くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDの比較!取引するならどっち?

もし何かのご参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

日経平均やNYダウ平均などの株価指数(インデックス)に投資ができる商品として注目されているCFDは、くりっく株365という取引所CFDと店頭CFDの2つがあります。

実際この2つにはどのような違いがあり、どのようなメリット・デメリットがあるのか調べてみました。

参考 CFDって何?ってかたはこちらを参考にしてみてください。

⇒ CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

CFDは取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの2つ

CFDは取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの2つがあり下記のような仕組みとなっています。

(引用元:DMM.com証券)

取引所CFD(くりっく株365)

取引所CFD(くりっく株365)は、100万円で買いたいという人と、100万円で売りたいという人が合致すれば注文は成立するマーケットメイク方式で、株式の取引と同様です。

株式の場合は東京証券取引所が有名ですが、CFDの場合の取引所は東京金融取引所という市場で取引されることになります。

東京金融取引所は金融商品取引法に基づき市場開設の免許を受けた取引所(金融商品取引所)で、1989年から取引を開始し、主にデリバティブ取引を行う市場で、FXのくりっく365が有名です。

デリバティブ取引とは
株式、債券、金利、為替など原資産となる金融商品から派生した金融派生商品(デリバティブ)を対象とした取引のことで、原資産そのものではなく、それらを将来売り買いする「契約」や「権利」などが商品となっています。主なものに先物取引やオプション取引などがあり、少ない投資金額で大きな取引ができること、投資商品の価格が値下がりした場合にも収益が得られることが主な特徴です。

取引所でレートが決定されるので、実際に取引する証券会社ごとにレートは同一となるためレートの透明性が高いのが特徴です。

店頭CFD

店頭CFDは、CFDを取扱っている会社が参照市場の価格を参考に提示する価格を決め、投資家はその価格に納得すれば買う・売るというルールで行い、これを相対(あいたい)取引といいます。

レートが証券会社独自のレートとなっていますが、投資家に不利な条件というわけでもなく取引所CFD(くりっく株365)より店頭CFDの方がコストが安い状況となっています。

また、店頭CFDでは2013年度の年間店頭CFD売買代金シェア65.7%だったのがGMOクリック証券で国内No1となっています。

参考 GMOクリック証券の詳細については下記の公式サイトで確認してみてください。

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)

取引所CFD(くりっく株365)と店頭CFDの比較

店頭CFDは国内No1のGMOクリック証券を例にしています。

取引所CFD(クリック株365) 店頭CFD
取扱銘柄数 株価指数:4銘柄 株価指数:10銘柄
商品:7銘柄
外国株:82銘柄
海外ETF等:37銘柄
取引時間 日経平均・NYダウは
ほぼ24時間(土日、元旦以外)
日経平均・NYダウは
ほぼ24時間(土日、元旦以外)
その他商品により異なる
レバレッジ 平常時は20~30倍 株価指数:10倍
商品:20倍
外国株:5倍
海外ETF等:5倍
取引単位
(日経平均)
株価指数×100円 株価指数×10円
取引コスト 売買手数料+スプレッド  スプレッド
為替影響 受けない 受ける
調整額
(株価指数)
金利調整額・権利調整額 価格調整額
投資家保護 分別管理+
投資者保護基金の対象
(一人1,000万円が上限)
分別管理(+信託保全)
税制 申告分離課税(20%)※ 申告分離課税(20%)※

※別途「復興特別所得税」がかかります

取扱銘柄

くりっく株365は下記の株価指数4つが取り扱い銘柄となります。

株価指数 概要
日経平均 日本 日本を代表する株価指数。
東証一部上場の約2,000銘柄のうち
代表的な225銘柄で構成されています。
ニュースなどでもおなじみの指数。
NYダウ
平均
米国 世界で最も有名な株価指数。
ニューヨーク証券取引所とNASDAQ上場企業
から選ばれた30銘柄で構成されています。
30銘柄の時価総額は東証一部の2,000銘柄の
時価総額を上回る規模。
DAX ドイツ 日本に次いで世界第4位の経済大国
ドイツの株価指数。
フランクフルト取引所に上場している
時価総額上位30銘柄で構成されています。
FTSE100 イギリス 世界第5位の経済大国イギリスの株価指数。
ロンドン証券取引所に上場する
時価総額上位100銘柄で構成されています。

