アイネット証券とひまわり証券を比較!ループイフダンやるならおすすめはどっち?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

ループイフダンはリピート系発注機能に分類されるFXのシステムトレード(自動売買)で、あらかじめ用意されている売買のルールを選ぶだけと簡単に始められます。

1,000通貨から取引に対応し低額から始められ、取引コストも低コストなループイフダンですが、アイネット証券とひまわり証券で利用することができますが、どちらがループイフダンをお得に取引できるのか確認してみました。

参考 ループイフダンについては下記も参考にしてみてください。

⇒ ループイフダンの評価・評判とは?手数料や必要な資金、実績はどう?

【ループイフダン】アイネット証券とひまわり証券の比較

取引単位

アイネット証券、ひまわり証券ともに1,000通貨から取引ができるので、どちらも低額から取引することができます。(アイネット証券で取り扱いがあるメキシコペソ/円、南アフリカランド/円は1万通貨から)

ただ、FXの自動売買は複数のポジションを保有するので、想定と異なる値動きとなった場合には含み損が大きくなりやすいので、資金管理が重要になります。

運用を始める際には下記のループイフダンの目安資金表などを参考に、必要資金と通貨ペア・値幅・最大ポジション数を算出してみてください。

参考 アイネット証券「ループイフダンの目安資金表

取引通貨ペア

アイネット証券では14通貨ペア、ひまわり証券は5通貨ペアとアイネット証券の方がループイフダンで取引できる通貨ペア数は多いです。

アイネット証券 ひまわり証券
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
カナダドル/円
スイスフラン/円
トルコリラ/円
メキシコペソ/円
南アフリカランド/円
ユーロ/米ドル
豪ドル/米ドル
豪ドル/NZドル
NZドル/米ドル

また、ループイフダンは通貨ペアごとに設定値幅が決まっていて、アイネット証券とひまわり証券での主要通貨ペアでは下記のような違いがあります。

アイネット証券 ひまわり証券
米ドル/円 10・15・25・50・100 10・15・25・50・100
ユーロ/円 10・40・80・100・120 10・40・80・120
英ポンド/円 20・50・100・150 20・50・100・150
豪ドル/円 10・20・40・80・100 10・20・40・80
ユーロ/米ドル 10・20・40・60・100 10・20・40・60
NZドル/円 20・40・80・100
トルコリラ/円 50・100・150・200
メキシコペソ/円 50・100・150・200
南アフリカランド/円 50・100・150・200

両方で取り扱いがある通貨ペアに関しては若干アイネット証券の方が設定できる値幅が多いです。

取引コスト・スプレッド

アイネット証券、ひまわり証券ともに口座開設・維持費用は無料で、取引手数料は無料となっているので、取引コストの差はスプレッドとなりますが、下記のようにスプレッドも同一となっているので取引コストでは差はありません

アイネット証券 ひまわり証券
米ドル/円 2銭
ユーロ/円 3銭
英ポンド/円 5銭
豪ドル/円 4銭
NZドル/円 6銭
カナダドル/円 5銭
スイスフラン/円 4銭
トルコリラ/円 7銭
メキシコペソ/円 7銭
南アフリカランド/円 7銭
ユーロ/米ドル 2pips
豪ドル/米ドル 4pips
豪ドル/NZドル 6pips
NZドル/米ドル 6pips

スワップポイント

FXの自動売買でも、決済までに時間がかかりポジションを保有し続けることがあるので、そのような場合にはスワップポイントが高い方がコツコツと利益を積み重ねてくれるので、取引するのに有利となります。

参考 FXのスワップポイントとは?2国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

主要な通貨ペアの各社の買いの場合のスワップポイントは下記となります。

アイネット証券 ひまわり証券
米ドル/円 +75 +60
ユーロ/円 ー14 ー26
英ポンド/円 33 10
豪ドル/円 35 20
NZドル/円 36
カナダドル/円 46
トルコリラ/円 115
メキシコペソ/円 15
南アフリカランド/円 16

※2018年11月28日前後適用分

ほとんどの通貨ペアでアイネット証券の方がスワップポイントは高く、アイネット証券の方がお得です

また、未決済ポジションのスワップポイントの取り扱いは下記の様になります。

アイネット証券 ひまわり証券
スワップポイントを証拠金できる
スワップポイントに税金がかからない
スワップポイントを引き出すことができる

未決済ポジションのままでスワップポイントを引き出すことができるのは、為替損益とスワップポイントとの合計がプラスの場合は出金が可能となります。

>> アイネット証券【ループイフダン】(公式サイト)

>> ひまわり証券【ループイフダン】(公式サイト)

ロスカットルール

アイネット証券とひまわり証券のロスカットルールについては下記の様に同じ条件となります。

アイネット証券 ひまわり証券
ロスカットアラート 証拠金維持率が150%を下回ったとき
ロスカット 証拠金維持率が100%を下回ったとき

参考 FXのロスカットとは?計算方法や証拠金維持率、レバレッジとの関係は?

