FX一覧

トライオートFXの評価・評判は?手数料やスワップポイントってどう?

トライオートFXは、トライオートETFやシストレ24といったサービスを提供するJASDAQに上場するインヴァスト証券が提供するFXの自動売買が行えるサービスです。FXの自動売買はいくつかのFX会社で提供されていますが、トライオートFXはどのような特徴があるのか確認してみました。

トルコリラ円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

FXでスワップポイントが高い高金利通貨ペアである南アフリカランド円やメキシコペソ円より高いスワップポイントなのがトルコリラ円で注目度の高い通貨ペアです。トルコリラ円のスワップポイントはFX会社によって異なりますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか、スプレッドも含めて比較してみました。

FXのトレードスタイルの種類と特徴って?初心者におすすめなのは?

FXには様々なトレードスタイルがあり、短期から中長期まで取引期間の長さでいくつかに分けられていて、自分のライフスタイルに合ったトレードスタイルを確立させること必要です。もちろん一つのトレードスタイルだけでやる必要もなく、その場その場に応じて使い分けたり、同時に行ったりもしますがFXのトレードスタイルにはどのような種類がありそれぞれの特徴は何なのか紹介します。

FXポジショントレードとは?利益を上げるためのやり方やコツってあるの?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも最も長期に取引を行うのがポジショントレードです。ポジショントレードは、数週間から数ヶ月、長ければ年単位でポジションを保有し決済するトレードスタイルなので、ゆったりとトレードしたい方に向いています。そんなポジショントレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。

FXスイングトレードとは?利益を上げるためのやり方やコツってあるの?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも比較的ゆったりとした取引を行うのがスイングトレードです。スイングトレードは、1日から数週間、長ければ数ヶ月とポジションを保有し決済する中長期的なトレードスタイルなので、チャートに張り付いてる必要もなく、忙しい日々を送る方でも行えるトレードスタイルです。そんなスイングトレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。

トライオートFX/ETFでFXとETFの自動売買が思い通りに?ビルダー機能でバックテストも可能!

インヴァスト証券が提供するFX、ETFの自動売買サービスであるトライオートFX、トライオートETFに自分だけのオリジナルの自動売買ロジックを作成できるビルダー機能が追加されています。もともとトライオートFX、トライオートETFでは誰でも簡単に自動売買が行える自動売買セレクトというのがありますが、新たに自動売買セレクトに追加されたビルダー機能とはどのような機能なのか確認してみました。

FXデイトレードとは?利益を上げるためのやり方やコツってなに?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でもスキャルピングの次に短期間で取引を行う手法がデイトレードです。デイトレードは、その日の内に注文から決済までを行うので、チャートに張り付いてる必要もないので、忙しい日々を送る方でも行えるトレードスタイルです。そんなデイトレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。

FXスキャルピングとは?利益を上げるためのコツってなに?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも最も短期間で取引を行う手法がスキャルピングです。スキャルピングは資金効率がよく、数秒から数分で小さな利益をコツコツ積み重ねていきます。そんなスキャルピングのメリットやデメリットは何か、利益を上げるコツなどを紹介します。

FX会社のロスカットルール、追証(マージンコール)あり・なしを比較

FXのロスカット(強制決済)とは、ある一定の基準に達した時に、FX会社が自動的にすべての取引を決済させる仕組みで、この仕組みがあるおかげで投資家の損失の拡大を防いでくれます。ロスカットルールはすべてのFX業者が整備し、順守することが義務付けられていますが、FX会社によって基準が異なっていたり、追証あり・なしもFX会社によって異なっていたりするので、各FX会社のロスカットルールや追証のあり・なしについて比較してみました。

FXでスキャルピングOKのおすすめ口座ってどこ?スプレッドが狭いだけでいい?

FXの取引スタイルで人気があるスキャルピングは、1日に何度もトレードを行うことによって利益を積み上げていく取引スタイルです。スキャルピングは、すきま時間を利用してさっと取引をすることができ、少額でもレバレッジを大きく掛ければ十分な利益を狙うこともできますが、FX会社によってはスキャルピングをしていたら口座凍結したといった話もあるので、安心してスキャルピングができるFX会社を確認してみました。

FXの約定力が高くスリッページが発生しにくいFX会社はどこ?

