CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

日経平均やNYダウ、金や原油など幅広く投資ができるのが魅力のCFDですが、実際どのような仕組みなのでしょうか?

金や原油と聞くと商品先物のように、ハイリスクと思いがちですが実際にはFXと同じようなもので、リスクは自分でコントロールできます。

CFDの取引の特徴や具体的なメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

CFDとは?

CFDとは「差金決済取引」を意味します。

差金決済取引(さきんけっさいとりひき、英語: Contract for Difference: CFD)とは金融商品の一つで、証拠金(保証金)を業者に預託し、原資産となる国内外の通貨、株価や金価格など金融商品の価格や指数を参照して差金決済による売買を行なう取引をいう。

(引用元:Wikipedia 差金決済取引

株式などの取引の場合は、株券という現物のもの保有し、売却すると株券を手放すことになりますが、差金決済では現物がない取引のことを言います。

証拠金を預けてレバレッジをかけて取引を行うことができるので、FXも差金決済取引の一つで、一般的に外国為替を対象とする場合をFX、それ以外の株式や株価指数を対象とするものをCFDと呼んでいます。

レバレッジをかける取引と聞くとハイリスクと思われるかもしれませんが、実際レバレッジは自分で調整することが可能で、レバレッジ1倍で取引すればリスクはそれほど高くありません。

参考 FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

CFDの取引ってどんな仕組み?

CFDの取引は、店頭CFDと取引所CFD(クリック株365)の2つがあります。

(引用元:DMM.com証券)

取引所CFDの場合は、100万円で買いたいという人と、100万円で売りたいという人が合致すれば注文は成立するマーケットメイク方式で、株式の取引と同様です。

店頭CFDの場合は、CFDを取扱っている会社が参照市場の価格を参考に提示する価格を決め、投資家はその価格に納得すれば買う・売るというルールで行いこれを相対(あいたい)取引といいます。

参考 くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDの違いについては下記も参考にしてみてください。

⇒ クリック株365(取引所CFD)と店頭CFDの比較!取引するならどっち?

FXも同様の仕組みとなっていて(取引所FXはくりっく365)、下記の理由より店頭FXが主流となっています。

  • 手数料無料は当たり前でスプレッドも小さいのでローコスト
  • 1,000通貨単位で取引ができるので少額から投資できる
  • 投資情報やツールが充実している
  • システムトレードなどの自動売買の仕組みが提供されている

CFDに関しては、

  • 取引銘柄が多く少額取引がしたい ⇒ 店頭CFD
  • 取引の透明性が高く為替レートの影響を受けたくない ⇒ 取引所CFD

といった感じで、口座開設数や証拠金残高などは五分五分といった感じです。

CFDで取引できる銘柄って?

取引所CFD(クリック株365)と店頭CFDでは取引できる銘柄は異なり、店頭CFDは会社によって異なりますが、圧倒的に店頭CFDの方が取引できる銘柄が多いです。

取引所CFDの取り扱い銘柄は下記の4つの株価指数です。

  • 日経平均(日経225)
  • NYダウ
  • DAX(ドイツの株価指数)
  • FTSE(イギリスの株価指数)

店頭CFDは会社によって取り扱い銘柄が大きく変わりますが、2013年度の年間店頭CFD売買代金シェア65.7%と国内第1位のGMOクリック証券のCFDの取扱銘柄は下記の様になっています。

  • 株価指数CFD:10銘柄
    (日経225、NYダウ、S&P500、上海A50、香港Hなど)
  • 商品CFD:7銘柄
    (原油、金スポット、銀スポット、コーン、大豆など)
  • 外国株CFD:82銘柄
    (Amazon、GAP、IBM、マクドナルド、コカ・コーラなど)
  • 海外ETF・ETN CFD:37銘柄
    (原油ブル・ベア2倍ETF、米国リートETF、ロシア株価指数ETFなど)

取引所CFDでは4銘柄しか扱ってませんが、店頭CFDはGMOクリック証券なら136銘柄と取引できる銘柄が多いので、その分取引チャンスは多くなります。

参考 GMOクリック証券のCFDの詳細は下記の公式サイトで確認して見ください。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)

CFDのコスト・調整額って?

