投資信託一覧

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。

【2017年】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年すぐれていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」の結果発表が行われました。どのようなファンドが選ばれたのか確認してみたいと思います。

岡三オンライン証券に訪問取材!株・投資信託のあれこれ聞いてきました!

岡三オンライン証券は国内株式に強く、特に取引ツールや投資情報に定評があるネット証券です。2017年からの3年を対象とした新成長計画「Reborn」を策定し、国内株式だけでなくその他の金融商品も様々な施策を実施しています。そんな岡三オンライン証券にお邪魔して、営業推進部マネージャーの熊澤さんに株や投資信託のサービス内容について直接取材してきました。

海外リート型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

海外リート型インデックスファンドは主に海外(先進国や新興国)に上場する不動産投資信託証券に分散投資ができる投資信託です。海外リートは比較的利回りが高くインフレ対策にもなるため分散投資先の一つとして考えられる資産クラスです。そんな海外リート型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

国内リート型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内リート型インデックスファンドは主に国内に上場する不動産投資信託証券に分散投資ができる投資信託です。間接的に国内の商業ビルやオフィス等に投資を行い、不動産価格の値上がりと同時に定期的な賃料による収益が期待できる投資信託です。そんな国内リート型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

新興国債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

新興国債券インデックスファンドは約20ヵ国弱の新興国の債券に分散投資ができる投資信託です。新興国債券は、政治や経済など不安な点も多く、為替レートの変動も激しいためリスクは高めですが、先進国より高い利回りということで分散投資の先の一つとして考えられる資産クラスでもあります。そんな新興国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

先進国債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

先進国債券型インデックスファンドは世界の主要国の国債に分散投資ができる投資信託です。伝統的4資産の一つである海外債券(主に先進国債券)は、長年にわたり分散投資先の一部として利用されています。そんな先進国債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

国内債券型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内債券型インデックスファンドは主に国内の公社債に分散投資ができる投資信託です。国内債券型はリターンはあまり期待できませんが、他の資産クラスと逆の値動きとなりやすいため分散投資先の一部として利用されています。そんな国内債券型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

新興国株式型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

新興国株式インデックスファンドは20ヵ国以上の新興国に分散投資ができる投資信託です。新興国株式は、政治や経済など不安な点も多くリスクは高めですが、中国やインドを筆頭に人口の増加が予想されていて、先進国より高い経済成長率が期待される資産クラスでもあります。そんな新興国株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

先進国株式型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

先進国株式インデックスファンドは20か国以上の先進国に分散投資ができる投資信託です。先進国株式は今後も安定的なリターンが期待でき、国際分散投資を行う上では欠かせない資産クラスの一つです。そんな先進国株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

国内株式型インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内株式インデックスファンドは日経平均やTOPIXなどのインデックスをベンチマークとして、その動きに連動する投資信託です。国内株式への投資は日本にいれば情報も入手しやすく為替リスクがないのが特徴で、身近な投資対象として人気があります。そんな国内株式型のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめてみました。

楽天証券ならポイントで投資信託が買える?100円から購入も可能に!

楽天スーパーポイントは、楽天市場での買い物を中心に楽天グループの各サービスを利用すれば付与され、楽天カードや楽天Edyで支払いをすればポイントを貯めることができるので、非常に貯めやすく利用箇所も多いので利便性の高いポイントです。この楽天スーパーポイントで、楽天証券で投資信託を購入できるサービスを開始するとの発表があり、さらに投資信託の通常買付、積立買付ともに100円から購入できるようになるとのことで内容を確認してみました。

ゆうちょ銀行(郵便局)の投資信託でおすすめは?ランキングもチェック!

ゆうちょ銀行は全国47都道府県全てに店舗(支店・出張所)を有しているので、身近に利用できる金融機関の一つで、預金残高は約180兆円と国内最大規模を誇る銀行です。ゆうちょ銀行でも投資信託を購入することができますが、おすすめといえる投資信託はあるのか、またランキング上位のファンドはゆうちょ銀行で購入して損しないのか確認してみました。

NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!CFDはどう?

NYダウ平均は米国の株式市場の動向を示す株価指数で、ダウ工業株30種平均は最も有名な株価指数です。NYダウ平均は30銘柄のみで構成されていますが、その30銘柄の時価総額(558兆円)は、東証1部の全構成銘柄(約2,000社)の時価総額(497兆円)を上回る規模となっています。そんなNYダウ平均へ投資するなら投資信託・ETF・CFDといった選択肢がありますが、どれに投資するのがいいのか確認してみました。

GMOクリック証券の投資信託の内容は?取り扱いファンドは?

GMOクリック証券といえば、FX取引が有名ですが他にも株式や先物・オプション、CFD、債券、ソーシャルレンディング(maneo)と幅広い金融商品を扱っていますが、投資信託についても取り扱いを始めました。投資信託では後発となりますが、どのようなサービス内容で、どのようなファンドを取り扱うのか確認してみました。

FTSE100とは?投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?

FTSE100とは、イギリスのロンドン証券取引所に上場されている株式のうち、時価総額の大きい100社を対象に構成された株価指数(インデックス)です。100銘柄と聞くとちょっと少ないように思えますが、イギリス全上場企業の時価総額ベースで80%をカバーするほどの規模となっています。そんなFTSE100へ投資するなら投資信託・ETF・CFDといった選択肢がありますが、どれに投資するのがいいのか確認してみました。

S&P500に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

S&P500は、米国株式市場の動向を示す代表的な株価指数(インデックス)の一つで、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が妻にすすめたことで話題になりました。過去ずっと右肩上がりで成長している米国株式市場に気軽に投資ができる株価指数(インデックス)がS&P500ですが、それに連動する投資信託やETFを比較してみました。

株式や投資信託の税金って?確定申告で得するのはどんな時?

株式や投資信託から得られる利益には配当期・分配金と譲渡益の2つがありますが、これらにはそれぞれもちろん税金がかかります。証券会社の特定口座の種類によっては確定申告が不要だけど、確定申告すれば節税できる場合があるなど複雑なので、株式や投資信託の税金や、確定申告すれば得する場合などまとめたいと思います。

SBI証券のポイントプログラムが拡充!すべての投資信託が付与対象に!

4大ネット証券(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)では投資信託を保有しているだけでポイントが付与されるポイントプログラムを実施しています。2017年2月よりSBI証券がこのポイントプログラムを拡充することとなり、すべての投資信託でポイントが付与されるようになったので変更内容について確認してみました。

【2016年】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年すぐれていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016」の結果発表が行われました。2017年1月14日に発表があったので早速どのようなファンドが選ばれたのかチェックしたいと思います。