世界経済インデックスファンドシリーズってどう?何を選ぶ?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

バランス型ファンドとして人気が高い世界経済インデックスファンドは、これ一本で全世界の株式、債券に分散投資ができます。

世界経済インデックスファンドには、基本型のもの以外に株式シフト型と債券シフト型があり、資産配分比率が異なります。

世界経済インデックスファンドシリーズの特徴や資産配分比率について確認してみました。

※確定拠出専用のDCシリーズは当記事では対象外です。

世界経済インデックスファンドシリーズの特徴

投資対象

全世界の株式と債券に「50:50」の比率で分散投資を行い、各地域の組入比率は「日本」「先進国」「新興国」のGDP総額の比率を参考に決定されます。

世界経済インデックスには「株式シフト型」「債券シフト型」もあり、株式と債券の比率はそれぞれ「75:25」、「25:75」となっています。

それぞれの資産配分比率は下記の様になっています。

ベンチマーク 基本型 株式
シフト型
債券
シフト型
国内株式 TOPIX 5% 7.5% 2.5%
先進国株式 MSCIコクサイ・
インデックス(円ベース)
30% 45% 15%
新興国株式 MSCIエマージング・
マーケット・インデックス
(円換算ベース)
15% 22.5% 7.5%
国内債券 NOMURA-BPI総合 5% 2.5% 7.5%
先進国債券 シティ世界国債
インデックス
(除く日本、円ベース)
30% 15% 45%
新興国債券 JPモルガンGBI-EM
グローバル・
ディバーシファイド
15% 7.5% 22.5%

コスト

買付手数料 無料
信託報酬(税抜) 0.50%:基本型
0.55%:株式シフト型
0.45%:債券シフト型
実質コスト(税抜) 0.58%:基本型
0.64%:株式シフト型
0.51%:債券シフト型
※決算日:2017年1月20日ベース
信託財産留保額 0.1%

純資産残高

それぞれの純資産残高は下記の様になっていて、いずれも右肩上がりで推移しています。

  • 基本型:約330億円
  • 株式シフト型:約39億円
  • 債券シフト型:約7億円

分配金

基本型のみ2013~2015年まで分配金が出ていましたが、それ以降は分配金は出ていません。

株式の配当などはファンド内の原資として効率よく運用されています。分配金がでると課税(20%)された後に再投資することになるので複利効果が落ちます。

その他当ファンドの情報のまとめ

  • 投資対象:全世界(日本・先進国・新興国)の株式と債券
  • 買付手数料:無料
  • 信託報酬(税抜):
    0.50%(実質コスト0.58%):基本型
    0.55%(実質コスト0.64%):株式シフト型
    0.45%(実質コスト0.51%):債券シフト型
  • 信託財産留保額:0.1%
  • 純資産残高:
    約330億円:基本型
    約39億円:株式シフト型
    約7億円:債券シフト型
  • 分配金利回り:なし
  • 決算:年1回(1月20日)
  • 買付単位:1万円以上1円単位(SBI証券なら500円から積立可能)
  • 償還日:無期限
    (基本型設定日:2009年1月16日、その他:2013年11月8日)

所感

世界経済インデックスは、バランス型ファンドで人気の高い「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と同様に株式と債券の比率が50:50となっています。

参考 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドってどう?

ただ各地域の組入比率が、「世界経済インデックス」はGDP総額の比率を参考しているのに対し、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は株式および債券市場の時価総額を参考にしているという違いがあり、「世界経済インデックス」は新興国への投資比率が高いという特徴があります。

参考 セゾンバンガードグローバルバランスと世界経済インデックス徹底比較!

新興国は今後の人口増加が予想され、それに伴って経済成長率も高くなる期待が持てますが、政治や経済などまだ不安定である側面もありリターンも期待できるが、リスクもやや高い投資先でもあります。

ご自身の投資の終わりまでに、新興国がより躍進していると想定するなら世界経済インデックスファンドは期待できるファンドです。

また、各地域への組入比率は年に1度見直しがされ、勝手にリバランスしてくれるので、忙しい方などがほったらかし投資するのに向いているファンドで、SBI証券なら500円から積立投資もできます。(2017年7月初旬に100円に引き下がる予定)

基本型以外にも株式シフト型や債券シフト型ありますが、よりリスクをとってリターンを狙うなら株式シフト型がいいと思います。

債券シフト型は本来ならよりリスクを抑えたい方向けという意図なのでしょうが、もともと新興国の比率が高くリスクが高めの世界経済インデックスファンドで債券シフト型を選ぶという選択肢はない気がします。

まとめ

世界経済インデックスファンドは全世界の株式と債券にこれ一本で分散投資ができ、「基本型」「株式シフト型」「債券シフト型」があり、基本型では株式:債券が「50:50」、株式シフト型では「75:25」、債券シフト型では「25:75」となっています。

各地域の組入比率は「日本」「先進国」「新興国」のGDP総額の比率を参考にしていて、バランス型ファンドで人気の高い「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と比較すると新興国の比率が高いことが特徴です。

参考 セゾンバンガードグローバルバランスと世界経済インデックス徹底比較!

各地域への組入比率は年に1度見直しがされ、勝手にリバランスしてくれるので、忙しい方などがほったらかし投資するのに向いているファンドで、世界経済全体の発展とともに成長が期待できます。

また「基本型」でも充分コアな一本として期待できますが、よりリスクをとってリターンを狙うなら「株式シフト型」がいいと思います。

世界経済インデックスファンドシリーズの利回りを確認したい方はこちらも参考にしてみてください。

参考 世界経済インデックスファンドシリーズの利回りって?

世界経済インデックスを購入するならSBI証券がおすすめ

SBI証券なら投資信託を保有しているだけで年率最大0.24%のポイントがもらえるのでお得です。

もちろん口座開設・維持費は無料です!

>> SBI証券 詳細解説←おすすめ
>> マネックス証券詳細解説
>> 楽天証券 詳細解説
>> カブドットコム証券詳細解説

(※口座開設時に必ず選ぶ特定口座の説明はこちら


投資信託で失敗しない証券会社選び!

これから投資信託で資産運用を始める方は、ネット証券選びで失敗しないようにこちらも参考にしてみてください。

参考 おすすめネット証券比較(投資信託編)!お得に取引できるのは?


他の投資家に人気の投資信託ランキングをチェックしたい方はこちら!

参考 【2016年】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?