CFDのコストはFXをやったことがある方なら理解しやすいと思いますが、取引手数料とスプレッドが必要となります。

取引時のコスト

店頭CFDは、ほとんどの会社で手数料無料となっているのでスプレッドが小さい方が取引コストを小さく取引することができます。

取引所CFDは、スプレッド以外にも取引手数料がかかるので、この分は店頭CFDよりコストが高くなってしまいます。

銘柄保有時の調整額

CFDは銘柄保有時に下記の3つの調整額と呼ばれるコストがかかります。

  • 価格調整額
  • 金利調整額
  • 権利調整額

例えばGMOクリック証券の場合だと、下記の様になっています。

【価格調整額】

価格調整額とは、参照原資産が「先物」の場合発生するのですが、先物には限月とよばれる取引期日があるのですが、取引期日がないCFDでは内部で取引期日が来る前に取引期日が長いものに乗り換えます。

その時に発生するコストをロールオーバーコストといいますが、価格調整額はこのロールオーバーコストの損失を相殺することが目的なので、負担となるコストではないため、あまり気にしなくていいコストです。

【金利調整額】

金利調整額はオーバーナイト金利と呼ばれ、参照原資産が「外国株式・ETF」「スポット(現物)」の場合に発生します。

ポジションを作る際の対価に発生する金利相当額で、売りポジションの時は金利調整額を受け取れ、買いポジションの場合は金利調整額を支払うということになります。

【権利調整額】

権利調整額は、参照原資産が「株式・ETF」の場合に発生し、株式やETFの分配金・配当金に相当するものです。

買いポジションであれば配当金分を受け取り、売りポジションであれば配当金分を支払うこととなります。

CFDへ投資するメリット・デメリットとは?

CFDのメリットは?

  • CFDは売買できる投資商品が多い
  • ほぼ24時間取引ができる
  • 買いからも売りからも利益が出せる
  • 証拠金取引なので少額から取引できる
  • 売りの場合は金利調整額、買いの場合は権利調整額を受け取れる

CFDは売買できる投資商品が多い

店頭CFDの場合ですが、投資できる商品はかなり多く株価指数もインドやロシア・ブラジル・ベトナムと今後成長が期待できる国に投資ができます。

他にも日本では購入ができない海外ETFの「バンガード・REIT・ETF」を参照原資産としているCFDがあり、投資する幅が大きく増やせます。

ほぼ24時間取引ができる

株式投資などは取引所が開いている9時から15時までしか取引ができず、会社員の方などはどうしても取引しづらいという面があります。

FXが幅広い方たちに取引されたのもほぼ24時間取引ができるという要因がありますが、CFDもほぼ24時間取引ができるので仕事が終わった後取引できるというメリットがあります。

ただ、銘柄によっては24時間取引できないものもあるので注意しましょう。

買いからも売りからも利益が出せる

株式などは信用取引を使えば、売りから(空売り)も取引はできますが売りができる銘柄が限られていたりします。

その点CFDはFX同様に買いからも売りからも取引ができるので、どちらの局面となっても利益を出すことが可能です。

証拠金取引なので少額から取引できる

CFDもFX同様に証拠金取引なので、預けたお金以上の取引を行うことができるので、少額から投資が可能です。

GMOクリック証券の場合、株価指数CFDは10倍、商品CFDは20倍のレバレッジをかけることができます。

ただ、レバレッジを上げれば上げるほどハイリスクとなるので、まずはレバレッジ1~2倍程度の取引を心がけましょう。

売りの場合は金利調整額、買いの場合は権利調整額を受け取れる

CFDは参照原資産が「外国株式・ETF」「スポット(現物)」の場合、売りポジションなら金利調整額を受け取ることができます。

以前原油が大きく値を下げている局面がありましたが、商品CFDは権利調整額が発生しないので、下落局面で売りポジションを持っていれば売買差益に金利調整額ももらえるといった二重の利益を得ることができました。

また、店頭CFDの場合、株式やETFの配当を受けられますが、金利調整額は支払うこととなりますが、取引所CFDの場合マイナス金利の今は金利調整額を支払う必要がないので、そのまま権利調整額を受け取ることができます。

取扱銘柄は少ないですが、イギリスのFTSEなどは投資金に対して4.1%程度の配当金が見込めますし、NYダウでも2.6%程度の利回りが見込めます。

参考 日経平均やNYダウで配当と自動売買でこつこつ利益?M2J株価指数CFDとは?