FXでの約定(やくじょう)とは、注文が成立することを言いますが、約定力(約定率)が高ければ意図した為替レートで注文が成立し易いことを意味します。約定力が低いFX会社だと、スリッページや約定拒否などにより想定した為替レートで約定しなかったり、そもそも約定しないといったことが起こる可能性があります。特に短期売買を行うときに重要となる約定力が高いFX会社について確認してみました。

南アフリカランド円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

FXでスワップポイントの高い高金利通貨ペアとしてトルコリラ円やメキシコペソ円と並んで人気が高いのが南アフリカランド円です。FX会社によってスワップポイントは異なりますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか気になるところなので、スプレッドも含めて比較してみました。

FX会社のスプレッドを比較!狭いだけで低コストとは言えない理由とは?

FXの取引コストは、多くの会社で取引手数料が無料となっているので実質的な取引コストはスプレッドとなり、FX会社によってスプレッドが異なるので低コストで取引するならスプレッドが狭い方がより低コストでトレードができます。ただ、スプレッドだけでなく他にも気をつけたいポイントもあるので、スプレッドを比較しつつどのFX会社がより低コストでトレードができるのか確認してみました。

FXでポジションを持つってどういう意味?ポジションを持ち続けることは可能?

FXではポジションという言葉がよく使われ、「ポジションを持つ」とか「ポジションを建てる」といった表現がされますが、ポジションやポジションを持つとはどういう意味でしょうか?また、ポジションを持ち続けることは可能なのか、決済との違いなどについてまとめてみました。

FXのロット(Lot)とは?1ロットいくらかはFX会社によって異なる?

FXのロット(Lot)は取引単位のことで、他にも「何枚」「何通貨」といった呼ばれ方もしますが、どのような違いがあるのでしょうか?ロットはFX会社や通貨ペアによって異なっている場合があるので、ちゃんと理解していないと想定よりリスクが高い取引となってしまうことがあったりします。FXをやるなら知っておきたいロット(Lot)について確認しておきましょう。

ひまわり証券でくりっく株365を自動売買できる「ループ株365」の評価・評判って?

ひまわり証券では、FXの自動売買で人気の高いループイフダンを利用できますが、日経225やNYダウ、FTSE100などの株価指数の取引ができるくりっく株365でもループイフダンが利用でき、くりっく株365用の自動売買システムがループ株365です。ループ株365とはどのような特徴があるサービスで、メリットやデメリットはどのような点が挙げられるのか確認してみました。

アイネット証券の評価・評判ってどう?スワップポイントやスプレッドは?

アイネット証券は、FXの自動売買で人気の高いループイフダンが利用できるFX会社です。投資信託で人気のひふみ投信を運営するレオス・キャピタルワークス株式会社などと同じISグループの一員で、FX会社では外為オンラインやひまわり証券も同じISグループの一員です。そんなアイネット証券のサービスはどのような内容なのか確認してみました。

FXのpips(ピップス)とは?1pipsがいくらか簡単に計算するには?

FXのpips(ピップス・ピプス)とは、FXの取引において使用される単位のことで、よく「何pipsの利益が出た」とか「何pipsで損切りしてる」などとと使われています。スプレッドの表記などにも「pips」が使われていたり日本円が絡む通貨ペアだと「銭」が使われいていたりしますが、そもそもpips(ピップス)と言う単位はどういうもので、1pipsはいくらとなるのか簡単に計算するにはどうするのか確認してみました。

アイネット証券とひまわり証券を比較!ループイフダンやるならおすすめはどっち?

ループイフダンはリピート系発注機能に分類されるFXのシステムトレード(自動売買)で、あらかじめ用意されている売買のルールを選ぶだけと簡単に始められます。1,000通貨から取引に対応し低額から始められ、取引コストも低コストなループイフダンですが、アイネット証券とひまわり証券で利用することができますが、どちらがループイフダンをお得に取引できるのか確認してみました。

ループイフダンの評価・評判とは?手数料や必要な資金、実績はどう?

ループイフダンはアイネット証券やひまわり証券で提供されているFXのシステムトレード(自動売買)で、リピート系発注機能に分類されます。ループイフダンでは約8割が利益を上げているといった調査もあるようですが、実際どのような特徴があり、手数料や必要な資金はいくら必要なのか、実績など確認してみました。