FX

スワップ運用

豪ドル(オーストラリアドル)円のスワップポイント比較ランキング!スプレッドも比較!

国債の格付けがAAAの最高位と国としての安全度、信用度が高く長年金利が高く人気があったのが豪(オーストラリア)ドル円です。スワップポイントはFX会社によって異なりますが、どのFX会社がスワップポイントが高いのか、実質の取引コストとなるスプレッドも含めて比較してみました。
FX

外為どっとコムの「マネ育FXスクール」で1,000円もらってFXを学ぼう!

外為どっとコムではFXを始めるための基本から専業トレーダーのためのオンライン講座やWEBセミナー「マネ育FXスクール」を実施しています。すべて無料で活用でき、簡単なクイズに答えれば1,000円貰えるお得な特典があるマネ育FXスクールについて紹介します。
スワップ運用

スワップポイントが引き出し(出金)できるFX会社を比較!税金ってどうなる?

FXでは、トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどの高金利通貨と日本円のような低金利通貨を組み合わせた通貨ペアを買いで保有していれば、日々スワップポイントをもらうことができますが、FX会社によってはポジションが未決済のまま(例えばアメリカドル円を買ったままの状態)スワップポイントを引き出し(出金)することも可能です。スワップポイントを引き出したい場合どのFX会社を利用すればいいのか、その場合の税金がどうなるのか確認してみました。
トライオートFX

トライオートFXの評価や評判ってどう?手数料やスワップポイントはどのくらい?

トライオートFXは、トライオートETFやトライオートCFD、マイメイトといった自動売買サービス強みを持つインヴァスト証券が提供するFXの自動売買が行えるサービスです。FXの自動売買はいくつかのFX会社で提供されていますが、トライオートFXはどのような特徴があるのか確認してみました。
FX

FX会社のスプレッドを比較!狭いだけでは低コストと言えない理由とは?

FXの取引コストは、多くの会社で取引手数料が無料となっているので実質的な取引コストはスプレッドとなり、FX会社によってスプレッドが異なるので低コストで取引するならスプレッドが狭い方がより低コストでトレードができます。ただ、スプレッドだけでなく他にも気をつけたいポイントもあるので、スプレッドを比較しつつどのFX会社がより低コストでトレードができるのか確認してみました。
FX

FXの強制ロスカットとは?計算方法や証拠金維持率・レバレッジとの関係は?

FXの強制ロスカットとは、ある一定の基準に達した時に、FX会社がすべての取引を自動で決済させる仕組みです。強制ロスカットされてしまうと損失が確定してしまう反面、損失の拡大を防いでくれるといった仕組みでもあります。強制ロスカットとはどういう仕組みで、計算方法や証拠金維持率やレバレッジとの関係などについてまとめてみました。
FX

FXスイングトレードとは?利益を上げるコツって何?

FXのトレードスタイルはいくつかありますが、その中でも比較的ゆったりとした取引を行うのがスイングトレードです。スイングトレードは、1日から数週間、長ければ数ヶ月とポジションを保有し決済する中長期的なトレードスタイルなので、チャートに張り付いてる必要もなく、忙しい日々を送る方でも行えるトレードスタイルです。そんなスイングトレードの始め方や、利益を上げるやり方やコツなどを紹介します。
スワップ運用

FXのスワップポイントで稼ぐのにおすすめの通貨ペアは?高金利通貨も比較!

FXでは、二国間の金利差の差額であるスワップポイントを受け取ることができるので、低金利の日本円を売って外貨を買うことによって利益を上げる運用方法がありますが、どの通貨ペアがおすすめでしょうか?過去からの為替レートの変動率や実際のスワップポイントがどのくらいもらえるのかなどからおすすめの通貨ペアを考察してみます。
FX

FXのスワップポイントとは?2カ国間の金利差を低リスクで日々もらうには?

FXといえば短期取引などの取引が注目されてますが、FX最大の特徴であるレバレッジを低く抑えることによって外貨預金のように利用することができ、FXでは外貨預金の利息に相当するスワップポイントが日々発生します。そもそもスワップポイントとはどういうものなのか、スワップポイント狙いの投資をするなら押さえておきたいポイントなどを紹介します。
FX

FXのポジションとは?ポジションを持ち続けることは可能?

FXではポジションという言葉がよく使われ、「ポジションを持つ」とか「ポジションを建てる」といった表現がされますが、ポジションやポジションを持つとはどういう意味でしょうか?また、ポジションを持ち続けることは可能なのか、決済との違いなどについてまとめてみました。
くりっく株365

ひまわり証券のループ株365の評価・評判ってどう?メリット・デメリットは?

