おすすめ一覧

FXのチャート分析でおすすめツールって?初心者でも簡単にテクニカル分析!?

FXでトレードするなら過去の価格の値動きを分析して、将来の値動きを予測テクニカル分析は覚えておきたい手法の1つです。チャートの値動きにはいろいろなパターンがあるのが知られていて、トレンドがこの先も継続するのか反転しそうなのかを判断するのに役立つのがチャートパターンです。そんなチャートパターンや重要な支持・抵抗線などのテクニカル指標を自動的に分析して、取引シグナルを知らせてくれるオートチャーティストについて紹介します。

FX初心者向けのおすすめ通貨ペアって?トレードスタイル別の選び方とは?

FXは株式と比較すると、投資対象が少ないので選びやすいという特徴がありますが、それでもFX初心者の頃はどの通貨ペアを取引すればいいか悩んでしまいます。通貨ペアの動きには特徴もあり、トレードスタイルによっては向き、不向きな通貨ペアもあるので、トレードスタイル別にどのような通貨ペアを選べばいいか確認してみました。

FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアとは?高金利通貨も比較!

FXでは、二国間の金利差の差額であるスワップポイントを受け取ることができるので、低金利の日本円を売って外貨を買うことによって利益を上げる運用方法がありますが、どの通貨ペアがおすすめでしょうか?過去からの為替レートの変動率や実際のスワップ金利がどのくらいになるのかなどからおすすめの通貨ペアを考察してみます。

海外リート型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

海外リート型インデックスファンドは主に海外(先進国や新興国)に上場する不動産投資信託証券に分散投資ができる投資信託です。海外リートは比較的利回りが高くインフレ対策にもなるため分散投資先の一つとして考えられる資産クラスです。そんな海外リート型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

国内リート型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内リート型インデックスファンドは主に国内に上場する不動産投資信託証券に分散投資ができる投資信託です。間接的に国内の商業ビルやオフィス等に投資を行い、不動産価格の値上がりと同時に定期的な賃料による収益が期待できる投資信託です。そんな国内リート型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

DMMFXの評判が高い理由とは?スプレッドやスワップポイントはどう?

国内のFX口座数国内第1位のDMM.com証券が提供するDMM FXは、CMでもお馴染みで評判が高いFX会社です。FX業界の2大勢力の一角であるDMM FXはどういう点が評判が高いのか、どういう取引スタイルに向いているのかサービス内容を確認してみました。※2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)

新興国債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

新興国債券インデックスファンドは約20ヵ国弱の新興国の債券に分散投資ができる投資信託です。新興国債券は、政治や経済など不安な点も多く、為替レートの変動も激しいためリスクは高めですが、先進国より高い利回りということで分散投資の先の一つとして考えられる資産クラスでもあります。そんな新興国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

先進国債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

先進国債券型インデックスファンドは世界の主要国の国債に分散投資ができる投資信託です。伝統的4資産の一つである海外債券(主に先進国債券)は、長年にわたり分散投資先の一部として利用されています。そんな先進国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

国内債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内債券型インデックスファンドは主に国内の公社債に分散投資ができる投資信託です。国内債券型はリターンはあまり期待できませんが、他の資産クラスと逆の値動きとなりやすいため分散投資先の一部として利用されています。そんな国内債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

新興国株式型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

新興国株式インデックスファンドは20ヵ国以上の新興国に分散投資ができる投資信託です。新興国株式は、政治や経済など不安な点も多くリスクは高めですが、中国やインドを筆頭に人口の増加が予想されていて、先進国より高い経済成長率が期待される資産クラスでもあります。そんな新興国株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

先進国株式型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

先進国株式インデックスファンドは20か国以上の先進国に分散投資ができる投資信託です。先進国株式は今後も安定的なリターンが期待でき、国際分散投資を行う上では欠かせない資産クラスの一つです。そんな先進国株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

国内株式型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内株式インデックスファンドは日経平均やTOPIXなどのインデックスをベンチマークとして、その動きに連動する投資信託です。国内株式への投資は日本にいれば情報も入手しやすく為替リスクがないのが特徴で、身近な投資対象として人気があります。そんな国内株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

トライオートETFのおすすめ銘柄は?取り扱い銘柄をチェック!

トライオートETFは、CFDの仕組みを利用してETFを自動売買できるインヴァスト証券のサービスです。インヴァスト証券はFXの自動売買サービスでも有名で、シストレ24やトライオートFXも提供していますが、FXとは異なる動きをするETFで自動売買をするにはどんな銘柄がいいのか確認してみました。

ゆうちょ銀行(郵便局)の投資信託でおすすめは?ランキングもチェック!

ゆうちょ銀行は全国47都道府県全てに店舗(支店・出張所)を有しているので、身近に利用できる金融機関の一つで、預金残高は約180兆円と国内最大規模を誇る銀行です。ゆうちょ銀行でも投資信託を購入することができますが、おすすめといえる投資信託はあるのか、またランキング上位のファンドはゆうちょ銀行で購入して損しないのか確認してみました。

おすすめネット証券比較(国内株式・ETF編)!手数料だけで選ぶ?

ネット証券は株式(ETF・REIT含む)の手数料が既存の大手証券会社より格安なのが魅力の一つです。 ただネット証券でも手数料の競争は常に起きているので、どのネット証券が手数料がお得に取引できるのか比較しました。手数料以外にも選ぶ基準はあるので、取引ツールや投資情報などもまとめてみたのでネット証券を選ぶ際の参考にしてみてください。

iDeCo(個人型確定拠出年金)のおすすめ金融機関って?選ぶポイントは手数料以外?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、節税効果は年率30%の投資効果と同等レベルとメリットが大きく、2017年1月に加入対象者が拡大されほとんどの方が利用できます。しかも、投資をしている人だけにメリットがあるわけではなく所得税を支払っている誰にでもメリットがあるので利用しないのはもったいないです。ただ、個人型確定拠出年金は1口座しか持てないのでどの金融機関にするか悩みどころなのでおすすめの金融機関について紹介したいと思います。

株主優待におすすめの証券会社ってどこ?お得に獲得できるクロス取引って?

株式投資で人気の株主優待ですが、どの証券会社で取引するのがお得なのでしょうか?株主優待だけは価格変動リスクを低減できる手法もあり、SBI証券などではHP上で紹介しているほど一般的になりつつあるのでマスターすればお得に株主優待を貰うことができます。お得感満載の株主優待ですがどの証券会社で取引するのがお得なのか紹介したいと思います。

SBI証券の投資信託でおすすめは?驚きの低コストとなるファンドが!

大手ネット証券の一つSBI証券では、取り扱ってる投資信託の数は2,258本、ノーロード投資信託だけでも927本、積立ファンドが2,134本と国内No1の取扱数です。ポイント還元率もトップレベルの年率最大0.24%なのですが、低コストインデックスファンドは対象外となってたりしますので、結局どのファンドが一番お得なのかわかりづらいので、SBI証券で購入するのにお得な投資信託を紹介したいと思います。

楽天証券でおすすめの投資信託は?低コストファンドの購入ならここ!

楽天証券では、取り扱ってる投資信託の数は約2,600本、買付手数料が無料のノーロード投資信託も約1,300本を超えるなど、業界でもトップレベルの取り扱い数となっています。低コストインデックスファンドを含め投資信託を保有するだけでポイントがもらえ、お得に購入することができます。そんな楽天証券で購入するのにおすすめの投資信託を紹介したいと思います。