下記のネット証券なら口座開設・維持費は無料ですし、手数料は業界最低水準です。

>> 岡三オンライン証券 くりっく株365(公式サイト)[詳細解説]
>>  SBI証券 (公式サイト)
>> マネックス証券(公式サイト)

CFDのデメリットは?

  • 仕組みが理解しづらい
  • 取扱銘柄がやや複雑

仕組みが理解しづらい

株式や投資信託といったメジャーな投資方法に比べると、やはり仕組みが理解しづらいと思います。

FXをやったことある方は、理解しやすいと思いますがそれでも、オーバーナイト金利などの調整額はFXでもない仕組みなので、理解しづらい部分は否めません。

文章などで概要がつかめた実際に投資してみるのが一番理解が進むと思うので、まずはお試し感覚で少額から投資してみるのがおすすめです。

取扱銘柄がやや複雑

株式や投資信託も同様ですが、対象となる銘柄多ければ多いほどどれに投資していいかわからなくなります。

取引所CFDは4つしかないのでわかりやすいですが、店頭CFDは取り扱い銘柄が多くなってきているので何に投資していいかわからなくなります。

まず始めは情報量も多い、日経平均CFDなどで取引してみるといいかと思います。

まとめ

CFDとは「差金決済取引」を意味し、FXもCFDの一つとして位置づけられています。

CFDには店頭CFDと取引所CFD(くりっく株365)があり、くりっく株365は店頭CFDに比べて取り扱い銘柄が少なく、取引手数料もかかるので若干不利ですが、CFDの特徴でもある調整額で、買いポジションで支払わないといけない金利調整額がマイナス金利の今なら支払う必要がないという大きなメリットがあります。

そんなCFDのメリットは、下記のような点が挙げられます。

  • CFDは売買できる投資商品が多い
  • 24時間取引ができる
  • 買いからも売りからも利益が出せる
  • 証拠金取引なので少額から取引できる
  • 売りの場合は金利調整額、買いの場合は権利調整額を受け取れる

また、デメリットとしては下記のような点が挙げられます。

  • 仕組みが理解しづらい
  • 取扱銘柄がやや複雑

店頭CFDは税制面やロスカットの仕組み、分別管理などが整備されてきていて投資がしやすくなってきていますし、取引所CFDも買いポジションで金利調整額が発生しなかったり、為替リスクがないなどのメリットもあります。

最初はとっつきにくいと思われるCFDですが、クリック株365を利用した自動売買の仕組みなども出てきていて今後注目の金融商品ではないかなと思いますので、ぜひ注目してみてください。

参考 日経平均やNYダウで配当と自動売買でこつこつ利益?M2J株価指数CFDとは?

手数料無料で取り扱い商品も多く、少額取引をしたいならGMOクリック証券

口座開設・維持費は無料ですし、既にGMOクリック証券に口座を持っていれば簡単にCFD口座を開設することができます。

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)

店頭CFDで商品は少なくシンプルなのがいいならDMM.com証券

取扱銘柄は7つと少ないので、商品選びに迷わなくて済みます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> DMM CFD(公式サイト)

取引の透明性が高く買いポジションで配当金をもらうならくりっく株365

くりっく株365は為替リスクは発生しませんし、下記のネット証券なら口座開設・維持費は無料で、手数料は業界最低水準です。

>>  岡三オンライン証券 (公式サイト)[詳細解説]
>>  SBI証券 (公式サイト)
>> マネックス証券(公式サイト)

株価指数に投資するならCFD(くりっく株365)が最もお得

詳細については下記を参考にしてみてください。

⇒ NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!配当がもらえるCFDは?

⇒ FTSE100とは?投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?