評価一覧

ベトナム成長株インカムファンドの評価ってどう?利回りってどのくらい?

ベトナム成長株インカムファンドはその名の通りベトナムの株式に投資ができるアクティブファンドです。運用を行うキャピタルアセットマネジメントは、ベトナムやフィリピンなどのアセアン市場や南アフリカ、中近東といった新興国市場、シェールガス関連株式に投資するファンドを運用するといった特徴がありますが、ベトナム成長株インカムファンドはどんな内容のファンドなのか内容を確認してみました。

eMAXIS JPX日経中小型インデックスの評価ってどう?今後のリターンに期待!

eMAXIS JPX日経中小型インデックスは、国内の中小型株200銘柄に分散投資を行うJPX日経中小型株指数をベンチマークとするインデックスファンドです。JPX日経中小型株指数はJPX日経インデックス400と同じコンセプトを中小型株に適用した新しい株価指数で、それに連動するeMAXIS JPX日経中小型インデックスはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(1458)(楽天225ダブルブル)の評価ってどう?手数料無料?

楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型(楽天225ダブルブル)は日経平均の騰落率の2倍の値動きをする国内ETFです。レバレッジ型ETFは証券会社の売買代金ランキングの上位に入るなど頻繁に取引されていますが、楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型はどのような内容のETFなのか内容を確認してみました。

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドの評価って?一部ヘッジあり!

三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドは、株式(国内・先進国・新興国)、債券(国内・先進国)、リート(国内・外国)の各資産に分散投資ができるバランス型ファンドです。リートも含む資産に分散投資ができるバランス型ファンドも増えてきましたが、三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンドはどのような内容のファンドなのか確認してみました。

GMOコインの評価・評判!手数料などどんな特徴がある?

GMOコインは、その名の通りGMOグループの会社で同じグループ会社にはFXで有名なGMOクリック証券があり金融サービスを提供している実績があり安心感があります。そんなGMOコインは金融庁に認可された仮想通貨の取引所の一つでもありますが、手数料などどのようなサービスが提供されているか内容を確認してみました。

ビットバンク(bitbank)の評価・評判!手数料とかどんな特徴がある?

金融庁に認可された仮想通貨の取引所の一つであるビットバンクは2014年5月に設立された取引所です。ビットコインだけでなくGoogleが出資するリップル(XRP)を購入できる数少ない取引所の一つとして注目されていますが、ビットバンクのサービス内容や手数料などについて確認してみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価・評判!手数料や使い方は?

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内初のビットコイン取引所で、ビットコインの取引量は国内最大級の仮想通貨の取引所です。金融庁の登録・認可を受け、三大メガバンクや第一生命、三井住友海上火災、リクルートなどのグループ企業が株主として名を連ね、信頼性も高いbitFlyer(ビットフライヤー)のサービス内容について確認してみました。

トライオートETFの評価ってどう?メリット・デメリットとは?

トライオートETFは、シストレ24やトライオートFXといったFXの自動売買サービスを展開しているインヴァスト証券のサービスの一つです。国内外のETFを自動売買で毎日コツコツ積み上げる資産運用が可能とのことですが、実際どのような仕組みで、メリット・デメリットはどのような点があるのか確認してみました。

楽天銀行のマネーサポートの評価!資産管理ツールとして使える?

楽天銀行はマネーサポートという無料の資産管理ツールを提供していて、リニューアルを繰り返し1,000以上の金融機関と連携が可能となっています。銀行やクレジットカードはもちろん、証券会社、FXや電子マネーやポイントなども管理できるようになってますが、複数の金融機関の資産管理ツールとしてどんな内容なのか確認してみました。

SMBC日興証券の評価・評判!IPOにおすすめだけど手数料は?

SMBC日興証券は野村證券、大和証券とともに日本の三大証券と呼ばれる国内大手証券会社で、三井住友フィナンシャルグループが100%出資する証券会社です。大手証券会社だけあり、IPOの割り当て数が一番多い主幹事を引き受ける回数も多くIPOでは必須の証券会社ですが、手数料など含めどんなサービス内容か確認してみました。

ウェルスナビ(WealthNavi)の評価・評判!SBI証券と同じサービス?

ロボアドバイザーによる投資一任運用型のサービスを各社出していますが、資産運用会社とは独立して中立な立場でサービスを提供しているのがウェルスナビ(WealthNavi)です。SBI証券との業務提携によりSBI証券からも「WealthNavi for SBI証券」というサービスが提供されていますが、サービス内容の違いなど確認してみました。

クラウドクレジットの評価・評判!10%以上と高利回りだがハイリスク?

クラウドクレジットは他のソーシャルレンディング会社は主に国内の案件を扱っているのに対し、海外の案件を主に扱っているソーシャルレンディング会社です。そのため利回りも10%超えは当たり前といった感じで非常に高利回りで、成立ローン額、ユーザ登録数ともに右肩上がりに成長しているのですが、投資するにあたって注意しなければいけない点などについて確認してみました。

maneoの評価・評判!ソーシャルレンディング最大手だから安心?

maneo(マネオ)は国内のソーシャルレンディングの50%以上のシェアを誇る国内最大手の企業で、GMOクリック証券との業務提携や複数のベンチャーキャピタルからの資金調達にも成功しIPO(株式上場)も視野に入れつつあるようです。ソーシャルレンディングは新たな投資先として注目されてますが、最大手のmaneoはどんなサービス内容なのか確認してみました。

岡三オンライン証券の評価・評判!押さえておきたい穴場の証券会社?

創業90年の岡三証券グループでネット専業の証券会社が岡三オンライン証券です。2006年から営業開始ということで、ネット証券では後発組ですが岡三証券のノウハウを活かしたサービスを提供しています。特に株式に関しては他社にはないサービスを提供していて、IPO投資する方にはうれしいサービスも提供しているので、サービス内容を確認してみました。

SBIソーシャルレンディングの評価・特徴!投資するなら大手が安心?

SBIソーシャルレンディングはネット証券No1の口座数を誇るSBI証券のグループ会社で、ソーシャルレンディング専業の会社です。ソーシャルレンディングという新しい投資手法にSBI証券のような大手金融会社が乗り出すということは今後成長が期待できる分野ということでもありますね。そんなSBIソーシャルレンディングはどのような特徴があるのか確認してみました。

ヒロセ通商(LION FX)の評価・評判!FXで資産運用するなら必見!?

2016年3月にJASDAQ市場に上場したヒロセ通商は、株主優待がいいことでも話題となっています。実質的な取引手数料となるスプレッドが狭く、約定率が99.9%と高く、外貨預金の利息に相当するスワップポイントも相対的に高く短期から長期投資に対応したサービス内容となっていますが、実際どんなサービス内容なのか確認してみました。

楽天証券の楽ラップとは?低コストのラップ口座だけど評価は?

楽天証券が新たなサービスとして楽ラップというサービスを開始しました。今までのラップサービスは、初期費用が数百万円からで管理手数料だけでも2%程度と富裕層向けのサービスでしたが、初期費用を大幅に抑え業界最低水準の手数料でサービスを開始しました。ロボによるアドバイスとのことですが、利用する価値があるのか内容について確認してみました。