ひまわり証券では、FXの自動売買で人気の高いループイフダンを利用できますが、日経225やNYダウ、NASDAQ100などの株価指数やETF(金・原油)などが取引ができるくりっく株365でもループイフダンが利用でき、くりっく株365を利用した自動売買システムがループ株365です。ループ株365とはどのような特徴があるサービスで、メリットやデメリットはどのような点が挙げられるのか確認してみました。
FX

FXとは?初心者でも抑えておきたいメリット・デメリットってなに?

FXは正式名称は外国為替証拠金取引といい、手軽に外貨投資ができることから人気があります。FXはハイリスク・ハイリターンなイメージもありますが、ハイリスクな取引をするかどうかは投資家自身でコントロールが可能で、ローリスクな取引をすることも可能です。そんなFXのメリット・デメリットについて初心者にもわかりやすく解説したいと思います。
外為どっとコム

外為どっとコム「ぴたんこテクニカル」の使い方は?特徴や活用方法を徹底解説!

FXで利益を出すためには、相場分析が必要となり、その相場状況を把握するのにテクニカル分析は有効な手法です。そんなテクニカル分析をFX初心者でも手軽にできるのが外為どっとコムの「ぴたんこテクニカル」です。「どのタイミングで売買すればいい?」「今後相場は上昇しそう?下落しそう?」などを予測してくれる「ぴたんこテクニカル」について紹介します。
FX

FXでスキャルピングOKのおすすめ口座ってどこ?スプレッドが狭いだけでいい?

FXの取引スタイルで人気があるスキャルピングは、1日に何度もトレードを行うことによって利益を積み上げていく取引スタイルです。スキャルピングは、すきま時間を利用してさっと取引をすることができ、少額でもレバレッジを大きく掛ければ十分な利益を狙うこともできますが、FX会社によってはスキャルピングをしていたら口座凍結したといった話もあるので、安心してスキャルピングができるFX会社を確認してみました。
ループイフダン

アイネット証券とひまわり証券を比較!ループイフダンやるならおすすめはどっち?

ループイフダンはリピート系発注機能に分類されるFXのシステムトレード(自動売買)で、あらかじめ用意されている売買のルールを選ぶだけで簡単に始められます。1,000通貨からと少額から取引を始められ、取引コストも低コストなループイフダンは、アイネット証券とひまわり証券で利用することができますが違いを比較してみました。
ループイフダン

ループイフダンの評価・評判とは?手数料や必要な資金、実績はどう?

ループイフダンはアイネット証券やひまわり証券で提供されているFXのシステムトレード(自動売買)で、リピート系発注機能に分類されます。ループイフダンは、他のリピート系自動売買と比べても設定する項目も少なくFX初心者向きと言われますが、実際どのような特徴があり、手数料や資金はいくら必要なのか、実績など確認してみました。
FX

FXのレバレッジとは?レバレッジ1倍でも借金することはある?

FX取引の大きな特徴であるレバレッジは、直訳すると「てこの原理」のことで小さな力で大きなものを動かすことができる仕組みのことを言います。FXも「てこの原理」のように小さな資金で、数倍から数十倍の金額を取引することが可能です。そんなレバレッジとはどのようなものか、メリット・デメリットやレバレッジ1倍(レバレッジなし)の時に借金することがあるのかなど解説します。
FX

FXのpips(ピップス)とは?1pipsがいくらか簡単に計算するには?

FXのpips(ピップス・ピプス)とは、FXの取引において使用される単位のことで、よく「何pipsの利益が出た」とか「何pipsで損切りしてる」などとと使われています。スプレッドの表記などにも「pips」が使われていたり日本円が絡む通貨ペアだと「銭」が使われいていたりしますが、そもそもpips(ピップス)と言う単位はどういうもので、1pipsはいくらとなるのか簡単に計算するにはどうするのか確認してみました。
FX

FXのスワップポイントを複利運用するには?FX会社を選ぶポイントは?

FXで利益を上げる方法として、為替差益で利益を上げる以外に2国間の金利差である差額であるスワップポイントを受け取ることができます。受け取ったスワップポイントの活用方法の一つしてスワップポイントを複利運用するといった運用方法がありますが、スワップポイントを複利運用するのに適したFX会社はどういう条件が必要で、どこがおすすめのFX会社なのか紹介します。
FX

FXのスプレッドとは?手数料との違いって何?

FX会社のページに「米ドル円が0.2銭」などと表記がされている0.2銭のことをスプレッドと言います。スプレッドはFXを行う際の実質的な取引コストとなり、「狭い」「広い」といった言い方をしますが、スプレッドは狭ければ低コストといえるのでしょうか?取引コストが低コストであればリターンも向上するので、FXの基本知識であるスプレッドについて押さえておきましょう。