ETFとETNの違いって?ETNはどんなメリット・デメリットがある?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

etf-etn-difference

ETFと似た金融商品にETNというものがありますが、違いって何でしょうか?

証券会社でもETFとETNは同じページにあるので同じような商品かなと違いを認識していないかもしれませんが、実際にはリスクが異なりますので注意が必要です。

ETFとETNの違いやETNのメリットやデメリットについて解説したい思います。

参考 ETFについては下記も参考にしてみてください。

⇒ ETFは手数料が安いが投資に有効?メリット、デメリットは?

ETFとETNの違いって?

ETN(Exchange Traded Note)は、上場投資証券、指標連動証券と呼ばれ、ETF(Exchange Traded Fund)は、上場投資信託と呼ばれています。

ETNはETF同様に、特定の指数は指標と連動し、証券取引所に上場しているため、価格がリアルタイムに変動し、株と同じように取引することができます。

では、違いは何かというと「資産の裏付けがない」という点です。

例えば日経平均に連動する場合、ETFでは、日経平均の動きに連動させるために、日経平均構成銘柄の現物株式を裏付け資産として保有しています。

一方ETNは、信用力が高い金融機関が、指数に連動することを保証した債券を発行しているだけなので、裏付けとなる資産は保有していません。

そのため、ETNは発行している金融機関に依存していて、もし破たんとなった場合には無価値となってしまう可能性があります。

ETNのメリット・デメリットとは?

ETFとETNは共通点も多いですがETNの方がリスクが高そうに思えますが、なぜリスクが高いETNという商品が必要だったのでしょうか?

メリット

現物投資が難しい資産への投資が可能

ETNは現物資産を保有しなくても投資ができるということが大きな特徴です。

これによって外国人に開放されていないような新興国株式や、実物資産を保有するのが難しい大豆やトウモロコシといった穀物等にも投資が可能となります。

トラッキングエラーが発生しない

トラッキングエラーとは、ETFなどの場合に発生するもので、現物資産を持ってるがゆえ端数部分などどうしても指数とはずれが生じてしまいます。

ETNの場合は発行体となる金融機関が指数の連動を保証しているわけですから、このようなトラッキングエラーが発生しないので、より効率的に運用されるということとなります。

デメリット

発行会社の信用リスクを考慮する必要がある

先述のようにETNは、発行会社が指数に連動することを保証した債券です。

そのため、発行会社の信用が低下したり、破たんとなった場合にはETNの価値が大きく下がり無価値となる可能性があります。

裏付け資産がない

ETNは裏付け資産がないため、もし上場廃止になって資産を清算するといった場合にも売却する資産がありませんので元本の一部が返却されるような仕組みがありません。

流動性が相対的に低い

ETFと比較すると、流動性が低い傾向にあるため、価格が乱高下したり、売却したいときに売却ができないなどのリスクがあります。

まとめ

ETNはETFで投資が難しい指数などの投資ができるメリットがある一方、発行体の信用リスクがある金融商品です。

ETNでは例えば下記のような投資が可能です。

  • NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブルETN(2038)
  • NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ベア ETN(2039)
  • NEXT NOTES 東証マザーズ ETN(2042)
  • NEXT NOTES S&P500 配当貴族(ネットリターン)ETN(2044)
  • NEXT NOTES S&P シンガポール リート(ネットリターン)ETN(2045)
  • iPath® 農産物指数連動受益証券発行信託(2025)
  • iPath® 穀物指数連動受益証券発行信託(2026)

ETFとETNはあまり区別なく取引されていますが、ETNは発行体の信用リスクがあることは注意が必要です。

ETNはETF同様に国内株式と同じように取引することができます。

国内ETF(JDR含む)を購入するのにお得な証券会社は?

約定代金が10万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

もちろん株式も10万円以下なら手数料がかかりませんので、初心者の方にもおすすめです!

>> 松井証券 (公式サイト)


GMOクリック証券ならETFの売買手数料を実質無料(0円)にできます!

もちろん口座開設・維持費は無料です。

>>GMOクリック証券 売買手数料を無料にするやり方


【国内ETFの売買手数料比較】

 10万円
まで
20万円
まで
30万円
まで
50万円
まで
100万円
まで
300万円
まで
お得情報
松井証券※20円300円300円500円1,000円3,000円10万円以下
手数料無料
ライブスター証券80円97円180円180円340円600円2か月間
手数料無料
GMOクリック証券 88円97円241円241円436円900円
カブドットコム証券90円180円250円250円990円2,790円
岡三オンライン証券 99円200円350円350円600円1500円
マネックス証券100円180円250円450円1,000円3,000円最大51,000円
プレゼント
SBI証券 139円185円272円272円487円921円最大100,000円
プレゼント
楽天証券※3139円185円272円272円487円921円最大85,000
ポイントプレゼント
※1:税抜です
※2:松井証券はボックストレードという仕組みで取引回数ではなく1日の約定代金合計によって手数料が決まります。
※3:超割コースでの手数料です