取引ツール

アイネット証券、ひまわり証券ともに、PCでは「ダウンロード版」「WEBブラウザ版」、スマホ・タブレット用アプリ(iPhone、Android)が提供されています。

入出金

入金については、アイネット証券では2つの方法があり「クイック入金」「マッチング入金」があり、「クイック入金」はループイフダン口座に24時間即時に手数料無料で振り込みを行うことができ下記の金融機関を利用できます。

「マッチング入金」は、駅・コンビニのATMや金融機関の窓口から振り込みができる方法で、振込手数料を負担する形でアイネットFX口座に反映されるので、その後ループイフダン口座へ振り替えが必要となります。

ひまわり証券も2つの「クイック入金」「専用入金口座への振り込み」の入金方法があり、どちらの方法でもひまわり証券のレギュラー口座に反映されるので、ループイフダン口座への振替が必要となります。

「クイック入金」は、下記の金融機関を利用でき24時間即時に手数料無料で振り込みできますが、「専用入金口座への振り込み」は振込手数料を負担することとなります。

また、どちらも出金手数料は無料です。

セミナー

アイネット証券のセミナーは、無料の会場セミナーやオンラインセミナーを実施していて、主にループイフダンの使い方や応用になどについて参照することができ、無料セミナーは評判が高いようです。

>> アイネット証券【ループイフダン】(公式サイト)

ひまわり証券のセミナーはオンラインセミナーが中心で、ループイフダンというよりFXの基礎から応用まで幅広い内容となっていて、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析なども配信していて、FXの初心者から中級者などに向いている内容となっています。

  • ひまわりFX Eveningチョイス:今晩のトレードに欠かせない経済指標とトレードポイントなどを10分に凝縮して毎日配信されているFX情報番組
  • ひまわりFX Lessonチョイス:FXの基礎知識から取引ツールの使い方、知って得するテクニックや便利機能の解説
  • ひまわりFX Seminarチョイス:経済の流れやテクニカル、デイトレテクニックなど(一部会員限定)
  • ひまわりFX Follow upチョイス:条件に応じて利用できる会員限定コンテンツで、「チャートトレード攻略」「テクニカルトレード攻略」「経済インターバンク攻略」の3コース

>> ひまわり証券【ループイフダン】(公式サイト)

信託保全

預けた資産はアイネット証券は日証金信託銀行、ひまわり証券は三井住友銀行に信託保全されいるので、万が一FX会社が破綻しても資産は守られます。

【アイネット証券】

【ひまわり証券】

その他独自サービス

ひまわり証券では、日経平均やNYダウなどの株価指数を取引できるくりっく株365(取引所CFD)でループイフダンが利用できるループ株365というサービスを提供しています。

参考 CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

くりっく株365で取引できる株価指数や値幅は下記となっていますが、為替と違って日経平均以外の株価指数は長期的には右肩上がりに成長しているので、ループイフダンの「買い」ならロスカットさえ気をつければ長期的に利益を積み重ねてくれる期待が持てます。

ひまわり証券のくりっく株365の手数料は最安となっているのもメリットです。

参考 ひまわり証券のくりっく株365はもちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> ひまわり証券【くりっく株365】(公式サイト)

その他の仕様

アイネット証券 ひまわり証券
取引時間 【米国標準時間】
月曜日AM7:00~土曜日AM7:00
【米国夏時間】
月曜日AM7:00~土曜日AM6:00
【米国標準時間】
月曜日AM7:00~土曜日AM6:55
【米国夏時間】
月曜日AM7:00~土曜日AM5:55
メンテナンス
時間
【米国標準時間】
AM7:00~AM7:05(火曜~金曜)
AM7:00~PM12:00(土曜)
【米国夏時間】
AM6:00~AM6:05(火曜~金曜)
AM6:00~PM12:00(土曜)
【米国標準時間】
AM6:55~AM7:05(火曜~土曜)
【米国夏時間】
AM5:55~AM6:05(火曜~土曜)
自己資本
規制比率
242.7%(2018年9月末時点) 874.9%(2018年9月末時点)

まとめ

リピート系発注機能に分類されるFXのシステムトレード(自動売買)の仕組みであるループイフダンは、アイネット証券とひまわり証券で利用することができ、サービス内容を比較すると下記となります。

アイネット証券 ひまわり証券
取引単位 1,000通貨から
取引通貨ペア 14通貨ペア 5通貨ペア
取引コスト・スプレッド 差はなし
スワップポイント アイネット証券の方が高い
ロスカットルール 証拠金維持率が100%を下回ったとき
入出金 手数料無料のクイック入金はアイネット証券の方が
対応金融機関は多い
セミナー ループイフダン中心 FX全般中心
その他 くりっく株365でループイフダンを利用できる

ループイフダンを利用するならアイネット証券の方が取引できる通貨ペアが多く、スワップポイントが高いのでおすすめです。

ひまわり証券は、FX全般のオンラインセミナーが充実してたり、くりっく株365でループイフダンが利用できるといった独自サービスがあります。
ちなみに両者ともにISグループの一員で、外為オンラインや投資信託で人気のひふみ投信を運営するレオス・キャピタルワークス株式会社などもISグループの一員です。

参考 ひふみ投信の評価・評判ってどう?利回りや実質コストってどのくらい?

ループイフダンを利用するならアイネット証券

もちろん口座開設・維持費用は無料です。

>> アイネット証券【ループイフダン】(公式サイト)

ループイフダンで日経平均やNYダウなど株価指数も取引できるひまわり証券

アイネット証券同様に口座開設・維持費用は無料です。

>> ひまわり証券【ループイフダン】(公式サイト)

>> ひまわり証券【くりっく株365】(公式サイト)