renobell一覧

たわらノーロード 国内債券の評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

たわらノーロード 国内債券は、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内の公社債に分散投資ができるインデックスファンドです。NOMURA-BPI総合の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)の評価って?利回りはどのくらい?

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)は、米国の投資適格債券市場に幅広く分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国総合インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

SBI資産設計オープン(資産成長型)の評価ってどう?利回りはどのくらい?

SBI資産設計オープン(資産成長型)<愛称:スゴ6>は、国内外の株式、公社債、不動産投資信託証券の6資産に分散投資ができるバランス型ファンドです。SBI証券のバランス型ファンドでの投資信託ランキングで上位にランキングされている当ファンドはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの評価ってどう?利回りは?

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンは、主に国内の小型株を中心に投資を行うアクティブファンドです。国内の上場企業のうち経営者が実質的に主要な株主である企業を主要投資対象とするとのことですが、どのようなファンドなのか内容について確認してみました。

楽天証券のマーケットスピード2の評価ってどう?メリット・デメリットは?

楽天証券では、株式のトレードツールの草分け的存在で人気の高いマーケットスピードを提供していますが、さらに進化させたマーケットスピード2がリリースされます。プロの投資家も使う取引手法を誰でも使えるようにするなど、ネット証券でも一歩先行く機能を搭載したマーケットスピード2の説明会に参加してきたのでメリットやデメリットについてまとめてみました。

ナスダック総合指数に連動するONEQの評価って?過去の利回りはどのくらい?

ONEQ(Fidelity NASDAQ Composite Index Tracking Stock ETF)は、ナスダック総合指数の価格および利回りに連動する投資成果を目指す海外ETFです。ナスダックに連動する投資信託やETFのほとんどがナスダック100指数に連動するものが多い中、構成銘柄の多いナスダック総合指数に連動するONEQはどのようなETFなのか内容を確認してみました。

Smart-i 先進国リートインデックスの評価ってどう?過去の利回りは?

Smart-i 先進国リートインデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、日本を除く先進国の不動産投資信託証券に分散投資ができるインデックスファンドです。S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

投資信託の積立は楽天証券と楽天カードの組み合わせが最強?デメリットはない?

楽天証券はSBI証券と並んで投資信託の取り扱い数が多く、買付手数料無料のノーロードのインデックスファンドなども数多くあり、投資信託を購入するなら検討したいネット証券会社です。楽天証券の投資信託の積立は100円からと低額から行えるので、初心者の方でも始めやすく、楽天証券では楽天カードとの連携が強化されお得に投資信託の積立ができるようになるので内容について確認してみました。

たわらノーロード 国内リートの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

たわらノーロード 国内リートは、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内に上場している不動産投資信託証券(J-REIT)に分散投資ができるインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

iTrustインド株式の評価ってどう?今後の成長に期待できる?

iTrustインド株式は、中長期的に成長が期待できるインド企業の株式に分散投資ができるアクティブファンドです。2022年には中国を抜き、世界最大の人口を有すると予測されているインドに投資ができるiTrustインド株式ですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

たわらノーロード 日経225の評価ってどう?つみたてNISAやiDeCoの対象?

たわらノーロード 日経225は、低コストインデックスファンドシリーズのたわらノーロードシリーズで、国内株式に分散投資ができるインデックスファンドです。日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

FXでスワップポイントサヤ取り(アービトラージ)の方法って?低リスクだけどデメリットは?

FXでは必勝法とも言われるスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)という手法があり、為替相場が上昇しようが下降しようがスワップポイントで利益を得られることができます。そんなスワップポイントのサヤ取り(アービトラージ)はどんな方法で行い、どのくらいの利益が期待でき、どのようなデメリットがあるのか紹介します。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)の評価って?利回りは?

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)は、ニッセイアセットマネジメントの低コストインデックスファンドシリーズ<購入・換金手数料なし>のバランス型ファンドで、国内外の株式・債券に分散投資ができます。分散投資の基本ともいえる伝統的4資産にこれ一本で投資ができるファンドですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

米国NASDAQオープンの評価ってどう?過去の利回りはどのくらい?

米国NASDAQオープンは、米国のNASDAQ上場株式に分散投資ができるアクティブファンドで、為替ヘッジありのAコースと為替ヘッジなしのBコースがあります。米国経済をけん引してきたハイテク、IT企業が多く上場するナスダックへ投資ができる米国NASDAQオープンはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

たわらノーロード 先進国債券の評価ってどう?為替ヘッジあり・なしはどっちを選ぶ?

たわらノーロード 先進国債券は、先進国債券に分散投資ができるインデックスファンドで、為替ヘッジなしと為替ヘッジありのファンドがあります。FTSE世界国債インデックスに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、為替ヘッジなしとありの両ファンドの内容について確認してみました。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)の評価って?利回りはどのくらい?

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)は、米国の投資適格債券市場に幅広く分散投資ができる海外ETFです。ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

ファンディーノ(FUNDINNO)の評価・評判ってどう?メリット・デメリットは?

ファンディーノ(FUNDINNO)は、株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスで、IPOする前のベンチャー企業(非上場企業)への投資が行えるサービスです。投資した企業がIPOや事業売却されれば大きな利益が期待できますが、どのようなメリット・デメリットがあるのか確認してみました。

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)の評価って?投資して大丈夫?

次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)は、日本を含む世界各国の次世代通信関連企業に分散投資ができるアクティブファンドです。AIやIoTなどの実現に必須となる第5世代通信システムである5Gに関連する企業に投資を行うファンドですが、どのような内容なのか確認してみました。