renobell一覧

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの評価って?つみたてNISAやiDeCoの対象?

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは、世界最大級の運用会社であるバンガードとSBIグループの共同ブランドファンドです。米国の代表的な株価指数であるS&P500の動きに連動する成果を目標としていますが、実際どんな内容のファンドなのか確認してみました。

iFree 日本債券インデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

iFree 日本債券インデックスは、低コストインデックスファンドシリーズiFreeシリーズで、日本の公社債に分散投資ができるインデックスファンドです。NOMURA-BPI総合に連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

トライオートFXの評価・評判は?手数料やスワップポイントってどう?

トライオートFXは、トライオートETFやシストレ24といったサービスを提供するJASDAQに上場するインヴァスト証券が提供するFXの自動売買が行えるサービスです。FXの自動売買はいくつかのFX会社で提供されていますが、トライオートFXはどのような特徴があるのか確認してみました。

日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(1571)の評価ってどう?長期保有には向かない?

日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(1571)は、日々の騰落率が日経平均の騰落率のー1倍となる「日経平均インバース・インデックス」に連動した運用を行うインバース(ベア)型の国内ETFです。日経平均が下落しそうなとき、手軽に日経平均全体を売ることで利益を得られますがどのような内容のETFなのか確認してみました。

トルコリラ円のスワップポイント比較ランキング!おすすめのFX会社は?

FXでスワップポイントが高い高金利通貨ペアである南アフリカランド円やメキシコペソ円より高いスワップポイントなのがトルコリラ円で注目度の高い通貨ペアです。トルコリラ円のスワップポイントはFX会社によって異なりますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか、スプレッドも含めて比較してみました。

【EMB】iシェアーズ JPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ETFの評価ってどう?

iシェアーズ JPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ETF(EMB)は、30超の新興国のドル建て国債等に分散投資ができる海外ETFです。J.P.モルガン・エマージング・マーケッツ・ボンド・インデックス・グローバル・コア・インデックスへの連動を目指すETFですが、どのような内容のETFなのか確認してみました。

i-SMT 新興国株式インデックスの評価って?利回りや実質コストは?

i-SMT 新興国株式インデックスは、新興国24ヵ国の大型および中型株式約1,100銘柄で構成される「MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)」に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。過去人気を集めたSMTインデックスシリーズとは別に低コスト版であるi-SMTインデックスシリーズを設定しましたが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

つみたてロボ貯蓄の評価・評判ってどう?手数料や投資できる銘柄って?

つみたてロボ貯蓄(ロボ貯蓄)は、日本株や米国株へ1,000円からと低額から投資ができる株式会社One Tap BUYの一つのサービスで、米国株やETFを積み立てしながら分配金・配当金が貰えるサービスです。米国株やETFを積み立てることができる数少ないサービスですが、どんな内容なのか確認してみました。

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(1547)の評価ってどう?

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(1547)は、米国株式市場の代表的なインデックスであるS&P500への連動を目指す国内ETFです。過去右肩上がりで成長し続けているS&P500にこれ一本で投資ができる数少ない国内ETFの一つですが、どのような内容のETFなのか確認してみました。

しんきんJリートオープン(毎月決算型)の評価ってどう?利回りってどのくらい?

しんきんJリートオープン(毎月決算型)は、国内の金融商品取引所に上場している不動産投資信託証券(Jリート)に分散投資ができる毎月分配型のインデックスファンドです。東証REIT指数(配当込み)をベンチマークとし、これを中長期的に上回る運用成果を目指して運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

バンガード・米国情報技術セクターETF【VGT】の評価って?利回りや配当金はどのくらい?

バンガード・米国情報技術セクターETF(VGT)は、米国の情報技術セクターの株式に分散投資ができる海外ETFです。MSCI USインベスタブル・マーケット・情報技術25/50インデックスへの連動を目指すETFですが、過去はどの程度の利回りとなっていたのか内容について確認してみました。

ワンタップバイ(One Tap BUY)の評価・評判ってどう?手数料や投資できる銘柄って?

ワンタップバイ(One Tap BUY)は、ある程度まとまった資金が必要な株式投資を1,000円からと低額から投資ができるサービスです。スマートフォンから簡単に投資ができることから多くの投資未経験者の方も利用しているサービスですが、どんな銘柄に投資ができ手数料は低コストなのかなど内容を確認してみました。

SAMURAI(サムライ)の評価・評判って?どんな特徴があるクラウドファンディング?

SAMURAI(サムライ)は、第一種金融商品取引業者(証券会社)としての登録を行っているSAMURAI証券が運営する投資型クラウドファンディングサービスです。不動産や保証会社による担保付き案件なども取り扱っていますが、どのような特徴があるのかサービス内容を確認してみました。

NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)の評価ってどう?

NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)は、日々の騰落率が日経平均の騰落率のー2倍となる「日経平均ダブルインバース・インデックス」に連動した運用を行うインバース(ベア)型の国内ETFです。日経平均が下落しそうなとき、手軽に日経平均全体を売ることで利益を得られますがどのような内容のETFなのか確認してみました。

Smart-i 新興国株式インデックスの評価ってどう?利回りや実質コストは?

Smart-i 新興国株式インデックスは、りそなアセットマネジメントが運用するSmart-iシリーズで、新興国株式に分散投資ができるインデックスファンドです。MSCIエマージング・マーケット指数(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指した運用を行うとのことですが、どんな内容のファンドなのか確認してみました。

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(2521)の評価ってどう?

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(2521)は、米国株式市場の代表的なインデックスであるS&P500(円ヘッジ)への連動を目指す国内ETFです。為替ヘッジがあれば為替変動リスクは抑制されますが、その分ヘッジコストがかかるといった特徴がありますが、どのような内容のETFなのか確認してみました。