投資信託

投資信託

【最新】投資信託ランキング!個人投資家が選ぶ人気のファンドは?

一般の投資家目線で投資信託について情報を集め、ブログで情報発信をしている投信ブロガーの方たちが投票して、毎年優れていると思うファンドを選ぶイベントである「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2023」の結果発表が行われました。どのようなファンドが選ばれたのか確認してみました。
投資信託

投資信託の移管のメリットやデメリットとは?手順などを解説!

投資信託は中長期で投資することが多いので、その間に証券会社も既存サービスの改良や新規サービスを始めたりして、他の証券会社のサービスの方が自分に向いてると思うようなことも多々出てきます。そんな時に検討したいのが別の証券会社に資産を移す「移管」です。移管と聞くと大変そうに思うかもしれませんが、手順も意外と簡単な投資信託の移管についてメリットやデメリットなど確認してみました。
インデックスファンド

S&P500に連動する投資信託を比較!おすすめは?

S&P500は米国株式市場の動向を表す代表的な指数の一つで、米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしています。投資信託の中でもインデックスファンドではS&P500のような株価指数と連動を目指して運用されるファンドがありますが、そんな投資信託を比較してみました。
投資信託

ナスダック(NASDAQ)に連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

ナスダック(NASDAQ)は、アメリカにある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場で、ハイテク産業を中心にアップルやGoogle、アマゾンなど米国の大手IT企業が上場しています。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへのインデックス投資ができる投資信託やETFを比較してみました。
ネット証券

投資信託でポイントが貯まるネット証券を比較!おすすめはどこ?

投資信託は証券会社だけでなく、銀行やゆうちょなど様々な金融機関で取り扱いがありますが、特にネット証券では投資信託を保有しているだけでポイントが自動で付与されたり、クレジットカードを利用した積立でもポイント還元が受けられたりします。ポイントの付与率やポイント付与対象となる投資信託が各ネット証券で異なっているので、各社のサービス内容を比較してみました。
投資信託

投資信託のスイッチングとは?どんなメリット・デメリットがある?

スイッチングとは、投資信託を乗り換えることですがどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?同じ投資信託でも銀行や証券会社によってスイッチングができたりできなかったりするのですが、うまく利用すれば利益を増やすこともできます。そんなスイッチングのメリット・デメリット、スイッチングを行うのにおすすめの証券会社について紹介します。
投資信託

投資信託のクレジットカード積立のおすすめは?デメリットはない?

ネット証券では投資信託の積立でクレジットカードを利用する(クレカ投資)とポイントを還元するなどのサービスが出そろってきています。少額から投資信託の積立が可能で、さらにポイント還元も受けれるお得なサービスとなっていますが、ポイント還元率など比較してみました。
投資信託

FTSE100に投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?

FTSE100は、イギリスのロンドン証券取引所に上場されている株式のうち、時価総額の大きい100社を対象に構成された株価指数(インデックス)で、ロンドン証券取引所上場企業の時価総額の約80%を占めています。そんなFTSE100へ投資するなら投資信託・ETF・CFDではどれがいいのか比較してみました。
投資信託

投資信託の分配金利回りランキングはあてにならない?日本証券業協会からの注意喚起とは?

証券会社が公表している投資信託ランキングで、分配金の利回りランキングを公表している場合があり、投資信託を選ぶ際に参考にしている方もいらっしゃるかと思います。ただ、分配金利回りランキングについて投資家を保護することを目的としている日本証券業協会から注意喚起されていますので内容を確認してみました。
松井証券

【投資信託】ネット証券おすすめ比較ランキング!お得な口座は?

投資信託は銀行や郵便局でも購入することができますが、ネット証券なら購入時手数料などは無料になるなどお得で取り扱い本数も多いです。また、ネット証券であれば投資信託を保有しているだけでポイントが貯まったり、積立時にカードを利用することでポイントが貰えたり、ポイントだけで投資信託を購入できたりとお得に取引ができます。各ネット証券で投資信託のサービス内容が異なるので比較してみました。
投資信託

NYダウに連動する投資信託やETFを比較!おすすめなのは?

NYダウとはダウ工業株30種平均のことで、米国の株式市場の動向を表す代表的な株価指数です。ダウ平均やニューヨーク平均株価とも呼ばれます。NYダウはニューヨーク証券取引所やナスダックに上場する銘柄から優良な30銘柄で構成されています。そんなNYダウと連動する投資信託やETF比較し、どれに投資するのがいいのか確認してみました。
投資信託

S&P500に投資するなら投資信託とETFどっちがいい?

S&P500は、米国株式市場の動向を示す代表的な株価指数(インデックス)の一つで、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が身内にすすめたことで話題になりました。過去ずっと右肩上がりで成長している米国株式市場に気軽に投資ができる株価指数(インデックス)がS&P500ですが、投資信託やETFで投資できますがどういう違いがあるのか紹介します。
資産別一覧

国内債券インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

国内債券インデックスファンドは主に国内の公社債に分散投資ができる投資信託です。国内債券型はリターンはあまり期待できませんが、株式と逆の値動きとなりやすいため分散投資先の一部として利用されています。そんな国内債券インデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめ、実質コストなどを比較してみました。
楽天証券

楽天証券の投資信託積立では楽天カードを利用すればポイントが付与!デメリットは?

楽天証券はSBI証券と並んで投資信託の取り扱い数が多く、他の金融機関で買付手数料が必要な投資信託も買付手数料が無料で購入できるなど、投資信託を購入するなら検討したいネット証券会社です。楽天証券の投資信託は一括でも積立でも100円からと少額から行えるので、初心者の方でも始めやすく、楽天証券では楽天カードで投資信託の積立をするとポイントが貰えるので、普通に積立するよりお得となりますが内容について確認してみました。
投資信託

ETFと投資信託の違いって?投資するならどっちがいいか徹底比較!

ETFは上場投資信託といい、証券取引所で取引される投資信託のことですが、投資信託との違いって何でしょうか?投資信託への投資を考えネットで調べているとETFという商品があることを目にすることも多いので気になっている方も多いと思いますので、投資するならどっちがいいかまとめてみました。
資産別一覧

新興国債券インデックスファンド(投資信託)を比較!おすすめは?

新興国債券インデックスファンドは約20ヵ国弱の新興国の債券に分散投資ができる投資信託です。新興国債券は、政治や経済など不安な点も多く、為替レートの変動も激しいためリスクは高めですが、先進国より高い利回りということで分散投資の先の一つとして考えられる資産クラスでもあります。そんな新興国債券のインデックスファンドで低コストなファンドを一覧としてまとめ、実質コストなどを比較してみました。
投資信託

投資信託の定期売却サービスとは?どんなメリットがある?

投資信託を保有していればいつかは売却する時が来ますが、一括で売却、必要な時に一部売却するという方法以外に、毎月自動的に切り崩してくれるサービスが投資信託の定期売却サービスです。分配金が出ないインデックスファンドのようなファンドでも、指定した日から毎月分配型のファンドのように分配金を得ることができるので、インデックスファンドの出口戦略の一つとしても活用できる投資信託の定期売却サービスについて確認してみました。