魅力の一つです。 ただネット証券でも手数料の競争は常に起きているので、どのネット証券が手数料がお得に取引できるのか比較しました。手数料以外にも選ぶ基準はあるので、取引ツールや投資情報などもまとめてみたのでネット証券を選ぶ際の参考にしてみてください。

iFree8資産バランスとeMAXISバランス(8資産均等型)徹底比較!

バランス型ファンドで資産配分が明確なことからアセットアロケーションを組みやすいので人気が高いeMAXISバランス(8資産均等型)に強力なライバルであるiFree8資産バランスが登場しました。iFree8資産バランスは信託報酬が格安ですが、2つの投資信託にはどのような違いがあり、どっちに投資すべきか比較してみました。