DAXは配当込み株価指数のため配当が出ませんが、その他の株価指数は配当がもらえます。

店頭CFD(GMOクリック証券の場合)は下記のような銘柄を取引することができます。

  • 株価指数CFD:10銘柄
    (日経225、NYダウ、S&P500、上海A50、香港Hなど)
  • 商品CFD:7銘柄
    (原油、金スポット、銀スポット、コーン、大豆など)
  • 外国株CFD:82銘柄
    (Amazon、GAP、IBM、マクドナルド、コカ・コーラなど)
  • 海外ETF・ETN CFD:37銘柄
    (原油ブル・ベア2倍ETF、米国リートETF、ロシア株価指数ETFなど)

取引時間

くりっく株365で日経平均、NYダウ平均は、8:30~翌6:00(サマータイム期間は翌5:00)で、土日・元旦以外は取引することができるので、日本の祝日なども取引することができます。

参考 DAX、FTSEはこちらを参照してください。

店頭CFDの場合、日経平均は、月曜日から金曜日の8:30~翌7:00(サマータイム期間は翌6:00)、NYダウ平均・S&P500・NASDAQ100は、月曜日から金曜日の8:00~翌6:15(サマータイム期間は7:00~翌5:15)となります。

参考 その他の銘柄についてはこちらを参照してください。

レバレッジ

くりっく株365の場合は、証拠金の最低金額は取引所が週に1度再計算し、平常時は概ね20~30倍程度のレバレッジとなります。

店頭CFDの場合は下記のレバレッジとなります。

  • 株価指数:10倍
  • 商品:20倍
  • 外国株:5倍
  • 海外ETF等:5倍

参考 レバレッジって?という方はFXでの記事ですが考え方は同じですので下記を参考にしてみてください。

⇒ FXのレバレッジって?1倍でも借金することはあるの?

取引単位

くりっく株365の場合、取引できる4つの株価指数では「株価指数の数値×100円」となるので、レバレッジ1倍の場合で日経平均を取引する場合200万円必要となります。(日経平均を20,000円とした場合)

対して店頭CFDの場合、日経平均ならレバレッジ1倍で20万円からとなるので、くりっく株365より最低投資金額は低くなります。

日経平均以外の株価指数や他の銘柄については、それぞれ取引単位が異なるので下記の公式サイトで確認してみてください。

参考 GMOクリック証券「取引単位」

取引コスト

くりっく株365の場合、売買手数料+スプレッドがコストととしてかかり、スプレッドは各社同一となるので、売買手数料のみ各社で異なります。

くりっく株365は為替リスクは発生しませんし、下記のネット証券なら口座開設・維持費は無料で、手数料は業界最低水準です。特に岡三オンライン証券は投資情報や取引ツールが充実していておすすめです。

>> 岡三オンライン証券 くりっく株365(公式サイト)[詳細解説]←おすすめ
>> SBI証券(公式サイト)
>> マネックス証券 (公式サイト)

参考 くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

店頭CFD(GMOクリック証券)の場合は、売買手数料は無料でスプレッドだけが取引時のコストとなります。

店頭CFD(GMOくりっく証券)とくりっく株365のスプレッドを比較すると下記の様になります。

店頭CFD 取引所CFD(くりっく株365)
日経平均 3~5 10前後
NYダウ 1~2 8前後
DAX 0.8~1 13前後
FTSE 0.5前後 15前後

目視で確認したため、上記範囲外のスプレッドとなることもありますが、目安としては上記のような感じです。

取引コストとしては、売買手数料も無料でスプレッドも概ねくりっく株365よりは狭い店頭CFDの方が有利となります。

為替影響

くりっく株365の場合、NYダウやDAX、FTSEなど海外株価指数の取引でも円での取引となるので、為替の影響はなく単純に株価指数の動きそのものを追うことができます。

店頭CFDの場合は、為替の影響を受けるので為替変動リスクあり、円高となった場合には為替差益で損失となってしまう場合もありますが、円安となった場合には利益は大きくなる可能性があります。

円安を想定するなら店頭CFD、円高もしくは為替リスクを避けたい方はくりっく株365を利用した方がいいでしょう。

調整額(株価指数)

くりっく株365で取り扱う株価指数4つを比較すると、くりっく株365は先物取引ではないため、価格調整額は発生せず金利調整額・権利調整額が発生し、店頭CFD(特定の株価指数)では先物を原資産としているため、価格調整額が発生し金利・権利(配当)は価格にすでに織り込み済みとなっています。

参考 CFDとは?取引の仕組みや投資する上でのメリット・デメリットは?

特に店頭CFDの場合は発生する調整額は商品に毎に異なっていて、GMOクリック証券の場合は下記の様になります。

GMOクリック証券の場合、株価指数CFDはクリック株365で取り扱いがある4つ以外に下記のような株価指数も含まれます。

  • S&P500(米国S500)
  • NASDAQ100(米国NQ100)
  • FTSE中国A50(上海A50)
  • Nifty50(インドNIF)
  • ユーロ・ストックス50(ユーロ50)
  • 香港ハンセン(香港H)

投資家保護

くりっく株365での証拠金は、すべて東京金融取引所に預託され分別管理しているため原則としてすべて全額保護され、万が一分別管理の義務に違反があった場合でも日本投資者保護基金の対象となっているので、顧客一人につき1,000万円を上限に補償をしてくれます。

対して店頭CFDは、会社により対応は異なりますがGMOクリック証券やDMM.com証券などは分別管理+信託保全を行い、より安全性を高めています。

分別管理とは
投資家の証拠金をCFD会社の資産とは別に管理することを言います。

信託保全とは
投資家の証拠金を分別管理したうえで、第三者(信託銀行等)に管理を委託し、資金を保全することを言います。分別管理だけだとCFD会社が投資家のお金を勝手に使える違反などが発生してしまう可能性がありますが、信託保全を採用した場合はこのような違反を行うことができなくなるためより安全だと言えます。

税制

2012年1月に店頭FXやCFDの税制が変更され、取引所取引と税制が一本化され、申告分離課税(20%)となったので店頭CFDでもくりっく株365でも違いはなくなっています。

申告分離課税となったため、くりっく株365と店頭CFDでの損益通算も可能ですし、FXとも損益通算は可能となっています。

また、損失の繰越控除も3年間可能となっています。

参考 株や投資信託での記事ですが、損益通算や繰越控除に関しては下記の記事も参考にしてみてください。

⇒ 株式や投資信託の税金って?確定申告で得するのはどんな時?

まとめ

日経平均やNYダウ平均などの株価指数(インデックス)に投資ができる商品として注目されているCFDは、くりっく株365という取引所CFDと店頭CFDの2つがあります。

くりっく株365と店頭CFDをまとめると以下のようになります。

【くりっく株365】

  • 取引の透明性が高い
  • 為替レートの影響を受けたくない
  • レバレッジを大きくかけることもできる
  • 株価指数への投資でこつこつでも配当金をもらいたい

【店頭CFD】

  • 様々な銘柄に投資をしたい
  • 取引コストは徹底して安い方がいい
  • 少額から取引したい

どちらを選ぶかは取引スタイルにもよりますが、多くの銘柄に低額から投資ができ、取引コストが安い方がいいなら店頭CFD、為替のリスクを回避し配当金をもらいながら株価指数の成長を期待するならくりっく株365になるかなと思います。

取引の透明性が高く配当金をもらうならくりっく株365!

くりっく株365は為替リスクは発生しませんし、下記のネット証券なら口座開設・維持費は無料で、手数料は業界最低水準です。特に岡三オンライン証券は投資情報や取引ツールが充実していておすすめです。

>> 岡三オンライン証券 くりっく株365(公式サイト)[詳細解説]←おすすめ
>> SBI証券(公式サイト)
>> マネックス証券 (公式サイト)

参考 くりっく株365の手数料を比較!どの証券会社がおすすめ?

手数料無料で取り扱い商品も多く、少額取引をしたいならGMOクリック証券

口座開設・維持費は無料ですし、既にGMOクリック証券に口座を持っていれば簡単にCFD口座を開設することができます。

>> GMOクリック証券【CFD】(公式サイト)

店頭CFDで商品は少なくシンプルなのがいいならDMM.com証券

取扱銘柄は7つと少ないので、商品選びに迷わなくて済みます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

>> DMM CFD(公式サイト)

株価指数に投資するならCFD(くりっく株365)が最もお得

詳細については下記を参考にしてみてください。

⇒ NYダウ平均に連動する投資信託やETFを比較!配当がもらえるCFDは?

⇒ FTSE100とは?投資するなら投資信託・ETF・CFDどれがいい?